『依存心は愚痴の養成』

振り返ってみて、不思議なことに愚痴ってぇのは、
出たことは記憶に無いなぁ。
「こなんせないかんやろが!」って文句は言うけど。(笑)

歳を重ねて、『伝えるもの』が無ければ、尊敬はされない。

社員に『明日』をイメージさせるのは、経営者の大事な仕事です。

周囲の人達に『明日』をイメージさせていますか!?
余裕とは、

それだけ苦労して来たということ。
苦労して来た体験を自分のものに培っているから、心に余裕が持てるのである。
そして、それだけ先を見越しているということ。

先を見越しているから、心に余裕が持てるのである。

もう一つ、人材が揃っていること。人材が育っているから、会社としての戦力が充実しているから、心に余裕が持てるのである。
まともな社員は、いつも 「この社長に自分達の生活や将来を預けて大丈夫だろうか。」という眼で見つめている。
と自覚すること。

これは何も経営者だけに言うことではない。
そこの、お前。そこの、あなた。
『しっかりせえよ!』って、ね。
『ものさし』つまり判断基準を持つこと。
それが人生を充実させて行くスタートライン。

この『ものさし=判断基準』は己の背中に刺すべきもの。

つまり、その『ものさし=判断基準』が己の背筋をピン!とさせるものでなければ『ものさし=判断基準』に成り得ない!!

あなたは、あらゆる自分の判断基準が、己の背筋をピン!と張らせていますか!
僕は、自分の基準が自分の背筋を伸ばして来ました。