たまに、友人経営者の幹部から相談を受けることがあります。

一般的には、幹部は部下の心を掴む努力をせよ。
なんて、言われてますが、ワシは違う。

幹部は自分の部下の心を知る前に、自分の仕える経営者の心を知ること。

下を見る前に、上を向くこと。

幹部は、トップの心を噛み砕いて部下に食べさす役割があるんです。

そうしないと末端社員まで、トップの理念を理解納得してもらって社業に取り組んでもらえないと感じるし、社員の幸福につながらないと思うのです。

その理由には、前提があります。

自分のトップが、

心から仕えるだけの、

人生を懸けるに値するだけの人間性と皆を導いてくれる能力を具えているか、ということなんですね。

そういうことが世の中を『しあわせ』にして行く要素であると思うから、トップは人格を磨き続ける、経営センスを磨き続けることを怠ってはいかんと思うのです。

ワシが心掛けていることをいくつか述べます。

『適温』の人間関係が心地よい。

相手が、自身の志を立てるキッカケになる気付きを与えるメッセージを発信する。(無言のメッセージもある)

周囲の人達の生活が、希望ある丁寧な生活でいられるよう願っている。

自然体の生活習慣。

自分の体調コンディションをいつも『感じいい』状態に保つ日常習慣。

自分の体調コンディションが良い状態で人と会うのが礼儀。
しんどい顔、疲れた身体で会うのは失礼。

心は、いつもベストコンディション。

物事や人間の本質的な美しさを観る習慣。

相手の心の琴線に触れる事柄に、そっと誠実に向かい合う心配り。

どうにもならない事に思えることには、焼け石に水を打ち続けてもいい、という心境で接する。
一瞬でも相手が心地よいと感じてくれれば、何かのキッカケになると思って。

大した事が出来なくても、存在として恰好(かっこう)が良ければ、背伸びする必要なし。

自分のダメなところも、
ありのままに見せる、
隠さない姿勢が恰好良い。
手は放しても、目は放さない。
目は放しても、心は放さない。

誉めて育てるの落とし穴。『また誉めてもらおう』と評価されるためだけに行動するのは、ニンジンをぶら下げて走らされる馬に、
陥り兼ねない。

結果、報酬を期待して働くだけ、という人間の卑しさがくっ付いて来る懸念あり。(物事に対して純粋な気持ちで取り組むという姿勢が育たなくなる)

努力でなく、工夫を自ら見せることで示唆する。

如何に工夫して愉しく出来るかの思考回路。

『綺麗事で飯を食う』という生き方。

『綺麗事では飯は食えない』というのは、言い換えれば、正しいことをしたら食えない。と言っていることに他ならない。

こういう事を心掛けているんです。

無理やりじゃなく、自分なりの自然体なんですね。

だから、心も身体も楽なんです。しんどくないんです。

楽だから、続けられるんですね。

お金の問題ではなく、ものの考え方、生き方の問題だと言いたいのです。

※途中からインスピレーションメッセージを読んでくれている皆さんに、ヤフーで「香川湧慈のインスピレーションメッセージ」と検索して下さい。
過去の全部見れます。
努力が現実を明るくするんです。
 
今の現実が明るくないなぁと感じてるなら、たぶん、努力が足りてないんですよ。
 
逆に現実は明るいよ。でも、そんなに努力なんてしてないけどなぁ。と感じてる人に。たぶん、ちゃんと、やるべき事をやってるんだと思います。
 
いずれにせよ、
あなたの努力が、あなたの現実を明るくするんだと思ってほしいのです。
 
他人の誰かが、あなたの現実を明るくしてくれるんじゃないと思うのです。
 
会社に於いては、その現実を明るくし続ける経営者が大事なんです。
 
何故なら、
 
社員の因縁を被るからです。好むと好まざるに関わらず被るようになっているんです。
 
そして、
社員の運命に影響を与えるからです。
与えてしまうのです。
 
一般的な「事業家」というのは、金を儲ける。会社の規模を大きくする為の能力に秀でた社長が多いもんです。
 
経営指針はあるが、社員には「知らせる」のみ。
 
時には理解させようとするが、作業の為のマニュアルを整備し、教え、その通りの作業を強要するタイプ。
一部の「人材」と、
多数の「人手」の会社になってしまうのです。
 
事業意欲は旺盛で、自信過剰でワンマンになり、社員を私物化し、自分に利益にならない事にはケチである。
これじゃ、幸福な状態とは言えないと思うのです。
 
やっぱり「経営者」じゃないといかんと思うのです。
 
つまり、
経済的安定と人間的成長の為に、
経営指針を「知らせ」「理解させ」「納得させ」「共感させ」「人間的成長を促進させる」事に全身全霊を懸けるタイプが、真の経営者なんです。
 
そういう社長の作る理念、基本方針は幹部の共感を得、社員の納得を促すものです。
 
そういう経営者の「教える」とは、仕事の基本的知識、技術、礼儀作法、躾を強制的に教えることなんです。
最初は「問答無用」でいいのです。つべこべ思わず、
素直に聴くこと。
 
最初が肝心なんです。
 
何故、強制的なのかというと、そういう経営者の、もの事を深く洞察する習慣と、一般的社員と比べると、「高くから、遠くから」自分を含め社員全員の幸福を考え抜く情熱に圧倒的に差が在るからなんです。
 
そして、会社の経済的安定と社員の人間的成長について四六時中考え、将来をどうするのかを考える時間を社員より圧倒的に費やしているのが真の経営者だから、その実現の為に最初は強制的であっても叩き込まないと皆の幸福につながらないものなんです。
 
どこに、経営者以上に社員が会社の経済的安定と社員の人間的成長に四六時中考え、行動している人がいるでしょうか?
 
もし、そういう社員が多く居るとしたら、それこそ、一流の会社です。
 
次に、
「育てる」とは、
基本の応用、創意工夫、
創造性、個性、人間性を育てることなんです。
 
そして、
「理解納得させる」とは、
全員を巻き込む。
全員で経営指針を討議、
討論を重ね、本音で話しする。腹の中に溜まっているものを吐き出させることから始まるのです。
 
まぁ、世の中の子供の「反抗期」と同じなんです。
 
また、反抗期があって当然なんです。無い方が、おかしいんです。
 
「反抗期」つまり、社員の鬱憤(うっぷん)を吐き出させるんです。
 
あって当然なんです。
それを吐き出せる環境を作ってあげるのが経営者なんです。
 
会社経営に於いては、社員は世の中の子供と同じなんです。
 
それを経営者は「素直に聞くこと」なんです。
 
だから「経営者は孤独」だと言われる理由が在るんだと思うのです。
 
一切の言い訳を言わず。
黙って素直に自分の内面と向き合う習慣が身に付いて来るんですよ、真の経営者は。
 
お互いを知り、理解し、
思いやる心が生まれる。
 
会社と社員、社員と社員の信頼関係が出来て来るものです。
 
そして共感に至るんですね。
 
経営者の覚悟と社員の本氣。
心構えによるモチベーション。
 
公正な評価と高い給与。
 
共に考え、創造し、共に育って行く。
 
仕事に対しては厳しく、
人間に対しては温かく。
 
だから、多くの「人材」と、少しの「人手」で経営が出来るのです。
 
あなたの会社の社員は、
人手が多過ぎませんか?
 
人材が多く、少しの人手の人達に助けられて、会社というのは、充実して行くんだと思うのです。
 
 
 
先なんて見えない。

そうでしょう、皆さん!

「世の中一寸先はハプニングですよ、香川さん。」と
平成15年4月に六本木のアントニオ猪木の彼女のbar(ズッコ)で、
ユーミンと橋本大二郎元高知県知事夫妻と飲んだ時の、猪木の言葉です。

誰も、先のことなんかハッキリ見える人なんていないと思うのです。

だからと言って、行き当たりばったりの生き方をしていいことにはならんと思うのです。

昔から自分に、こう言い聞かせて来ました。

「先の見えない、将来を指し示せない指導者(社長)に付いて来ている社員ほど哀れな者はない。」と。

これは、世の親にも言えることやと思います。

自分に対する戒めであり、奮起の言葉です。

だから、理想像を描いて来ました。

何の為に経営するのか、

何の為に生きるのか、を自問自答し続け、感じたら動くこと(気付いたらスグする。いかんと感じたらスグ止める)を実践する中で、理想像を確立して来たのです。

皆さんも、出来る出来ないじゃなく、理想像を愉しみながら描いてみてはどうでしょうか。

少しずつ霧が晴れて来て、見えて来ると思うのです。
見えないから決めれないのではなく、あなたが将来像、理想像を決めないから、
見えて来ないのです!

理想像を描くには、数多くの問題意識を持ち、何事も深めてゆくことだと思うのです。

また、企業規模(商売規模)(個人で言うならお金持ち)が大きくなることと、
経営者(自分の人生の経営者は自分)の能力、識見が育つということは全く別問題だと言えます。

やはり、自分と自分を取り巻く人達の人格的成長に、心と時間とお金を掛け続ける姿勢が、実は心穏やかに理想像を描ける唯一の道だと思えてならないのです。

皆さん、いかが?

自分自身が成長しないで、高い理想に向かって努力していないと、自分を取り巻く人達の中で、フツフツと不満が蓄積するんですよ。
自分を取り巻く人達の、
将来像に希望を感じさせてやらないと自分自身の充実は中々見い出せないんじゃないでしょうかねぇ。

自分の理想像、つまり経営理念を確立することに尽きると思うのです。

泥臭いくらい、丁寧に取り組むことが大事で大切。

その経営理念を噛み砕いて繰り返し語ることが、自分と自分を取り巻く人達の、
生きる希望を見出だすことにつながるんだということを訴えたいし、

うちの社員には『筋金入りの人間』になってほしいのです。

社員全員が『筋金入りの人間』に成れれば、人生で起こる様々なハプニングに、自分で考え、自分で解決出来る人間に成れると思うからです。

一言で言えば、それがワシは本望なんです。

だから、そういう人格教育に心と時間とお金を掛けているのです。


下記写真、アントニオ猪木と橋本元高知県知事ご夫妻と小林先生(猪木の気功の先生当時36歳)と、この写真にはユーミンは写っていませんが。目の前で、「真夏の世の夢」をカラオケで歌ってくれました。そしてユーミンが僕のことを「あぁ~、ラビット関根だぁ~」って、当時今よりふっくらしてたので、言われたのを思い出しました。
写真: 昨日金曜は新潟に行っていまして、FB出来ませんでしたので、今から「今週のメッセージ」転送アップします。
「香川湧慈の今週のインスピレーションメッセージ」
先なんて見えない。
そうでしょう、皆さん!
「世の中一寸先はハプニングですよ、香川さん。」と
平成15年4月に六本木のアントニオ猪木の彼女のbar(ズッコ)で、
ユーミンと橋本大二郎元高知県知事夫妻と飲んだ時の、猪木の言葉です。
誰も、先のことなんかハッキリ見える人なんていないと思うのです。
だからと言って、行き当たりばったりの生き方をしていいことにはならんと思うのです。
昔から自分に、こう言い聞かせて来ました。
「先の見えない、将来を指し示せない指導者(社長)に付いて来ている社員ほど哀れな者はない。」と。
これは、世の親にも言えることやと思います。
自分に対する戒めであり、奮起の言葉です。
だから、理想像を描いて来ました。
何の為に経営するのか、
何の為に生きるのか、を自問自答し続け、感じたら動くこと(気付いたらスグする。いかんと感じたらスグ止める)を実践する中で、理想像を確立して来たのです。
皆さんも、出来る出来ないじゃなく、理想像を愉しみながら描いてみてはどうでしょうか。
少しずつ霧が晴れて来て、見えて来ると思うのです。
見えないから決めれないのではなく、あなたが将来像、理想像を決めないから、
見えて来ないのです!
理想像を描くには、数多くの問題意識を持ち、何事も深めてゆくことだと思うのです。
また、企業規模(商売規模)(個人で言うならお金持ち)が大きくなることと、
経営者(自分の人生の経営者は自分)の能力、識見が育つということは全く別問題だと言えます。
やはり、自分と自分を取り巻く人達の人格的成長に、心と時間とお金を掛け続ける姿勢が、実は心穏やかに理想像を描ける唯一の道だと思えてならないのです。
皆さん、いかが?
自分自身が成長しないで、高い理想に向かって努力していないと、自分を取り巻く人達の中で、フツフツと不満が蓄積するんですよ。
自分を取り巻く人達の、
将来像に希望を感じさせてやらないと自分自身の充実は中々見い出せないんじゃないでしょうかねぇ。
自分の理想像、つまり経営理念を確立することに尽きると思うのです。
泥臭いくらい、丁寧に取り組むことが大事で大切。
その経営理念を噛み砕いて繰り返し語ることが、自分と自分を取り巻く人達の、
生きる希望を見出だすことにつながるんだということを訴えたいし、
うちの社員には『筋金入りの人間』になってほしいのです。
社員全員が『筋金入りの人間』に成れれば、人生で起こる様々なハプニングに、自分で考え、自分で解決出来る人間に成れると思うからです。
一言で言えば、それがワシは本望なんです。
だから、そういう人格教育に心と時間とお金を掛けているのです。
下記写真、アントニオ猪木と橋本元高知県知事ご夫妻と小林先生(猪木の気功の先生当時36歳)と、この写真にはユーミンは写っていませんが。目の前で、「真夏の世の夢」をカラオケで歌ってくれました。そしてユーミンが僕のことを「あぁ~、ラビット関根だぁ~」って、当時今よりふっくらしてたので、言われたのを思い出しました。
人間の善とは、
その人それぞれの役割を果たすことである。
それ以外は善に非(あら)ず。と、
聖徳太子が言うてます。
 
自分の役割を果たさないと何をしても善じゃないんです。
 
自分の役割は何なんか?
 
それは自分の過去の体験を見つめてゆく中で、自分がこの世で『何を成す』為に『何を為そう』とすることが役割なのか、を見極めてゆく、自覚してゆくしか見出だせないのだと感じます。
 
そして、その自覚したことに一途に貫く生き方が善だと聖徳太子は言うるのです皆さん!
 
道徳とは何か。
 
山には山の道があり、
 
川には川の道があり、
 
人には人の道がある。
 
それぞれの持てる役割を、万全に果たすことが道徳。
一般的に言われている道徳ではないと思うのです。
 
人の道を果たそうとしている行為を道徳だと思うのです。
 
役割というのは他人に聞いて分かるものではありません。
 
先ず、志を立てることからしか、役割は見出だせないと思うのです。
 
役割が分からなくても、
志を立てれば、徐々に「これか!」と感じて来るものです。
 
会社や家庭に於いて、
 
一人一人の自分の特性を生かして、自分の役割を万全に果たすことが、
 
善なんです。
 
道なんです。
 
徳なんです。
 
智恵とは、外から身に付けるものではなく、
 
自分の内から出て来るものなんです。
 
つまり、
 
自分をどうするのか、を考える。
 
明日をどうするのか、を考える。
 
将来をどうするのか、を考える。ことが智恵なんです。
 
人を信用出来るというのは、人柄で判断してはいけません。
 
その人が、何を成そうとして、その為に何を為して来たかを観る(観察)こと。
 
これが「信」なんです。
 
口でいくら「ええ事」言うとっても、その人の今まで何をやって来たのかを観たらええのです。
 
無理の無い、無駄の無い、油断の無い生活態度を身に付ける努力。
 
日常のこと、細かな生活態度が教えられるかどうかなんです。
 
一つの事が究められると、他の事に工夫が効いて来るんです。
 
一つの事が究められて来ると、心の余裕が生まれて来るんです。
 
心の余裕が持てない人は、日常の細かな生活態度を振り返ってみて、いかんなぁ、と感じた事を自分の中の「良さ」で修正して行ったらええのです。
 
他人から、細かな生活態度の事を注意されたら、あなたの魂の親が、その注意してくれた人を借りて、教えてくれていると素直に捉えられないようなら、もうお終いですよ。
 
ほんまに。
 
一人一人の担当している業務に、"漏れ"は無いのか?を考えること。
 
この一言に尽きます!
 
自分のやるべき事に"漏れ"は無いのか?だけでええですから、毎日毎日、振り返ることが仕事であり、仕事に対する礼儀だと思うのです。
 
「礼儀知らず」になっては、いかんのです!
 
「礼儀知らず」に陥っては、いかんのです!
 
皆さん、礼儀知らずになってませんか?
 
一度振り返ってみて下さい。