2015/07/31

「香川湧慈のインスピレーションメッセージ平成27年7月31日」

「偽りのない感情」を伝えることを旨として来ました。
他人(ヒト)の粗を探すのを止めた時から、少しずつ成長の波が来たように感じます。
 
自分の振り子の幅の範囲で振り子を振らないと痛い目に遭うなぁと感じたことがあります。
 
「何を伝えたいか」を、どう「相手に相応しい伝え方が出来るか」に神経を注いで工夫して来ました。
 
だから、表現力が少しずつ豊かになりました。
 
素直になること。
 
勉強すること。
を旨として来ました。
 
魅力ある人は、やっぱり、魅力ある言葉が発せられてると思います。
 
「出来ることなら、差し上げなさい。」を旨として来ました。
 
皆さんも、出来ることならケチらずに差し上げて下さい。
 
商売人じゃない人は、品物を差し上げなさいとは言いません。
 
何も、差し上げるのはお金や物品に限りません。
 
「言葉の贈り物」をしたいと、ずっと昔から思って実践して来ました。
 
だから、教養を身に付けたいと思ったんです。
 
哲学を深めたいと思ったんです。
 
これに、終わりはありません。
 
やっぱり、昔の偉人と呼ばれる人達は、哲学が深く、教養があったと感じざるを得ません。
 
また、その奥方の言を聞いたり読んだりすると、学びになります。
 
「この人物に、この伴侶あり!」か、と感じてしまいます。
 
こういう時、こんな表現をするんやぁ~!と思わず唸ってしまうんです。
 
 
だから、今の時代の人達に、先人の言動を学んでみたら、ええのに。と思う次第です。
 
価値観が磨かれると思えてなりません。
 
経済至上主義の価値観が多い現代ですが、よくよくですよ皆さん。
 
偉人達、先哲達の言動を学んで下さい。
 
自分の、或いは人間の将来を考えたら、お金に対する価値観が変わって来ると思うんだけどねぇ。
 
自分の甲斐性がある間だけ「所有権」という名前が付いてるだけなのに、、、ねぇ。
 
何で、躍起になってお金、お金、お金を第一義に思ってしまうんだろうか。
 
ワシは「持たざる経営」が好みなんですよ。
 
所有権がなければ、税金は最低限ですし相続税の心配も要らんしねぇ。
 
ワシの懇意にさせてもらってる80歳を越えた経営者を見ていると、終身現役でイキイキと働いてますよ。
ワシも斯くありたし!です。
 
寿命来るまで、体調良く、自分の好きな仕事で稼いでいれば、いわゆる「老後」の心配なんてないんだよね。
自分で死ぬまで仕事して、有意義に、お金使って物質財産一切残さず、夫婦仲良く寿命を迎えられたら幸福の極みと思うんだけどねぇ。
 
残すべきは、
「生き様」「考え方」だけでええというのが、ワシの信念です。
 
そろそろ止めませんか!
 
経済至上主義を。
 
自分の「納得ゆく生き様」を残す為に、自分の分に合った「お金」を稼ぎ出しましょう。
 
「納得ゆく生き様」が目的。
「お金」は、それを実現する為の手段ですから。
 
老後が不安。その気持ちは分かるけど、じゃあいくら持ってたら安心なん??
 
と言いたいわなぁ。
 
健康管理と自己啓発に自分の年収の5%くらいは毎月身銭投資し続けなさい!と30年前からワシは言うて来ました。
 
会社勤めの社員で年収支給額300万なら5%は15万。
月で割ると12500円や。
パート社員で年収100万なら5万。月約4千円や。
 
それくらい、自分の将来の備えとして自己投資して、寿命まで好きな仕事をやり続けたら、年金も当てにせんで不安は消えるもんです。
会社の定年というのがある所なら、自分が役に立つ人間なら、年齢関係なく雇用したいという会社は沢山あります。また自分が生活するくらいの自営業は何ぼでも出来ます。
 
「終身現役」
 
なんと美しい生き方だと思いませんかねぇ。
 
だから、ボケないように、病気せんように、日々生活態度と精神態度を、ちゃんとせえよ。と訴えて来ました。
 
体調管理と精神性を高める勉強あるのみ!ですよ。