※道とは、人間のあるべき姿であり、全ての人に当てはまる幸福の状態とでも言いますか。

全ての人間の人生を有意義に全うする考えや行動のこと、とワシは捉えています。
ということを前置きして。

極め尽くされた『道』とは

見聞(見たり聞いたり、ちょっとやそっと勉強したくらい)の及ぶ範囲ではないと思う訳です。

おそらく深く見えないところに隠されていると思う訳です。

本来『道』を得るとは、肩肘張って(さぁ、自分はこれだけ勉強したから、モノにしたぞ、的な)得るもの

でなはなく、自ら修めることに、ふつふつと喜びが湧き、行動してて、

心の底から『ああ、なるほど!!』と処を得た喜びが、身の内から沸き起こって来るものやと思うのです。

だから、誰でもが手に届くものなんです。

そして尽きぬことのない楽しき学究の道なんです。

人間とは何ぞや?!を学び続ける、探究することが、自分の血肉となり、

実践することは喜ばしく愉しいと感じるものです。

『道』を知ろうと学び、日々の生活に応用して行くことは、人としての処を得、喜びに満ち溢れるものです。

お釈迦様の弟子に『維摩』(ゆいま)という僧が居ました。

この維摩(ゆいま)が病に伏せているから、他の弟子達に、維摩の病の根源は何かを学ばさせる為に

見舞いに行かせる話があるんですが、誰も答えが分からない。

唯一、文殊(もんじゅ)という弟子だけが気付くのです。

維摩(ゆいま)の病は、『衆生(しゅじょう)病むがゆえに、我れ病む』ということに気付いたのです。

つまり、維摩は自分がどれほど修行を重ねたとしても、衆生(しゅじょう)=民が皆、苦しみの中に居る。
ありがたい仏道にすら、触れることが、叶(かな)わぬ者も居る。

この衆生が苦しむことが、私の病なのです。と。

どのようにすれば、衆生が皆苦しみから離れることが出来ようか、

これが見出だせないことが私の病なのです。と。

ワシは昔、仏教を勉強してて、これを会社に当てはめて考えてみました。

どれほど社長が修行(勉強と実践)を重ねても、社員が皆苦しみ(愚痴、不満、病、貧困、争い等々)

の中に居ることが、社長自身の病だと。

社員の心を我が心とし、社員の苦しみを我が苦しみとし、共に在る心を持つ。

そうして、我が心が満たされるよう、豊かに成るよう道を尽くすのみ。

その取り組みとして、規範を整え、理念を明確にし、

会社としての在り方を決定することやと信じて取り組んで来ました。

そして、社員が生活が出来、文化的なこと(外食が楽しめ、趣味に時間とお金が使え、少しずつ貯金も出来、たまに旅行も楽しめ等々)


が出来るだけの給料を工面し、教養を身に付けてもらう為の機会を設け、人間として有意義な生き方

の哲学を整えることに全身全霊を懸け、会社の理想を明文化しようと気持ちを注いで来ました。

だから、自分自身の心が、愉しめているのだと感じている次第です。

でも、この『哲学』を持つということは、自分勝手な自分の人生経験だけを以て『人生哲学』とするので

は意味を持たないんです。

共通基盤たる哲学を学びながら、自らの経験を乗せて行くことが肝心要(かんじんかなめ)なんです。

正に、人間らしい親なら、皆、こういう気持ちが備わってるはずなんです。

家族の体調の健康、心の充実、生き生きとした姿を見ることが、親としての幸福感だと感じる訳です。

社長は社員に対して、主人であり、師匠であり、親でなければ、皆の充実は有り得ないと思う訳です。

皆さん、どうですか?

維摩(ゆいま)のような心境で、自分の周囲の人達に接していますか?!

出来る、出来んを言うとるんじゃないんです。

おまはんに、そういう気持ちが、ありまんのんか?(笑)
と問うてるのです。

この気持ちがあなたに芽生えない限り、あなたの心の充実感も生活面も、あなたの努力が報われな

いようになってるんだと思うのです。

自分が、してあげている『のに』、あれは自分が、言うてあげた『から』とか、(笑)ね。

せっかくのあなたの努力が、振り出しに戻ってしまうのよ。

一回言ったら『待った!』は、聞いてくれませんし、効きません。

また一から振り出しなんよ。

厳しいでぇ。

でも、しょうがないわな、言うたんやから、、、、、

またスタートしたらええのです。今度は下手打たんように、言葉を考えて、そういう想いが浮かばない

ような心を備える訓練(毎日の自分の心を豊かにする刺激を自分で自分に与えること)せな。

要注意ですよ!

私がした『のに』。

私がした『から』。

振り出しに戻るでえぇ~!

全くの悪気なんて一切無いのに誤解されやすい人は、よぉ~く自分の言動を観察する習慣を持つべきやと思う訳です。

自分の表現力の乏しさゆえ、相手に理解されないんだと自覚して下さい。

こういう捉え方が他人(ひと)の所為(せい)にしない生き方です。

先週も言うたけど、自立しようと努力していない人が余りにも多いと思う次第です。

自立しようと努力している人は、いわゆる占いとかに関心を持ちませんし、

自分の人生を不安視するのでなく、危機感を持っているから、将来を予測し現在の準備を怠りません。

そして、あんまり他人(ひと)に相談もしない人が多いように感じます。

この意味深いけど、ように理解してよ。

不安のある人は、相談したらいかんのです。

自分の生きる道を確り持って行動している人は、相談してええのです。

こういう人は『どうしたらいいですか?』なんて言いませんよ。

『こうしようと思っていますが、どう思われますか。』という言い方をしていますよ。

自立=安易に頼らない。を例えて言うならば、商売しててお金が百万円足りないとしませんか。

あなたは、友達や知り合いに『お金貸して』って頼みに行きますか?

行かんでしょ。

自分で何とか工面しようとするでしょ。

ここで強く言いたいのは、『頼るべきは、確りした自分』ですよ。ということです。

だから、頼り甲斐がある自分に成る為に、学問が必要なんです。

人間学という学問が。

『経営は人間学』なんです。

ええですか!商売してる人だけが、経営とは言うてないで。
自分の人生の経営をしているのは『誰?』あなたでしょ。自分でしょ。
自分の人生経営の経営者は、紛れもなく『自分』やん。

ように読んでよ。
経営の説明するけん。

経営の『経』とは
『縦=秩序=人の道』なんです。

それを営む。つまり、人の道を実践しながら、経済活動をすることを『経営』とワシは捉えています。

こういうことを聞くと、何か窮屈やなぁと思う人に、窮屈なことじゃないんです。

人間生活として当たり前のことなんです。

こういうことが『ほんまやなぁ、共感するわぁ。』って自然と感じる感性であってほしいなぁ。

だから、昨日の自分より、今日の自分が確りするように。

今日の自分より、明日の自分が確りするように、毎日哲学を深めています。

だから人生の幸福感、充実感を味わっています。

誰しも、起こって来る出来事は、最初は『ピンチ』から来るもんです。

チャンスからは、まず来ませんよ。そこんとこ勘違いしないように!

もし、チャンスから来てるな、と感じたら、落とし穴があるでぇ、たぶん。

この毎日来る小さなピンチに思える事や、大きなピンチに思える事を、

どうやってチャンスに変えてゆくか、を考え、行動するところに、喜びが湧くんです。

人間は誰しも、以前の自分より少しでも『成長しているな』と感じることが、

嬉しいはずなんです。

じゃあ自分にとって『成長』とは何ぞや?を考えてみて、実践してほしいのです。

これがワシの願いなのよ。

幸せになりたいねぇって言うな!

幸せは、どこかにあるんじゃなく、自分の心が『感じる』ものやと思うのです。

ついつい口癖で軽はずみに言っているあなた!!

自分が少しでも『成長している』と感じている間だけ、幸福感を味わえるんだと思って下さいね。

確りせないかんで、自分!

一番頼りになるんは、人生観、死生観(どういう死に方をしたいかという考え、想い)を持って、

納得して行動している自分なんやから。

何が起こっても『よぉ~し、どうするべ。』と考えて工夫してゆく問題解決能力を自分に備えることなんです。


自分がまだまだ確りしてないと思うんなら、他人に聞くな、当てにするな。

無意識に振り回されるだけですよ。

相手は自分の生活の責任を取ってくれないんだから。

相談するなら、責任を取ってくれる人物に、せないかんのちゃぁうん?

責任を取ってくれようもない他人(ひと)の言に、

無意識に左右されてしまうものなんです人生観の確立の不充分な人は。

相手は悪気は全くないんです。

まず実践すべきは、自分自身の人生観の確立やと思うのです。

だから、先人の智恵を学び続けることが(自分が守らないといけない人達の為にも)必要不可欠なんですよ。

何百年も何千年も、生き方が現代にまで残っているという人物は、

神が後世の人達に、先人の智恵に自分達が幸福感溢れて、

あらゆる問題解決を自分が出来る人生を歩めるヒントがあるんだぞ。

ということを気付かせてくれる為に、残してくれているんです。

ワシには、そうとしか思えないんですよ。

皆さんどうですか?

何で、名前や生き方が残っとん?って考えたことありませんかねぇ。

そんなにボーッと生存してるの?

それは生きてるのとは、ちょいと違うと思うんだけど。

ただ、生存してるだけやで。

今からでええから、考えて。お願い。

人間の真の幸福は、一言で言うと、、、、、

『自立と自律』が出来ている状態なんです。

ここに尽きるんです。

自分で立つこと。
どういうことかと言うと、
『常に自分で考えて工夫している。』自分が責任を取る覚悟。仕事に於いては、

言われた事だけするんじゃなく、自分で考えて、いつも工夫しているか。ということです。

のほほんと過ごさない。ボーッと過ごさないということです。

自分を律すること。

あぁ、ここはクリアー(直す、克服する)せないかんかなぁと自分で思っている事や習慣を、気付いた

ら、自分で自分を律しようとすることなんです。

すべて百点に成ることではありません。

自分で自分を振り返った時、百点満点中30点の能力のものは、

50点は目指さないといかんと思うけど、それ以上は必要ないと思う訳です。

自分で自分を振り返った時、百点満点中90点くらいの能力のものは、

常に百点を目指さな、いかんのです。

ここにチャレンジせな!

何故か?

そうしないと『自分らしく』生きれないからです。

また、30点のものを余りにも気にし過ぎて80点90点を目指すと、

せっかく生まれ持って存在する他人に秀でてる能力(自分の得意分野)が衰えて来るからです。

これ深いで。

たぶん脳科学的にも『言える』ことだと思います。

それぞれが自立し、自分を律することで、役割分担になり、自分以外の人達の、

自分には無い能力を認めるようになるんです。

相手を認められるようになるんです。

だから、自分の何某(なにがし)か縁のある他人に対して、腹は立たなくなるんです。

もし腹立つなら、相手を認めていない証拠です。

自分に出来ていて、相手が出来ていないからといって腹立つのは、本来はおかしいことなんです。

お互い、それぞれの持って生まれた能力差なんです。

そこに観点と感点を向けてみてほしいのです。

相手を認めつつ、自分自身は喜怒哀楽がハッキリしていて、一切後を引かない。ビシッ!と潔い。

教養の有る喜怒哀楽は、

ハッキリした方が人間らしくていいんです。

ただ『後を一切引かない人間性』です。

教養の有る喜怒哀楽は、

子供が駄々をこねる感情からだけで発するものではありません。

まぁ、相手を善くする思いで怒鳴り散らした後、

一切後腐れ無く、後を引かない習慣が身に付いている人は真の幸福者だと思う訳です。

自分を知っている人です。

気が短くてもOK。

すぐ感極まって人目気にせず泣くのもええのです。

そういう人は、くったくの無い笑いをしています。

こういう人は、愚痴は出ないんです。

常に希望が湧くんです。

ほんまですよ。

ワシが、そうやもん。

『長所即短所』『短所即長所』です。

まさに長所と短所は紙一重です。

『気が短い』と『テキパキと行動的』みたいな。

何かに秀でてれば、何かが劣るもんです。

皆さん、全部百点目指したら、いかんと思います。

何かに劣る点があるから、

謙虚になれるんです。

希望が湧くんです。

希望が湧くから、反省心が芽生えるんです。

自惚(うぬぼ)れが律せられるんです。

心のバランスが取れるんです。

劣る点があるから、秀でてる点が、より輝くんです。

劣る点を気にし過ぎると、徐々に秀でてる点、秀でてる能力に陰りが来ますよ。

何の魅力も感じなくなるでぇ。

仕事で例えるなら、

同業他社が自社を見て『この点』だけは、負けるよなぁ、と

思わすものを持ってなかったらいかんでぇ。

それと同時に、一番劣っていると思う点を50点まで引き上げな、いかんのです。

放ったからしでは、いかんわなぁ。ちと引き上げんと。

世の消費者は、優れた点は認めてるけど、

余りにも劣っている点を感じてしまって『顧客』になってくれないんです。

だから劣っている点は、

放置せず『50点=人並み』までは引き上げましょう。

そして、

人間は、本心から『やりたい事』に熱中することが、幸福なんです。

これを難しい言葉で言うと『因縁を整える』と言うんです。

自分の前世からの『業(ごう)=因縁』を現世に於いて整える唯一の取り組みが、

本心からやりたい事に熱中する事なんです。

あなた!どこかで安易に、トコトンやりたい事じゃない事業をやってませんか?

単に儲かりそうだから、とか。

誰かに言われたから、とか。

自分を偽ってはいかんですよ。

本心から縁深い他人(ひと)の『自立と自律』に自分が積極的に援助してあげる。

利害に関心無く、してあげている間が、人間の幸福になるんです。

見返り?

なんて爪の先、程も思っていません。

愛情とは相手が自立と自律が出来るよう、そっと援助してあげることやと思うとりますから。

もっぺん言うで。整理するで。ように覚えといてよ。

教養の有る喜怒哀楽をハッキリとし、一切後腐れ無く後を引かない。

ねちねちしない。

潔いこと。

一般的に多くは、喜怒哀楽の後、尾を引くんです。

ねちねち心があるんですよ。

だから、自分の長所が伸びないんです。

持って生まれた特性、他人には及びも付かない長所は能力です。

これは『本心=魂』が喜ぶから、成長するんです。

だからそういう人は、相手を責めません。

だから、ワシは言うとるのです。

あなたは、本心から『やりたい事』を仕事にしていますか?!って。

本心から『やりたい事』を仕事にしている人は、他人を羨ましがらないし、

責める気持ちも起こらないんです。

海の如く、大らかになれるんです。

ほんまです。

人間の脳は、そういうメカニズムになってると思えてならないのですワシは。

恩と恥を知る。これが人間として一番大事なことじゃないかと感じています。

本心から恩を感じている人には、無条件で『ハイ!分かりました。』でしょ。

言い訳せんでしょ。
問答無用なんです。

『なぜですか?』って聞かないもんです。

もし、そうなれないなら、その人には、恩を感じていないということです。


ハイ!分かりました。か、
そうでないか。の二つなんです。

中途半端は無いんですよ。
言い訳する人の心理は、
無意識に自分の心が天秤に掛けていて、重たい方(自分の都合つまり、めんどくさい、とか、

後にしよ、とかの怠け心や、後からの約束なのに、こっちが自分の好みだから先の約束を破ってもいいわって思う自分勝手心など)に動きたいから、選ばなかった方へ理由付ける為に、さも正当な理由があるかの如く、正当化している自分が居るだけなんです。


もし自己を正当化しているなら、それを『恥』と言うんです。

言い訳しない生き方を貫いてほしいのです。


言い訳する人に言いますね。
こう言われたら、あなたはどうしますか?

先に約束したことより自分の都合を優先する人に、お金に置き換えると分かりやすいので、考え方、捉え方として例題を言います。


あなたが理由付けて断って自分の都合を優先しようとした時、選ばなかった方の内容が、

もし宝くじ3億円当選し、指定日の指定時間に指定場所に交換に行かないと、無効になるとしましょう。

それでも、あなたは自分の都合を優先する。

宝くじ交換に行かないことを選ぶと言いなさい。

それなら自己を正当化していることにはならないから。
良い悪いを言っているんじゃないんです。

何事も、そんな風に考えて自分の言動を実践してほしいということなんです。

『会社』に仕事に来ている人が大多数を占めている。当たり前のこと。

最近特に感じるのは、自分の生活の基である会社の行事を『無意識に一番』にしない人が、かなりおる。

語弊誤解を恐れずに言うならば、これは人間として『間違うとる』とワシは思うとります。

本当に自分を生きている人は、会社の行事があれば、無条件に『ハイ!分かりました。喜んで。』の気持ちに自然と成っている人だと感じるのです。

『問答無用』の気持ちや、想いが、実は自分の将来を左右している感があります。
どうやら、こういう無意識の行為が、自分の努力を報われないようにしている原因のような気がするんです。ほんまに。

そして、こういう観点に誠実に即行動している、反応していることが、自分の人生を有意義に歩むコツのような気がしてならないんです。

反論はあるでしょう。

でも人間として奥深い部分では、相手に対して、自分が本心から大事に想っている人なら、無意識にそうするはずなんです。

そうでしょう、皆さん。

『会社=自分の人生』と
無意識に捉えられる人間性が本来は、大切なんです。
自分の家族の生活を支えている訳ですから。

もちろん、そう感じられる会社でないと、社員もそういうようには思えないんだけどね。

つべこべ言い訳言わない。
というより、言い訳が浮かばない人間性。

自身の生活が出来ているのは、会社という基盤があるからということに無意識に誠実に向き合う。

気持ちの取り引きをしない。
会社と個人の都合を『取り引きしない』『天秤に掛けない』無意識の姿勢。

『本末転倒』に陥らない自身の心の、毎日の自己チェックを怠らない。

そういう人達が増えてほしいと願うものです。

そして『仕事』というのは、常に、工夫、工夫、工夫の連続をやり続けなければ、やがて衰退してゆく。

己の本業に常に向き合う。
本業に工夫は足りているか?を常に自己チェックせないかんのです。

もっと良くなることはないか?を常に考え抜く努力。(ワシは毎日考えとるけどなぁ。)

それが『結果』を生む。

それを実践している人だけが説得力を持つ。

仕事も人生も同じ。

常に工夫をやり続けている人だけが『輝ける。』

こうやって毎週発信してるのは『こうしなさい。』と皆さんに押し付けてるんじゃないんです。

毎週発信しているような内容をワシは自己チェックしてますが、あなたは、自己チェックしてますか?という投げ掛けなんです。

自分の実体験しか話さないし、ピンチをチャンスに変えて来た実例から発信しているから、直接ワシと会って話しした人からは説得力がある。心に響くと言われて来ました。

毎日やっている自分の本業をもっと掘り下げて、いつも考え抜いている状態で、何とか現状維持が出来てるんじゃないか、と思うのです。

掘り下げているつもりで、気付いてない部分が必ずあるはずなんです。

そこを探さな、いかんのだと思うとります。

毎日、自分の本業を掘り下げる、もっと工夫する事はないかを考えてもいない人は、仕事も人生も、衰退して行って当たり前やと思います。

あなたは、毎日毎日同じ繰り返しの仕事に、そして、生活に『考える』『工夫を加える』という観点を持って日々歩んでいるんでしょうか!?

で実際、工夫の実践をやっているでしょうか。

ワシも『ルイボスティー』に個人で取り組んで29年目、会社で取り組んで24年目、

ルイボスティーのメーカーとして20年目になりますが、素材である原料は『変えようがない』のですが、この『変えようのない事実』を受け止めて工夫して歩んで来たつもりです。

品質管理の工夫、
台帳の記入の仕方、
伝票や台帳の観察の仕方、パンフレットの工夫、
得意先の選定、
包材の工夫、
より美味しく飲んでもらう為の工夫、
アフターフォローのやり方、顧客管理の工夫、
デザインやネーミングの対個別対応、
欲しい顧客を掴む為の会員価格の設定、
メーカー、販売代理店、
消費者の三方良しの仕組み、
荷造り発送を対個別対応し、お客さんに商品が届いて段ボールを開けた時に、何を一番目に入らせるか。という心理学の工夫。

注文を受けて発送するだけでは『自動販売機』と同じ。そこに血は通わないし、伝えたい想いは存在しなくなるのです。

数え上げれば、細々とした些細な一つ一つに心を注いで来ましたし、注いでいるんです。

こういう事は皆さんも当然やっている事と思うんですが、
言いたいのは、もっと微細な点にまで、トコトン追求、探究していますか!ということなんです。

日々同じ品質のものを提供し続けることの難しさを感じて仕事はせな、いかんと感じます。

『そこまでやるか』の精神。
そこまでやるか!とは、
社員一人一人が、自分の職責を、自己責任をトコトン追求する姿勢のことを言うとるのです。

その姿勢が実は自分の人間性を磨いていることになるのです。

着実な顧客を『積み重ねる』努力には、これでお終いということは、ないと思う訳です。

人間としての自己成長も、これでOKといことはないんです。

そういう事を社長はじめ、社員達全員で毎日努力し続けなければ、いつ衰退に向かってもおかしくないんです。

皆さん、そう思いませんか。

やるべき事は、何ぼでもあるんです!

ワシは自分の『師匠』の哲学を自分の体験、実例に照らし合わせて、自分なりに応用し続けているんです。
おうとるのか、間違っているのか、それは分からんけど、それが納得ゆく歩み方であり、説得力ある歩みであると信じているんです。