【品性なく数をのせるのではありません、これでいいのだ!一押し、たった数アイテムですが厳選した商品ですので是非見ていってください!】

ルイボスティーと健康快適ライフ

私たちは日々色々な食べ物を口にしています。

注意を払わなければ時間とともに歯の色素沈着が起こりやすくなり、白く健康な歯を維持するのが難くなりますね。

 

歯の着色の原因はコーヒーやワイン・紅茶等数えきれません。

中には日常の生活習慣の一部になっているものもあり歯の着色を防ぐにはどうすればいいだろう?

とお悩みの方は多いと思います。

 

飲み物、食べ物で歯が黄色く着色する原因はステイン(色素沈着)と言われる現象です。

健康に良いとされている多くの食品にも色素沈着成分が含まれています。

 

今回は、

 

どのような食品がステインの原因となるのか?

なぜステインが発生するのか?

どうすればステインの付着を防げるのか?

ステインが付着してしまったらどうすればよいのか?

 

について順を追って考えていきましょう。

 

1 ステインの原因となる食べ物

 

直接ステインの原因となる成分と代表的な食物

 

・ビタミンB群

ホウレンソウヤニンジンなどの緑黄色野菜

(緑黄色野菜の鮮やかな色はビタミンB群の色によるものが多く、ステインの

原因になりやすい。)

ビタミン1.jpg

 

 

 ・ 大豆等のマメ科の植物に多く含まれ るポリフェノールの一種

(噛まずに水で飲んでしまうサプリは直接的な関係は薄いでしょう)

 

・アントシアニン

   ブルーベリー等色の濃いベリー類に含まれる色の濃い色素

(目にいいと言われている成分です)

 

 

・硫黄化合物

   玉葱・ニラ・にんにくなどに含まれている刺激臭と辛みの成分

 

・タンニン

植物由来の成分(ポリフェノール)の一部,

  茶渋・柿渋等口にいれると苦い。

赤ワイン・コーヒー・紅茶・緑茶・バナナなどに多く含まれる。

 

ルイボスティーは低タンニンと言われています・・・・紅茶、緑茶ほど多くはありません

 

wain.jpg

 

 

 

 

その他

カレーのスパイス、チョコレート・ココア等のポリフェノール等

 

 

ステインの原因となる食品は体に良いもの、又は必須な栄養素が多いので、それらを

一切摂取しないというわけにはいきません。

一方、赤ワインやチョコレート等あまり摂り過ぎないほうが良いのでは・・・・という食品も含

まれています。

 

 

2 なぜステインが発生するか?

 

ステインの原因となり易い食べ物の色素がそのまま付着するのではと考える方も多いかも

しれません。

もちろん付着する場合もありますが、歯の表面に付着しただけでは頑固なステインには

なりません。

 

歯の構造1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステインが発生するのは、歯の表面を覆っているペクリルという皮膜と大きな関係がありま

す。ペクリルは唾液に含まれるタンパク質がから作られる皮膜で、歯の表面のエナメル質

酸から守る働きをしています。

 

しかし、一方ペクリルは粘り気が強いので、細菌や食べかすを表面にくっつきやすくします。

これらの細菌の増殖を放置すると歯の表面に「バイオフィルム」という細菌の膜ができてし

まいこれが虫歯や歯周病の大きな原因となります。

 

ぺクリルは着色の原因となる物質も吸収します。これがバイオフィルムの内側に入り込

むと、通常の歯磨きではとれなくなります。これがステインの正体で、時間の経過とともに

ますます除去が困難になります。

 

ぺクリルは強固な皮膜ではないので磨きを、しっかりすればはがれ落ちます。ちなみに

60分ほどで新しいぺクリルが歯の表面を覆います。

 

 

 

3.どうすればステインの付着を防げるか?

 

ステインが歯に付着するメカニズムがお分かりいただけたでしょうか?

予防のためには色素がまだぺクリルに貼り付いている間、そして歯垢が作られる前に

歯磨きをして古いペクリルごと洗い流してしまえば良いようです。

 

食事の度に歯磨きをするのが理想的ですが、できない場合は水で口をゆすぐ、または

ガムを噛むことでも一定の効果をえられます。

日々のちょっとしたことで予防に取り組んでみてください。

 

歯2.jpg

 

 

但し少なくとも一日1回は本気の歯磨きをおすすめします。

 

 

 

4.ステインが付着してしまったら?

 

残念ながら、一旦付着してしまったステインは自分で取ることはできません。

歯科でのケアをおすすめします。

 

 

 

ルイボスティーは本当に歯に色素沈着をおこしやすいのでしょうか?

 

 

紅茶、コーヒー、ワイン等の天然の色のついた飲み物には、「タンニン」という成分が含ま

ていてこれが歯のステイン(色素着色)の原因と言われています。

ルイボスティーにも「タンニン」が含まれており、ステイン(色素沈着)の原因になります。

では、一体どの位の「タンニン」が含まれているのでしょう。

 

紅茶のタンニンを100とすると・・・・

 

              紅茶100 > 緑茶70 > ルイボスティー15

             (お茶のグレードや種類により誤差はあります)

 

意外なことにルイボスティーは色が濃い割にはタンニンの量はとても少ないのです。

とはいえ、ステインは飲む回数を積み重ねることで起こるので毎日多く飲むと着色は

起こってきます。

ですので

 

ストローを使用する(歯に直接触れることを避ける)

ダラダラ飲みを避ける(一日中カップを手元に置くて飲まないように)

寝る前の歯磨きの後に飲まない(飲む場合は歯磨きの前に)

冷ましてから飲む(タンニンを含んだ温かい飲み物は歯に小さな亀裂を作り、そこから

                       タンニンが入り込み色素沈着の原因となる)


等の注意が必要ですね。

 

 

 

意外かもしれませんが・・・・

 

鼻呼吸と歯の色素沈着との関係

口呼吸は唾液の循環を妨げ口の中が乾燥しやすくなります。

乾燥することでステインが付着しやすくなり色素沈着の原因になります。

ステインの付着を抑えるためにもまた口の中が乾燥しないようにこまめに

水をのむことも大切です。

 

 

 

ステインの原因となる物質には、

体に良いもの

必須な栄養素

が多いため、極力食べないなどというわけにはいきません。

ですが、ステインができる仕組みを理解することで積極的に予防することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

meneki011.gif

免疫力(体内に侵入した細菌や異物と戦う力)は基本的に、人は誰でも所有している力です。

その免疫力を高めることを維持できれば、病気にかかりにくい体質となります。

さらに免疫力が高いということは、病気にかかった時に戦う力まで強いことになります。

成長期の若い年代や高齢者は免疫力が弱いというのが一般的のようです。

 

また風邪の初期のくしゃみや鼻水は、患部で病原菌のウイルスが暴れている状態です。

さらにウイルスが体内に侵入すると、本格的に免疫機能の活躍となります。

風邪などの病原菌に対する免疫力とは、白血球(感染を食止める働きを持った血液細胞)に

代表されますが、白血球は血流に乗り身体中をめぐりパトロールします。

そして病原菌など異物を見つけると、抗体を生成して退治を始めます。

さらに一度侵入した病原菌のウイルスに対する情報を記憶するので、同じウイルスが侵入しても再発しない効果を発揮するのは免疫力とされます。

 

他にも免疫機能を発揮されるのはアレルギー症状やじんましん

ぜんそくやアトピー性皮膚炎など。

消化や循環器系、泌尿器系、産婦人科系気管にも免疫力は深くかかわるとみられます。

 

 

免疫力とは、健康と切り離せないほど 深い・深い関係性があります。

 

 

 

1.免疫力低下の原因

 

 

~年齢から考える~

 

免疫力にもピークとなる年代があり、18~22歳頃と考えられます。

ピーク時の半分に低下するのが40代から始まるそうです。

さらに、70代になればピーク時に比べ、10%ほどに低下するといわれています。

年齢に従い、免疫力低下の原因と考えられるのは自然の法則ですが

思う以上に早期から免疫力低下には対策が求められるのが理解できます。

 

 

~消化吸収から考える~

 

人体において免疫系の機能を果たす、約70%は消化器官に関係すると考えられます。

それが伝わりやすいのは、もし病原菌が体内に侵入した経路を考えると納得するでしょう。

まず感染ルートとして多くは、鼻や口から入り呼吸器系を伝わるか、それとも皮膚から粘膜を伝わり侵入する経路も想定出来ます。

いずれにせよ胃液から小腸、大腸、さらに血液の順番に通過しますから、どこかの免疫機能で阻止できないことになれば感染してしまいます。

最終的には血液の免疫機能となる白血球の抗体により退治されないと、感染から本格的な発症を招きます。

つまり免疫力の低下が原因するわけで、この場合は消化器官の中でも腸に原因があることが影響します。

特に大腸は毒素が溜まりやすく、排泄が正常に行われることでデトックス効果を発揮します。しかし、腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌優勢の腸内環境であれば働きを鈍らせてしまい、正常時なら活躍するはずの免疫機能を果たしません。

腸内細菌のバランスにおいて、善玉菌優勢であれば健康機能を鈍らせる毒素は排泄され、消化吸収が高められることにより免疫機能が高められます。


 

~血行促進から考える~

 

血行促進は体温の上昇に大きく影響します。

また、体温と免疫力の関係は密接となります。yjimage1.jpg

血行が悪いと体温が低くなり、末端となる手足は冷たさを感じられるほどになります。

このことから血行不良により様々な健康障害が心配され、その1つの大きな症状として、免疫力低下の原因に考えられます。

一般的に体温が1度下がると、免疫力は3割低下とみられるほど。

そして、体温が1度上がれば、免疫力が5倍も上がるだろうとみられるので、平熱が高めという体質なら、それだけ免疫力は高いとみられます。

これは体温により血流が影響され、血液の中には免疫機能として活躍する白血球が存在することが原因します。

もちろん血流がスムーズなら、流れに乗る白血球も体内で活躍できます。

しかし、血行不良により血流の動きが鈍ると、体内をめぐる白血球は病原菌や異物を、退治する作用も低下してしまうわけです。

つまり体温と血行と免疫機能は運命共同体のような存在ですから、この3つがそろって免疫力として体内で効果が発揮されます。

 


 

 

 


 

2.免疫力が低下したときにかかりやすい病気とは?

 

身体の抵抗力が下がってしまっていますので、基本的にどんな病気にもかかりやすいのですが、免疫力と関わりが深いものは下記のものです。

・風邪やインフルエンザの感染症

・食中毒

・ガン(悪性腫瘍)yjimage (32).jpg

・リンパ性白血病

・腎臓病

・心臓病

・糖尿病

・口内炎

・ヘルペス

・慢性疲労症候群

 

口内炎や風邪などの身近なものから、ガン(悪性腫瘍)のような重篤なものまで様々です。

病気にならないために、免疫力がいかに大切かがわかります。

 

 

 

 

3.免疫力が低下したときの症状

 

・肌が荒れる

・口内炎ができる

・疲れが抜けない

・身体が冷える

・便秘やお腹を壊しやすい

・風邪を引きやすく、治りにくい

・傷の治りが遅い

・ヘルペスができる

 

当てはまる症状が多い程、免疫力が低下している可能性が高いと思われます。

毎日の生活が、免疫力低下の原因にるような生活になっていないかを振り返り、

免疫力を高めるための工夫をしましょう。

 

 

 

 

 

4.免疫力を高める飲み物

 

ルイボスティーには身体にメリットをもたらす有効成分がたくさん含まれています。

それらの働きにより健康を維持することが出来ます。

メリットの1つとしてあげられるのが、免疫力を高めます。

ルイボスティーが免疫力を高める理由には、ルイボスティーに含まれる成分が血液の生成と非常に深い関係があるところにあります。健康な血液が作り出されることによって、免疫力がアップするといわれています。

ルイボスティーは必須ミネラルを豊富に含むお茶です。亜鉛、カルシウム、マグネシウムといった成分を豊富に含むことによって、健康な血液の生成が促進されます。

健康な血液が生成されることで必然的に免疫力がアップしますので、ルイボスティーを飲むことは効果的なのです。

 

逆に、免疫力が低下してしまう要因は・・・。

要因の中でも活性酸素の影響が免疫力を大きく左右します。

活性酸素の働きが盛んになると、免疫機能が侵されることとなり、免疫力の低下につながります。

そこで必要となるのが、活性酸素に対抗する強い抗酸化作用です。

ルイボスティーには抗酸化作用に優れているポリフェノールを特定の植物に含まれている苦みや色素の成分。強い抗酸化作用がある栄養素。豊富に含んでいます。

よって、ルイボスティーを毎日飲むことによって、体内の活性酸素の働きを弱め、

免疫力低下を抑えることになります。

 

 

1ヶ月お試しロゴ.jpg

 

 

ルイボスティーと免疫力との深い関わりについて、もう1つ。

免疫力低下によって起こる症状にアレルギーがあります。

アレルギーの原因とされる成分はヒスタミンです。

ルイボスティーを飲むことによって、アレルギーの原因となる成分であるヒスタミンの生成を抑えることができると言われています。

ルイボスティーはヒスタミンの生成を抑えることと、免疫力をアップさせる二つの効果をもちあわせています。

 

ヒスタミン(histamine)

生体に広く分布するアミンの一種。ヒスチジンから合成され、普通は肥満細胞好塩基球などに不活性状態で存在。外傷や毒素などで活性化され、発赤・かゆみ・浮腫(ふしゅ)・痛みや気管支収縮などのアレルギー症状を起こす原因となる。

 

 

 

 

****エモーションのルボスティーはここが違います****

 

 

yjimage (33).jpg

 

①    その年のオーガニック・ルイボスを新茶限定で使用 

 

その年の新茶原料しか、一年を通して商品化していませんので、他のルイボス茶に比べ

極めて抗アレルギー成分と抗酸化力が優れています。

 

 

②    原料茶葉を真空パック 

 

南アフリカにて防湿アルミで真空パック

ダンボール詰め加工して鮮度を逃しません。

 

 

③    定温(14℃)倉庫にて保管 

 

湿度の高い日本では、保存状態で品質に差がでます。

 

 

④    茶葉を電子チャージ(マイナスイオン化) 

 

自然な状態を、より保持できる電子還元技術です。

 

 

⑤    出荷に応じて製品化 

 

製品の注文状況に合わせて定温倉庫から出庫

その都度製品化しています。

 

 

⑥    品質保証期間(賞味期限)の表記について 

 

エモーションの製品は新茶の状態で真空パック保持することで

南アフリカ本国からの品質証明書には、賞味期限は5年間(新茶以外は2年間)

と記載されていますので、実際に使用した原料茶葉の賞味期限を印字しています。

ルイボスティーは毎年1月~3月に収穫される農作物ですので

賞味期限印字は、1月~3月になります。

 

1ヶ月お試しロゴ.jpg

 

 

 

 

 

*****************************************
株式会社 エモーション
〒769-0209 香川県綾歌郡宇多津町浜9-147-3
フリーダイヤル 0120-164915
email:e-order@niji.net
*****************************************

 

 

 


 

 

 

 

 

 

yjimage (2).jpg

日本には四季があります。春夏秋冬季節ごとに湿度や乾燥環境も変わり、乾燥の原因も異なってきます。

 

その原因がどのような影響を肌に与えるのかを知り、季節を先取りした対策を考えていきましょう。


 

まずは自分の肌の乾燥度のチェックから

 

○スキンケア用品やメイク用品でかゆみやかぶれ等トラブルがある

○季節の変わり目は特にトラブルが目立つ

○冬は肌が粉を吹いたようになる

○目や口の周りが痒くなりやすい

○汗をかくとかゆくなる

○日に当たるとかゆくなる

 

このうち一つでも該当する項目があれば肌は乾燥しています。

 

yjimage (1).jpg

 

 

敏感肌のチェックではないの?

と思われるかもしれませんが、

乾燥しているということは肌の水分を保持するバリア機能

が低下しているということ。

 

バリア機能が低下している肌は刺激をダイレクトに受けてしまいます。

 

ですので、ほとんどの敏感肌は「乾燥」という問題を同時に抱えています。

 

 

 

カラダの乾燥は大丈夫?

 

顔だけではなく身体の乾燥も気になるところです。

判断基準は、ストッキング・下着・などで身体が痒くなることがあるか? です。

心当たりのある方は身体も乾燥しているかもしれません。

 

ずっと以前は、季節の変わり目は肌が敏感になって・・・・という悩みが多かったようです

が、今は年中「乾燥」に悩む方が多いですね。

食生活の変化・添加物・ストレスなどなど肌にダメージを与える要素は増えるいっぽうで、

「乾燥肌」といっても実に様々な要因が考えられます。

 

 

今回は季節に合わせた乾燥対策を考えてみましょう

 

 

~~  春  ~~

 

初春は年間を通して一番乾燥する季節です。

気温・天候が安定せず、お肌も皮脂のバランスが乱れます。

 

また、「黄砂」・「花粉」・「光化学スモッグ」等乾燥に加え、外的な汚れも多くなります。

春は生活環境が変わりやすい季節でもありストレスによるトラブルも増える季節です。

冬の乾燥しがちな肌状態のままでは、春の様々な外敵から大切なお肌を守ることはできません。

 

冬は、気温が低く皮膚表面からの熱発散を防ぐために血管が収縮し血行が悪くなります。

表皮細胞の活動が低下し角質細胞の隙間を埋めて水分を保持している細胞間脂質の生

成も減少、さらに汗や皮脂の分泌も少なく皮脂膜が形成されにくいので、お肌は常に水分

が蒸発しやすい状態になっています。

 

 

 


紫外線量グラフ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この状態の肌に降り注ぐ春の紫外線が大敵となるのです。

4~5月には初夏並の紫外線が降り注いでいます。

外出が増えるこの時期からのケアでは「時すでに遅し!」なのです。

 

 

「肌の老化の80~90%の原因は紫外線」

 

紫外線が肌に当たるとメラニンが生成され、しみ・そばかすの原因となります。

また、肌の角質から水分を奪って乾燥を引き起こす原因にも…

肌が乾燥すると、バリア機能が奪われ肌荒れやハリ・弾力の低下につながります。

 

油断せずに今のうちからケアを重ねていくことが大切です。

日々のUVカットとともに重要なのが、「潤いの補充」

朝晩のケアでしっかりうるおいをチャージしましょう!!

 

 

 

 

紫外線の影響.jpg

 

 

 

 

ほかにも見落としがちですが、紫外線は直射だけでなく360°あらゆる方向から

ふりそそいでいます。

曇り空でも薄い雲の隙間からは通常の80%の紫外線が通過します。

通学通勤さらに室内にいるときも油断は禁物です。

 

 

紫外線吸収量.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のライフスタイルに合った対策を講じることが重要ですね。

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

クリーム2.jpg

 

そこでオススメしたいのが

エモーション・マイルド・ゲルクリーム

 

 

 

ぜひ一度お試しになってみて下さい!!



クリームお試しロゴ.jpg

 

 

ルイボスティーと健康快適ライフ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ

ページトップへ