2013/09/13

「香川湧慈の今週のメッセージ」平成25年9月13日

人生は『限られた時間』をどう行動するか、ということで決まる。
 
じっくり、ように読んでね。
 
 色んな人を長年観て来て、その人の『運』は、
やっぱり、その人自身の『意識』と『行動』に決定づけられているとしか言い表わし様がないのです。
特に『意識』やなぁ。
 
どんな人にも言えるのは、『何の為に、自分はココにいるのか。ココで働いているのか。』を意識し、
自問自答していない人は、、、、
 
気の毒ながら、自分の周囲(身内や顧客や友人等)の人達に、
自分(あなた)の『時間』を無意識に奪われてしまうようになっている人が多いように思えてならない。
で、本人には気の毒だけど、その根本原因が実はそういう事に関心を持たない、そういう事へ自分の自問自答をしない意識と行動から来ているということに、思いもよらない、気付かないんですね。
ほんまに。
 
だから、ほんまに皆さんに伝えたいのは『何の為に、ココにいるのか。』先ずは職場や!専業主婦なら家事や。そういうことを、日に一度くらいは自問自答せな(毎日一度でええから)、
あなたの『運』を邪魔されるようなシチュエーションが起こるよ。ということ。
 
人間誰しも、自分の人生を充実させたいと思ってるのに、ブツブツ言わないかん事が多いのは、
自らの人生を自問自答しない。
 
何事も確認(後始末や人との対応や仕事など)しない。
 
そういう事に意識が行かない。
 
目先の軽い事にしか想いが行かないからやとしか思えません。
 
コツは、何の為に、自分はココにいるのか。を考える、自問自答する習慣を持つことが『開運の扉』のカギを手に入れることになるんだとしか思えないんですね。
 
何故なら、あなたの知ってる人で、内面が充実してるなぁと感じ取れる人を観察するというか、
取材するというか、そういう観点で想像してみたら、何となく理解出来る、腑に落ちると思いますよ。
 
いつも口酸っぱく言うている『確認する』習慣が無意識に身に付くと、
『瞬時に察知する』能力が実は身に付く訓練になっているんです。
 
また、
仕事人(仕事してる人)特に経営者は『いい人脈づくり』と『自己成長の為の勉強』は欠かしてはならないものと思うのです。
(一般社員やパート社員の人達も同じです。人生ですから。仕事と思うな!人生と思え!です。仕事と思うから、せえへんのとちゃう?自分の人生やとホンマに思うたら、するけどなぁ。人脈づくりと勉強を。)
 
人脈、人脈と軽く言う人が多いように感じるが、人脈とはどういう状態を言うのかを自分が分かってなければ、人脈のつくりようがないんです。
 
人脈とは『信頼関係の構築された知人』とワシは定義してます。
 
信頼関係が結べてないなら、それは単なる『知り合い』です。
 
なかなかめんどいでぇ。
信頼関係を結ぶというのは。
銭貸して、返って来んかっても、その人なら差し上げてもええわ。って思えるっちゅうことと一緒やわな。
いい人脈(人間性と仕事面の強みの両面)を持っている人に出会う為にも、
自ら感性を磨きながら動き回らなければ、築きようがない。結びようがないんです。
 
いい人脈が出来ると自分の心が救われますから。
 
いい人脈を持っている人に出会ったなら、自分の志に立脚した本音で本氣の姿勢しか、
相手には響かないと思う訳です。
 
※志というのは簡単に言うと『心の向かう所』です。何も高尚なものだけが志ではありません。
自分がどういう人生を歩みたいかという考えとも言えます。それを話なさい。と言っているのです。
 
 
人生は『出逢い』と『可能性』。
 
自分の『志』が乏しければ、あなたの本音は単なる『わがまま』にしかならない。
この意味解りますか?
 
相手がどういう人物であろうと、いい人脈を結びたいなら、まず自分の志を立てること。
 
そして、その志に立脚した本音で本氣で向かい合うしか、いい人脈というのは結べないのではないかと思う訳です。
 
そのいい人脈が自分の将来を切り開いてゆくのだと思うのです。
 
そういう信頼関係は、ちょっとした事を無視しない習慣から生まれて来るように思うのです。
 
あなたは、無視なんかしてない、と思ってるかも知れませんが、ついつい、瞬時瞬時の自分の気持ちの赴くまま、相手からの好意ある行為に、真摯に向き合ってない意識と行動をしてしまっている自分がいませんか!?
 
人間は無視された時に腹が立つもんです。
 
めんどくさがらず(もう、めんどくさいと感じてる時点で誠意は欠けてるわね)誠実に向き合いましょう。
全部に向き合えとは言うてません。
 
あなたを大事に想ってくれている人達には、瞬時瞬時に誠実に向き合わないかんのじゃないかと言うとる訳です。
 
急いでいる時ほど、丁寧な心で。ね。