現在の天皇陛下の呼び名を今上(きんじょう)陛下と呼びます。
 
既に崩御されている天皇のことを、その時代の呼称で呼びます。送り名と言います。
 
明治天皇、大正天皇、昭和天皇というように。
ですから、明治天皇も大正天皇も昭和天皇もご存命中は皆、今上陛下とお呼びしました。
 
天皇とは、
どういう人間か?
どういう仕事をする人か?と問われれば、ワシは一言で言うと、365日、国民の幸福(しあわせ)のみを願ってくれている人物であり、それを仕事としているお方です。と答えます。
 
東日本大震災の時、
今上陛下が、震災を被った方々を慰問した際、こう話し掛けていました。
 
「助かって頂いて、有難うございます。」と。
 
この言葉を聞いた瞬間、涙が込み上げました。
 
こんな言葉は出ませんよ。普通。出ますかぁ?
 
一般の人なら、こう言うでしょう。
 
「助かって、良かったですね。」と。
 
この違いが分かりますか?
また、天皇陛下は、展覧会などで絵画や展示物をご覧になる時、必ず、真正面から真摯な姿勢で見られている。例外なく、です。
 
決して、斜め方向から横目で展示物を見るようなことはしない。
 
我々は、どうでしょうか?
すべての相対する人に、
真正面から、真摯な姿勢で向かい合っているだろうか?
自分の偏見で斜めから相手を見てはないだろうか?
 
自分が急いでいるから、
気持ち半分で聞いてないだろうか?
 
相手が大変な目に遭っていたら、単に「大変やねぇ、頑張って下さいね。」って言ってないだろうか?
 
「大変だったでしょうが、生きていて頂いて、有難うございます。」って、言葉は出て来ないですよ。
今上陛下のように。
 
ここに、一般的な人達との教養や品性や思いやりや、人格の違いを感じざるを得ません。
 
また、自分の体調が優れなく、しんどかったり、興味が無さそうだったり、忙しかったりしたらついつい、お座なりに相手に対応してしまいます。
 
反省仕切りですね。
 
天皇陛下の人格を感じて、自分は思わず頭が下がってしまいます。
 
頭が下がると、自分の足下が見えます。
 
自分の足下を省みる習慣を身に付け、自分が、自分の周囲の人達に少しでも良い影響が与えられれば、と思うのです。
 
権力でもない、金力でもない、人格で以て、皆の心を一つにまとめてしまう。
 
つまり、権力で従わせるんじゃなく、またお金で言うこと聞かせるんじゃなく、自分の人格で、相手が心から従ってくれる。
 
これが人間の最上質の関係だと思って、人格を磨き続ける努力をしてゆきたいものです。
 
経営者は、自分の会社での人格に於ける、天皇陛下に成る努力をしてほしいものです。
 
週刊誌なんかは、何か悪いことをした社長や会長のことを「○○会社の天皇」と言う表現をするが、とんでもないことです。
 
全く天皇の意味を知らん輩の言です。
 
どうせ書くなら、○○会社の王様と書いてくれっ!と思ったものです。
 
諸外国の王様には、権力があり、金力があって国民を従わせる傾向があるが、
天皇には権力も金力も無い。発言の自由も無いんです。
 
ただ立ち居振舞い、人格を以てのみ、人の道を自ら示されているんです。
 
経営者には、人事権、経営権があります。
 
あなたの人格を社員が見て、感じて、人の道の仕事を歩もうと研鑽してもらう為に、、、、、。
 
社長じゃない人達も同じですよ。
 
あなたの人格を周囲の人達が見て、感じて、人の道を歩もうと研鑽してもらう為に、、、、、。
 
斯く言うワシは「口は悪い柄も悪いが、内面は品がある。」
と昔誰かから言われた記憶があります。
 
女房からも言われます。
 
「あんたは内面の品はあるけど、口が悪い。ガラッパチや。」と。
 
そう言えばワシは、自分が気を置かなくていい間柄の家族や社員には、気に入らないことがあれば、瞬時にガラッパチになってしまう癖があります。口が確かに悪い。
 
昔からよく県外の知り合いになった女性陣からは、
香川さんの話し方は、何とも優しい言葉ですねぇ。
讃岐弁は優しいんですねぇ。と、多くの方から言われたものですが、全てに表現力豊かに、丁寧に話してるんでしょうねぇ。
 
がしかし、気を置かなくていい間柄の人には、ガラッパチ傾向になってしまう癖があるんだと思うのです。
歯に衣着せぬもの言いをするのを建て前としとるもんですから。
 
だから、ワシの身近な人達には、こう思って下さい。
ワシがガラッパチな表現した時は、気を置かなくていい間柄だと思ってくれてるんだと、、、ね。(笑)
 
それだけ、あなたの事に無意識の愛情があり、裸なんだと。
まぁ、そういうキャラなんだと、ね。
 
口は、お上品だが、内面が欲な、いやらしい人よりは、マシだと思うんだけど、皆さんは、どっちでしょうかね?(笑)
 
「あそこの会社の社員は、皆よう出来とる。
気配り心配りがよう出来とる。」と関わりのあった色んな人から言われてるとしたら、それは「一流」です。
ものすごく儲かってる。
とか、規模が大きいとかが一流じゃないんです。
 
だから、世間で言われている一部上場企業が持て囃(はや)されてたら、敢えてワシは「財務的優良企業ですね。」と言うてます。
 
一流とは「隅々にまで行き届いていること。」と、
エモーションでは定義付けているんです。
 
隅々にまで行き届いている配慮が出来ている人を一流の人間と定義付けているんです。
永遠の人生テーマです。
 
人間は、ちょっとすると、皆で合意して決めた事でもスグ忘れてしまう。
中々、性根に身に付かんもんです。
 
だからワシは、うちの社員に口酸っぱく、何年も言うとるんです。何百回も。
 
「隅々にまで行き届いとるんかぁ?!」と。
 
身に付いとるなぁと感じるまで。そしてまた忘れ掛けてると気付いたら繰り返し言い続けておるんです。
 
エモーションの社員は皆、一流であり続けたいんです。
常に「配慮」してあげていることが「全てに行き届く」ことにつながるんです。
 
がしかし、ちゃんと出来てても、日にちが経つとまた出来てない状態に、ちょくちょくなってしまうんですね。
 
だから、零細企業では社長が手綱を絞めないかんのです。
 
また、色んな社長を見ててたまに感じることは、この「一流」が経営者でありながら、情けないくらい出来てない人を見掛けてしまうんです。
 
例えば、経営者の学びの会でいくら熱心に参加していても、自社の身近な得意先(販売先や仕入先)に対して学びを生かしてなければ、学びの意味が無いということの自覚の無い社長達の多いこと。
 
情けない。と感じてしまう。
 
例えば、突然販売先に対して値上げするとか、前以て理由説明しないと、誠実じゃないわなぁ。
 
そういう人が同じ「学びの会」に所属してたら、その経営者の勉強会をまだ入会していない人に「勉強になるよ!」って言えなくなるもんです。
 
例えばうちは、為替で原料輸入原価が変動したり、
生産量によって、値上がりするので一年に一度の原料価格変更に出来るよう配慮して輸入価格を決定しているんです。
 
そして予め、原料卸し先には書面にて値上げ理由説明を渡しているんです。
 
例えば、うちからの支払先である宅配料金(ヤマト、佐川、ゆうパック)でも、こちらから安くしてって言うたことは無いんです。
 
印刷代やパッケージ代の支払いに関しても「この価格で出来る?」って聞き、
「あんまり面白くないようなら、せんでえんよ。
ちゃんと適正利益取れてるん?」と、こっちから聞いてあげてるんです。
 
逆に、うちに見積り依頼をして来る所には、一発なんです。
 
つまり、これ以上は下がらない駆け引き無しの見積りを出して来ました。
 
だからたまに見掛ける他社の見積りに「これは見積りですから」って言う人がおるのは、ワシとは価値観が違うんですね。
 
最初から、これ以上でも、これ以下でもありません。という見積りが誠実というもんじゃないでしょうか。
値上げを言うのは、中々言いにくいもんですが、自社でどうにもならないものなら、分かった時点で早めに予告してあげんと、いかんでしょ。と言うとるんです。
 
熱心に経営者の勉強会に参加している人ほど、自社の身近な得意先(販売先や仕入先)に対して誠実に対応してほしいと願うものです。
 
「あぁ、あの人は、あの会社は、ちゃんとしてますよ~。」と身近な得意先さんから言われる存在じゃないと、所属している会の印象に悪影響を与え兼ねません。
 
身近なとこから、ちゃんとせな!
 
よう、世の奥さん方がしょっちゅう言うとるでしょ。
子供や旦那に。
「もぅ、いっつも言うとるやろぅ、脱いだものは洗濯機に入れてって。」とか
「食べたら、お皿を台所に持ってって。」とか。
 
仕事も一緒です。
毎日の事ですから。
 
ホンマに。
 
社員への指導も、経営者への示唆も、全部一緒や!
と言いたい今週でした。
 
 
志と野心の違い。
 
自分の時間を何に使うか?どう使うか?で分かれます。
 
自分の目標が自分の欲望の為だけに使うことを「野心」と言います。
 
自分の目標が、自分と自分の周囲の幸福(しあわせ)の為に努力することを「志」と言います。
 
自分の周囲の皆んなが幸福、充実につながることが、自分の幸福(しあわせ)と、感じる心が「志」です。
 
多くの父親が家族の幸福の為に努力している姿と同じです。
まともな親というのは誰しも、家族が元気で活き活きと生活している様子を見ていることが、しあわせと感じるものです。
 
最初は「野心」でいいのです。
自分の欲望の為にだけでも良いのです。
 
残りの時間を、どう使って自分の人生歩むのか?を、考えて行動していると、
やがて少しずつですが「志」ある人や「志」ある本との、出逢いがあるようになって来ます。
 
そして、少しずつですが、良い刺激を受けて、自分の心が変わって来ます。
 
自分と自分の周囲の人達の幸福や充実の為に時間を使いたいって気持ちになって来ますよ、志ある人達と交流していると。
 
次第に自分に「志」が芽生えて来るようになります。
 
志が芽生えて来ると、人間として「良い思い」が浮かんで来るんです。
 
そして「良い行動」をしたくなります。
 
そうすると「良い習慣」が、徐々に身に付いて来ます。
そうなると「良い人柄」になって来ます。
 
でも人柄が良いだけでは「良い運命」は巡って来ないと思うんです。
 
「良い運命」が巡って来るには、何か人の為に役立つ事を証拠として残さないと、巡って来んと思うんです。
「良い運命」が巡って来ると、結果「良い人生」を歩め、自分の周囲の人達を幸福に出来るようになるんだと、ずっと昔から感じて来ました。
 
例えば、トレーニングとかウォーキングとか、自分の商売とかに、一所懸命な人に周囲の人達は、熱心な人だね。と思ってくれたり、言ってくれたりしますが「あの人は立派な人や」とは言ってくれないと思うのです。
 
そうでしょ、自分の商売だけに熱心な人を見ると、
「あんた、熱心やねぇ~」と言うてくれますが「あんたは、立派や!」とはならんもんです。
 
自分以外の周囲の人達の、幸福につながることに、
人知れず黙って努力している人を知った時、あの人は、立派な人や。と思ってくれたり、言ってくれたりするんだと思うのです。
 
経営者の評価は何人の社員の生活を充実させて来たかだと思うのです。
 
社員に見識と教養を身に付けさせて来たかだと思うのです。
 
社員の生活の充実が自分のしあわせだと感じるものです。
 
だから、年中、どうやったら社員の生活が充実に向かうのか、社員の人生が充実に向かうのかを考えているんです。
 
ものすごく楽しいもんです。想像と創造をしてゆくことは。
 
あと、よく経営者の人達の中に、トイレ掃除は社長の自分がやっている。と言う人達おるやろぅ?
 
言うなっ!っちゅん。
 
自分がゴミを拾ってるとか、掃除してるとか、黙ってせえ!と言うとるんです。
例えば、何か良い事してて、それを自分から言っちゃあ、お終めぇよ。なんです。その行為の効果は半減すると思うのです。
 
また、その行為を他人に見られたらそれも効果は半減するんです。
 
黙って人知れずやり続けるから「陰徳(いんとく)」を積むことになるんやと思うのです。
 
陰徳とは、天に積む貯金みたいな感じだろうか。
 
人が人生を歩む時、どんな思いを胸に歩むのでしょうか?
 
かけがえのない人生、自分の為に努力するのは当然でしょう。
 
それは自分を大切にする思いの中から湧き出て来るものだからです。
 
けれど、その自分は誰の世話にもならず生きている訳ではありません。
 
必ず、親があり家族があり地域があり国家があって、生まれて来た訳です。
 
そういう周囲の人達のお陰で、日本という安全で自由な国に生まれたお陰で、
持てる力を存分に発揮することが出来るのです。
 
そういう思いを持ち続けていれば、自分の人生は決して自分の為だけにあるのではなく、地域社会の人達とのつながりの中で生かされていることに気づくようになり、そこから自分に、
そして周囲の人達に、感謝できるようになってゆくものです。
 
そういう気持ちが「人から与えられることに満足するだけでなく、人の為に何かをしたい・・・周囲の人達に勇氣や感動を与えたい・・・」と、歳を重ねるにつれ、
湧き上がって来るようになります。
 
それを実現する為に、更に「勉強しよう!」という気になるのです。
 
どうか、自分の人生を本当の意味で楽しむ為に、今からの時間をどう使って歩むのかを考えながら陰徳を積んでほしいなぁと思った今週でした。
 
 
人は、ポロッと出た一言に、ちょっとした「しぐさ」に心の底の「心理」が現れる。
だから、周囲の人達の何気ないポロッと出る言葉を、ちょっとした「しぐさ」を、よぉ~に聴いてたら、
よぉ~に見とったら、
分かるから。感じるから。
ほんで今週は、こんな事が浮かびました。
 
日本人は精神も技術も繊細さも世界が唸るほどのものを持っていると思う。
 
例えば、デザイナーや作家の一流は、形でなく、素材を追究していると思うんです。
 
だから、人知れず「お客が寄って来てる」んです。
 
形を競っているデザイナーや作家は、息切れしている感あり、です。
 
中々、お客も寄って来ないもんです。有名人でも。
 
素材=本質やと思うんです。
 
一流のデザイナーや作家は、より良い素材を追究していると、自然と自分に合った形が作られて来ることを無意識に知っているんじゃないかと思うんです。
 
売れることや、お金のことに神経が行かないんだと思うんです。
 
経営者も同じ。
 
人間も同じです。
 
物事の本質を追究していると、自分に相応しい形に成って来るもんなんやと思うんです。
 
それを「個性」と言うんやと感じるんです。
 
一人一人、異なる「個性」があるから生きて行けるのです。
 
なのに、アンドロイドのような人間が多いと思うんです。
 
一人一人の個性の異なりを認めながら、共通の目的に生きるから、皆が自由に生き生きと生活出来るんです。
 
アンドロイドになっては、いかんと思うんです。
 
素材追究です。
物を買うにも「いい素材」を選ぶようにしたら運が付いて来るのにと感じるんです。
 
そしたら自分に合った形が出来て来るのに、その感性が無いから、
 
形に追われる。
 
お金に追われる。
 
世間体に追われる。
 
和の魂を確り持って、
和の才能を発揮したら、
ええんです。
 
でも今、危機に瀕してるのは「和の魂」が欠如している人が増えていると感じることです。
 
そして「上から目線」が大切なんです。
 
自分の縁ある傘下の人達に、より高い見識と教養を持って、指導してあげることが「上から目線」の意味なんじゃないかと感じるんです。
 
なんか皆さん「上から目線」の言葉を勘違いしとりゃせんかいのぅ、と思うんです。
 
偉そうに言う、バカにしたように言う。というようなのは、上からではなく、
物事を斜めから見てる「斜めから目線」じゃないかなぁ。(笑)
 
自分の子供や社員や後輩を導く言動を、より高い見地から見て、俯瞰して指導してあげる、へり下って気を遣わないことを「上から目線」と言うんやと思うんです。
 
愛情があるから「上から目線」になれるんです。
親が子供に気を遣ってへり下るような言動しとって、導くことが出来ましょうか?
 
監督が選手に気を遣ってへり下るような言動をしとって、導くことが出来ましょうか?
 
ワシは自分より人生の先輩に当たる人が、自分にへり下るような言動されると、気持ち悪いし、尊敬は出来んわな。
 
やっぱり先輩は先輩らしく。社長は社長らしく。が、大切と思うし、当たり前と思うのです。
 
「上から目線」というのは、より高い見識、見地に立って、教養を高め哲学を深めて、傘下(自分の縁ある社員や後輩や子供)の人達の「生活の充実」を願っている言動のことやと思うんです。
これが、ワシの「ただ自分らしい」感情です。
 
「正しさ」とは「ただ己れらしいこと」と学びました。
で、今週こんな質問をされました。
 
香川さん、あなたの「ただ己れらしい正しさとは何ですか?」と。
 
いつも思ってるから自然に口に出ました。
 
社員の生活の充実です。
 
経済だけを言うとるんじゃないんです。「身体、心、経済、人間関係、向上心」のバランスと高さを以て「生活の充実」なんです。
 
つまり、常に社員が「晴れ」(氣力が充満している状態)の状態が自分の幸福感なんです。
 
ごく普通の親が家族に抱く感情と同じです。
 
自分の家族が常に晴れの状態でいてほしいと願う親の感情ですね。と応えました。
 
一人一人の社員に、ワシの言う「生活の充実」を自覚して、習慣にしてほしいと願いながら指導しとります。
だから、そういう会社を、カッコ良く証明付けないかんのです。世間に。
 
一人でも多くの経営者が、まともな親の感情で、社員に関わってほしいからです。
そうせな世の中、良うならんのです!
 
その為にワシが証明せな、いかん!と燃えとる日々を歩んどります。