善(よ)き友を得る。

同じ価値観を持ち、
同じ方向を歩める友を持つことが、実はすべての人間の人生の目的だと思えてならない。
だから、一生一度なんだから、自分から積極的に新たなる出逢いをして行けばええのに、
せん人が何と多いことか、、、

予期せぬ出逢いが、良縁を呼ぶことが多いのよ。

また、良縁を呼び込むコツじゃないかとワシは確信してることがあるんや。
それは、
電気代や水道代や食費と同じように、毎月絶対に必要なもんは、
払いたくなくても払わないかんやろぅ。

自己啓発と、健康管理、体調管理、気分管理になる事に身銭を使い続ける。
体調管理費・気分管理費・自己啓発費を毎月予算決めて、これをケチらない事なんや!
これらの
『定期的継続』が、実は、『良縁・良運』を呼び込むということをワシは体感しとるから、
縁ある人達に、口酸っぱく言うとるのよ。

気に入った事があったら、銭ケチらんと、毎月の自分磨き費にせんかい!!と。
『定期的』が扉を開くカギやで!嫌な事せえって言うとんのと違うんやで。
気に入ってるんやったら、定期的にしてなかったら、こういうことと一緒なんやで。→
困った時だけ利用するのと同じなんよ。その人を。それを『自分勝手』というんやで。
自分勝手になったらいかん!

まだ困ってない内から、活用させてもらうという考えが運を呼ぶのよ。
そういう捉え方が、人生を大切にしてる。ということなのよ。

さぁ、縁の話に戻すわな。
縁には『助縁』と『逆縁』というのがあるんや。

両方大事で大切なんよ。

助縁とは、影に日向に自分を応援してくれる人。
まぁ、これは有難いよねぇ。
でも、助けてもらうばっかりの人だと人間、腑抜けになってしまう恐れがあるんやなぁこれが。

自分がやる事為す事、反対する邪魔する人の縁が、
逆縁なんや。

これも実は、自分を確りさせてくれる良い縁、必要な縁なんよなぁ。

この心境が解らないかんでぇ。
だから、全て出逢い、縁というものは、感謝やなぁと感じられる感性が自身の心を豊かにするんちゃうかなぁと思う。

『縁を尊ぶ』という言葉をみんなは、知っとるかなぁ?
仏教の言葉に『袖触れ合うも他生の縁』という、袖が触れただけの縁であっても生まれて来る前からの縁があったからだ。という考えがあるのよ。

国と国との外交も、会社と会社との付き合いも、個人と個人との信用以外に何も無いと思うのです。

個人と個人との縁で動く以外の何ものでもありません。
人間は何が縁で、間に合うか分かりません。

今ここで憎しみあった相手でも、どんなことで将来、間に合うか分かりません。
憎しみ合い、喧嘩した相手でも、将来自分を助けてくれる人にならないと誰が言い切れますか?

何が将来の助けになるか、分かりません。

そういう意味合いで、縁というものを、例え仮初(かりそ)めであっても、その『縁』を尊ぶという気持ちを持つことが、指導者として必要だと思うし、そういうことを大切にしている人は、善き友を得ているのではないか。と今週は言いたかったのです。

ご一考あれ。
弟子を作ること!

『一子相伝』という言葉があるが、どのジャンルを観ていても、やっぱりそうやなぁ、と思う。

縁深い一人にしか、
魂レベルでは、伝わらないんやと思うなぁ。

会社の後継もそうやと思う。
どれだけ社員がいても、
その中で、理念を理屈抜きで引き継げる(身に付いている)人は、
一人だけなんやと思う。

それが『弟子』なんや。
そういう人は当然、自分の担当業務能力は任すに値するし、
何より社長の考え、思想、哲学が体得出来てるんよなぁ。

だから全方位に気配りが、出来とるんよ。

だから理念の継承者だけが、後継出来るのです。

経営能力は、後継した人が磨けばええだけのこと。

社長の考え方、経営センス(ちょっとした事を感じ取る能力、資質)を体得出来る社員が、
後継せないかんと思います。

但し、その社長が私利私欲でない考えと行動をしている人物でないと話は変わるでぇ。
(私利私欲を継承されたら、社員はたまったもんじゃないからなぁ。)

志ある社長の後継者が、
一人おれば、大丈夫や。

第二、第三創業出来ると思うわ。

でも師匠と呼べる人間に成らんと、弟子と呼べる人は育たんのよ。

会社の社長は、社員の主人であり、親であり、師匠でなかったらいかんでぇ。

家庭の父も同じやなぁ。
一家の主人であり、家族を導く師匠でなかったらいかんのやでぇ。
寿命とは、寿(ことほぐ)命(いのち)と書くやろぅ。命は時間のことやで。
 
皆さん、自分の時間(時は命やで。時は金や無いで)を寿(ことほ)いでいますか!?
 
寿(ことほ)ぐ=喜びに満ちた時間にしてますか!?だらだら、無駄な時間を過ごしてませんか?
何ぼ長生きしたって、
寿(ことほ)いでない時間を何ぼ過ごしても、意味あるんやろうか?って、
 
たまには思わないかんのとちゃう?
死刑囚は、死刑を宣告された時から、自分の命を覚悟して、残された僅かな時間を、
悟りの境地で生きとると思うわ。

死刑官が、そう言うとったもんな。(ワシも色んな人と会うとるやろぅ)
見事な詩を書くそうやで。ガラッと人柄が、良いように変わるそうやで。
 
やっぱりホンマの『期限』を自覚したからやろうなぁ。
宣告されても、覚悟決らん人は、地獄も地獄。ど地獄と違うかなぁ、ほんまに。
その点、無期懲役の囚人は、ダメみたいやわ。
 
覚悟が決らんらしいわ。
この期に及んで見苦しい姿が多いみたい。

だから、皆さん。あなたの周囲の大切な人でグズグズしとる人が、おったら、
決めてあげたらええのよ。相手の為やで。
そしたら、
相手に覚悟(仕事も人生も)を決めさせることにつながるんやで。
中々自分のやるべき事を、決めれん人が多いと思うわぁ。だから、自分の縁ある人には、
『決めてあげなさい!!』それが親切やで。

我々は、死刑囚じゃないんやけど、天から死刑宣告されたと思うて、一日一日を寿いで歩まんとね。
 
エネルギッシュに!
そして潔く!
(これ香川湧慈の生き様)

先月、ワシの生命保険を追加で会社で入ったのよ。
いつ、死ぬか分からんしね。だから、ワシにもしもの時が来たら、
会社の借金は保険でチャラにしとってやらんとなぁ、でプラス何千万かは残してやらな、と思ってね。
で、解約返戻率がいい保険内容やから、ワシが生きとったら、十五年か二十年で解約して、
みんなで分けんか、の。って言ったら、
その場に居た保険会社の友人(なぁ、葛石君!)が、ビックリしてさ、
そんな社長は今まで聞いたこと無いです。普通は、社長の退職金で取りますから。って。

でもな、みんなで稼いだ金で掛け金掛けとるんやから、無事やったら、
みんなで分けたらええとワシは普通に思うだけなんやけどなぁ。
 
来年は『巳年』。実が成る年やって前にメッセージしたやろ。
 
逆を言えば、自分の殻を脱皮出来ない人は、たぶん、ずっと出来なくなる年なんやで。
それくらい重い年やで。全て裏表や『両面』や。『裏を見せ、表を見せて散る紅葉(良寛)』や。

だから勇氣出して、脱皮せんかったら、それくらい『重い年』になると感じるんや。
 
自分のコートを脱ぎ捨てんと、実が成らんで。
自分はこれで行く!と、『殻』を『コート』を、脱ぎ捨てないかんで。
 
その前に一旦、今までの知識を捨てないかんのよ。
 
自分のコップを空にせないかん気がしてます。
そして本能で生きる。本能を磨く。そうせな実が成らんと思うし、
脱皮出来ない人は、いつまで経っても、重いコート着ることになるで。
重圧の人生になるで。ワシは嫌やぁ~!(笑)
 
巳年の巳は、蛇やで。また『おのれ』とも読むわな。
蛇は自分(おのれ)の殻を自分で脱皮して自由の天地に旅立っとるのに、
蛇に出来て何で人間に出来んのよ。そう思わん??えぇっ、そういうことに気もつかんの?(笑)
 
巳年は己が己を生き切る年。正念場の年やで。
 
上記のメッセージが浮かんだので携帯にメモしています(今日は11月11日)が、今大阪なんやけど、思うことあって、あの偉大な仁徳天皇の陵墓と推古天皇の陵墓に参拝に行ってました。

来年も、こういう日々を歩みます!と仁徳天皇と
推古天皇(あの偉大な聖徳太子を抜擢した女性天皇)に宣言して来ました。
 
参拝っちゅうのは、頼み事したらいかんで。
自己宣言(祈り=意を宣言する意宣(いの)り)する所やで。
頼み事するのは日本の国の安定と、天皇陛下のご無事だけやで。
 
今こそ、仁徳天皇の御心(慈悲心)と聖徳太子の智慧と推古天皇の洞察力を、
自分の人生に取り入れて、生かして行かんと、と
心洗われました。そうせな益々世の中乱れるでぇ。
 
縁ある周囲の人達のことを思いやれない人は、→自分が乱れの人生になるで。

民(国民)のご飯炊く湯気を見て『我、満てり!(私は、しあわせだ。)』と言うたんよ。仁徳天皇は。
まさに、ボロは着てても〓心は錦〓どんな花より綺麗だぜ〓や。
 
一人一人が皆んな、仁徳天皇の心を持たないかんのよ。
そしたら、会社も地域も国家も、安心で充実して、寿(ことほ)げる毎日を歩めるようになるんよな。
 
見苦しい人生は、もう止めて下さい。美しく生きませんか!
見苦しかったなぁと思った、そこのあんた!

昨日までは『リハーサル』や。今日から『本番!』そう心して、一から始めたらええやんか。なぁ!

算盤見てみい『ご破算で願いましては』って、間違えたら、やり直しすることを、やり直し出来ることを教えてくれとるやんか。
 
人間は、欲望の追求の度合いが高まるに応じて、
精神が貧困になってゆくということが理解出来ん人が多過ぎる!!

『足るを知る』とは、
『適正を知る』こと。

つまり『バランス』感覚が大事で大切。

欲望は、ある意味ヤル氣に繋がる。
だから、捨てることは無いし、人間でいる以上、
捨てることは出来ない。

煩悩(人間の欲望)を捨てずに、涅槃を得る心境が大事なんや。

涅槃とは、一切の苦しみから解放された境地。

事業でも、病でも、理不尽な事でも、一旦受け止める。

常に自分の『適正』を探究していれば、そういう心境になって来るもんです。

このワシの言う『適正』っちゅうのは、自分の可能性にトコトン、チャレンジする中で、
掴んで行くものなんよ。

充実する感覚が味わえて来るんです。

決して、自分の未知なる可能性を否定するもんやないでぇ。

会社で言うなれば、
一人一人の特性を見出して、それが十分発揮出来る環境を作っていれば、
自ずと掴めて来ますから。

掴めてないんやったら、 一人一人の特性を見出してないっちゅうことやと思うなぁ。

人を時間で使ったらいかんでぇ。能力を生かしてあげんと。

能力を生かしてやりたいなら、一人一人の特性を把握せんかったら、出来んでぇ。

トコトン自分の可能性にチャレンジしよったら、必ずと言ってええ程、下手打つもんなんや。

もし、下手打ってないなら、それはトコトン自分の可能性にチャレンジしてないっちゅうことやと思うでぇ。

ワシも昔、売上と同じ額を下手打ちました。銀行、銭貸してくれんかったから、ホンマの「ど壺」や。
皆さん、想像してぇ。(その人にとっての比率やから)
自分の会社の売上と同じ額を損失して、補填に銀行の融資ダメやったとしたら。
生きとれる??

下手打ったら困るわなぁ、窮地に陥るっちゅうことやわなぁ。

その時や、その時、天から試されとんやで。

お前の目的っちゅうのは、本氣なんか!?って。
試されとんやで。

『窮すれば、通ず。』?
ありゃ、ウソやで。

窮したら、通じるんやったら、誰も困らへんで。

窮したら、なぁ、変ずるんや。己の中に変化を見出して、考えと行動を変化させなぁ、いかんでぇ。

己の中に変化を見出した者だけが、通じてゆくんやで。
つまり、『窮すれば、変ず。変ずるが故に、通ず。』なんや!

トコトンやってみなはれ!
自分の自社の『適正』が見えて来るから。

適正規模を確立出来た時、何とも言えない充実感を味わえるから。

だからワシは昔から言うとんのよ。

事業の目的は、適正規模の確立やって。

そして、経営の目的は、理念の実現なんやと。

ここ、勘違いせんとってや。
『先の見えぬ指導者に付いている部下ほど哀れな者は無い!』
と、自分に言い聞かせて来ました。

だから、社員達を導いてゆける人間であり続けたいと毎日、己の哲学を深めて来たし、深めています。

これは、世の『親』達も、同(オンナ)じやなぁ。
そう心しないかんでぇ。
そうせな子供が哀れになるでぇ。

来年は『巳年』や。

巳年の意味は、
今年『立てた願に』実が成る年なんやで。

来年(巳年)に、何を具体的に実践するのかを年内に具体的計画を立てること。
来年、巳年にやなぁ、
何に実を付けるのか。
年内に、ハッキリさせていれば、来年実が成る年となるんやで。

後、二ヶ月で年明けるで。それぞれの会社で、何に『重点』を置くか、どう具体的に達成させるか、
ように考えて、発表せないかんで。

『何故?何故ならば。』をハッキリ説明して。

その説明が出来んようでは、いかんでぇ。