昨日、道元禅師と親鸞聖人のエピソードをメッセージしたらええなぁ。って、
インスピレーションが浮かびました((笑)ホンマに)ので、今週のメッセージとします。

まず、ずっと以前になりますが、道元禅師の『正法眼蔵』を勉強していて感銘を受けたエピソードです。

道元禅師が中国(宗国)へ修行に渡った時のこと。

その当時、中国でも、まともな禅の和尚は無かった模様。

「無理して命懸けで宗国まで来る程のことはなかったわい。」と、諦めて日本へ帰ろうとした時、
そこへ椎茸を買いに来た品格のある老僧と出逢い、
「あなたの様な見識豊かな方がどうして典座(炊事当番)をしておいでになりますか?大きいお寺なら、他の若い僧に任せたらいいでしょう。一泊して、どうか私にあなたの話しを聞かせて下さい。」と。

すると老僧は道元にこう言ったのです。

「日本から来たお馬鹿さんよ。あんたは修行の意味が分かっていない!修行というのは本を読むことでも、古人の語録を読むことでも無い!自分の仕事にどれだけ一念無想になれるか。
自分の仕事にどれだけ徹することが出来るかである!今、私が師匠から与えられた仕事は、
炊事当番です。このような大事な仕事をどうしてお座なりに出来ましょうや。」と。

学をすること、知識を得ることが修行だと思っていた道元禅師は、猛省した。というエピソードです。

今、目の前の与えられた己の仕事は何ぞや!

それを自覚したら、一念に打ち込む。そうすることで無想(他事が浮かんで来ない雑念が湧かない)に成れる。

これを『一念無想』と言うのだと。

皆さん、特に経営者の人達は、熱心に様々な勉強をされていることでしょう。
今、自分の為すべきことに徹しているか!を胸に問いましょう。

次に親鸞聖人のエピソードです。

親鸞聖人の弟子達が、問いました。

「本当に南無阿弥陀仏を唱え教えを守っていれば、
救われるのでしょうか?
お師匠様。」と弟子達。

親鸞聖人曰く。こう諭すのです。

「よもや釈尊(お釈迦様)が嘘を言うだろうか?
まして、我が師匠、法念聖人が嘘を言うだろうか?
やがて寿命を終えて、あの世に帰った時、真実が如実に明らかにされる。
明らかにされた事実が、
釈尊の教えも我が師匠法念聖人の教えも、嘘であったとしよう。
そうであっても我、悔い無し!その心境が、人を信じるということじゃ!」と。
さすが、諭し方に唸りましたよ。

どうですか、皆さん。

人を信じるということは、自分の都合じゃないんです。多くの人が、結果自分の都合に合うなら、信じ。
都合に合わないなら、信じない。というのは、『信じた』ことに成らんのです。
そういう意味で自分の日々やってる事を信じていますか!?

どんな結末になろうと、
我、悔い無し!の心境で取り組んでいますか!?

社員を本当に信じていますか?信ずるに値する社員を迎えいれていますか?
手が足りないから、安易に採用してないですか?

採用した社員に自分の人生哲学をぶち込んでいますか!?確り人格教育をしていますか!?

喩え、パート社員やアルバイト社員であっても、心の何処かで、パートやからバイトやから、って思ってませんか?

だから!相手も無意識に、心の何処かで、自分はパートやし、バイトやし。って思ってしまい、自分本来の誠心誠意を仕事で出し切れなくなってしまうのです。
自分とこのパート社員やアルバイト社員や、正社員をも、その人自身の誠心誠意を出し切ってあげることが出来てないとしたら、

その責任は、社長!
あんたや!
あんたの責任や!
と昔、ワシは自分自身に言い聞かせて来たんです。

やっぱり、結局、
トップ一人の責任じゃわな。

ご一考あれ。
『この世に何をしに来たのか』

という、人生目的を自分自身に問い続ける過程で、
自分なりの答を見出だしたというか、見つけ出した人が『心の自由』を手に出来るんだと思う。

ワシも、そうやから。

根本目的である人生目的。
つまり
『この世に何をしに来たのか』を自覚すれば、

仕事の方針もやり方も、
自分の生き方も、見えて来るもんです。

銭に執着しなくなるもんです。

『迷い』が無くなります。
『迷い』と『悩み』は違いますから。

人間の器が大きくなれば、なる程『悩み』は大きくなるもんです。

例えば、如何に自分の周囲の人達を幸福に出来るか。世の中を幸福な社会にするにはどうしたら良いのか。等々。

自分の人生に迷っている人には、こういう悩みは湧き起こらないもんです。

人間はいずれ誰しも、死んで行きます。

何処へ?

死ぬことを『他界する』というやろう。

つまり『他の世界』が存在するから、大昔から『他界する』という言い方をしてるんだと思う訳です。

死んだら何処へ行くんだろうか?

ということも生きとる内から、考えないかんと思うなぁ。

生きてる間、迷いと堕落の末に、他界して死後どうして極楽や天国に行ける??はずがないと思いませんか?

常識で判断しても、道理でしょ。

この世で堕落した者は、
他界しても、堕落しとると思うなぁ。

迷える魂が他界したら、
何千年か知らんけど、迷い放しっちゅうことやでぇ。

わずが数十年の人間としての命。
早よ『この世に何をしに来たのか』(注:経営者の皆さん、これが経営理念ですよ)の自問自答して、迷いとはおさらばせなぁ。

おぉ、怖っ!

他界したら、何千年と迷い放しやでぇ~。

生き方決めたら、ええだけやでぇ。

次々と難題が来たら、テキパキと片付けたら、ええやん。と言いたい。

汚れたら、掃除したらええのよ。併せて心も掃除出来るでぇ。

早よう『迷いと堕落の人生』併せて『良心の呵責なき世界』から、おさらばせなぁ。

自分は悪いことしてない。と言うても、知らず知らずに悪いことしとるでぇ。

その反省を日にいっぺんくらいは、せななぁ。
偽善者になるでぇ。

他界したら、偽善者ばっかりの世界で何千年も一緒に居(お)るようになるでぇ。

人間みんな他界するんやから、数十年の人間の世界しかないんやから、他界したら、自分が『何をするのか』今から決めとかな、お前は、何をするかも決めて来てないのか!と怒られるでぇ。(笑)〓

ほんで、お前は迷いと堕落の世界で何千年居れ!と、そっちに行かされるでぇ。ほんまに。


さぁ、この世に何をしに来たのかを自覚して、いつ来るか分からん寿命まで、
自分の役割を果たして歩みましょう。

人間は、自分にしか出来ない役割を果たしに、この世に来とるように思う訳です。
自分にしか出来ない役割を果たしとる間だけ、

身も心もスッキリするでぇ。

ということは裏返せば、
ひょっとしたら、役割果たしてないのに、身も心もスッキリしとったら、それは何も考えんと、ただ食うに困らんから、ボーッと過ごしとるだけかも知れんなぁ。
わしも含めて、誰しも、
ここに陥っとるかもよ。

やっぱり、生涯『人間の生き方』を学ばないかんわなぁ。

2012/08/24


言い訳一つしてしまうと、『運』が一つ飛んで行く。
これが宇宙の法則のような感じがする。

努力には『報われる努力』もあれば『報われない努力』もあるように感じる。

この境目が『言い訳』してるか、していないかに在るように感じるなぁ。ホンマに。

だから、努力していても報われない人は、自業自得の場合が多いんじゃないだろうか、、、、、

ワシは『社長』と『経営者』を敢えて区別しとります。経営者は文字通り、
経=縦=秩序=人の道。

人の道を実践しながら経済活動するのが『経営者』である。

『社長』は会社設立すれば誰でも、社長やわなぁ。

そこで、多くの『社長』の『努力が報われない』思考回路の一つに、会社に於ける給料を『人件費』と言っていること。

これがどうも納得行かんのです。

人件費=経費だから、
ついつい削減しようという脳の思考回路になるのよ。

社長の皆さん、給料は資産です。会社の財産やと思わなぁ。そしたら『経営者』に成れる訳です。

現行会計も本来から言うと、おかしいんや。
貸借対照表の資産の分類に入れんといかんと思うとる訳です。

社員の給料は、会社の資産やという思考回路にならんと、会社は充実せえへんのとちゃうかなぁ。

給料を抑えた表面上の成果は、虚業や、虚業。
つまり、ウソっぱちや。

実業に成らなぁ、いかんやろぅ。
言い訳せんと、実業を歩みましょう。皆さん!
今週は、この一言がインスピレーションで浮かびました。まさにこれに尽きます。

『あなたは、尊敬出来得る人ですか!?』

尊敬出来る先輩ですか?

尊敬出来る上司ですか?

尊敬出来る社長ですか?

そして、
尊敬出来る親ですか?

それが出来ていれば、

それだけでOKです!
そこに全てが凝縮されているから。

人数の多少があっても、
先輩後輩の居る会社なら、先輩達が後輩達から尊敬されていれば、『いい社風』家庭に置き換えると『いい家風』が形成されるんです。

『社風は最大の教育者』です。ほんまに。

『いい社風』が形成されると、

社員に自浄作用が起こって来るし、

努力も報われて来るし、

仕事も入って来るし、

銭も廻って来るもんです。
そして、

知恵も湧いて来るんよなぁ、これが。

もっぺん言うでぇ。

『社風は最大の教育者』です。

その社風創りに全身全霊、懸けるのが社長(父親)です。

組織のリーダーです。

尊敬出来る先輩・上司が、沢山居て社長が尊敬出来るなら、それだけで
『ええ会社』に成ること、間違いなし!です。

そういう下で働ける社員は充実するもんです。
着実に成長すると思います。
社員の人間性も会社の利益もお客さんや得意先・関係先からの評判も、良くなって行きます。充実した人生に成って行くものです。

まさか、あなた、
自分とこの社員から尊敬もされてない社長なん?
先輩なん?
上司なん?

それはいかんやろぅ。

せっかくの努力が報われんでぇ。ほんまに。

全部、、空回りするでぇ。
例え何ぼ銭稼いでも、自分自身オモロないやろぅ~。
数字や追わんと、
自分のレベル上げなぁ~。センスを磨かなぁ~。

もっぺん言います。

『下の者から尊敬される自分に成るだけ』でええんやでぇ。

分からんのやったら、尊敬されてるなぁと思える人の、ものの考え、立ち居振る舞いを、つべこべ言わんと、ように真似したらええのよ。

品行方正だから尊敬出来るんでしょうか?

はちゃメチャでも、

いや、はちゃメチャはいかんかぁ。

自分で考えようぜぇ、

自分より下の者から『尊敬できるなぁ』と感じさせる立ち居振る舞いを。

自分の人間性を豊かにする努力をしてると、自然体で、そのような立ち居振る舞いが出るもんです。

下の者への愛情と慈しみの心が出るもんです。

そして『諭す』ことが出来るもんです。

誰かが、あなたの部下に、インタビューしたとしませんか?

一、仕事は楽しいですか?
部下:
はい、自分が成長出来るから楽しいです。

一、仕事で嫌になることはありませんか?

部下:
はい、社長や上司が仕事を任せてくれるので、責任感が湧きますから、嫌になることはありません。

時折、教え諭してくれるので、嫌になることはありません。仕事は楽しいです。
一、今後の課題は何ですか?

部下:
はい、社長や上司を尊敬してますから、社長や上司のような人間に成りたいです。

そしてもっと自分を成長させることです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こんな風景が目に浮かぶようになりましょう
『人生で最も大事なことは何か。』ということを、皆さん方、考えたことがありますか?

たまには、こういうことを考えなぁ、、、いかんで。

十数年前に、人生で最も大事なことは『捨てる』ことやなぁ、と思いました。

でも『捨てる』ことに、こだわってはいかんのです。『捨てなければいけない。』と
こだわってはいかんのです。

それは『捨てないかん。』というこだわりを未だ持っとるからです。捨てたことにならんのです。

あなたは何を捨てますか?しょうもないプライド?周りから良く思われたいという見栄?
怠惰な癖?これも欲しい、あれも欲しいという飽くなき物質欲?

捨てた後は、どうするか。拾うて行ったらええのです。
縁あって来たれし者を、理由も利害もなく、拾ってやればええのです。

担ってやればええのです。心で『抱いて』やればええのです。

利害打算なく、理由も聞かんでええのです。

そっと心で『抱いて』やればええのです。

おお、飯食べるか?
風呂入るか?
ゆっくりして行けよ、、、というように。

『出来ることなら、してあげなさい。』ということです。

利害も損得も理由も関係なく、『出来ることなら、してあげなさい!!』

今週言いたいのは、これだけです。

『出来ることなら、してあげなさい!!そっと心で抱いてあげなさい。』