2013/04/04

「香川湧慈の今週のメッセージ」平成25年4月5日

皆さんは、あなた自身の
言葉で、何気ない行動で、相手を泣かしていますか!

『泣かす』というのは、
相手が感極まって、思わず熱いものを眼から流す。
ということを言うとるのです。

毎日しなさいと言うとる訳ではありません。

月に一度くらいは、そういう言葉、何気ない行動で、
相手が感極まることをしてほしいと思うのであります。

ワシは、今週、6~7年振りに当時仕事で関わったある会社の社員スタッフの人と縁がありました。

経営者の会で、ワシの講義を一番前で聴いていたから、
あれっどっかで見た顔やなぁと感じてました。

後の懇親会で、彼は独立したばかりとのことが分かりました。

で、懇親も出来ましたが、その夜、メールをして寝ました。

すると、翌朝返信メールがあり『今、このメールを読み、眼に涙が潤んでいます。』のメッセージ。

このメールを見た瞬間、
『通じ合えた』嬉しい気持ちになりました。

と同時に前職の会社では、
社員一人一人の心の『琴線』に触れる事柄に誠実に真摯に思いやりの気持ちで接してくれる
社長じゃなかったんやな、と感じました。

それでは、社員もヤル氣は起こらんやろうなぁ、と感じてしまう訳です。

神道(しんとう=神ながらの道・人間がより善く生きる為の道)に、こういう言葉が在ります。

『我(われ)無くんば、彼無し。
彼無くんば、我(われ)無し。

我(われ)あるが故に、彼あり。
彼あるが故に、我(われ)あり。』

分かりやすく言えば、

私が居なければ、あなたは成り立たない。

また、あなたが居なければ私も成り立たない。

私が居るから、あなたが、成り立つ。

また、あなたが居るから、私が成り立つ。

という意味です。

皆さん!これが人間関係の『真理』ではないでしょうか!

だからワシは、創業以来ずっと『会社は家族』と言い続けて来たし、
その具現化に命を懸けて歩んでいると言って過言ではない!と思うとります。

だから、毎日心穏やかに、しあわせ感いっぱいに会社生活を愉しんでいられるのです。

『家族』だから、稼ぎの悪い時は、まず社長(父親)が身を削るのが当たり前。
なのに、会社は家族です。と言いながら、稼ぎが悪い時は、まず社員の給料を減らすことを考えたり、実際減らしたりしている『社長』と呼ばれる人が余りにも多いと感じてしまう。

それは、自分の人生を真剣に生きてないなぁ。と思う訳です。

自分が先ず身を削ることの考えすら浮かばん人は、社員を雇ってはいけません!雇う資格なし!
ですよ。
社員には、ある一定の文化的生活が出来得るだけの給料を出してやらんと、
社員の心が疲弊するんですよ。

※これくらいが普通やろ。と他社と比べて、安い給料で済ませてはいかんのです。
一万円札の福沢諭吉が言うとるんですかねぇ、ちょい忘れましたが、
一番人間として醜いことは、他人と比べることである。でしたか?


心が疲弊した状態で、いくら発破掛けても『いい仕事』なんて、でける訳ないやん。と
感じんのやろうかなねぇ?感じんのやわ、たぶん。

社員達が文化的生活が出来、心穏やかに、仕事大好き人間で、
日々歩めている姿を目の当たりにしているのが、経営者のしあわせなんやけどなぁ。
※普通の父親だって、こういう想い、一緒だと思うけどね。

経営者は、そういう社員に囲まれて、毎日歩めることが、何よりもヤル氣の源泉であり、
次々とエネルギッシュに工夫、アイデアが湧き出て来るもんです。

この状態を、しあわせと言わなくて、何を以て、しあわせと言うのでしょうか。

『金は天下の廻りもの』と心から思えている社長は、上記の経営者に成れると感じます。

でも自分個人の収入を一番に考えてる人が、やっぱり多いんよなぁ。

上に立つ者ほど、お金の贅沢はしたらいかんと思う。
心の贅沢をせな!

経営者には特権があるやんか。

『お金の自由と時間の自由』を謳歌出来るやん。

勤めているサラリーマンの人には、会社が儲かってて、本人の業績も良ければ、
給料は沢山もらえるでしょうが、時間の自由は、かなり制限されますね。
たぶん、一般的会社では、高収入ほど、時間の自由は制限されていると思います。
それで人間味ある文化的生活が歩めるんだろうか?と感じてしまうのです。

ワシは、時間を拘束されるのが生理的に嫌なのよ。

だから、銀行を脱サラ(独立)した理由の大きいポイントでもありましたね。

なので、うち(エモーション)は、平均月間勤務時間は154時間です。
平均月間勤務日数で割ると、一日、7.7時間で、平均年間128日の休みを守り通しています。

一般的に言う中小企業に勤務する『女性事務職』の人達より、
たぶん、上記の勤務時間で月額7万円は高いと思います。

一日3分割でバランスを。というのが香川湧慈流。

8時間は好きな仲間と得意な仕事を一所懸命やろう!
8時間は睡眠を充分に。
8時間は自分個人の自由時間を『有意義』に使え!

ワシが社員だったら、これがええなぁ!と思う事を、会社運営にしているだけなんです。

つまり、人生の目的が先ずありき。なんです。

ええですか、皆さん!

あなたの人生の目的は、いったい何なん?
ということを自問自答し、深く心を掘り下げて考えないかんよ。

まさか『お金を貯めること』が人生の目的にならんといてね。

それが本当に目的なら、
人間として『下(げ)』ですから。
ワシは、そういう人は、生理的に嫌なんです。いいお付き合いは出来ません!ハッキリ言います。

それぞれの『人生の目的』の達成の為に『お金』は、道具として必要だから、
社員と共に知恵と汗で協力して『稼ぐ』ことをせないかんのです。

目的の為の道具がお金ですよ。
あなたにその『人生の目的』が見出せてないなら、何ぼ稼いでも、むなしくなるでぇ。

何の為に生きるのか!?を、探求してください。

そうしないと、虚しい人生の末路になってしまうからね。

今週言いたいのは、そういうこと。

奥深い意味で『ケチくさい人生』になってほしくないからメッセージしているのです。

もっと思慮深く、温かい心で毎日歩みましょうや。

高い理想に向かって、共に苦労しない限り、絆は結べないと思うし、深まりませんから。

人生は、縁ある人と、『高い理想に向かって共に苦労する』為に存在するものや。というのが、
ワシと縁ある人達に伝えたいのです。