会社を経営する人が、国家意識の欠片も無い人には、永遠の充実感は生まれない。と感じます。
 
国家意識とは、自分なりの国家観を持って、自分なりに世の中のお役に立とうとしている精神と行動をしていて、お金という概念だけで生きない。ということなんです。
 
どんな小さな会社にも出来得る社会貢献は、縁あって来ている社員全員に、人格教育ができる環境を提供することなんです。
 
これならどんな規模の会社でも、出来るはずなんです。
 
社長にその想いさえあれば。
人は自分の人生を有意義に歩みたいと思っているはず。
 
なら、寿命までに様々な問題事が起こりますが、その問題事を自分で克服出来る人間になってなかったら、いかんでしょうが。
と言うとるんです。
 
あらゆる問題事を、自分で克服出来る人間に成る為には人格教育が、とても大事なんです。
 
こういう感覚の無い社長が、ものすごく多いんじゃないでしょうか。
 
誠実じゃないんですよ、
そういう人達は。
 
自分個人の銭儲けしか、
考えてない人種なんです。
まぁ業種と業態にもよると思うけど、出来たら全社員を正社員主義、残業一切なし。で会社経営してほしいんです。人格教育を植え付けようとするなら、ね。
 
うちは正社員主義(元正社員で後に本人都合でパート社員は一人居ますが)で、かつノー残業の会社です。
そのように整えようと最初から経営者であるワシが思ったからです。
 
社長に、誠実さ、勤勉さ、人間としての温かさが無ければ、そこに集う社員全員が愚か者になってしまうんです。
 
「世の中は悪によって滅びず。愚によって滅ぶ。」
なんです。
 
社長と呼ばれる人達の中で、自分の欲望のみに生きとるとしか思えへん人達が、やっぱり多いと感じるんです。
 
外見ばかり気にして、社員に対しても、勉強に対しても、本心から関わらない、関われない社長と呼ばれる人達の多いこと。
 
そういう人を「愚か者」と言うんです。
 
だから自分の所属する日本国家に対して、何か自分に出来ることで、お役に立ちたい。という概念すら無いんだろうね。
 
誰でも国家意識さえあれば、
誠実な仕事をするんですよ。
 
丁寧な仕事をするんですよ。
 
社員全員に心温かく成れるんですよ。
 
どうせ、いつか死ぬのに、死んで「あの世」とやらに持って行けるものは「人格」と「教養」だけなんやと思うんやけど、そういう感覚が無い人が、すごく多いと感じてしまいます。
 
「人格」と「教養」しか「本当の自分のもの」に成らないと信念持って言えるから、「人間の真の充実とは何ぞや!」に想いを馳せて来ましたワシは。
 
そういうことが人間としての一生を通じて大切な仕事だという認識に至ってほしいと願うものです。
 
社長の皆さん!
 
相手の心を読める苦労人、参ったと言わぬ器量人。に成らんとね。
 
そしたら社長から経営者に成るんだよね。
 
 
「より充実を目指す」
これに挑戦することが人間の本筋であり、王道じゃないかというインスピレーションが浮かびました。
 
銭儲けせんと事業は成り立たんし、事業が成り立たないと、人も育てられんのです。
 
つまり「金無かりせば、
事業成り立たず。事業無かりせば、人育たず。」なんです。
また「人育たねば、事業成り立たず。事業成り立たねば、金儲からず。」なんよね。
が、事業のことだけで留まっている社長が多いように思うんです。
 
「育てる」とはどういうことか知っとりますか?!
 
「素(そ)を立てる」というのが、育てるの語源なんです。
つまり、その人、その人なりの、人間としての素質を育んでやるんです。
 
銭儲けも、そこそこ出来てる。
事業も、まぁまぁやれてる。
それだけで、ええんですか!とワシは言うとるんです。
事業の為の「人育て」に終わっては、つまらんと言うとるんです。
 
あんたは飽く無き銭儲けだけに、これからも突き進むんですか?
 
社員には給料さえやっとったらええんですか?という、もう一人の自分の声が聞こえへんの?と言うとるんです。
 
欲望の満足感を求めるんじゃなく、納得の行く人生を歩むこと。その納得度の質を高めることに挑戦する日常を歩まな、いかんと思うんです。
 
自分と社員全員の心の幅を広め、崇高な精神を養い、高め、奥を深める。
 
そう考えると、まだまだ、やらないかんことが、ようけあります。
 
経済活動しながら人格教育をするのが「経営」なんです。
社員達に「人格向上」できる環境を作っているか?
 
社員一人一人の心の幅を広げられる、奥を深められる、精神性を高められる環境を作っているのか?
 
ちなみに、
うちの今年のスローガンは一、視野を広めること。
一、教養を身に付けること。
一、技術を磨くこと。
一、人とのつながりを継続発展させること。
なんですが、
この四つを日々、自発的に実践したいと思い、行動する環境を作ることに心を注いどります。
 
やっぱり、こういう人間性向上に挑戦する日々が真の幸福と言うもんなんじゃないかと思う訳です。
 
こういうことを考えると、「こうやったらいい」という答は無いと思うんです。
 
千差万別の会社の有り様。個人の人生の有り様が存在するから、それぞれに相応しい環境を整備して行く熱い念(おも)いと実際の行動、様々な人から学ぶ姿勢、素直さが求められると思うんです。
 
今の現状に「まぁまぁええかな」と思ってる特に社長さん達!
 
皆さん方の社員の人達に、人間性豊かに、人格向上したいと自主的に促す会社としての施策を実践してますか?!と問うとるんです。
あなたが、仕事に飽く無きチャレンジし、努力して来たことは、想像出来ます。
だから、今の規模や環境があるんだろうけど、それで満足しとったらいかんのとちゃう?と感じるのです。
銭を儲けて行くことは、
とても大事。
けどそこで働く全員の人格形成を、より豊かにして行くことの学びと実践に取り組むことに挑戦せなね。
 
「つ・ま・ら・ん」ケチ臭い社長に陥りますよ。と言うときます。
経営者は人間教育者でもあるんです。
社員に対して給料をちゃんと支払う「主人」であり、
生き方の「師匠」であり、
愛情深い「親」でなかったらいかんのです。
 
自分の周りの縁ある人達の「素質は何か」を観察し洞察するんです。
 
それを感じたら、素質を育むにはどうしたらええんや。と、あなたの真心を注ぐんです!
そういうところに心を向ける人間性を備えてほしいと思うとるんです。
 
そういうところに心が向かんようなら、つまらん人間に成り下がるでぇ。
 
そういう人は、自分より小の者を侮る傾向があるんですよ。
 
「小を侮る者、小また侮られん。」という言葉があるんです。
 
自分より相手が小の者であっても、決して侮っとったらいかんでぇ。
 
その小の者から、あなたも侮られてる。っちゅうことです。
 
分かりやすく言うと、どんな人に対してもバカにするな!アホにするな!という教えです。
 
小の者からも大いに学ぶ事はあるんやで!って言うとるんです。
 
素直さがあれば、一度の出会いを自分のものにしてしまう感性と行動力が身に付きます。
 
素直な人。
感謝してる人。
明るい人。
 
この世は人間と天(神様)の合作。
 
自分の魂を産んでくれた魂の親が向こうの世界で努力してくれたお蔭で、現実の人との巡り合わせをしてくれているんだ、とワシは思うとるんです。
 
だから感謝の念が湧いて来て、時に涙が溢れて来るんです。
この感覚分かるかなぁ?
分かってほしいんやけどねぇ。
この感覚分かれば自分の日々の考えと行動に変化が起こるんやけどね。
 
だから、期待に沿えるよう現実の世界で努力したいんですワシは。
 
天の計らいと人間の努力。つまり、合作なんです。
 
あなたは、あなたの努力だけで事が進んでると思うとるんですか?
 
もしほんまに、そう思うとるなら、それはあなたの驕りやと思うけどなぁ。
 
天の魂の親が、あなたを、より良く導く為に、誰かを使って「学べよ」と優しく声掛けしてくれてると、思えませんか?
 
そういう「声なき心の声」が聞こえませんか?
『粗利益を上げる』
 
中々、これが難しい会社は多いんじゃないでしょうか。
 
うちは、こうして粗利益を上げる施策を実施して来ました。
 
新商品の開発で粗利益額を上げ、しかも客単価が上がりました。
 
他社に無い商品開発で粗利益構造を上げるんですね。
「高品質で、お手頃価格」をうちは貫いてます。
 
「高品質だから、高価格」
では、一般消費者は長続き出来ないからねぇ。
 
安売り合戦を繰り広げていた外食業界を見てても、
例えば「吉野家」なんかでも新商品「ベジ牛」シリーズが好評のようやね。
 
あの新商品で粗利益構造を上げてる感ありだね。
 
めったにファーストフード店に行かないワシでも、
会社近くの吉野家で「ベジ牛」シリーズ食べてる自分が居てて、うどんより価格高いなぁと感じつつも納得してるからね。
 
自社の得意分野を活かして客単価上げてるよね。
 
得意分野である牛肉の調達価格は格段に安いはず。
 
で、野菜チョロチョロの品揃えの味付けで、まぁまぁの価格設定。
 
粗利益構造を上げてるなぁと感じましたね。
 
やっぱ皆さん、新商品開発を高品質でお手頃価格に。ですよ。
 
そのヒントは、
自社の得意分野にあり!
なんじゃないかなぁ。
 
うちも「ルイボス」という、得意分野を活かしての新商品開発だからね。
 
ルイボスは原料から調達してるから「商品」に対しての原価率は優位に立てるし、長年培って来たものが、
得意分野になってる訳やから、それを活かした新商品開発、新サービス開発が、可能になるんですね。
 
あなたの付加価値を上げる取り組みを考え抜くんですよ。
 
礼儀とは、自分に出来ることで相手のお役に立つことをしてあげることを言います。
 
礼儀の礼。つまり、お辞儀をした時、何が見えるか?
自分の足下が見えるんです。
相手を見て、自分の足下を省(かえり)みることが、
お辞儀の意味。
 
様々な業種業態の流れを見て、自社を省みるんです。
「あぁ、あれはうちには関係ないわぁ」じゃぁ、ないんですね。
 
様々なヒントがあちらこちらに散らばってるんです。
それを自社に応用する応用力が、自社を救うと感じるんですね。
 
もっぺん言うでぇ。
 
自分の得意分野は何か。を振り返り、自己チェックし、自己反省し、得意分野を活かす開発、サービスしかないと思うのです。
 
それが希望をもたらすんですよ。
 
人格形成も同じ。
 
素敵だなぁ、凄いなぁ、と思える相手の、立ち居振舞いを見て、自分の足下を、自己チェックし、自己反省するんです。
 
そしたら希望が「見えて来る」と思うんだけどねぇ。
逆に希望が見えない人は、自己チェック、自己反省をしてないんじゃないかなぁ、、、、、あんたのことやで。