2012/06/14

「香川湧慈の今週のメッセージ」平成24年6月15日

どんな立場の人であろうと、自らリーダーシップを発揮しようと努力している人だけが、実は人生の本当の喜び、充実感を味わえるのではないだろうか。

という閃きがありました。

職場で部下の居ない人でも家に帰れば、子供のリーダーだし、子供が居なくても友達の中でリーダーシップを発揮するとか、いくらでも考えれば、意識さえすれば、リーダーシップを発揮する場面はあるはず。

縁あって、出逢う人達を、人として導いて行く姿勢、導いて行く努力をしている人だけが、人生を愉しめるのだと感じます。

リーダーの『文化』を作ることがお互いを『しあわせ』に導くことになるのです。

文化の『文』とは、思想、哲学、意見の意味であり、『化』とは、人を導いて同化させること。

つまり、リーダーの思想、哲学で導いて、傘下の者を、その思想、哲学に同化させねば、『文化』と成り得ないのです。