「運に選ばれる」思考と行動をしているんやろうか?と自分を振り返ってみて下さいよ。
 
「運を呼ぶ」もんじゃないと感じるんです。
 
「呼ぶ」とは自分の何か作為が加わる気がするんです。
自分から小賢しいテクニックを使うんじゃなく、運の方から自分を選んでくれているように感じるんです。
運が自分を選んでくれるような日頃の考え方や言動をしているか?どうかを、
ように内観してみたら、
ええと思うんです。
 
よく昔から「七転び八起き」と言われますが、ように、この言葉を観て下さい。
 
ハッ!としたんです。
 
人間は最初はちゃんと立ってるんやな、と。
 
転ぶというのは、立っているから、次に転ぶんですよ。物理的に考えると。
 
どんな人でも、産まれて来た時、本来は自立して来てるんじゃないか。
身体は未熟でも心は自立してるんじゃないか、と。
 
それを、自我で行動するのが人間やから、誤って転ぶんやなぁ、と。
 
転んで痛い目したら、少しは心も穏やかになり、自己反省し、気付く人だけが、運に好かれる考え方と行動をするようになって、また立ち上がれる。
 
こんな図式じゃないんかなぁ、と。
 
でも、喉元過ぎれば熱さ忘れる、で、また我欲で転ぶ。
 
学習能力を付けた人は、
同じ過ちはしないもの。
 
チャレンジして違うことで転ぶんです。
 
だから、違う事で大いに転んで、また立ち上がり。
 
これが出来る人が七転び八起きを可能にする人かと。
ようおるでしょ?!
 
同じ過ちを繰り返す人。
 
これじゃあ、七転び八起きは出来へんのじゃないか、と。
 
よう転んどる人へ。
 
頼むけん、違う転び方をしてくれよ。
 
その積み重ねが、あなたの心の幅を拡げ、人生の奥行きを深める材料に成るんじゃないかなぁ。と思う訳です。
 
人生、ホームドラマより、大河ドラマの方が、あなたの奥底の心は、喜ぶと思うんだけどねぇ。
 
一生一回や。
 
波乱万丈、大河ドラマで行きましょう!
 
まぁ、身近な思考習慣で例えると、あぁ、この話4年半前に中学一年生170人にしたんだけどね。
 
例えばAさんは、借金1000万あった。一年後に、何とか借金100万にした。
 
Bさんは、貯金1000万あった。一年後に全部使い果たして、借金100万抱えてしまった。
 
このAさんとBさん、同じマイナス100万や。
 
じゃあその時点での気持ちは、二人は同じかなぁ?と。
 
Aさんは、もうヤル気満々やわなぁ。後もうちょっとで、借金完済や!よっしゃあっ!ってね。
 
でもBさんは、うわぁどうしょう。貯金1000万あったのにぃ、借金まで抱えてしもうたぁ~。
 
同じマイナス100万には変わりないのにね。
 
気持ちは雲泥の差や。
 
ワシは、いっつもAさんのような心境なんよなぁ。
 
銭要らんのよ。
 
気持ちの持ちようには。
 
考え方変えるのに法律で銭が必要です。ってなこと無いでしょ。
 
如何なる状況になっても、絶対に「参った!」と言うてはいかんのです。
 
自分から、もう参りました。諦めました。となったら、そろそろ運を付けてやろうか、と神さんが応援態勢に入ってくれてるかも知れんのやから。
 
自分から、参ったと言う人には、神さんでも応援の仕様がないんやから、絶対に自分から「参った」と言うたら、いかんで。
 
耐えるんよ。ココぞ!というタイミングが来るまで。
ちなみに、うちの事例で例えるなら、うちはルイボスティーのメーカーです。
 
健康意識の高い、料理するのが好きな(お茶くらい毎日煮出すのが当たり前の)奥さん方を沢山持っている小売店に扱ってほしいのは山々ですが、既に他社のルイボスティーを扱ってたら、じっと耐えてチャンスを窺ってるんです。
 
20数年、理念に従った質を貫いて商いしていると、そうでない他社は自ら消えて行きよるんですよ。
 
そしたら、質の良いルイボスティーを、こちらの望むような小売店さんが、うちを探しよるんです。
 
当(まさ)に、運の方から来てくれる感じになります。
 
質を貫く者同士、巡り合わせてくれる感ありです。
 
毎日の仕事は極めて地味なことの繰り返しをワシはやってます。
 
準備をじっくりするんです。手を抜かずに。執念深く淡々と、やるべき準備を。
耐えないかんわ。
 
顕微鏡の如く緻密な毎日の業務が、来たるチャンスを掴むのよ。
 
我慢はせんでええけど、
忍耐せえ!
 
そして気持ちは
 
「心は、いつもベストコンディション」で。
 
負けたら、負けたらいかんぜよ~っ!
 
 
 
 
 
多くの社長が言うてます。
「全社一丸体制」と。
 
どういう真相心理で、この言葉を言うてるのか?が、問題なんです。
 
社長の為の全社一丸じゃ、いかんのです。
 
社員は社長の野心の片棒を担いでるんじゃないんだから。
 
全ての「社員」の成長、会社の発展の為の全社一丸でないと。
 
そこに「統一ある発展」が生じて来るんです。
 
社員研修に時間とお金を掛けている会社も多いけど、「業務をちゃんとやってもらいたい」だけの気持ちで社員研修をやってる会社が多いように感じます。
 
社員に人生の視野を拡げてほしいという願い。
 
教養を身に付けてほしいという願い。
 
仕事の技術を磨き続けてほしいという願い。
 
そういう社長の心底からの念(おも)いを持っていて、実行している人が、単なる社長ではなく、経営者なんです。
 
また、社長自身が「ええ格好しい」の人が多いのも、残念に思う。
 
自分が「ええ目」したいんなら社員にも人並みの「ええ目」させてやらんと、信頼なんて持たれるはずがないのに。
 
だから、せっかくええ素質持っとる社員が辞めるのよ。
 
身に覚えのある社長!
 
「そこ」なんやで。
 
また、そういう社長に多いのが、勉強嫌いなんよなぁ。
 
自分の仕事に直結するようなことでもない限り、勉強に銭使わんのよなぁ。
 
ケチ臭いそろばん弾く癖が付いてるんよなぁ。
 
そういうのを「風(ふ)が悪い」と言うのです。
 
一応、社長やっとんなら、風が悪いことせんとってよなぁ。
 
社員が、或いは自身の家族がガッカリするでぇ。
 
身に覚えのある社長さん!
改めて下さい、ほんまに。
仕事に直結しないと思われる勉強を継続していると、ヒントが生まれたり、人脈を作るキッカケが出来たりするもんなんです。
 
自分を含め、身近な少数の友人達の行動を観察しててそう確信出来るんです。
 
そして、もう一つ。
 
過去に自社の経営の指針書を作ったことがあるんなら、何で、その経営指針書を常にチェックして、指針書に近付いているかどうかを検証せんのかなぁ?
 
最良のコンサルタントは、自分がトコトン掘り下げた経営指針書なのに。
 
それを疎かにしてる心境がワシは考えられんと言うか、信じられんわなぁ。
 
常に現在の状況が指針書から外れてないか、進んでいるか、自己チェックせな。
また、仕事とは違う勉強に興味を抱いて、時間とお金を使わな。
 
人脈を作るキッカケ作りに動かな。
 
いかんのじゃないの?
 
と「誰かさん」を見てて思った一週間でした。
 
あなたの会社は働く人から選ばれる会社でしょうか?
自社の欲するお客さんに、選ばれる会社であり、働く人から選ばれる会社でなかったら、いかんのじゃないでしょうか。
 
社長の立場にある人達へ、あなたは、働いてくれている人達に敬意を持っていますか?
 
社員に感謝している社長は多いと思うんだけど、敬意を持っている人は少ないんじゃないかと。
 
ワシは、うちの皆一人一人に敬意を持っとります。
 
何故か。
皆、自分の役割を認識し、自覚し、合意と納得の下、責任感持って仕事に従事しとるし、会社の考えに共感して自分なりに精一杯役割を果たそうと取り組んでおると感じてるからなんです。
それで以て、社員一人一人が他の社員一人一人の役割を認めておるんです。
 
自分の役割は他の人には向いてないなぁ、けど他の人の役割は、自分には向いてないなぁ。と「適材適所」が皆に認識されているということなんですエモーションは。
 
当(まさ)に、公転と自転なんです。
 
公転つまり、会社の考え・方針を理解納得して仕事に従事しつつ、自転つまり、自分で考え自主的に仕事に従事している。ということなんです。
 
ワシの勉強によると銀河系宇宙で太陽の周りを廻っている、つまり公転しているのは地球と月だけ。
 
地球は公転(太陽の軌道に沿って)しながら、自分でも廻っているんです。
 
つまり自転しているんです。
月には、その自転が無い。
何が言いたいか!
 
公転しながら、自転している所に生物は宿るということを、ちゃぁんと地球が教えてくれとるんですよ。
 
つまり生命が躍動する条件は、公転と自転の同時進行なんやと思う訳です。
 
社長は会社の理想像を語り、経営を語り、人間としての充実した生き方を語り、社員一人一人の魂を「より崇高」なものに導いて行く存在でないと、自分も充実せんと思うんよね。
 
社長という存在は、社員の主人(生活保障)であり、
ある意味、師匠であり、親を兼ね備えている人間でないと、社員が輝けないと思うんです。
 
「主・師・親」を胆に銘ずべし!ですね。
 
家庭でも、あらゆる組織でも同んじやと思います。
 
家庭に於ける親は、会社の社長と同じで、会社の社長は家庭の親と同じ役割。
 
これ、分かりますか?!
 
家庭の親はサラリーマンであっても、社長なんです。
子供に、人間の在るべき姿を語れないと「真の親」に成らんのです。
 
例えば受験の時期に、よく耳にする親の会話。
 
「子供の好きなようにさせてやりたいんです。」
 
この言葉は、親の無責任から来とる場合が多いんです。
未成年には、その子の特性を見抜いて、その子が将来充実するであろう、伸びるであろう「導き」が出来な、いかん。ということが分かっていない親の無知、放棄の言葉じゃないかと昔から思うて来ました。
 
親自身が不勉強ゆえ、よう導いてやることが出来ない。
自分の生き方も語れない。という証拠です。
 
「お父さん(お母さん)は、お前を子供の頃から観ていて、お前の特性を伸ばすんやったら、こういう方向がええのじゃないかと思うけどなぁ。理由は、こうこうこうや。まぁ、自分でように考えてみ。」
くらいは言えないかんでしょう。
 
うち(エモーション)のような規模の小さな会社は、
先週メッセージした「いい意味のワンマン」がリーダーシップを発揮するんですが、規模が大きくなると、ワンマンは通らないと思うんです。
 
自分(自社)の体質に合った経営をせないかんと思うのです。
 
特に、規模が大きくなって来ると維持発展せないかんという焦りにも似た感情に左右され、自社本来の大義を見失い、新規事業と称して、やらなくてもいい事業に手を出す愚に陥らんようにせなね。
 
昔、松下幸之助翁の書籍に、幸之助翁自身が述べています。
 
「最初は、ワンマンでないとあかん。それが上手く行くもんや。けど、社員が何千人、何万人になった時、拝むしかないんやぁ。」
 
なるほど、と頷きました。
拝む心境です。
想像出来るでしょ。
 
社員(従業員でなく、会社の一員やから、社員なんです。雇用形態に関係なく、パートタイムの人も会社の一員です。単に業に従事するだけの人と思うから、安易に従業員と呼んでしまっているんやと違いますか。だから社員と呼んでほしいのです。)
の、顔も分からない規模の人数になると、もう、拝む心境になるわなぁ。
 
何千人とは言わんけど、
百人規模の社員が所属する社長の人達に言いたい。
 
社員に、拝んどりますか!
天下の松下幸之助翁が言うとる心境です。
 
そして最後に「責任追求」はしたら、いかんでぇ!
「原因追求」せな。
 
何かミスを発見した。
 
「誰がやったんやぁっ!」と叫んだら、一般的には
「私がやりました。」は、
あんまり無いように思います。
 
うちは、こうなんです。
 
「何で、こなんなったんやぁ!」と叫びます。
 
と、社員から「これやろぅか?」「あれちゃうかなぁ?」と問題解決の策が出て来よるんですね。
 
皆さん、家庭教育にも言えまっせ。
 
誰がやったんやぁ!でなく、何で、こなんなったんやぁ!と、責任追求でなく、原因追求を。
 
原因を追求せな、また同んなじ失敗しますよ。
 
指揮ができても統帥ができないリーダーという立場の人が多いと思うのです。
 
指揮とは目的に沿った業務の指示が出来ること。
 
がしかし、統帥とは、
 
「社長が居るだけで社員の心がまとまるということ」
 
「尊敬仰慕されていること」
 
「社長に先を見通す能力があるということ。つまり、戦略的行動に強いということ」だと思うんです。
 
尊敬だけではいかんのです。
 
尊敬は得てして近寄りがたい傾向があります。
 
尊敬されて尚且つ慕われている存在でないと、いかんのです。
 
尊敬され尚且つ慕われているから、社長の「いい意味でのワンマン」がリーダーシップと成るのです。
 
片手に情、片手にそろばんが大切。
 
愛情と戦略的行動が伴っているということなんよね。
だから、皆が納得して従ってくれるんです。
 
単に利益を出すのが上手なだけじゃ、皆は心から従うことはないと思うんです。
戦略的行動に強いとは、
まぁ20年くらい先の自社の姿(理想像)をイメージして、その実現の為の手を打ち続けるということやと思うのです。
 
手を打ち続けるには、社長という人種は、統帥が出来ること。時代を読み現在の準備を怠らないこと。
反対意見をも自分のものにする謙虚さ。
自分の考えを疑い、納得ゆくまで掘り下げること。
 
ワシの持論は「シンプルであること」「独自性があること」「深みが感じられること」なんです。
 
独立自営の道を歩んで27年になるけど、つくづくそう思うんです。
 
様々な上に立つ人達を観察してて感じることは「指揮が出来ても統帥が出来ない」上に立つ人が多いんですよ。
 
指揮命令をしている立場にあるあなた!
 
部下から尊敬され慕われてますか?
 
尊敬は、ある意味簡単なんです。卓越した機能があれば部下は「すごい!」と尊敬しよる。
 
しかし、仰慕。仰ぎ慕われる。のは、あなたに人間的魅力が備わってないと、
成し得ない。
 
どうやったら、仰慕を得られるか?それは指紋が皆違うように、微妙に皆異なると思うんです。
それは自分で考えなはれ!
子育てしてる人も、上に立つ人種ですよ。そこの奥さん!そしてお父さん!
 
思うに共通するものは自分の心が「温かく、包容する」心境に成っている状態だと思うんです。
 
自分の考えは本当に間違いないのか、という謙虚さが要るんです。
 
商売人で、勉強することが嫌いな人は、目先の儲け話に乗るな!と耳では聞いとるはずやのに、一貫性のない商売に走る人も、ちょこちょこ見掛けます。
 
商売してない人も、投機やギャンブルに走ったらいかんと思うわなぁ。
 
そういう人は、自分の確固たる理想像が無いのと、
社員の人間性や将来のことに愛情が乏しいから、そういうこと(他事ホカゴト)に興味が湧くんだろうねぇ。
 
自分の仕事に恋するくらいの心境でやれば他事には関心は行かないと思うんだけどね。
 
ワシは以前うちの社員に「仕事を自分のものにするということ」と題して、A4一枚に綴って話たことがあります。
 
今も会社のメインテーブルに挟んで読めるようにしてます。
 
仕事に恋する。と説明しました。
 
どういうことか。
 
人間誰しも恋してると、
別に誰に頼まれた訳でないのに四六時中その恋の相手のことが気になるもの。
 
そして、その人が喜ぶことをいつも考え「ああしてあげようか」「こうしてあげようか」と、よく気が利くものなのに、仕事になると、気が利く人が少ないように思うんです。
 
おるでしょ?
 
気が利く人と、気が利かない人。
 
気が利かないのは、その人に対しての愛情、自分の仕事に対しての愛情が乏しいんやと思うんです。
 
どこかで「こんなもんでいいか」と思ってしまったり、「より深く細部まで」考え抜くことに想いが行かないんだと感じます。
 
または、その「事」に疎いというか鈍だとも言えます。
仕事に関してですが、気が利かない人を観てて、自分の利益しか頭に無い人なんやろうなぁ、と感じてしまいます。
 
自分は、そんなつもりじゃないんだけど、周囲をそこまで大切に想ってないのかも知れません。
 
こういう人を「自分勝手な人」と呼ばれるんです。
 
会社に於いて、同僚や上司や部下に愛情を感じてれば、気が利くもんやけどなぁ、と。
 
仕事に於いて恋する感覚で出来たなら、あらゆる業務に「あれしてあげたらええな」とか「これしてあげたらええな」という感情が湧くんだけどねぇ。
 
そう思いませんか。