2015/07/24

「香川湧慈のインスピレーションメッセージ平成27年7月24日」

トップ足る者、自分の理想の経営者像を描けていなければ、組織が大きくなるに連れ、迷いが度々襲って来るものです。
 
もっとより良くして行く為の「悩み」は増えて当然ですが、何で「迷い」が襲って来るんかねぇ?
 
確固たる自分の理想像を描けてる人は、迷わないんです。ホンマです。
 
あなたが、もし組織が大きくなるに連れ迷ってしまうなら、それは確固たる自分の理想像が描けてないんじゃないの?と言わしてもらいます。
 
組織が大きくなって来る。組織が点在して来る。
幹部を育てなきゃ。
でも幹部に値する人材が育っない。
組織が小さい内は末端まで意思の疎通が出来てたのに、、、等々。
 
迷いと悩みは違います。
 
組織が大きくならなくても組織の成長を望むなら
「悩み」は増えて来るもの。
迷わない為にもトップは、確固たる自分の理想像を描かないかんのです。
 
ホンマに確固たる理想像を描いていたら、迷わへんのです。
 
組織が大きくても小さくても自分達の組織を、もっと成長させる為に数々の悩みを突破することに、迷わず集中出来るんですね。
 
迷う社長は、ついつい自分より大きい組織の経営者に相談したりするんですが、何人かの大きい組織の経営者が言うとることに、同じ相談事の解決案に「違い」があったらどうするんだろうねぇ?
 
振り回されるだけなんです。
 
信念に裏打ちされた自分なりの理想像が描けていれば、迷わないもんです。
 
その様々な解決案が「参考書」になるんですよ。
 
トップの信念なき行動は、花は咲いても実は成らない。んですね。
 
「精神を鍛えて私利私欲を捨てる。」と信念ある行動を貫けます!
 
でも、これが出来ん人が多いのも事実。
 
知識は本読んだり、勉強会に参加したりすると身に付くし、身体は鍛えれば強くなるもんですが、精神は、そう簡単には身に付かんのです。
 
一つ秘訣を言えば、限界まで努力を続けることです。個人的な欲望だけなら限界まで努力は続きませんよ。
やっぱり、自分が出来る「世の中の役に立つ」という気持ちが、限界までの努力を可能にし、結果精神を鍛えるんです。
 
それを克服した時、新たな世界が出来て来るんです。
そしてまぁ、組織は小集団が気分良く会社経営出来ますね。
 
人徳経営と事業の着実性と収益性を兼ね備えた経営が皆を幸福に導くと思うのです。
 
ワシは組織が大きくなってしまったんなら、分社化を勧めますね。
 
人徳経営が出来やすいし、事業の着実性と収益性が望みやすいと思うからです。
お客さんから見たイメージが、その会社の「ブランド」になってしまうんですよ。
大手も零細企業も。
 
例えば、高級ブランド品は、服でもバッグでも20万出しても仕方ないか。と、お客さんは思ってるんやけど、品質は割りと良くても安売りで長年商売して来た会社は、1980円の品揃えがスタンダードの会社が一万円の商品を出すと、お客さんは「高いなぁっ!」って思うもんなんです。
 
一万出すんだったら、高級ブランドの中で、安めの物探そうか。ってなるんです。
それが企業イメージつまりブランドになってるんです。
 
イメージって怖いよ~っ。
商品、価格、サービス内容、電話応対、接客、社員の質、店構え、雰囲気、味、等々。
 
トップの理想像が確りしていれば、あらゆる適正が、見えて来るもんなんです。
シンプルに独自性を生み出しましょう。
 
寿命来るまで、心スッキリ歩みたいから、ワシはあらゆる「適正規模を確立」したい!と20年前(33歳の時)に思い立ち、模索しながら、行動して来ました。
 
自分の決めた適正規模の中で「攻め以外、勝利なし!」を現在も進行中です。
 
攻めるとは、
思う一点に全力投球する事。なんですよ。
 
力も無いのに、あれこれとやってませんか?!
 
今、伸ばすべきはココや!集中すべきはココや!というのを実践してますか!
 
適正規模の確立をすると、迷わんでええでぇ~(笑)