『人生の質』『仕事の質』
皆さんは、自分の人生の質を考えていますか?!

余りにも表面的な事象にばかり、気が行ってないでしょうか?

そういう人と接すると、
『疲れる』んです。
また、そういう人は『人生が疲れる人』になりますよ。

せっかくのあなたの『想い』が空回りするんです。

もっと人間として本質的なものに氣が行かないと、
心に『いいもの』を持ってても、空回りしてしまうと思うのです。

他人の人生でなく、自分の人生です。

自分の人生の経営者は、
誰あろう自分ですよ。

どんな人であろうと、

どんな立場の人であろうと、
自分の人生の『質』を、
『本氣』で考える習慣を持たないかんと思う訳です。
『まぁ、いいか。』と思ってええ時と、思っちゃいかん時の区別が出来るはずなんです。

本氣で取り組まないのは、あなたの『怠け心』に負けてるだけやと思います。

自分は『本氣』で人生の質、仕事の質を考えながらの言動(発言と行動)をしているのか?
振り返ることが大事ですよ。

そういう氣になれば、普通は言われなくても、教養を身に付けたくなるもんやし、

何事も『ケジメ=氣締め』をちゃんと出来るはずなんです。
より自分の言動を磨き直そうとするもんなんです。

例えば、
日々の会社での業務にも、全身の毛穴で観察するような業務が出来るはずなんです。

それが『仕事』というもんです。
(専業主婦でも同じですよ。毎日しなければならない家事にも、段取り良く立ち居振る舞わないとね。)

だから『気付きの能力』が向上するし、周囲のお役に立てるんです。

逆を言うと全身の毛穴で観察するような業務をしていない人は、

周囲の努力に小さな穴を空けていることに気付いていないのです。
(たぶん、ほとんどの人が全身の毛穴で観察するような業務はやってないんじゃないかと感じます。そうしていると『情けない人』『自分を大切に生きていない人』に向かいますよ。)

こういう人は、頑張ってるつもりでも、自分の日々の行動に『うっかりミス』がしょっちゅう発生するようになるんです。
で、無意識に他人の時間を奪ってしまう迷惑を掛けることにも成り兼ません。
悪気はなくとも、犯し勝ちなんです、誰しも。

だから、毎日自らを省みる習慣しか、自分と周囲をより善くしてゆく方法は無いように思えるのです。

心のどこかに『まぁ、いいか』という甘い考えがあるら、中々功を奏しないのです。
『まぁ、いいか。』と
思って良い事と、
思っちゃいかん事の区別があるんです。

日々の活動(仕事・生活の役割)から『まぁ、いいか。』を除く訓練をしてほしいのです。

また、自分の人生の質を考えている人は、安易な約束はしないようになるんです。

例えば、時間の待ち合わせ。

『この時間で、ええの?』と言われて、軽い返事する人。

自分のスケジュールを、よく確認せんから、当日時間ギリギリになって、慌てて急いで、

高速に乗らないと行けないようになり、おまけに白バイか覆面パトカーにスピード違反で捕まる(笑)。ってことないですか?

一事が万事です。

この『一事』が『万事=全ての出来事』に影響しているということが身に染みてない人の何と多いことか。
あなたには、そうならんとってほしいのです!

だから、
この毎週のメッセージも、流して読むんじゃなく、
出来れば、携帯に受信してる人なら、パソコンに転送して、プリントアウトしてから、じっくり読んでくれると、不思議と『内容=意味』が脳裏に刻まれると思うのです。

今、感じなくても月日が経過して読み返したら、また深い感じで受け取れると感じますから。

役に立つと思うから。

勇氣が湧いて来るから。
ほんまに。

誠実な思いと行動を身に付けたいと多くの人が思っているはずなのに、そういう細やかな事に神経を使わない人は、中々身に付かないのです。

何べん言われても、出来ない人は、運転免許を初めて取得して初運転した時の気持ちを思い起こしてみて下さい。

全身の毛穴で観察するような意識で運転したはずでしょ。

そこなんです。

自分の運氣を上向きにして行くコツは。

プロに慣れは無い!

プロは、いつも初心なんです。

あなたは自分の人生を経営している『プロ』なんやから、そういう自覚を持たないかんのじゃないでしょうか。

何の為に学問をするのか?
それは、自分の精神性を高め、澄んだ心を手に入れる為にするのです。

学問は、謙虚で素直な姿勢でなければ、いつまでも、目の曇りは取れず、

鏡には濁りしか映らないんです。

澄んだ心でなくては、澄んだ鏡を見ることは出来ないんですよ。

澄んだ心の人の『心』を感じ取れないんです。

誰しも、澄んだ心と濁った心の両方持ち合わせているものです。

出来るだけ多くの時間を、『澄んだ心』で居られる方がいいと思うのです。

だから、毎日『学問』した方がええでしょ、と言うとるのよ。

鏡は何の為にあるのか分かりますか?

自分の良心を規範として、過去の自分の経験と知識に照らし合わせて、

自分は何を為すべきかを今一度正す為の『反省』をする為に存在するんだと思う訳です。

毎日、自分の顔を見てるやろ?
『ええ顔』してますか?
見た目だけちゃうよ。

そうしながら、常に自己チェックをすること。

無意識に本道から外れていないかを、自己チェックせないかんのです。

自らを省みる。

他人の誰もが見ていないから、自己チェックせないかんのです。

欲の赴(おもむ)くまま、思い付きのまま行動してはいかんのです。

欲による揺らぎがなく、

常に自己チェック、反省を以て事に当たらないかんのです。

精神性を高めることから、逃げてはいかんのです。

遊ぶことばっかり考えて日々過ごしてないですか?

自分の日々の行動に、
高みが、大きさが、深みが、身に付かなくなるんです。

義務になってもいかん。
遊びになってもいかん。
自然と襟を正す感じが大切です。

『精神性を高めようと日々努力している人』の言葉が、気持ちが、理解出来なくなってしまうんですよ。

そういう悪習慣(学問を日々しない、避ける。)を続けていると、精神性を高めようと努力している人との『縁』が徐々に離れてゆくようになって、不平・不満・愚痴・泣き言・文句の世界を巡る羽目になるんですよ。

表面的な事も大切やけど、
黙って周囲の役立ちに行動し続けるのです。

これを健気な努力と言うんです。
健気な努力している人は美しいと感じます。
(表面的なものは求めず、唯してあげる。
表面的なものを求めてはいけません。求めると、相手を疲れさせてしまい、本末転倒になるんです。)

誰に評価されなくても。

評価されたいから、行動するのは、カッコ悪いと思うのです。

昔のヒットCMに『男は黙ってサッポロビール!』というのがあったけど、男も女も一緒です。

見返りを求めず『黙ってしてあげるだけ。』がカッコイイと思うんだけど。

めんどくさがっては、なりません!

自分の人生に取って、他愛ないも無い事なら、
めんどくさがってもOKやけど、
(これも、自分の人生にとって、他愛ない事か、大切な大事な事なのかの区別が出来ていないと判断出来ないよね。)

将来の人生に大切やなぁと『あなたの良心』が感じる事柄は、
絶対にめんどくさがってはいけません!

ホンマですよ!!

よぉ~に自分の言動を振り返ってみて下さい。

さも正当な理由を考えて、したくないから、避けてませんか?!

本心は、めんどくさいって思ってるくせに。

そこなんです!

そこの心(良心)と我(わがまま心)との闘いなんです。

負けたら、

負けたら、

いかんぜよ~っ〓

あなたの良心が、
『言われる事は、そうやなぁ。』と感じてるのに、
しないのは、軽く見てるのは、
本心から、そこまで重要だと感じていないからなのです。

『心ココに在(あ)らざれば、見れども、見えず。』です。
目には入っているが、本当に『見えて』いない。ということです。

目には入っているが、心で受け止めてないから、自分事にしていないから、
スッーと素通りしてしまう的な。これ『一事が万事』なんです。

こういう事を疎かにしてたら、軽々しく見てたら、

『あなたの大切な人の運』を一つ天から奪われちゃうんだという考えをしてみて下さい。

自分が痛い目に直接遭うんじゃなく、自分の大切な人の努力が、あなたの所為(せい)で、

奪われちゃうんだと考える習慣を持ってみて下さい。

ワシは、この二十数年、
未熟なりにも、そう思って行動してます。

だからか、どんな状況下に置かれても、エネルギーが湧いて来る性格になって来たんだと感じるのです。

そして縁あった人達に、
『エール』を贈りましょう。

『エール』つまり、応援メッセージのこと。

勇氣付けること。

お世辞ではありませんよ。

誰かにエールを贈るなら、

自分の哲学(人生観=どういう人生を歩むのが幸福なのか、社会観=どんな社会が皆が幸福感を感じて生活出来るのか、人生計画、ものの考え方、捉え方など)


を深める努力をしていないと、あなたの『人生を生きる哲学』が深まりませんから、
エールの贈りようがないんですよ。

何故?自分の考えをより考え深めること(哲学する)を人間はせないかんか、と言うと、

人生で起こる様々な問題事を解決出来る能力と、

困っても困らない心を備える為です。

そうすることで縁ある人達にエールを贈ることが出来るのです。

人間は、やっぱり、縁ある人達にエールを贈ることの出来る唯一の生き物なんだと思う訳です。

それをしないんだったら、生きとる価値がないんですよ。

仕事しとる価値がないんですよ。

家庭生活しとる価値がないんですよ。

そうは思いませんか。

一生毎日、勉強している人が、結局は『しあわせな人』なんです。

学校に卒業があっても、

人生に卒業はありませんから。

銭がないなら、言葉の贈り物しましょうや。

で、たまに、喜んでくれる物を買ってあげなさい。

ケチ臭くならないように、ドーンと、身銭切って。

相手が本心から喜んでくれると思うことに、身銭を切らなぁ、、、

そういう人には、ちぁ~んと天が観てて、あなたが喜ぶ事で返してくれているんですよ。

つくづく、そう感じます。
そして最後に、

『同じ価値観を持ち、同じ方向を向ける人達を得ることが人間の生きる目的である。』と、お釈迦様が常々言われていたと仏教教典に残っているらしい。

人間の幸福観を一言で表すならば、正にそうだと頷(うなず)ける。

あなたの身の回りの人間関係で、何人そういう関係の間柄だろうか、本心から思い起こしてみて下さい。

少なくとも、夫婦間、会社内の人間関係だけは、そう在るように全身全霊を懸けて歩んでほしいと思う訳です。

今日は、うちの社員の一人が誕生日。

歳の数だけのピンクのバラを贈りました。
こんなメッセージ付きで、『四十からは求める人生でなく、一枚一枚服を脱ぎ捨てる人生を。

そしてシンプルイズベストに。誕生日、お芽出度う。新たな芽を出すから、おめでたい。

湧き出る、慈しみの心より。』って。

さて、今週のメッセージはこれです。

『ちゃんとする。』
『キチンとする。』
『決めた事を徹底して続ける。』

仕事の能力が然程(さほど)でも無い人でも、
トロい人でも、勉強出来ない人でも、

突き詰めれば、この三つなんです。

人生を有意義に歩むコツは。

運氣を善くしてゆくコツは。
ホンマやから。

ココ自己チェックしてみて。
あなたの朝起きてから、
夜寝るまでの間、あなたが意識的、無意識的関係なくやってる行動は、

ちゃんと、してますか?

キチンと、してますか?

決めた事を徹底して続けていますか?

この三つだけ意識せないかんで。
(逆を言うと、この三つだけ、意識して実践するだけでええから。)

そうせな、穴の空いたバケツで水汲みよるのと同じやで。

例えば、毎日トイレ入って用が済んだ後必ず、便座を開けて、しずくが付いてないか、汚れが付いてないかチェックしてますか?

(この毎回のチェックが実は大事なんです。一事が万事だから。この習慣を意識して実践していると、やがて何事にも気付く能力が備わるから。)

脱いだ靴やスリッパはキチンと毎回(毎回やで)揃えていますか?

(毎回意識して実践していると、やがて何事にも慌てなくなるから。)

※人生のコツは、
『後始末キチンと丁寧に』これだけやと思います。

こういう事を習慣にしていると『ついウッカリ』『あぁっ!忘れたっ!』が激減するから、激減やで。

ほんまに。

そして、
帳簿はキチンと、ちゃんとタイムリーに記帳していますか?

(後回しにしてはダメ。)
自分一人の個人自営業の人でダメな人の例で言うと、
売上たお金を自分の財布に入れていませんか?
(公私混同してはダメ。)

例え自分一人の商売であっても『個人の財布』と『商売の財布』は区別する習慣が運気を左右するんです。

こういう『些細な毎日の、ちょっとした事』を徹底して続けているだけなんですよ。
運が、ツキが、味方するかどうかは。

仕事の能力って、こういう些細な毎日のちょっとした事が、水面下でかなり影響してるんです。

ホンマやで。

昨日一日振り返ってみて。
あなたの心と行動は、

ちゃんとしてたか。

キチンとしてたか。

決めた事を徹底して続けていたか。

自分が自分の言動を、自己チェックする習慣さえ、
身に付ければ『自浄作用』が働き、 人生が好転してゆくから。ピンチに陥っても、救われるから。

心の自浄作用は、
身体の自然治癒力と同じなんです。

頼むけん、一日に何回も、振り返って下さい。

自分の為やから。

そして併せて、周囲の縁深い人達に迷惑を掛けない為に。

気付いたら『今スグ改善する』躊躇(ちゅうちょ)せずに行動する。

スグ行動する事が『改善』になっているのか、
『ただ慌てた気(げ)にしてるだけ』なのか、の違いは、

日頃から自分の考えを、
深く考える習慣を持っているか、いないかに掛かって来るんです。

約三十年前に独立を志て、偉人達の生き方を勉強してた時エジソンの話で、

こういうのがありました。

エジソンは約一万回失敗したと世間から、罵(ののし)られていたが、

エジソン自身は『ねぇねぇ、俺は、こうやったら上手く行かないという事を一万件も発見したんだよ!』

という捉え方をしていたんですよ。

この思考回路には、凄い!と思いました。

つまり何年間で一万件実験したかは分からないけど、一日一つでも一万日だから、約27年だよ。

そんな長い期間じゃなく、たぶん数年の間だと思うんです。

だから、毎日何回も発見してたんだと思うのです。

この例から推測すると、
一日に何回も気付いたら即行動してたんだと思えてなりません。

だから、気付いたら即行動する方が、下手な頭で考えるより、答えがスグ出て、

後々の有意義な参考書になるんです。

だから、ワシは、
何でも後回しにするな!っていつも言うとるし、自分自身、気付いたら即行動する習慣をこの三十年近く実践してるんです。

行動と共に哲学(自分の考えを深める事)を平行して実践してるんです。

皆さん、毎日の些細な事に、心を注いで『ちゃんとして、キチンとして、徹底して続けて』下さい。

そうせな、周囲の縁深い人達に迷惑掛けることになるんですよ。

性根(しょうね)入れてや!
あなたの『まぁいいか。』が、皆の運氣のバケツに穴空けるということを。

こういう風に捉えてみてよ。

あなたをこの世に産み出した魂の親である主護霊さんが、香川湧慈というフィルターを通して、

あなたをより善く導く為に、メッセージを送ってくれているんだと。

ワシのことをよく知ってる人なら、こういう感覚理解出来るやろ?

ワシはただ単に遊びで発信してるんじゃないのよ。

天からのメッセージを伝えるフィルターに過ぎないんです。

だから、香川湧慈が言うとるんじゃなく、あなたの主護霊が言うとるんだと。

今週も長いでぇ。
でも、何か感じてより良くなってほしいから。
サァッーと見るんじゃなく(読んでることにはならないから)味わうようにゆっくり読んで、自分に置き換えてくれると必ず役に立つと思うので。

『よく不満が口から出てしまう人達へ。』

不満を口にすると、どんな悪影響があるか、言うとくけど。

組織の最小単位は『家族』です。では、組織の最大単位は『民族』なんです。

あなたが、つい不満を口にする度、一番大切な夫婦間、親子間、会社の仲間達の努力が一つダメになるんです。

縁深い者同士『全てつながってる』んですよ。

不満を口にすることは、自分の努力が一つダメになるだけでなく、

縁深い人達の努力をダメにしてるという自覚を持って、日々歩んで下さい。ほんまやで。

あなたが不満を一つ言う度に、他人に迷惑掛けていることになるんです。
(掛けてないつもりでも)

一つ不満を口にすると、
一つ縁深い人達の努力を、ダメにしているんです。

だから、会社で例えるなら、不満を口にする社員が多い程、皆で努力している事を台無しにしていて、業績が中々上がらないんだと思う訳です。
足を引っ張ってる事になるのよ。

仮に数値が上がっていても、心の充実感がもし無いとすれば、業績も一時的なものと捉えて下さい。

例えば、サービス業で初めてのお客さんと対応した時、不満に感じることも多々あるでしょう。
でも、自分の努力を台無しにしない為に、不満を口にしないように自分に言い聞かせることが大切。

不満を口にする人達が減らないから、中々、世の中が良くならないんやと感じる次第です。
家族から民族まで、つながっているから。

本来『信頼関係の構築された間柄』では不満は感じないものなのです。

ココ大事なとこやで。

『脳』というのは、そうなっているんですよ。

もし、不満を感じるなら、それは『真の信頼関係は構築されていない』ということなんです。

信頼関係のある間柄の人が予期せぬ事、自分にとって一瞬不都合な事を言ったとしても、、、、

良いように捉えられるように人間の脳は、なっとるんですね。

それを悪いように捉えたとしたら、そこまでの関係なんだということです。
その時点ではね。

信頼関係が構築されている間柄では『オールOK』のはずなんです。
自分にとって都合が悪いように感じる事も。

だから、夫婦間、親子間、社員間で、不満が浮かんでも、言わないこと。
これ、コツなんよ。

せっかくの努力が報われんようになるからね。

何が起こっても不満が浮かばないようにするには、
訓練せないかんと思います。

不満を口にしない訓練は、
ものの考え方、捉え方、受け取り方が、素敵やな、と思えるモノに※触れ続ける以外に、

自分の訓練にはならないと思う訳です。

触れ続けていると徐々にですが、不満を感じなくなる思考回路になるんです。

なのに、そういう事(※)が好きでない人(逃げている人)が多いのも広く周囲を観察していて思うのです。

あなたは不満タラタラ言うてええかも知れんけど、
あなたの大切な縁深い人達に(想念の世界で)迷惑掛けとんのよ。

そこに気付かないかんと感じます。

だから、あなたが素敵やな、と感じる『ものの考え方、捉え方、受け取り方』を実践している人物の生き方や書籍や実際の身近な人と触れ続けることで、ついつい出てしまい勝ちな不満を口にしない訓練をして下さい。

一旦、受け止める。
一呼吸置いて自分の『我=わがまま』と闘うこと。

そうせな、組織の最大単位である我々日本民族の将来がより善くなって行かないと思う訳です。

訓練、訓練、訓練の連続がやがて、自分の脳から『不満』に感じる事柄を変換してしまう脳に成って来ると思うのです。

あなたは、自分自身にどのような環境を与えていますか!?振り返ってみて。

不満がそれでも口から出てしまったら『あぁ、いかんいかん』と氣を取り直して、

明るく、よっしゃ、また一からスタートやっ!って実践して下さい。

相手が何を言っても、全て自分の捉え方です。

ええですかぁ!こう思うてな。世の中にあなたをイライラさせる人なんて居ないんです。

そう思い込んで下さい。訓練ですから。

イライラしている自分(あなた)が居るだけなんだ、と。

気にしない、気にならない、または、それを上回る素敵なものの捉え方をしたらええのよ。

これも、あなたの訓練です。どうか何が起こっても、波立つ心を精一杯バランスを取る修養を怠らないで。
どんな人でも、心は波立つもんです。

だから、精一杯バランスを取る修養しか『しあわせ』を感じることは無いのだと思う訳です。

自分の都合の良い事には、しあわせを感じ、都合が悪い事には、しあわせを感じない。のが、

世の中の多くだと思うんだけど、それは本当に『しあわせな状態』ではないんだよね。

都合が良い事も不都合な事も、全部ひっくるめて、

『あぁ、しあわせやなぁ』と感じて『感謝の念に生きている人』が、本当にしあわせな人だと思う訳です。

斯(か)く言うワシは、
如何なる状況下に置かれても、自分自身を見失わない心を備え、波立つ心を精一杯バランスを取りながら、歩んでおります。(長年ワシのことを知っている人は、分かるやろぅ。ワシが落ち込んでいる姿見た事ないやろぅ。ワシは心臓に穴が空いてても(心室中隔欠損症)、会社の借入以外に個人の借金一億近くあっても、信頼している人から疑いの眼で見られても、誤解され続けても(男は黙ってサッポロビールや!)等々、如何なる状況下でも自分を見失わなかったし、波立つ心を精一杯バランスを取って感謝の念で、心臓以外は『全てCLEAR』して来ました。常に、この状況をどうクリアーするかという、思考回路しか働かないんです。自分の良心に恥じない生き方を、良心に正直に従って歩んでおるんです。
だから、他人の言に振り回されないけど、他人の言の中で、自分に活かせるものを素直に探して来ました。)

だから、よくよく考えてみると、如何なる状況下でも『あぁ、しあわせやなぁ。ありがたいなぁ。』と感じているんです。

ええですかぁ!
しあわせな場所が存在するんでなく、地獄の場所が存在するんでもなく、

自分の心が、どう感じるかだと思うのです。
だから、しあわせは、なるもんじゃなく、感じるものなんです。

自分だけ、ええ目しようとケチ気に思うから、ええ目出来んのよ。

世の中そうなっとるんだと思う訳です。

最後に、経営者の人達へ、絶対に怠ってはいかん事は『人脈づくり』(人脈とは、信頼関係の構築された知人のことよ。単なる知り合いは人脈じゃないからね)人との出会いは=チャンスなんだから。

会社と自宅の往復だけじゃ、人脈なんて出来へんよ。

と『自己修養の勉強』です。

この二つには、お金と時間と心を注ぎ続けないかんのじゃないかと思うとります。
それが『あなたの社員の生活』を護(まも)ることにつながるんです!

ひょっとしたらあなたは、事務員だから、これくらいの給料でええやろ。
うちの業界の社員は、こんなもんでええやろ。

パートやし、こんなもんやろ。って思って給料決めてませんか?

社員が気兼ね無しに休みを取れる雰囲気の会社ですか?気兼ねさせたらいかんのと違う?

そんな心理状態で、ええ仕事なんて出来ませんよ。

社員も自分の生活が一番大事やと思ってるんだから、あなたが出してる給料は、

文化的な生活が出来る内容ですか?

自分が、その社員の立場なら、その給料で、しあわせを感じたり、感謝の念を抱いたり、出来ますか?

会社のお金に余裕が無くっても、文化的な生活が出来る給料は出し続けてあげんと、会社の理念も戦略も方針も、心の底から『よっしゃ!!』って成ってくれる道理はないでしょ。

社員の人間的成長も能力的成長も自分の生活が安心して出来ていて初めて、成り立つもんなんです。

『衣食足りて礼節を知る』が一般的な人間の心理ですから。

経営者はじめ社員皆で、納得して、希望に燃えながら、社業に取り組むことで、『稼ぐ』ことに力を注がないと会社やってる意味を見出せないわね。

中々、一致団結しても思うように稼げないのが人生やけど、負けたらいかんぜよ!

経営者であるあなたが、
そういう心境になれんのやったら、商売止めたらええのと違うやろうか。

人の道を説きながら、経済活動をするから、血が通う経営が出来るんだと思うのです。

『人を安く遣う』っていう心が、間違(まちご)うとるんです。

皆で意義ある稼ぎをして、分かち合わな人生面白くないやろぅ。

『意義ある稼ぎ』に一致団結して取り組むから、
和気あいあい出来るんです。
しあわせを感じるんです。

会社の収入が少ないから、削減するんじゃなく、
皆で智恵絞って、倍稼ぐにはどうしたらええのか。にチャレンジせないかんのと違うかなあ。