『相手の立場を慮る』
 
慮(おもんばか)るとは、
分かりやすく言うと、
「深い思いやり」と表現すればイメージ出来るでしょうか。
 
世間では昔から、親に反発する子供に「お前も、いつか親になった時、親の気持ちが分かるわ。」というようなことが言われ続けて来ていますが、社員と社長の関係も同じようなものですね。
 
 
勤め人をしていた人が独立し、自分で商売を始め、
人を雇って商売をやって、年月を経ると初めて、社長の気持ちが分かりました。と言う人多いです。
 
体感でき、理解できるんだと感じます。
 
人の多くは、実際に自分がその立場に立たされないと、中々相手の気持ちを慮(おもんばか)れないもの。
 
親子の関係は特に同姓同士に強く現れて来る傾向が高いようですね。
 
父親と息子。母親と娘。
 
理屈じゃなく、因縁なのかも知れません。
 
でも因縁と片付けてしまっては我々の成長につながらないから、少し考えてみてほしいのです。
 
お互いに「尊敬と親しみの情」が欠けていた間柄だったかも、、、、、と。
 
 
人間関係は、お互いがお互いに「尊敬と親しみの情」が通い合っていて初めて、
相手の立場を慮れる存在に成れるのでは、と思うのです。
 
 
また、自分の「頑固さ」が、実は自分の身体にボディブローのように効いて来て、体調を壊す、人間関係を壊すという事実を多くの人は知らないし、他人事(ひとごと)にしてしまうんですね。
 
 
特に身内に対しての頑固さが。
 
人は、誰しもその時々の「事情」を抱えて生きているものです。
 
心中お察し申します。と
前置きして、
 
皆さん!
 
自分の「頑固さ」を振り返って自分の中の「良心」で自分の「頑固さ」を直して行ってほしいのです。
 
 
自分の中の良心でしか、
実は直らないようになっているんですよ。
 
 
何事も、自分で問題意識を持ち、自分で考え、自分で苦労しながら、自分で答えを掴むしか、自分に力は付かないとつくづく思うのです。
 
自分に力が付いて来ると、どういう状況であろうとも、人間は堂々と歩めると思うのです。
 
人は、どんな状況だと堂々と出来るのか?
 
たぶん志と意欲のある時、人は堂々と出来る。と感じます。
 
皆さん!
 
堂々と歩みませんか。
 
 
 
 
ワシが大好きな言葉に
「めざして」
 
という言葉があります。
 
この言葉には希望と勇氣が湧いて来ます。
 
そう感じませんか?!
 
「坂の上の雲」に出て来る登場人物のように「あの雲をめざして」と想像するだけで、目の前がパーッと明るく、そして拓けて来る感覚になります。
 
あなたは何を「めざして」るんですか?!!
 
と問いたくなるんです。
 
「目指すもの」があるから、人は希望が湧き、やるぞぉーという勇氣が湧いて来るんです。
 
また、目指すものに対して忍耐(我慢ではないんです)も出来るんです。
 
目指すものを手に入れる為に、現代社会では、お金は必要です。
 
お金の稼ぎ方は自分の才能を発揮して稼ぐなら、どんな方法でもいいと思うのです。
 
自分の本業で稼ぐのが一番良い訳ですが、本業が大きく稼ぐ要素が見出だせないなら、
 
株でもFXでも商品相場でも自分の才能を発揮して稼ぐなら構わないんです。
 
しかしこれらは、
ハイリスク・ハイリターンですから、手持ちがまぁ、2000万くらいあって、しかも全部パーになっても本業に痛手無しの余裕資金があるなら、才能あれば、「億」稼ぐことも出来ます。
 
但し、その稼いだお金を何に使うのか、どう使うのかが、あなたの将来の「因縁」を創りますから。
 
「使い方」で、あ・な・た・の人生に影響が出るんだ!!
 
という認識と自覚と覚悟を持って稼ぎましょう。
 
ずっと以前こんなこと言われたことがありました。
 
「香川さん、もし宝くじ買って一億円当たったとか、株やって一億円儲けたとしたら、何に使いますか?」 
って言われたから、即答しました。
(ワシはたいてい即答します。自分のあらゆる概念をいつも整理してますから)
 
「ワシは日本の零細企業の雛型つまりモデルを目指してるから、そういうもので稼いだのが一億やな。
一億なら、うちの社員に一千万ずつ60歳で受け取る退職積立金を前払いで保険会社に入金するなぁ。
それだと七人の零細企業で60歳で全員退職金一千万確定やしなぁ。」って言ったことを思い出しました。
 
日本の零細企業のモデルを目指してるんですワシは。
だから、日本の零細企業のモデルの概念を整理したんですよ。
 
キチンと明記しています。
先ず、何に於いても項目の一番目が最も重要視されます。
 
憲法も第一条は天皇の項目になっています。
 
うちの会社の「目指すもの」の第一番目に明記しているのは、
 
全社員が、社長の考え(会社の理念)に共感し、その理念の下に心の統一が成されていること。と記載しています。
 
次に社員の体調コンディションとしています。
 
3番目に、心のコンディションと明記しています。
 
経営に於いて、そして各個人の人生に於いて、心が合わさり、体調コンディションがいつも良い状態でないと、
 
いい仕事も出来ないだろうし、趣味や遊びも楽しめないと思うからです。
 
だから、社員の体調コンディションを少しでも、より良い状態を保つ為に、予算を組み、時間を割き、実践継続しています。
 
皆さんも自分の「めざすもの」を想像して、ワクワクして来たら、A4一枚でええから、書いてみたらええのです。
 
そして、それを具現化する為の「あらゆる事」を一つずつ書き足してゆくんです。
あらゆる角度から観て、
大多数が「なるほど!ええなぁ。」と理解納得共感できる具体的なことを書くんです。
 
それがあなたの「めざすもの」を手に入れる歩みになると思うんだけど。
 
自分を取り巻く周囲の人達が、あなたのお金の使い方に「共感と感動を得られる」かを基準に考えたらええと思う次第です。
 
ワシは26歳で独立自営の道に入って27年になりますが、公的生活と私的生活を分けてみると(公私混同はよろしくないからね)
 
私的生活に於いては、何も言うことありません。
 
と言うのは、自分の生き方に共感して応援してくれる伴侶が居ることだけで、
それ以外他に望みはありませんから。
 
それだけで充分ですワシは。
これを幸福と言わず、何を幸福と言うんでしょうか?
世の中のおそらく多くは、物質的なものを沢山手にしていても自分の生き方に心から共感、応援してくれる伴侶や身内が居ない人って心が寂しくなってるんちゃうかなぁと思います。
 
公的生活は、理想が永遠のテーマなので課題満載です。
死ぬまでチャレンジですね。
 
日本の零細企業のモデル像を明記していますが、それを具現化する課題に死ぬまでチャレンジです。
 
いや、死んであの世に行って、また生まれ変わって来ても、チャレンジしますねワシは。
 
この永遠の世界に心がつながっているから、
 
息切れしないで人生歩めるのです。
 
これ奥深いでぇ。
 
永遠の世界に心がつながる。という意味のことです。
そこを皆さん、よくよく考えてみて下さい。
 
永遠の世界から自分の現在を。
 
少し人生観変わり、納得ゆく覚悟が出来るかも知れませんよ。
 
 
 
 
毎週メッセージを発信して丸6年経ちました。
 
6×52週(一年間)=
312回になります。
 
自分の浮かんだことを発信してるだけなんですが、
決して自分の善意を発するだけに留まってはいかんと思ってるんです。
 
また決して人様に教えるというような「おこがましい」気持ちはありません。
 
それだと、自我=自惚れになりますから。
 
また善意の押し付けになり兼ねないから。(こういうのを独り善がりと言うしね。)
 
相手の善意も同じだけ引き出さないと「真心(まごころ)を釣り合わす」ことにはならんのです。
 
人間関係の真髄は「真心を釣り合わす」つまり、相手の善意を引き出すことが出来ないと本当じゃないんだと思うのです。
 
これ、かなり難しいんですね。
 
人間関係の漢字を分析してみました。
 
「関係」という意味は国語的に言うと、交わりです。
 
「交わり」を数学的に言うと、掛け算です。
 
世の中に数字は0~10までですから、合計が10ということにしますね。
 
そう考えると人間関係は、自分のことばかり考えてると自分が10になります。
すると相手は0になるから、関係は10×0=0です。
 
相手のことも、ほんのちょっぴり考えると相手は1。
すると自分は9に減ります。
 
9×1は9です。
 
自分が7なら、相手は3ですから、7×3は21です。
 
自分と同じように相手のことを考えると、自分は5ですから、相手も5になります。
 
するとどうですか!
 
5×5は25という、一番大きな値が出ます。
 
自分が4では相手が6になるから4×6は24です。自分を卑下してもいかんのです。
 
これは謙虚さとは違うと思うのです。
謙虚さとは、自分と相手を同じように思えてしまう心の様相じゃないかと、、、
だから何事も自分と同じように考え、実践するのが、お互いにハッピーだと言えるんですね。
 
商売も同じ。
 
元請け会社の社長さん!
 
協力してくれている、下請けさんを同じように遇してあげないと一番大きな値は来ませんよ。
 
長~い眼で観ると、そう感じるんですね。
 
人生は宿命と言う名の大河に流れる運命と言う名の船頭なんだと思うのです。
 
つまり、前世からの結果が50%くらいの割合で生きてる間に現れて来る。
 
そして25%くらいは、育った環境です。
 
この前世からの結果と育った環境は今生きている自分には、どうすることも出来なかった「宿命」だと思うのです。
 
でも残り25%は自分で、自由に命を運んで行ける、つまり運命という人生の船を動かす船頭なんですよ。
何千年いや何万年の間に、何回生まれ変わるのかは知りませんが、そうやって、わずか25%の自由を謳歌しながら、次の世の種蒔きをしているとしか感じないんですね。
 
だから、大いなる「自業自得」なんですよ。
 
そう考えると今のあなたの処遇は、他人の所為(せい)じゃないんだよね。
 
何回も生まれ変わって来たあなた自身の種蒔きの所為なんです。
 
そこで、今週のメッセージは、
 
宿命を与えられたまま歩むと、それが恵まれた人生ならば有頂天となり、反対に恵まれざれば、嘆き悲しむ。
これは消極的人生観です。
それとは反対に能動的人生観は、宿命を出発点として、工夫と努力によって価値ある人生を築き、意義をあらしめることなんだと思うのです。
 
人生の意義目的は初めから定まっているものではなく、自分で人生を意義づけ、目的づけるべきだと思うのであります。
 
また、自覚しただけではいかんのです。
 
自覚だけでは意義づけたとは言えません。
 
意義ある人生を打ち立てることが出来なければ、宿命に甘んじなければなりません。
 
だから、より好ましい人生、意義、価値あらしめる積極的ならしめる能力こそ、人間に与えられた「自由」だと思えてなりません!
 
自覚と自由の二つの能力が具わっているんだから、
これらを行使して、あなたの人生の意義を見出だしてほしいのです。
 
 
およそ人は、調子が良い時には寄って来るものであり、着いて行くものであると思うのです。
それが人間の本性だと思うのです。
 
でも、そういう付き合いばかりだと侘しいものだと感じるんですね。
 
考え方として、こういう事もあります。
 
あなたの周囲の人達は、
あなたが調子良く行ってるから、ひょっとしたら寄って来てるだけかも知れんのです。
 
もう一つの人間の本性というのは、
あなたが上手く行っていない状況の時、いわゆる不遇の時に出るものなんやな。
 
不遇の時に、着いて来てくれている人、寄って来てくれている人が何人居るでしょうか?
 
あなたの「生き様」が素晴らしい世の中の人が感動するものであっても、世の中の人というのは、
調子の良い時しか、寄って来ないものだと自覚して、自分が納得出来る「生き様」を遺して行きませんか!
 
こういうことを、たまには振り返ってみることって、大事やと思うのです。
 
だからと言って、不遇な人に着いて行けと言うとるのじゃないんです。
 
順調、不調に関係なく、
「本心」「誠」から付き合ってくれる人が何人居るの?
と言うとるのです。
 
そういう人がほしいなら、先ずあなたから「本心」「誠」で付き合うことからしか、始まらんのです!
 
うち(エモーション)では、しょっちゅう社員全員に口酸っぱく言うとることの一つに、どれだけ皆で努力しても、報われる努力と報われない努力があるんだと。言うとります。
 
報われる為の秘訣は、
「運」を呼び「ツキ」を付けることが一番大事なんだと。言うとります。
 
その運命を左右するのが、社員一人一人の「日頃の心構え」なんだと。
言うとります。
 
だから、些細な事に敏感になり、注意をしてるんです。運が、ツキが、逃げないように社長として、
せないかんという責任感から言うようにしてるんです。
 
家族も会社も地域も国家も、それを構成する一人一人の「日頃の心構え」が誰一人欠けることなく、同じ方向に合意と納得して向けられているかどうかが、組織の運命を左右してしまうんだと。
口酸っぱく言うとります。
そして、
順調な時も不調な時も、
全ては「今」のためにあったこと。と本心から思えたら「覚悟」が出来るんだと。
言うとります。
 
この「人生を貫く覚悟」が実は、あなたの人生を楽にする原動力になるのです。
 
何が言いたいか。
 
あなたに人生を貫く覚悟が無ければ、あなたの人生は深い意味での楽にはならないと思うのです。
 
「人生は楽しむべし」と、
かの孔子が言うたと歴史は教えますが、人生を貫く覚悟が出来れば、その覚悟に従って人事を尽くすのみ。の心境で歩めるんですよ。
 
「人事を尽くして天命を待つ」じゃダメやと思うのです。
何故なら、自分で人事を尽くしてる「つもり」に陥ってしまう可能性が大だからです。
 
「人事を尽くすことが天命なり」の心境。が本当だと思うのです。
 
つべこべ言わず人事を尽くすだけ!なんです。
イヤらしく自分の損得を考えず、まごころを尽くせ!と言うとるのです。
 
そして更に心境が進み、
人生を貫く覚悟が出来た時、
「天命(覚悟)に従って人事を尽くすのみ。」の心境で歩めるから、
何が起きてもあたふたしないし、振り回されないし、内に秘めたる志に生きれるんです。
ほんまですよ。
(こういう心境は人生を貫く覚悟が出来ていない人には頭で何となく理解出来ても魂に落ちないんですね。まぁ仕方ないんですが。)
聖火の如く燃え続ける秘めたる志に生きようじゃないですか!
 
そういう状態の時に、
利害を超え、
好きという感情を超え、
志という「稀有な結び付き」の人生が歩めると信じているんです。
 
そなにようけは要りません。
 
志の結び付きが出来る人間関係で生涯歩みたいと思うとるんです。
「人生は1%か」というメッセージが浮かびました。
 
仕事も人間関係も本物は、今の世の中、わずか1%なんじゃないかなぁと思うのです。
(昔は10%くらいと言うとったんですが)
 
本物は、広まらないもの。何故なら、本物を見極める眼を持つ人が1%くらいじゃないかと思うからです。
大量に出回るから大衆品。
だから大衆品は大手の役目。
大衆品の多くは薄利だから薄利多売。
 
中小零細は高利適売(粗利が高く自社に相応しい量を販売する適正量という香川湧慈の独語です)を目指すのが善いと思うのです。
 
誰が数えたのかは知らんけど日本の人口約1億2千万人。
1%は120万人。これが本物だと考えてみる。
 
たぶん、いや絶対に死ぬまで掛かっても、この本物と思われる120万人とメシを一緒に食べることはないと思うのです。
 
そう考えると、一緒にメシ食べる人というのは縁深い人達だと思いませんか?
「個別にメシ食べる人」という意味です。
 
なのに、多くの人が今まで一緒にメシ食べた人達に思いを寄せないんでしょうか?
何故、忘れてしまうんでしょうか?
 
今年は未(ひつじ)年。
 
未年の意味は、自分にとって自社にとって本当に必要なものを見極め選び取って行く年なんです。
 
仕事もいくつもの業務をしていると思うんですが、
本当に必要なものを見極めていますか?
 
人間関係も誰と深く付き合って行きますか?
 
限られた時間を、どう使う一年にしますか?!
 
お金は使い方で人生が決まる。と先人達が言うてますが、あなたは何に使いますか?!
 
お金は貯めるより使う方が貯まるようです。
 
何故か?
 
収入の中から貯める訳ですが、いくら貯めても収入が増えることにはなりません。
 
収入を投資しないと収入は増えないように思うのです。
 
株や相場は投資ではなく、投機(一種の博打)だと思うのです。
 
投機で何千万稼いでも本当に充実出来るんだろうかと思うのです。
 
投資すべきは自己への投資。無形資産を増やしてほしいのです。
 
無形とは字の通り形の無いものということ。
 
つまり、
 
あなたの視野を広げる為、
あなたの教養を身に付ける為、
 
あなたの技術を磨く為、
 
人とのつながりを継続発展させる為にお金を使うんです。
 
人生は出会いと可能性と思うのです。
 
今年未年は、あなたの大事で大切な1%を見極め、
出会いと可能性にお金と時間と心を使う!と決意してはどうですか!
 
少なくとも四十過ぎてたら有形資産(物質的資産)は、最低限でいいんじゃないでしょうか。
 
四十までは「欲しい、欲しい」という求める人生でも、しかし人生の折り返し地点とも言える四十過ぎたら無形資産を増やす方が、
人生楽しめるように思うのです。