今週、突然県外に本店がある銀行員が来社された。
 
聞けば、うちのルイボスティーを飲んでいるので、近くに来たので、社長に会って話しを聞きたいとのことでした。
 
ワシが外出してたので、
会社から電話が掛かり、
顧客台帳見たら、一年くらい前からずっと買ってくれているお客さんだと社員が言うから、宇多津グランドホテルのラウンジで珈琲飲みながら話ししましょうと言うてホテルラウンジまで来てもらって、と社員に伝えた。
 
中々精悍な青年で、頭の回転も良く、人柄も「いい感じ」。
 
ワシの話しに感動したらしく「香川社長のような考えと経営方針や社員待遇をやってる人は初めてです。
素晴らしい。いやぁ、僕もエモーションの社員になりたいくらいです。」って感想を言うてました。
 
でワシは「そう感じる○○君の心の傾向性と感性が素晴らしいのよ。
自分、中々ええ男やなぁ。」と言いました。
 
最近、とろくさい銀行員が多い中、久々に感じのいい青年に会った感あり、でした。
 
ワシは性格上、初対面の人にも、純粋に本音(普通そこまで人に言わんやろうという事まで平気で言うから)で、本氣で信念を語るんです。
 
天から授かった時間がもったいないし、せっかく天が巡り逢わせてくれてるんだから、最初から本音、本氣、純粋で接するんです。
 
自然体で気持ちええもんですよ、皆さん。
 
先に自分の失敗談や恥ずかしいことも言うんですよ。
で、併せて自分の信念を語るんです。
 
縁が深いかなぁ、と感じる人とは意気投合しますね。ホンマに。
 
皆さん、自分の恥ずかしいことや信念も他人に語れないようじゃ、いつまで経っても中々、目に見えない縁深い人とは巡り合わせてくれないんじゃないかなぁと何となく思うんです。
 
 
で、この出会いが、うちの新たな取り組みの構想を練ってたので、それ話したら、取り組み先になりそうな会社を紹介したい。ってことになったという訳です。
 
たぶん本音で本氣で純粋に語って無かったら、相手も「その氣」になってなかったでしょうねぇ、後で思ったら。
 
皆さんの中に、社交辞令ばっかりの付き合いを、もししてるなら、少しずつさらけ出しませんか?
 
自分の内面を。
 
初対面から本音、本氣、純粋、信念で接してみるチャレンジを、してみてはどうですか?
 
と投げ掛けますね。
 
あ、せっかくなので「うちの新たな取り組み構想」を簡単に言うときます。
 
うちの得意特性強みを活かしたものです。
 
一言で言えば、物販やってる会社の方へ。
 
「あなたも商品として他社に無いオリジナル健康茶のメーカーになりませんか。面白いですよ。原料調達から製品化までエモーションが実施します。」という企画です。
 
メーカーになれば原価率がかなり低く、粗利益率高く行けるので、自社で、ネーミング、価格設定、販売スキームを考える面白さがあるよ。と言うことです。
 
自社ブランドを持って、
自社の大切なお客さんに紹介したり、健康茶なので、この商品で開拓したお客さんを本業の顧客になってもらうことも可能性は拡がるわな。
 
何業をやってる会社でもええのです。
 
あなたの本業のお客さんは人間だから、人間は皆何かの飲み物を飲みますから。
あなたの「信用」さえあれば、信頼関係の輪を拡げながら、愛用者を積み重ねて行くことが出来るんですね。
正に「額の経営」です。
 
額とは、お「客」を「頁(ページ)」にすることなんです。
リピーターという名の友を創ってゆくと面白いんですよ。ホンマに。
 
興味ある方、連絡ちょうだいね。という営業を含めた今週のメッセージでした。
 
 
「時間は有限」
 
なんだから、自分の人生に最も有益なものから順番に「学びの時間」を使わんと、いかんと思うのです。
 
なのに、色んな人達を見てて、自分の人生に最も有益なものを学ぼうとしてるんやろうか?と感じることが、ようあります。
 
たぶん、そういう観点で、自分の時間を捉えてないんだと感じます。
 
「籠(カゴ)に乗る人、担(カツ)ぐ人。そのまた草鞋(ワラジ)を作る人。」と昔から言われているけど、
 
この意味は、籠に乗る人が偉いんじゃなく、人それぞれに持って生まれた役割があるんです。
 
その役割を心底自覚出来た人だけが、真の経営戦略や人生戦略が生まれて来るんだと思う訳です。とワシは声を大にして言うとるのです。
 
自分の持って生まれた特性、役割を素直な感性で見つめてみる。
 
自社の体質に合った経営戦略を打ち立てることが時間を有効にします。
 
個人でも、自分の将来に有効だと思えることに時間を優先し、学びに時間を割いたらええのです。
 
ワシは独立を志した31年前に、商売の戦略を立てました。
 
自分がやろうとする商売に対して、
 
将来性が感じられるか?
社会性が感じられるか?
収益性はどうか?
市場性はあるか?
消耗品であるか?つまり、リピート性が高いか?
小資本で出来るか?
終身現役で出来るか?
仕事の価値観を感じられるか?
 
この8項目です。
 
そして人生曲線を描きました。
20年スパンで考えました。
基盤作り、成長期、安定期、衰退期のサイクルと考えました。
 
起業したのが26歳。
 
26歳~46歳の20年間地べたを這いながら基盤を作る。
 
46歳~66歳の20年間成長期。
 
66歳~86歳の20年間安定期。
 
86歳からは衰退期。
 
ルイボスティーで20年掛けて全国に「個客」を作りながら、お客さんとの信頼関係構築に全身全霊懸ける。
 
そして、そこへ異商品を。
同市場に異商品で客単価を稼ぎ、その成果を異市場に持って行く。
 
「シンプルに独自性を生み出し、深みが感じられる」仕事の実践。
 
まさに、商売の戦略が、
生き方の戦略と同じなんです。
 
皆さん、一気にお客を取ろうとしてませんか?
 
一気にお客にしてしまうと中々、信頼関係構築は出来ないと思うのです。
 
また、経営戦略というのは必ずと言っていい程、社長の性格が反映されます。
 
社長自身の性格が、かなり戦略に影響するもんなんです。
 
会社は社員が失敗しても、潰れることは、そうは無いと思いますが、社長が下手打つと潰れるものやと思うのです。
 
確り根っこを張った戦略を打ち立てないと、仕事やってて面白くないと思うんだよね。
 
自分の生き方の戦略を立てた方が時間を有意義に使えると思うんだよね。
 
こういうことを機会あるごとに、よう言うんだけど、人生曲線を考えたことすら無い人の多いこと。
 
「常に、考える」
 
この習慣に尽きます!
 
先ずは、自分が日頃からやってる、あらゆる事(特に業務を)に顕微鏡の眼を持ち「あれ、何でこうしてるんやろ?」と常に考える習慣を持ってほしいと思うのです。
 
そして、望遠鏡の眼も併せて持つことやね。
 
人生は足下、目の前の事に「顕微鏡の眼」と、将来への「望遠鏡の眼」この二つなんよね。 
「遅咲き」
 
この言葉がワシは好きなんです。
 
二十代前半から、この言葉に何となくカッコ良さを感じていました。
 
皆さん、人生死ぬまで勝負です。
 
人生、勝負は後半にあり!ですよ。
 
人生の後半を充実したものにする為の「ものの考え方」「捉え方」「習慣」「生き様」を持って下さい。
 
誰もが人生の大半を「職場」という場所で、時間を共にする訳です。
 
主婦は会社勤めしてなくても自分の職場が家庭にあるはず。又はパート社員として勤めている主婦なら時間は短くとも職場がある。
一人で自営している人も、自分の職場があるはず。
 
では、その「職場」での周囲とのコミュニケーションが実は「お金」より大事で大切なんです。
 
お金は人間で例えると、
血液です。
 
いざと言う時は輸血で命をつなぐことが出来ますし、血液は循環しているから、健康を保てます。
 
血液の流れが悪くなると、病になります。
 
つまり、血液=お金は、
循環していることが健康を保てるんです。
 
その循環が社員や得意先に良好に流れていることが大事。
 
コミュニケーションは人間に例えると「息」です。
 
息は5分止められると死にます。どんな人も。
 
だから、血液より息が大事なんです。死んだら元も子もないからね。
 
会社、職場で言うなら、
お金より社内コミュニケーションを充実させろ!と言うとるんです。
 
ただ、いわゆる井戸端会議的なコミュニケーションを、否定はせんけどやはり、人生の大半を共に歩む職場なんやから、経営課題についてや、生き方や、あるべき姿の、社員それぞれのコミュニケーションが出来ている風土が望ましいと思うんです。
 
ケジメは氣を締める
「氣(け)締め」です。
 
経営課題の話題や生き方の話題と、いわゆる井戸端会議的な話題のバランスが職場には大切という思想哲学でワシは経営をしています。
 
うちは社員みんな仲がいいし、コミュニケーションも自然体だし、仕事はちゃんと「役割分担の自覚」と、
「相互協力」が出来ていると感じます。
 
ただ、帳簿類の確認の仕方が「観察」になってない傾向がある。
 
丁寧な仕事とは「一つ一つ顕微鏡のような確認」が身に付いていることなんです!眺めていてはダメ。
観察の「観る」なんですね。
コミュニケーションについては、もうちょい崇高な精神を養う話題をしてほしいと願ってはいるんやけどね。(笑)
 
でも命令ではいかんのよ。
自主的に、そういう心境になってくれんと。
 
皆さん方の会社、職場ではどうですか?
 
役割分担の自覚と相互協力が社員みんなに身に付いてますか?
 
全身全霊懸けて理想の風土を作り続けな、いつまで経っても、身に付かないと思うのです。
 
10年20年掛かっても、ええじゃないですか。
 
人生勝負は後半にあり!
なんですから。
 
うちは「人生バランス」を常に根底に置いているから、社員の業務量が過多にならないよう、アウトソーシングすべき業務と、すべきでない業務を社員との理解納得の下、実施して来ました。
 
あなたの会社が、そういう雰囲気になっていないとしたら、業務量過多になってるんとちゃうかい?
 
「銭を追うな!コミュニケーションを大切に。」です。
規模を大きくするから、
必然的に業務量過多になり、社員の心と身体が疲弊するんです。
規模を大きくするんやったら、余裕ある人員にせな。
皆さんの会社でも理解納得を深めるコミュニケーションに励んでほしいと願うものです。
 
あぁ、言うとくけど、社員の機嫌を取るようなことじゃ信頼関係は深まりませんよ。
 
テクニックだけではいけません。
 
テクニックは大事ですが、愛情が無ければ、本音の行動が無ければ、伝わらないと思うのです。
 
社員の給料や待遇改善だけでは「本質的な信頼関係」は出来ません!
 
「あぁ、この人は、自分の人生のことを本当に大事に思ってくれている。」
 
「愛情で接してくれている。」と感じた時人は、
「この人に付いて行きたい」と思えるものであり、厳しさの伴った優しさを感じ、信頼関係が出来てゆくんだと思うのです。
 
整えるべきは、ハード面の環境とソフト面の環境の両輪です。
 
その「相互の信頼関係」が、全ての前提条件になるのよほんまに。
 
深い信頼関係が構築されていないのに社員教育は成り立ちません。
 
社長の思想哲学で、仕事の流儀を愛情注いで教え育んで行くことが実は、社長自身も成長させてくれる「共育」につながると思うのです。
それを、お客さんとの信頼関係構築まで持って行く工夫と努力。
 
心が疲弊しないように社内環境を、人間の本質的な所に焦点を当て、取り組んでほしいと世の中に訴えたいのです。
 
そういうことが、あなたの人生「死ぬまで勝負するところ」じゃないの?!
 
と言いたい訳です。
 
 
「目標設定」
 
高いとか低いとかは、自分が決めることやけど、満足なんて有り得んと思うから、死ぬまで向上心を持って納得ゆく人生を歩むことが目標設定じゃないかと感じるんです。
 
ワシの持論というか好みは、自分が「気分良く目標を達成」したいだけなんです。
 
分かりやすく例えると、
ゴマをすりすりしながら、神経参らせながら目標数字を達成しようとは思ってないんです。
 
戦術として「ゴマすりすり」はOKなんです。
 
神経参らないから。
 
戦術やからね。
 
また、低い目標設定で満足というか納得もしたくないんです。
 
高い目標に向かって苦労している人達の方が、素晴らしいと思うんです。
 
目標には、様々の要素が在ります。
 
単に数値だけではありません。
 
心の健康、身体の健康、
経済の健康、家庭の健康、社内の健康、得意先(お客さん)との健康。
こういった全てのバランス。
 
まぁ、皆さんに分かりやすく言うと、ワシは、現在の社員数で倍儲けるには、
どこを?
どれを?何を新たに?を
いつも考えてるんです。
 
まぁ数値で言うと社員一人当たり年間2000万円。パート社員年間200万円の粗利益(売上-仕入&外注費)を継続的に獲得し続ける。のが数値目標なんです。
 
最初に言った「気分良く」を貫きながら、です。
 
これ、中々めんどいんです。
 
例えば50人の社員が居てパート社員100人の会社なら、年間粗利益は50人×2000万=10億。
パート社員100人×200万=2億。合計12億円になります。
 
売上-仕入(材料費&外注費)=粗利益。
 
皆さん方の会社規模で考えてみて下さい。
 
5人なら、1億円の粗利益よ。
 
これ継続的に生み出していたら、めっちゃ〓〓ワクワクして来るやろ!
 
大抵の事は、してやれるで。
 
しかも「気分良く」が前提やからね。
 
長時間労働で休みも少ない、得意先には神経磨り減らさないかん。
 
これで数値目標達成したって、理念の達成には程遠いでぇ。
 
会社は理念を達成する為に存在するもんやと思うから、理念は先に述べた、心、身体、経済、家庭、社内、得意先、末端のお客さん、全部包括するもんで無いと、理念やないでぇ。
 
その理念を達成する為に、事業っちゅうもんがあるんやでぇ。
 
だから、このバランスを保つ為に、事業は適正規模を確立せな、何かが崩れるでぇ。
 
だから、ワシは昔から言うとるんです。
 
明記しとるんです。
 
事業の目的は適正規模の確立。
 
経営の目的は理念の実現。と。
 
皆さんの会社は、家庭は、適正を確立してますか?!
バランス崩れるのは発展の為の路線ですが、崩れ放しは、いかんでぇ。
 
常に、中心を意識せな。
 
迷っちゃうでぇ。
 
悩むんは、成長の為やけど、迷たらいかんでぇ。
 
迷わない秘訣教えるでぇ。
自分の人生のグランドデザインを確り描くことです。
これ確立したら、迷わへんでぇ。
 
生きる方針が一貫するし、
行動が持続するし(忍耐力)、
 
他人の言動に素直に耳を傾けながら、振り廻されなくなります。
 
そう成りたいやろう。
 
だったら、先ず理想実現の為に、忍耐。
 
次に、高い目標設定することやね。
 
で、窮したら、自分の内面を変化せな「〓いつまで経っても、バカな私ねぇ~〓」やで。
 
窮すれば、自ら変化する。
自ら変化するから、やがて通じて行くんです。
 
窮すれば通ず。じゃないんです。
 
窮したら、変化せんかい!
そしたら通じて行くと先哲が教えとりますから。
 
損して得取れ。と違うんや。
損して、人間としての「徳」取れ。なんよ、ワシは。
 
皆さん、そこを天から問われとると思うて下さいね。