皆さん!
『目的』というものは、
ゴールじゃないんですよ。
そこんところを、ひょっとしたら皆、勘違いしとりゃせんかと閃きました。

目的は『通過点』でしかありません。

『百尺竿頭進一歩』の境地です。

百尺の竿の先に自分が来た時、よう前へもう一歩踏み出すか、出せないか。

その先に『自由の天地』が在ると信じ切れるか否かなんです。

目的の先に『永遠の世界』と繋がっているから、その先へ踏み出せるんです。

人生の目的、大儀を目指す中で、自分の中に眠る『理想』を掘り起こさないかんと思うとります。

そして、その自分の中に眠る理想をトコトン追求するから、確りした人生観が培われるんです。

だから、そこに『哲学』が生じるんです。

だから、先ずせないかんのは、何より『自分の中に眠る理想を掘り起こす』ことなのです。

理想は、単なる『わがまま心』とは違います。

多くの人が、単なるわがまま心に振り回されて、自分の心に眠る理想と、離れて行くようにしてしまっているんです。

自分の心に眠る理想を掘り起こしていると、徐々に『目的』が芽生えて来るんです。

そして、その目的は、魂の成長の一通過点。

という心境に成れたら、『永遠の世界』に繋がると思う訳です。

永遠の世界に繋がっていると自覚出来たら、恐れるものはありません。

極端に言えば、いつ寿命が来ても、覚悟が出来ているから、うろたえないで居られ、

充実した人生が日々歩めるとワシは思っとるんやけどね。

充実した人生を歩んでる人は必ずと言っていい程、『畏敬の念』をいつも心に抱いているもんです。

畏れ敬う存在が居てる人は『しあわせ』つまり、幸福だと思うのです。

畏敬の念を抱ける存在を、『師匠』と言うんです。

自分の人生を、より高みに導いてくれる存在が、人生の師匠なんです。

逆を言うなれば、畏れ敬う存在が居ない人は不幸だと思う訳です。

そういうことを前置きして、仕事の心構えのメッセージをします。

『どんな不況でも、需要がゼロではない』と思う訳です。

『今やっている仕事で飯が食えそうにないなら、今の仕事を止めても仕方ない。』

そんな思いで仕事しているから、段々『食えなくなる』のです。

それは『信念』があるとは言えない。

もし、食べれなくなってゆくようであっても『これだけ』は止めない。

というものでないと『信念』とは言えないんです。

単に業務レベル、事業の戦略、戦術のことを言っているんじゃないんです。

如何に己の中で変化してゆくか、が問われるんです。

自分の中で変化を見出ださん限り、通じては行きません。
(自分の怠け心との闘いなんですよ!)

だから『窮すれば(困り果てたら)、変ず(己の心を変化させよ)。変ずるが故に、通ず。』
なんです。

原因を探求すること。

責任追求じゃないんです。

原因追求が大事なんです。

原因を学んで、先を読むならば、慌てることが無いんです。

先が読めないから、疑心暗鬼になるんです。

だから、決断が出来ない。

そして世の変化に対応が出来ないんです。

自分の中に変化を創ること。

幹部足る者は、会社の業績のみならず『社員の心の変化に配慮できないかん。』のです。

あなた自身が何を以て『生き様』とするのか。が、芯に無ければ、充実は生まれません。

ワシの好きな武将である、楠木正成公は『義』(日本人の誇りを守るという義)が生き様でした。

部下全員が正成公を見ていた(尊敬し親しみを感じていた)から、正成公が『義』を説くことを通して、

部下自身が、自分なりの『向こう』を見ようとして来たのです。

これが人材教育だと思う訳です。

社長自身が己の生き様を貫いていれば、徹していれば、部下は大なり小なり、

自分の『向こう』を見ようとするものです。

そして、自分なりの『先が見えて来る』のではないかと思う訳です。

だから、諸問題に慌てず対処出来る人間に育ってゆくのだと思うのです。

何が言いたいか。

自分の大事に想う人には、愛情が存在するから、そういうことを『繰り返し言う勇氣』を持って下さい。

それが思いやりです。

愛情です。

これが一般的には、繰り返し、よう言わんのです。
保身心があるから。

他人から、よく想われたいという気持ちがあるからです。

哲学の確りある人は、同じことを言っても、相手への心の響き方が違うんです。


ひょっとしたら多くの人は自分の、鬱憤(うっぷん)を吐いてるだけかも知れません。

それは自分勝手というもの。

こう考えたらええのです。

その人と、自分の人間関係、信頼関係を考えてみれば、解ること。

自分の中の理想の魂が、その人に乗り移って、


自分に言ってくれているのかも知れないと、一旦考えてみる。そういう捉え方をして欲しいんです。

自分との信頼関係の無い人から、言われたとしても、

相手は自分に愛情で言っていないとしても、鬱憤を吐いてるだけだとしても、

あなたの捉え方を、客観的に観察するのです。

どこか、わずか一点でも、あぁ、そう言われても仕方ないところもあるかなぁ。と、

客観視する心の習慣を身に付けたらええのです。

それが哲学のある人物の心境だと思う訳です。

だから、永遠の世界に繋がれるんだと思うとります。

相手を責めてはいけません。

あなたの魂の親が、他人のフィルターを通して、自分に言ってくれているんだと捉えるのが、

心豊かな人間だと思うのです。

また、信念というのは、

自分の口から言うべきものではないんです。

自分を観ている人達が判断するものなんです。

自らに問い掛けた時に、

何が遭っても、やり遂げたい。というものを持つことが『信念』なんです。


目の前の事を、一つ一つ、『丁寧にこなす』ことが、信念ある人間に育んでくれるのです。

一つ一つ、本心から丁寧に、人に、物に、接していることが信念ある行動と言えるのです。

心の中に眠る理想に照らし合わせて、事業というのは、せないかんのです。

単に、儲かりそうだから、だけでスタートすると、

やがて虚しさだけが、生じて来て

『もう一人の自分』が『お前、そんな生き方でええのんか!??んん!』

って語り掛けて来ますよ。

ほんまに。

『感極まる想い』をどれだけ体験したかで、その人の感受性の豊かさ、

人間性の豊かさに多大な影響を及ぼすのです。

この感極まる想いが、実は自分の心の垢を落とすようになっていると思う訳です。

本を読んでも、映画を観ても、講演録を読んでも、

どういう場面、どういう文言で自分は、感極まるのか。

感情移入の感性の問題なのか?

思いやりの深浅の問題なのか?

その人自身の過去の体験から、その(対象)心情が汲み取れるからなのか?

そういう体験の乏しい人では、何を見ても、何を読んでも、様々なことに遭遇しても、

感極まることが余り少ないのだと感じてしまう。

ワシから見ると、人間皆、毎日心の垢が付いているのを、毎日少しずつ垢落とし、せないかんのに、

感極まらない人は、その垢が中々落ちないんじゃないかと感じている訳です。

感極まった時の自然な涙が自分の心の垢を洗い流してくれるような気がしておるのです。

だから、また進歩発展できるのだと思う訳です。

やっぱり、自分が体験してなくとも、人の人情の機微を素直に感じ取れる感受性や人間性を身に付

けてほしいと希(ねが)うものです。

その訓練は、保身的にならない!ことです。

人間皆自分が大事やし、

保身が働きます。が、

本当に自分を大事にする。ということはどういう心を言うのか、を考え抜いて下さい。

『保身を捨てる』という境地になるはずです!

皆さん、日に一度でも、

『感極まった涙』で自身の心の垢を自浄して、見苦しい保身心(ほしんごころ)を捨てて下さい。

素晴らしい心境が訪れますから。

生まれた時は、裸です。

様々な体験を積極的に積み重ねながら、消化してゆく。

でも、毎日の如く、垢が付いて来ます。

だから、心の掃除を毎日せないかんのとちがうかなぁ。

そのコツは、まず、行動から始めるのです。

自分の家の中のあれやこれや、車の中の毎日の掃除だと思う訳です。

気付いたら、スグする!

これ、ほんまコツなんですよ。

自分の家の中の掃除、気付いているのに、しない自分がいませんか?!

一事が万事。

仕事にも出てるはずです!

ちなみに、うち(エモーション)のトイレに、ワシがピン!と閃いて、十数年前から貼っている

『掃除と宇宙のメカニズム』を紹介します。

ご一考あれ。

こういうメッセージです。

『宇宙には、無限のエネルギーのダムの湖があり、

人間が、その流出口を詰まらせているだけ。

掃除(=自我を取る)を徹底する事で、そのゴミ(自我)を取り除くと、詰まりが無くなり、

好むと好まざるに関わらず、エネルギーが流出して来るのである。

(つまり、あらゆる問題解決のヒントが浮かんで来るのです。)

掃除の効用

1.やってる人の身も心も清められる。
(トイレ綺麗に水流した後、素手を便器に突っ込んでスポンジでゴシゴシしてみてん!不思議と気持ちスッキリするから)

2.それを見ている人の心も清められる。
(これも、ほんまです。)

3.やってる人が生き生きして来る。

4.物事すべてが整って来る。

※トイレは必ずピカピカの後、フタをすることがポイントです!!』

と、貼り紙してます。

皆さんも、毎日意識されたし。

権利を主張する人をワシはムシが好かんのです。

権利意識が増えるほど、
その人の人格と、引き換えているように感じてしまうのです。

権利を一つ言えば、自分の人格が一つ劣る。という感じというか、宇宙の法則のようなものは、

そうなっとんじゃないかと感じてしまうのです。

あなたが主張する権利意識と引き換えに、自分の最も大切な人格を差し出しているんですよ。

寓話に例えるなら、小鳥が森へ食べ物を探しに行くが、中々見つからない中、少年と出会う。

少年は小鳥の食べ物を持っていて、小鳥に言うのです。

綺麗な羽一枚と一回分の食べ物を交換しようって。楽して食べ物を得たい小鳥は、

自分の大切な羽を一枚差し出す。また明くる日も、そのまた明くる日も、、

ある日、食べ物を食べた小鳥は、自分が飛べるだけの羽が失くなってしまったという話。

そこに気付かないかん!と思うのであります。

権利を主張するというのは、自助努力を怠るということにつながるのです。

人間はやっぱり、し甲斐のある努力をせないかんと思います。

権利には、
主張しなければいけないものと、
そんなものは考えてはいけないものがあるんです。

例えば、陰湿な、権力者に対しては、人として主張せないかん権利は、

堂々と主張したらええのです。

がしかし、自分のことを想ってくれている人には、

決して権利を主張してはいかんと思うとります。

そんなことしたら、自分を大事に大切に想ってくれている人の心を傷付けることになるのです。

悲しませることになるのです。

瀬を失(な)くさせてしまうからです。

分かるかなぁ?
この感覚。

世の中見てみて、声高に、権利ばっかり言っている人達は、どう観ても、人格者には見えません。
感じません。

主張しなければいけない権利と主張してはいけない権利の区別、分別をちゃんと着けれる人物になりたいじゃないですか。お互いに。

ムシが好かん。と前述しましたが、この『ムシ』って漢字でどう書くか、分かってますか?

『無死』と書くんですよ。
つまり、死の無い世界を、無死と言います。

死の無い世界とは、いわゆる『あの世』のことを言い、まぁ、神々の世界(無死の世界)と捉えて下さい。
つまり『無死(ムシ)の 知らせ』と一般的に言うのも、
意味は、あの世つまり、
神々の世界からの『お知らせ』という意味です。

もっと分かりやすく言うと、ムシが好かんというのは、神々から好かれていませんよ。ということにもつながります。

どうか皆さん、
銭が少ないのは知ってます。

銭が苦しいのは知ってます。
五千円、一万円余分に欲しい気持ちは分かります。

五万、十万余分に欲しい気持ちは分かります。

だからと言って、銭の奴隷に陥らないように!

人の道を、
自分の胸に置いて、一寸の虫にも五分の魂です。

ケチ気(げ)になってはいかんのです。

自分の人生がケチ臭くなるんです。

グッと堪(こら)えて、
ケチな人間に陥らないように。

貧してる時、貪欲に陥らないように。

他人をうらやましがらない。
銭の奴隷に陥らない。

必ず天は観てくれています。
あなたの真心を、あなたの人の道を、あなたの素直さを。

素直とは、自分の信念が確りあり、

かつ、他人の心情を真摯に受け止めれる心のことです。(自分の意見と反対であっても)

排他的でない、聴く耳を持っていて、区別や分別が出来る人のことです。

いかんなぁ、と感じたら、スグ止める努力。

善いと感じたら、気付いたらスグする努力。

一生涯を通して、ほんまもんの『しあわせ』を感じたかったら、世間のずるさを体験し、飲み込んで、

自分の真心に正直に生き切ることやと思います。

酸いも甘いも全部飲み込んで、己の役割を果たし切る。
つべこべ言わない。

明らかに認める。

一方を聞いて沙汰(判断)しない。

考えて考えて、考え抜いてどうしたらいいか分からん時は、感じたままに生きる。

ワシは、こういうようにしています。

こんなメッセージを毎週『贈って』いるのも、自分が他人からどう評価されたいとか、

という気持ちや思いは、つゆさらありません。
ワシは他人の評価に左右されませんから。

何人か、こんなメッセージでも、自分のことのように捉えて、受け止めてくれて、感じたまま、

感想を返してくれる人達がいるから、たった一人でもいいのよ、他人事(ひとごと)でなく、

自分事として、内面に向き合ってくれる人がいるなら。という念(おも)いから発信しています。

単なる『つぶやき』では無いんです。

人は、大きい役割のある人には、役目のある人には、必ずと言っていいほど、

『絶望の淵』に立たされるんだと思えてしまうのです。

『お前の志は本氣なのか!』を天から問われていると思う訳です。

そういう人に、勇氣と希望が湧くキッカケのメッセージであれば、甲斐があるのです。

 

 

いつか必ず、何かを失うのです。

大切に想っている人も、

お金も、物的財産も。

そうでしょ。いつかは、失うんです。

けど失ってはいかんものがあるんです。
それは、
『志』『誇り』だけです!
それを『愛情』と言うのです。
これ分かりますかねぇ?

好き好きっていうのが愛情とは違うんですよ。

相手が『自立』と『自律』できるように自分の出来ることで、援助することが、愛情だと思う訳です。

その『自立』と『自律』を養成する源泉が『志』や『誇り』だと思う訳です。

志や誇りは、肉体寿命を終えても失うことはありません!!

物的財産は、肉体寿命を終えて、あの世とやらには、持って行けません。

そういう事は、誰しもハッキリ分かっているのに、
執着して、見苦しくなっている人がいる。

甲斐性が有る間だけ『所有権』という名が付いているだけやのに。
そうだと思いませんか。

本来、自分のものなんて魂以外は、何も無いのにね。

見栄、
しょ~もないプライド、
飽きることのない欲望。
こういう精神的なものは、あの世に引きずってゆくんですよ。

そして、何千年も同じ想念の人達と過ごすことになると思う訳です。

これこそ、地獄ではないでしょうか。

見栄っ張りの人達や、
しょーもないプライドの塊の人達や、
愚痴ばっかの人達や、
素直でない人達と、
何千年か何万年も同じ世界で過ごすことになるのよ。
だから、これこそほんまの『地獄』やと思うのであります。
嫌やろっ!?そんなん。

肉体のある人間としては、高々80年~100年ですが、

あの世は、自分が寿命を終えた時点の精神性で、同じ想念の住人達と何千年、

下手したら、何万年も一緒に過ごすことになると思う訳です。

だから、ワシは毎回言うとるのです。

飽くなき自我と闘いましょう。

志を立てましょう。

誇りある生き方をしましょう。

挨拶、返事、後始末キチンと。を日々の生活でちゃんとやろうや。って。

この3つ『明るい挨拶・素早い返事・後始末キチンと丁寧に。』だけなんよ。

続けていたら、必ず、志を立てることが出来、誇りある生活が歩めるようになるんです。
何も難しい事じゃないんです。幼稚園児に言うような、たったこの3つです。

話戻すけど、

生活に困ることのない銭を持っている人が、飽きることの無い銭儲けに躍起になっている様は、

やはり見苦しさを感じる。

そう思いませんか。

給料を払ってやらないといけない立場の人間が、銭儲けに躍起になるのは、当然のこと。

そこに、工夫と智恵と汗と感動の涙を注ぐことに充実が生まれるもの。

レッスンを積み重ねる。

それが結果、ステージでの自信になるように、あなたにとってのレッスンは何かを考えて、

それを積み重ねてほしいのです。

それが結果、人生を歩む自信になりますから。

もっと分かりやすく例えると、自分が思っていることを、書いてみること。

これは訓練(レッスン)です。自分が書いたものを、よぉ~く、読み返してみる。

思い(真意)を文字に出来ないことを実感するでしょう。

自分の思いですよ。

何で文章に出来ないのか?

この『思いを文章にする』という訓練を積み重ねていると、

実は、対人関係に於いて、自信が付くのです。

コミュニケーション能力が向上するのです。

やはり、充実の原点は、
コミュニケーション能力にあると思えてなりません。
コミュニケーション能力とは、決して饒舌ではありません。

『自分の真意を丁寧に伝える。』

『相手の真意を丁寧に受け取る。』

ということではないかと思う訳です。

そのレッスンとして、たまには、自分の思い、想い、念(オモ)い、を綴ってみて下さい。

練習はウソをつかない!

製品はウソをつかない!

技術はウソをつかない!

ウソをつかせているのは、あんたの虚栄心じゃないのでしょうか?

自問自答あれ!