理想や志があるだけでは、いかんのです。

その理想や志を実践し目に見える形にしていることがなければ、

人に勇氣と感動を与えることは出来んのです。(証拠を見せな、人は信用してくれんのですよ)

うち(エモーション)の掲げる理想は『日本の零細企業の雛型(モデル)を目指すことで、

自分達の生き様を通じて縁ある人に勇氣と感動を与え続ける人生を歩むこと。』

だから、
描いた理想像を、出来る、出来ないじゃなく、
一つ一つ着実に具現化しているんです。

また、出来る状況じゃない時から、して来たんです。
『その氣』があるから、
本氣だから、して来たんです。

社員全員が相互に、心通じ合う環境作り、安心して働ける待遇、事業の着実性、将来性、顧客を創り続ける仕組み。顧客に買い続けてもらう取り組み。

社員全員が、『人生を生きる覚悟』を持てる人間になってもらう為に経営して来たこと。

またそうしていること。
会社として年間粗利の三分の一に値する内部留保金を積み立てれる体質になったこと。等々。

まさに、苦悩の中に咲く花こそ、美しい。のです。

この『苦悩の中に咲く』とは、理想像に向かって、
一所懸命に、ただひたすら歩む姿のことです。

『理想像に向かって』でないと、花は咲きません。

皆さん、皆さん自身の理想像に向かっての苦悩をしていますか?!

理想像に向かってないんなら、それは、しなくていい苦労だと思うのです。

間違うたら、いかんのよ。
今、苦悩に喘(あえ)いでる人に言うけど、あなたは理想像に向かっていますか!と。

人生を生きる覚悟、全部の責任を取る覚悟で、理想像に向かって苦悩してるんなら、

必ず、花は咲くんです。

その姿こそ、美しいんです。

ワシの好きな言葉、
座右の銘とも言える言葉。

『泥から出でて、泥に染まらぬ蓮の花』やでぇ。

泥のような汚い世の中に、生まれて来て、その泥に染まらない生き方こそ、

ワシは美しいと思うとります。

のほほんと咲いた花は、
美しくない。という言葉がありますが、まぁ、そうやろうと感じます。

『のほほん』そこには、
苦悩が見えないから。
強さでなく、脆さを感じてしまうのです。

『のほほん』と生きたい気持ちは分からんでもないですが、たぶん、結果は美しくないんだと感じます。

もっぺん言います。

苦悩の中に咲く花こそ、
美しいのです。

共に、顔晴(がんば)りましょうぞ。

あぁ~っ!解りましたっぁ!というかピン!と閃きました。

物質的財産を失っても構わない覚悟がある人というのは、

その時点では自分一人だけの状態の時だと感じました。

もし同居家族が居れば、
自宅捨てても構わないとは思えないものやからね。

意味深いんですが、
分かる人にだけ、分かるんだと感じるんです。

例えば、その時点で家族がいる人には、頭で理解は出来ても、

魂にまで入らないんだと感じるんです。

どうしても保身が働いてしまうのは当然だからです。
自分を捨てれないんですよ。そういう立場の人は。

良い悪いの感覚じゃないんです。

正に天からのメッセージだと感じるものなんです。

人生で最も大事なことは、『捨てる』ことではないかと感じるのです。

しょうもないプライド。
見栄。
真に守るべきものの為に、自分の物質的財産を捨てること。

中々、人は『捨てる』ことが出来ないと思う訳です。
でも、もっと大切なものの為に、捨てることが出来ないと、いかんと思うのです。

人間は『鋳造(ちゅうぞう)』(鋳方(いかた)に内容物を流し込んで物を作ること)では、いかんのです。

人間はやっぱり『鍛造(たんぞう)』(叩いて、叩いて、目的の形にして行くこと)でないと、いかんのです。

鍛造には、目的の形にする為の工夫の連続で、忍耐強く鍛え上げるしかないんですね。

魂からの覚悟が出来た人は覚(さと)りの境地だと感じます。

『さとる』には悟りと覚りの二つの漢字があります。
『悟(さと)り』は、
おそらく聖徳太子や空海や天皇陛下の国師のような人しか得られないんだと思うのですが、

『覚(さと)り』は、
自覚の覚だから、我々凡人でも得れると思うのです。
『ああ、そうか!』と自覚出来たら、次の自覚を得れるように精進する。

そして、より高い次元での自覚が得られれば、

また次のより高い次元の自覚を得れるように精進する。

人間は、この繰り返しで寿命まで歩むものだと思うのです。

また相手との『差』を取るから『覚り』に至るとも思えるのです。

つまり、差を取るから相手も自分も同じだと自覚できる感覚です。

そこでワシの自覚を今思い付くままを少し箇条書きに、いくつか。

『夫婦は二人で一つを生きること。』

『会社は皆で一つを生きること。』

『人は、果たすべき役割を果たす仕事を通じてのみ、素直になれる。』

『言葉でなく、言葉を発した人の意図を汲み取ること。』

『毎日毎日、感謝と反省を繰り返す以外に、真の人間には成り得ない。
人間とは感謝と反省を繰り返す生きもの。』

『反省してるということは、同じ失敗をしないということ。恥ずかしがらず、縁ある周囲の人達に反省の弁を述べる勇氣を出すこと。』

『人間として成長するには、一つの事を終わらすこと。何々しながらでは、モノにならない。』

『資料の裏付けの無い信念は、迷信や盲信に陥るのである。』

『一方を聞いて沙汰するな。』

『考えて考えて答えの出ぬ時は、感じたままに生きよ。己の役割を果たす事を選択せよ。』

悪気は無いと思うのですが本人は。こういう人達。

仕事や勉強したことが中々身に付かない人の特徴。

性根(しょうね)に入ってないか、

気配り、心配りが乏しいからだと思えてなりません。

うち(エモーション)では毎朝、朝礼時に
『平成25年スローガン』として大声で唱和している言葉があります。

『プロに慣れは無い!
プロは、いつも初心である。氣締(けじ)めの自覚と十方に氣を配る丁寧な生活で、エモーションの社員らしくあれ!』と。

四方八方と世間では言うが、うちは違う。

四方八方に上下を加えて、十方に氣を配れ!と説いてます。

漏れが無いように配慮せえ!と。

まさに、そこまでやるか!の精神が大事や、と。

完璧を目指しても完璧には到達しませんが、
完璧を目指す取り組み、
心意氣が大切なんです。

例えば、日常的なことで言うと、決められた予定がある。

自分だけが分かっているのでは、ダメや。と。

あらゆる事を想定して、
連絡がありそうな、自分の身内や、よく交流している友人達にも『この日のこの時間は外せない予定があるからね。』『この時間帯は勤務中やから、連絡は会社に。携帯は出れないよ。』
と一言告げておかな、いかんのよ。

『不意』とか『不慮』というのは、運転中の事故とか、突然の病だとか、葬式だとか、そうは多くないものです。

予兆を感じたら、先に自分から手を打つ。

この『先手で手を打つ習慣』を何としてでも、全員に身に付けてほしいのです。

こういう事を自分が怠っていて、相手の所為(せい)にする人が余りにも多い。

(もう、予定があるのに、、、、、と思っても、前以て伝えていない、あんたが悪いのです。)

『不意』『不慮』『突然』以外は、全部自分の配慮の欠如だと自覚して十方に氣を配る努力をし続けるしか『人物』には近付けないのです。

※ひょっとしたら前世で、その『不意』『不慮』『突然』が身に降り掛かる原因を自分が蒔いていたんだというくらいの自覚が大切かもね。

例えばドタキャンする理由(自分が周知してなかったにも関わらず)が生じても、

もしその予定日に自分が楽しみに楽しみにしていた旅行だったら、

あなたはそれでもドタキャンしますか?と自問自答する習慣を持つことが大切。

人は、無意識に自分の心の天秤に、その急に入った用事と、

自分の予定(そう楽しみにしていない事項)を秤に掛けているんですよ。

で、先に入ってる予定が、自分にとって重要事項でない時、急に入った用事を取ってしまうものです。

だから、常々言うてるように、そういう態度を悪気なしにやっていると、

過去の自分の努力が、報われなくなってしまっていることに気付くことはないんです。

やっぱり、充実してる人は『先約』を実践していますね。

また、そういう人は、配慮して相手に前以て連絡をしているものです。

自分が急な連絡をする場合は、伝えたい相手が都合悪くても仕方ないと思っているものです。

そういう事の出来ない人はまさに、
労多くして益少なし。になるんです。

不意、不慮、突然でなくても、ドタキャンしなければならない致し方無い事はあります。

(自分の為でなく、相手の為に)

その時『あぁ、この日から旅行行くからと、何で伝えてなかったんやろぅ。前以て伝えていたら、

相手も、その日にしなくて済んだかも知れないのに、、、』って後悔してる人が多いのです。

プロ意識を身に付ける。

中々難しいことですが、

こういうことは言えるんです。

プロは、いつも初心なんです。

毎回同じことをするにも、初心で臨む人がプロじゃないでしょうか。

皆さん、人生『プロ意識』で歩みませんか!

いつも経営論を話している訳ではないんです。

長年実践して来た『経営』を語っているんです。

この『インスピレーションメッセージ』は振り返ると平成21年1月から毎週発信し続けて、

今週で245回になります。

何故、毎週毎週インスピレーションが浮かんで来るのか?

それは、毎日問題意識を持って自分の理想像に向かって何事も真剣に受け止めているからだと思うのです。

知らない人が読むと、偉そうに言いよるなぁ、と感じるかも知れませんが、

言動と同時進行で『反省心』を持って自分の心を内省してるんです。

『これでいいのか、これでいいのか。』という反省心です。

不安から来る『これでいいのか』ではなく、

相手にとって本当に的を射た発言なのか、という『これでいいのか』なんです。

自分が株式会社エモーションで毎日真剣に取り組んで来た経験と自分の全人格を以て、

全身全霊で経営を語っているからだと思うのです。

理想に立ち向かう『決意』が人一倍強いからなんです。

その『決意』が『責任感』を生んで来たと思うのです。

社会に対して自分は何が出来るのか、という気持ちを忘れた時、その責任感は、

ただの自己満足に陥るんだと思うのです。

社員達には、自分の職責を全うするという決意が責任感を生むということを自覚させたいと腐心して来ました。

責任感がある人には、報告力が高まるものです。

ちゃんとした報告をさせているか。導いているか。

報告をさせる力が重要です。都合の悪い事をも、ちゃんと報告させる引き出す力が重要なんです。

責任感が強ければ、説得力のある報告が出来るはずなんです。

何事も『あぁ、そうやなぁ!』と自覚したなら、


自覚した瞬間に、次の自覚に向かわないと、本当に自覚しているとは、言えないんです。

『目の前の事を丁寧に生きる』ことを本氣で取り組むことです。

自分の精一杯の真心を発している時、同時に相手の真心を引き出す努力をせな、いかんのです。

そこでこう言いたい。

『もう軽い人生は、止めませんか!』と。

ここで言う『軽い』の反対は『重い』でなく、
『真剣』ということです。

あなたの、その『軽さ』が『軽薄さ』になってしまっては、いかんと思うのです。

ミーハーな人生を何となく過ごしてる人が多いように思うのです。

ミーハーがダメとは言わないがそれがクセになってると、せっかくの様々な勉強や仕事も、

身に付かなくなってるんです。
軽いから。

悪気は無いのは分かるんだけど、あなたの人生が軽くなってゆくような、

うねりに巻き込まれて行くのです。

何事も耳で聞くんじゃなく心で受け止めないと、身に付かんのです。

『聞こえました』と『解りました』は、全く異なります。

心で真剣に受け止める素直さが『解りました』になり、身に付くようになるんです。

『解りました=実践出来ている』なんですよ。

実践出来てないんなら、解ってない証拠なんですよ。

身に覚えのあるあなた!

訓練せないかんで。

心で受け止めることを。

意固地さが邪魔するから、

自分の心が素直になるシチュエーションを自分で意識的に作らないようになってるんです。

どこかで逃げてるんです。ほんまに。

まさに、悪循環に陥ります。

常に、自分の素直さと意固地な心との戦いですよ。

そういう事を取り除くエモーションの一例として、毎朝、トイレ掃除を順番に交代で長年続けているのです。

理由は、単に綺麗に掃除する為ではないんです。

『一流とは隅々にまで行き届いていること。』と、 エモーションでは定義しているんですが、

トイレ掃除を『隅々まで確認しながらチェック(便器の内側やウォシュレットのノズルや、ウォシュレットの飛び水や、毎日はここまで普通見ないだろうという所まで)』して、最後にトイレの部屋全体をもう一度確認するクセを身に付けさせたいからなんです。

そういうことを社員一人一人に身に付けてもらうようにすることが実は、

日常業務も隅々まで行き届く配慮の出来る人間になってゆくのです。

そういう人間性と能力を身に付けてもらう為であり、

それがやがて『社員自身の人生』を『確認チェック』する習慣を身に付けてもらいたい為であり、

人間関係に於いて配慮ある立ち居振る舞いが自然体で出来る人間になってほしいという願いがあるからです。

そのコツの一つが、毎朝のトイレ掃除なのです。

トイレ掃除だけでなく、
毎朝事務所の掃除(机上、床拭き)も同じ意味合いからです。

机上の電話や文具やパソコンを一旦除けて、その下を拭く。わずかな時間です。

一人一人が『自分だけ、まぁいいか。』と氣を抜くと実は、

他の社員達の運氣を一つ奪うことにつながるんです。

こういう事、ちょっとした心の怠慢さ、を戒めています。

『めんどくさ心』を戒めるのです。全員の運氣を上げる為に。

心構えが一番何より大事で大切なんです。

社員一人一人が徹底して力を注いでいる姿が本当の和なのです。

仲良しチームは、本当の和ではないんです。

職場では一人一人が徹底してもらわな、いかんのです。

そういうことを毎日毎日、一人一人に自覚する人間性を身に付けてほしいからなんです。

どんな組織でも『ちょっとした些細な怠慢心』から、崩れてゆくのです。

業務さえちゃんとしてれば、いいやん。ではいかんのです。

朝出社して帰るまでの立ち居振る舞いの心構えが『仕事』なんです。

そういう事を戒めて指導する、ちゃんとしようぜ。と言い続ける役目が社長や幹部なのです。

何事も気付いた時がベストタイミング。

だから『気付いたら、スグせえ!』(いつやるの?今でしょ。ではないけど)と口酸っぱく言い続けて来ました。

後回しにしない人間になってほしいのです。

いつもスッキリした人生を歩んでほしいのです。

グジグジ、もごもごは、
自分の人生を台無しにしてしまうのです。

自分の人生の努力を台無しにしない為、周囲に迷惑、心配を掛けさせない為に、
『確認チェック』『気付いたらスグする』これを訓練して身に付けてほしいと願うばかりです。