「適材適所」という言葉がある。
 
勿論社員一人一人の特性を見抜くということは、社員自身が気付いていない潜在的な特性つまり、
 
その人の持つ「光」を見出だしてあげることだと捉えているんです。
 
これは会社を越えても言えるんですね。
 
どういう事かと言うと、
 
他所(よそ)の会社では充分な仕事能力が本人が努力していても発揮出来ない人であっても、
 
自社だから高給が取れるだけの特性が発揮出来る人が居るんだと言いたいのです。
 
まさに、ピタッ!と填(は)まる。というものです。
 
同じ人間なのに、Aの会社では、努力しても充分発揮出来ることはない(月給16万くらいの能力しか
 
発揮出来ない)のに、
 
Bの会社で働くと、特性を充分発揮出来る(月給30万以上の能力を発揮出来る)人は居るんだという
 
ことなんです。
 
これは「縁」というものなんです。
 
巡り合わせの適材適所は、縁なんです。
 
縁深い者同士で仕事をするのが「いい仕事」が出来、心のコンディションが良い訳なんです。
 
だから「氣を遣う、心を配る」ことが身に付きやすい状況に成れるのです。
 
ワシは氣を「遣う」と氣を「使う」は区別してるんです。
 
気遣い=気配り・心配りなんです。
 
氣を使うは、似て非なるものとしています。
 
自分が良いように思われたい(世間体とか)から、氣を使って何かしてあげても、
 
相手も却って氣を使わせてしまい気疲れするのです。
 
で、自分も何かしら気疲れを感じるんです。
 
だから、氣は使うものでなく、氣は配れ。心を配れと言うて来ました。
 
自分の氣が充実しているから、相手に心のお福分け(最上級のお裾分けの意味)が出来、
 
自分も相手も、ほんわか「いい気分」に成れるんです。
 
要は、自分の氣が充実しているか、
 
しょうもないプライドで、ええかっこしたいだけで氣を使ってしまうのか、ということなんですね。
 
何が言いたいか。
 
自分の体調コンディションと心のコンディションを、いつも充実出来ているようにしてほしいのです。
 
その為には、自分の考えを掘り下げて、何度も掘り下げて、納得するまで深める習慣をもちながら、
 
深いものの考え方をしているだろうなぁと感じる本や講義録を読んだり、そういう人と触れ合う、
 
学び合うことが自分の心を氣を充実させてゆくのです。
 
毎日、同じ道を通って通勤してる訳ですが、たまには寄り道をせな、新しい空気を吸わないと、
 
マンネリというサイレントビージーズ(沈黙の病)になってしまいますよ。
 
名将は、雪を恐れず、霜を恐れる。んです。
 
つまり、雪は目に見えた、時に災害をもたらしますが、
 
目に見えているから対処対策が出来るんです。
 
がしかし、霜は音を立てずに、じわりじわり忍び寄って来て、
 
根っこを腐らすことを名将という人達は知っていたんだと感じます。
  
人生でも会社でも、その霜のことを「マンネリ」と言うのです。
 
人生マンネリ化に陥らないように。
 
会社の仕事もマンネリ化に要注意です。
 
よ~に、振り返ってみてはいかが?
昨日、うちの株主の一人である有能な経営者から電話があった。
 
遡ると十数年前に、そこの会社の子会社設立に当たり、名前だけ社長になってもらえないかという依頼があり五年間そこの会社の社長を無給で務めたことがありました。
 
その時(十数年前)その経営者から「香川ちゃん、新会社で一千万円の融資を受けないといかんようになったんやぁ。」と電話があった。
理由なんて聞かずに、すかさず「ええでぇ、印付いたらええんやろ。銀行さんいつ来るか、銀行から電話させて。」
と即答した。
 
で、後日銀行の課長が宇多津まで来て「香川社長と○○社長はどういうご関係ですか?」と聞くから「△△課長あなたの友達から、同じ事頼まれたら、あなたは僕と同じようにするぅ?」って言いました。
 
「いやいや、しませんよぉ。」と言うから、
 
「僕らは、よっしゃ分かった。と言える関係です。
寿命終えて、あの世に行っても、ずっと付き合える関係やなぁ。また、僕には関係ない、この一千万ですが万が一被っても構わない覚悟があるから受けたまで。その覚悟と信頼と能力が無ければ、そもそも受けませんしね。まぁ、そういう関係です。お察し下さい。」と言ったら、銀行の課長
「はぁ~そうですかぁ。」って言うてました。
 
結果何の問題もなく、五年後には社長名義交代し、しかも、事務所家賃として、一部屋分毎月家賃を今まで振り込んでくれてたので、年間78万だから、やく12年で936万も収入になってました。
 
だから、うちの内部処理として、また気持ちとして、ルイボスティーを家賃収入分に値する数を毎月その本社に送ってあげていました。
 
来月からエモーション内に在籍させていた、その子会社を本社に吸収することになったから、家賃発生がなくなるので申し訳ないとの電話でした。
 
「いやいや、こちらこそ今まで長きに渡りお世話になり有難うございました。」とお礼を告げた次第です。
で、ついでに「もう○○さんとこ、社員300人は超えたんちゃぁん。あんまり大きいせん方がええんとちゃいますかぁ。」と言うと
「そうなんやぁ、ここらで事業の方向を新たな分野開拓に動いてるんやぁ。」
と言われるので、
 
「昔言うたと思うけど、年間2億の利益出して、税金8千万だか9千万だか払って残り1億ちょいなのに、銀行の返済元金が毎月2千万やから、年間2億4千万も払わないかんから、銭足らんやん。払いの為の借り入れせんならんのは、どうなん?拡大成長戦略しかないのぅ?銀行は財務優良企業で事業有望企業やから、担当者は自分の成績上げたいばかりに、上手いこと言うて、何ぼでも融資持って来るでぇ。カモにされたらいかんでぇ。と言うたわなぁ。」
と電話で話しました。
 
さて、昨日の電話のやり取りからも、皆さんに考えてほしいのは、ほんまに規模を大きくすることがええの?ある大手外食チェーンは160店舗閉店したって、労働条件極悪で人が辞めて募集しても集まらないらしいのです。と、この前友人から聞いたけど、
 
だいたい大規模になると、会社での人格教育は出来ないのが多くあり、そこで働く人達は、労働力とお金の交換所になってしまって、情とか、人格研きとか思いもしないし、ロボット化するんじゃないかと思ってしまうのです。
 
自分の事業の「適正規模」を見つめることから、生き生きした会社運営が始まると昔から思うて来ました。
 
やっぱりワシは「日本の零細企業のモデルを目指す!」ことに全身全霊懸けていることに、より確信と核心を抱いた一週間でした。
 
自分の価値観に合わなかったら、感情的に腹が立つ人の何と多いことでしょう。
気持ちはわかります。
 
腹が立ってもええと思うのです。
 
でも一々腹立ててたら、
自分がしんどいだけ。
 
だから、自分から「もっと崇高な自分」に変わる努力をしましょう。
 
ワシは、多様なる価値観を包括する器量を持てるように努力して来ました。
 
多様=様々な価値観
 
自分の価値観とは違う価値観を理解する器。
 
深く深く哲学を深めていると、やがて「ある心境」に到達するんです。
 
様々な人との「違い」を認められる心境になるのです。
また、奥深い哲学が芯に座った人の言動は、
 
そこまでの心境に達していない人達には中々理解出来ないと思うのです。
 
そして、その人の言動を、ついつい批判し勝ちになる自分の気持ちを、一旦鎮めて、そういう見方もあるんだろうなぁとか、
そういう捉え方もあるんだろうなぁ、と思ってみて、自分の価値観を深める材料にしたらええのです。
 
自分の言動が、相手に勘違いさせているかも知れないと考えてみることも大切。
あらゆる角度から見ても、勘違いは起こらないだろうというレベルに自分の言動が達しているだろうか、と省みてほしいのです。
 
そして、勘違いさせない仕事振りや言動に工夫を重ねるんです。
 
こういう心の習慣を身に付ける努力をしていると、
 
自身のスキルアッブになるし、表現力強化になり、
自分の言動が相手に勘違いされないようにもなってゆくと思うのですが、相手が自分の価値観を理解出来ないと、勝手に勘違いされますけどね。
 
多様なる価値観を身に付けてゆくと、腹が立った相手が、いつしか感謝に変わるようにもなるんです。
 
人は誰しも仏の心と鬼の心を持っていると思うのです。
 
人の表面的な言動で判断するんじゃなく、
 
自分の哲学をより深めてゆきながら、自身の仏の心で判断してゆくと多様なる価値観を持てるようになるのです。
 
だから、
いかんもんは「いかん!」
 
ええもんは「ええ!」と、
 
ハッキリ持論が打(ぶ)てるんです。
 
日本人として恥ずかしくない生き方を自分がやってるのか?さえ、
 
自己チェックしていれば、
ちゃんと充実した人生を歩めるようになると思うのです。
これを自省心と言います。
 
哲学を深めたいと思っていても、どうしたら深められるのかが、分からん人も多いと思うのです。
 
そういう人達に、今までの生活習慣を変える努力をせな、いつまで経っても変化はないわなぁ。と言いたいのです。
 
だから、おすすめする事は、哲学を深められるであろう環境に自ら自主的に身を置くしか、変身は出来んのと違うやろうか。と思う訳です。
 
自分で自分に、哲学を深められる環境を提供せな、誰が与えてくれますか!
 
あなたの思考が変われば、そういう環境との出逢いが訪れて来るようになると感じます。
 
自分の人生を振り返り、省みる時間を自主的に確保する。
 
何事も、お客さん意識でなく、主催者意識(ゲストでなくキャスト)にならない限り、哲学は深められないと思うのです。
 
そして、白鳥のように立ち居振舞いましょう。
 
水上では優雅に泳いでいるが、水面下では人目に触れない所で、ひたすら前進の努力をしている状態を白鳥と言います。
 
さぁ今から、少しずつ変化に勇氣を出して取り組みましょう。
 
船出の春なんやから。
 
 
十七、八年前に、経営者として大切な資質ベスト3は何ですか?と問われたことがあります。
 
正解というのはないと思うのですが、その時こう即答しました。
 
何を置いても第一は愛情力。
次に先見力。
 
三番目は吸収力。と答えました。
 
なぜ愛情力と答えたかと言うと「商売はセンスであり、戦略。
経営は温かさ。」が自分の心底にあるからだと思うのです。
 
商売は、センスがとても、重要。
 
センスの意味は「ちょっとしたことを感じ取る能力」です。
ちょっとしたこと=細かい事。
 
会社の全ての所に、
細かく目を配り、細かく心を配るから日々目に見えない変化を捉える能力が身に付いて行くのです。
 
長年、細かい所への目配り、心配りをして来た「気付き」が勘を培うのです。
 
この「勘」こそ、経営の「勘所」と成るんです。
 
つまり、社長の「気付き」の中で、会社というのは成り立っているのです。
 
だから、社長の仕事に終わりはないのです。
 
社員を愛する熱い気持ちが根底になければ、将来を通して充実は続かないと思うからです。
 
だから、経営は人間としての「温かさ」なんです。
 
人間としての温かさが実は、困難を克服させてくれるヒントを与えてくれるのです。
 
社員に生きる勇氣を与えるのです。
 
だから「愛情力」なんです。
次の先見力というのは、
経営者として当然のことやしね。
 
三番目の吸収力という言葉も、あまり聞かないと思うのですが、香川湧慈独自の言葉です。
 
スポンジが水を吸収するような(好むと好まざるに関わらず、という意味)素直さが経営者には大切と思うのです。
 
自分と価値観の違う意見もちゃんと吸収し、自分に生かして行く能力を吸収力と捉えています。
 
社員を愛する素直な気持ちと熱い情熱。
 
何十年という事業の先を見通す先見性。
 
どんな意見でも自分に生かして行こうとする素直さと応用力。
 
この三つが経営者の資質として大切なものベスト3というのは、今も変わりありません。
 
世の親が子供に対して想う気持ちと同じと思うのです。
我が子を愛する魂。
我が子の特性を見抜く先見性。
我が子の人格を認める、親自身の心の吸収力。
 
会社の経営者じゃない人も、自分の人生の経営者には変わりない訳ですから同じなんです。
 
だから、自分の人生経営において大切なベスト3を考えてみてほしいのです。
 
人生で起こる全ての問題解決のヒントが「日本的家族」を想像すれば、
見えて来る、感じて来る、と思えてならないのです。
人間の器とは「大きさ」でなく、その人の「果たすべき役割」のことを言うのです。
自分の果たすべき役割を自覚出来ていれば、大丈夫と思うのです。
 
皆さん、ご参考まで。
 
 

2014/04/04

[