相手に対して文句言うことって誰しもあるでしょ。
 
文句あるから、何か感情に触ったからカチンと来たんでしょ。
 
その気持ち分からんでもないけど、こう捉えてみて。
 
文句言う前に、何故相手から注意されたか原因を冷静に分析してみてん。
 
相手は文句をあなたに言ってるんじゃなく、あなたの段取りに対して、良くなってもらいたいから、
注意をわざわざしてくれたんだと。
 
そう捉えられる人は、心が成長すると思うのです。
 
文句を言ったり、言われたりする関係は、お互い関心がある証拠やと思いませんか。
 
ほんまに関心すら無くなれば、文句も注意も言いたくなくなり、どっちでもええ存在になるんですよ。
 
人を責める前に、自分を省みる。
 
ここだけだと感じるんです。
 
「お前は人を責めるだけの資格があるのか!」
 
と天の声が聞こえて来ませんか?
 
ワシは昔、そういう天の声が聞こえて来たんですよ。
皆さん、そういうように捉えてみましょうよ。
 
そういうように、
一つ捉えれば、一つあなたの心が豊かになるんです。
 
つまり、そういうように捉える方が、あなたに得になり、徳が付くんです。
 
だから、文句言いたくなる寸前に、自分を省みましょうや。
 
ワシも、そうチャレンジしてます。
 
癖は中々治らないから、
ついつい発言が文句に捉えられちゃうんだけど、
地声が大きいし、テキパキ、ポンポンと、もの言うからね。
 
お互いが「捉え方」の訓練ですね。
 
そう捉えると、
全てが「有り難い」と誰しも感じますから。
 
様々な他人(ひと)から、
示唆を与えられるから、
本真(ほんま)有り難いですね。
 
そしてワシはほぼ毎日誰か彼かに手紙を書いてますが、その人に対して勇氣づけの内容を考えて書いてるんです。
 
封筒に入れる前に読み返すんですが、自分の文章に、書いた自分が勇氣づけられることも多いんです。
 
だからか、いつも勇氣が湧くんだと思うのです。
 
財産を失っても、心の痛手は少ない。 
 
しかし健康を失ったら、
心の痛手は深い。
 
でも、勇氣を失ったら、
もう取り返しがつかない!
なんですよ。
責任は発令者にあり。
なんです。
 
何か他人に頼む時、口頭やメールで連絡するだけではダメなんです!
 
必ず頼んだ相手が理解出来ているかの確認をせな、いかんと思うのです。
 
頼んだ方(発令者)に責任があるんです。
 
メールしていて相手の返信が無ければ、相手は見ていないと思わないといかんのです。
 
ちなみにエモーションではFAXが来れば10分以内に返信せよ。と指導して来ました。
 
後回しにしたら、いかん。すぐせえ!と。
 
何故か?それは相手に心配を掛けさせない配慮からです。
 
確かにFAX受け取りましたよ。ちゃんと届いてますよ。という返事をすぐしてあげる配慮です。
 
もし返信していなければ、何らかの不通が考えられますから確認の為、フリーダイヤルで電話下さい。
と周知しています。
 
相手のFAX内容の回答の返信は、いつまでにお返事します。とか、社長が戻り次第連絡差し上げます。と記入して返信しておけば、相手は安心するんです。
 
相手に勘違いを起こさないような相手に合わせた工夫を考えて物事を頼むことがとても大事。
 
まぁ、分かりやすく言えばテレビ番組であった「はじめてのおつかい」の幼稚園児にものを頼む時の工夫が、あらゆる頼み事では求められます。
 
お客さんへの商品発送時のちょっとしたメモとか、
あの人に頼んでたけど、
ひょっと忘れてはないだろうか?という相手を思う気持ち。
 
ここまでやっていれば、
勘違いは起こらないだろうと思える至れり尽くせりの工夫の習慣が実は、自分の「伝える能力」を磨く力になるんです。
 
だから、何であの人は分からんの?
 
ではなく幼稚園児でも理解出来る工夫をしてほしいと思うのです。
 
メール連絡した後、口頭で伝え、合わせて要望をメモにして、相手が忘れないように渡しておく。
 
仕事では、ごく当たり前のことなのに、何気ない頼み事には、そこまで配慮しない人が多い。
 
自分が頼んでおいて、相手が理解出来てなかったら、
相手にイライラしたり、
自分にイライラしたり。
 
なんの事は無いんです。
 
自分がちゃんと確認を取って、メモを渡す習慣を身に付けておけば良いだけのこと。
 
上司の立場の人へ、命令は命令した発令者に責任がある。と自覚して、相手の理解の確認をキチンとしてほしいものです。
 
命令を受けた部下は、必ず上司に中間報告をせないかんのです。
 
「今、こうなっています。」「今、このように進行中です。」というような中間報告をしないと上司に心配を与えてしまい、適切な判断が出来なくなる恐れがあるんですね。
 
結果報告では、いかんのです。
 
言われなくても、自分から中間報告をすること。
 
こういう事の習慣が、自身の心に「配慮」を養うことになるんです。
 
ええなぁ、給料もらいながら、自分の心を配慮豊かなものに出来るんやから。
 
もっぺん言います。
 
頼んでた事が出来てなかったら、頼んだあなたに不備はなかったか?
 
もうちょっとちゃんと確認しとったら良かったんじゃないか?
と反省し配慮する心を備えてほしいという想いを皆さんにメッセージします。
 
あなたが人生有意義に歩む為に、
大胆に振る舞うことと、
繊細に振る舞うことの判断基準つまり、あらゆる価値基準を確立して行こうとすることを「哲学を深める」と言うのです。
 
よぉ~に考えてよ。
自分の為なんやから。
 
 
 
経営とは、経営者の考えを社員の協力を得て経営目的を達成すべく社業を通して人格教育をしながら、経済活動をすること。とワシは定義しています。
 
だから、常々社員に自分の考えを発信しているんです。あらゆるツールを使って。
 
だから経営目的に共感してもらえない限り、経営には成らんと思うとります。
 
人が育つ要素は、キッカケと環境だと思うのです。
 
だから会社は、社員の人間性と可能性が育まれるキッカケと環境を提供し続けることが幸福な状態だと感じている訳です。
 
合意と納得して働ける環境が大事なんです。
 
それを維持し続ける為に、顧客を創り続けることと、顧客を維持し続けることが不可欠です。
 
その為にも自社商品をお客さんが使っている場面を数多く想像し、そして創造してゆくことで新しいカテゴリーが創出できると思うのです。
 
最も重視すべきは、お客の心地好さだと思うのです。
目に見える結果に触れた時、その背後にある「目に見えないもの」を感じて、
学びの自己投資をすべきと思い実践しているんです。
 
人間は、一定の能力を連続して発揮出来ないと思うのです。
 
だから、休息と気分転換が必要なんです。
 
リラックスと集中の繰り返しが継続・持続のコツです。
 
そういう職場環境を作る重要な要素は経営者の「愛情力」が根幹だと感じています。
 
自分の手のひらの中にあるものを、どれだけ大事に扱っているか、接しているか。相手に対して恥じることのないよう、自らを律すること。
 
不平不満に生きている者は不平不満の環境の中に一生を送らねばならないと思うのです。
 
豊かに恵まれて初めて感謝が出来るのではなく、
感謝するから、感謝に値する環境が生まれて来るんですね、本真(ほんま)に。
 
心に豊かさを持っている者は、益々その豊かさを増し、心の貧しい者は、その持てるものをも奪われ、そしていつしか消えてゆくのです。
 
知識と教養の貧しいことを「貧困」と言うのです。
 
だから、死ぬまで「人間の幸福とは何ぞや。」を勉強せないかんと思うし、してほしいのです。
 
人間最大の敵は「自我」です。でもおそらく一生無くならないと思うけど、
 
鏡を見る時、こう思って下さい。
 
鏡(カガミ)は己を映す。
ガ(我)を取ることで、
カミ(神)のような心に成れるんだ。と。