んんっ、、やっぱり偽善者が多いと感じてしまいます。
誰も聞いてもないのに、
「人の為にやってる」って、自分から言いふらしてる人。
言うなっ!っちゅん(笑)
 
人の為と書いて「偽り」と読むしねぇ。
 
ほんまに人のお役に立ったらええな、と思ってやってる人は、聞かれてもないのに自分からは言いません!
まぁ、世の社長と呼ばれる人の多くが、社員を自分の金儲けの道具とまでは言わんけど「お手伝い」扱いしてるとしか思えん人達が多いと感じてしまうんです。
 
自分の野心を実現する為の「作業員」という感じで社員を雇っている感がある社長連の多いこと。
 
情けなくなるんよねぇ。
商売始めた最初は、それでもええんですよ。野心で。
でも長年商売してるんやったら、気持ち変わった方が、社長自身の心が豊かに成ると思うんやけどねぇ。
 
人間、欲望はいつまで経っても、満足には至らんと感じます。
 
まぁ、人柄の良いと言われる社長であっても、中々、「社員の人生を充実あるものにしてあげたい!」という観点で「心とお金と時間を費やして」いない人が、まぁまぁ居るように感じます。
よぉ~に考えてみてん。
 
会社っていうのは家族よりも、人生の中で、長い間、共に歩む所なのにねえ。
労使関係じゃなく同志という観点じゃないんでしょうねぇ。
 
だから、社員の作業の出来しか見てないんですよ。
 
そして「出来が悪い」と、
ブツクサ言うとるんよ。
 
ワシもブツクサ言うとりますが、一般的な社長のブツクサとは本心が違うと思うとります。
 
ワシは社員に、高い見識と教養を身に付けてほしい!と心底願ってるから、業務を通じて感性や能力を磨くことで人間性を豊かにする習慣を身に付ける指導をしとります。
 
特に業務は顕微鏡の如く、緻密さを要求しておるんです。
 
何故か?何で、そんな細かいこと、ちょっとした事を出来るまで言い続けているか!?
 
それは細部に丁寧に何事も実践する習慣を身に付けんと、感性は磨かれないんです。
 
細部に丁寧に。というのは心の誠実さを養うんですよ。
これが中々、うちの社員も中々ねぇ、、
 
うちの場合、毎日フリーダイヤルで掛かって来る顔を見たことが無い様々なお客さんと対応しとる訳です。
その応対にワシは事細かく指導して来ました。
まさに、顕微鏡の如くに。
その本意は、社員の人生で起こる様々な問題を自力で解決出来る人間に成ってほしいという願いからなんです。
 
単に業務を上手にこなしてほしいというような事だけじゃないんです。
 
対人関係能力を磨き続けることがやっぱり、あらゆる人生の問題解決能力を身に付ける訓練に成ると思うからです。
 
相手の本心を見抜く洞察力を養うことが出来るようになるんです。
 
自分の伝えたいことを伝えられる能力を養うことが出来るようになるんです。
 
給料払いながら、そういう事を伝えとるんですよ。
 
世のまともな親なら、やっとるでしょ。
 
生活の面倒を見ながら、
人としての道を説いとるでしょ、子供に。
 
それを会社で、したらええのと違いますかねぇ?
 
家族より長い時間を共に歩む間柄なんやから。
 
また社員の人間性が、より豊かになってもらう為の、お金と時間を作って取り組みを長年実施しとるんです。読書も、人生哲学講義も「社内学校」という名で。
しかも勤務時間中に。
 
サービス業の所なら、勤務時間中は無理だろうから、勤務時間外に給料打って、実施してほしいもんです。
仕事をちゃんとしてもらう為だけに、するんじゃないんです!
 
そんなケチ臭い考えじゃ、自分が面白くないと思うんやけどねぇ。
 
社員が自分の人生で起こるであろう問題を自力で解決出来る人間に成ってほしいという心底からの願いからやってほしいんです。
 
世の社長連に。
 
ワシは、そういう信念でやっとんですよ。
 
人間はやっぱり仕事と読書と対人関係で磨かれるもんなんですよ。
 
あと、よく会社のレベルが違うという人がいますが、何のレベルなんかハッキリ言えない社長が多いと感じるんです。
 
規模のレベルですか?
 
利益のレベルですか?
 
社員の人間性のレベルですか?
 
社長の、社員一人一人を、見抜く洞察力のレベルですか?
 
社長の事業を見通す先見性のレベルですか?
 
会社のレベルというなら、
社員の人間性レベルと社長の、事業の着実性と収益性の先見性レベルと社長の、社員へ想いと一人一人の特性を見抜く洞察力レベルと、お客さんの喜びレベルの、この総合的レベルが大事なんじゃないかと思う訳です。
この総合的レベルを向上してゆく為に、経営者は心を注ぎ、お金と時間を掛けないといかんと思うとるんです。
そうせな、世の中良う成らんのです。
 
世の中良うする為に生まれて来た人種が「経営者」だと思えてならんのですよ。
 
社長の皆さん!
 
ええ悪いじゃなく、
 
「人種が違うんだ!」と、
良い意味の自覚を持って、武者震いしませんか!
 
つまり、社長がもっとより良くなれば、社員が浮かばれるんです。
 
報われるんです。
 
「同じ価値観を持ち、
同じ方向を歩める人を自分の友人にすることが人間の人生の目的である。」と、
お釈迦様が十大弟子の一人阿難(あなん・アーナンダ)に言うて諭した。と以前、勉強したことがあります。
 
会社経営も、まさに、そうあるべきだと常々思うとります。
 
人は性格が皆異なりますが、人生を歩む価値観が同じような人達は居るもんです。
 
性格や能力の異なる者が、同志(同士でなく)となって、一つの方向へ共感して歩んでいる姿が「和」だと二十年くらい前に思いました。
単に仲良くすることが「和」じゃないんですよ。
 
異なりを認めながら、一つを生きる。
 
これが、人間社会に課せられた使命じゃないかと思うんです。
 
そして、異なりを認めながら、一つを生きるのが本当の「和」なんです。
 
一人一人の特性を認めながら歩む方向に共感があり、人生の価値観が、ほぼ同じ人達で、会社経営も生活も出来るよう、見識を高め、教養を身に付ける努力が、気分の良い、清々しい毎日を歩める唯一のコツだと感じて来ました。
 
社員一人一人の特性を見極める眼(まなこ)を持たないかんのじゃないでしょうか。
一人一人の特性を見抜く、人間洞察力を持たないかんのじゃないでしょうか。
 
 
スポーツの世界も同じやと感じます。
 
これが本当のチームワークというもんです。
 
皆さんの会社では、この、本来のチームワークの状態が現在進行形でしょうか?
 
社長連に言いたい!
 
日給月給や完全歩合給は、止めなはれ。
 
社員を守る経営姿勢では、ありません。
 
社員と取引してはいかんのよ。
 
「取引の関係」からは、信頼関係は結べない!と思うんです。
 
言い方を変えると、
 
男が女に惚れるということは、その女を一生守り切るということ。
 
何も知らない男の純情より、何もかも知っている男の純情を理解してくれる女が増えることが、世の中良くなってゆくと思えてなりません。
 
会社で言うなら、
 
社長が社員に惚れるということは、社員を一生守り切るということ。
 
何も知らない(苦労を知らない)社長の純情より、
 
何もかも知っている(苦労を苦労と感じさせない姿勢で克服して来た)
 
社長の純情を理解してくれる社員が増えることが、
世の中の会社が良くなってゆくと思うんです。
 
すべては、社長の器量、
雅量、度量に掛かってると胆に銘じて来ました。
 
家庭で言うなら、すべては父親(母子家庭なら母親)の器量、雅量、度量に掛かっとんですよ。
 
ほんまに。
 
うちの父ちゃんは、にっぽん(日本)一や!
 
と子供に言われる人物に成らないかんやろう!
 
うちの社長は、にっぽん(日本)一や!
 
と社員に言われる人物に成らないかんやろう!
 
と、自分で自分を鼓舞してほしいと思うた今週でした。
 
「名人に名手無し」
 
名人は、守備位置つまり、自分の立ち位置、ポジョンを正しく認識していて準備を怠ることは無いと思うので、名人に、いわゆるファインプレーは本来無いと思うのです。
 
そして、
名人は変化を感じさせずに変化し続けている者やと、ずっと思うて来ました。
 
中々、これが出来ません。
生涯懸けて、縁ある人達に勇氣と感動を与えるキッカケを与え続ける「名人」に成りたいと思うとりますが、その域には未だ未だ、中々到達出来ません。
 
出来ることは、自分の哲学を文章に残して来たし、
残しておるんです。
 
「言葉を文章に残すことで学びの歩留まりを高める」ことが出来ると思うんです。
自分の考えを文章に出来ないとすれば、それは深まっていない証拠です。
 
縁ある人達に勇氣と感動を与えるキッカケを与え続けることを生涯の使命と感じておるんです。
 
「使命感を失うと、損得の判断基準しか残らない。」のが世の中の人間やと思うんです。
 
生活の為だけに働くなら、人間も牧場の牛も一所懸命働いている。
 
ただ、働くことに使命感を持つのが人間であり、牛は、使命感を持って働いていないと思うんです。
 
我々人間なんやから、自分の使命感を持って働こうやないですか!
 
また「何で?と思ったら調べる。理由を調べようとしないのは成長しない。
 
小事は大事なり。
 
日常の些細な、んん??を調べようとする努力が成長に繋がるもの。」やと思うんです。
 
「人生を極めて、心を美しくする。」
 
永遠の人生テーマやね。
 
皆さん、自分の人生の永遠のテーマを持つとええですよ。
 
「ブレない生き方」に近付けると感じるんです。
 
意固地じゃないんです。
 
「ブレない」って。
 
信念が確りしていて人生の永遠のテーマがあるから、何が遭っても、何が起こっても、ブレない生き方が出来るんです。
 
その為に、自分の考えを綴る習慣を。
 
自分の考えを、まとめる、整理する習慣をお勧めします。
 
昔の人は、整理整頓せえ。と言うていますが、ひょっとして、物の整理整頓やとばかり思うて来ましたが、己の頭(考え)の整理整頓せえ!ということかも知れないとピン!と来ました。
 
素敵な人とは、ブレない人。と誰かが言うてたけど、「ほんまやなぁ。」と思いました。
 
 
 
こうあるべきだ!
 
と言う言い方は良くない。と巷で言われるが、ワシに言わしたら、それは実践したことのない屁理屈やと思うのです。
 
やはり、
自分の部下や家族や近しい人達を、より高みへ自主的に向かってもらう為にも、
「充実した人生を歩むのは、こういうものの考え方や捉え方をするべきじゃないか。」という提言は、してあげた方がええと思うんです。
 
人間、お互い発展途上人ですから「人生こうあるべきだ!」と発信している人が必ずしも「出来ている」とは限りません。
 
自分が出来てから言え。と思われる人も多いかと思いますが、それではいつまで経っても、言えないのが人間だと思うのです。
 
お互い、発展途上人なんだから。
 
だから、自分も中々出来てないけど、お互い、こうあるべきじゃないですか!と発信し続けることが大事やと思うのです。
 
相互研鑽ですよ人間は。
 
人に何かを伝えたい。と誰しも思うものです。
 
でも伝えようとしない人は、体裁を気にし過ぎてるんですよ。
 
伝えたいくせに。
 
先ずは、インプット量を増やすんです。
 
人生で充実する考え方や知識を。
 
インプットしない限り、
発信するネタが無くなりますよ。
 
インプットしたら、自分のブログでもいいから、常に発信する習慣を身に付けたら、少しずつ文章能力は向上するもんです。
 
練習はウソをつかない!です。
 
文章を、とにかく書くんです。
 
そして自分の書いたものを何度も読み返すんです。
 
そして少しでも違和感があるなら、修正するんです。
文章書く時は、集中しないといけません。
 
集中力MAXの状態を作るんです。
 
そうすることで、伝えたいことが、表現力豊かになって来ますから。
 
また、リアルで様々な人と会話するんです。
 
分かってもらえない人が多いもんですよ。
 
だから、クソッーどうやったら、この人に「あぁ、なるほど!!」と理解納得してもらえるか、という気持ちになるんですね。
 
そして勉強するんです。
 
工夫するんです。
 
そうやって表現力が豊かになってゆくんですね。
 
自分の思うことを相手に伝えたいでしょ!皆さん。
 
だったら、もっと視野を高め、教養を身に付ける日々の努力に時間を割きましょうや。
 
あらゆる問題事を、自分で解決出来る判断力を身に付ける哲学を深める時間を作りましょうや。
 
全部、将来の自分の人生の充実につながるんやから。
人生何が起こるか分からんでしょ?
 
突然ガンが発見されたり、突然、脳卒中になったり、
健康に毎日気を付けてても、病になる人はなるんです。
 
気を付けてなくて、不健康な毎日を過ごしていても、成らん人はならんもんです。
 
まぁ日々の体調管理に留意してることに越したことはないのは事実やけど、ガンや脳卒中や心筋梗塞は、
健康に留意してるから絶対ならない保証はない!と思うんです。
 
人生で「突然」の出来事が起こる可能性は誰でもあるんやから、何が突然起こっても、自分はどう対処して、周囲の人達を導いてゆくのか!の哲学を確り持つべきではないでしょうか。
 
 
人間はやっぱり、
「晩節の在り方」が美しいかどうかやと思います。
 
自分の「カッコいい美学」をあなたは持っていますか?
人それぞれの生き方の価値観やから、とやかく言うつもりはないけど、
 
あなたの「カッコいい美学」は、他人から見て「立派や、カッコええわ!」と言われるもんですか?
 
自分だけの自己満足でええんやけど、
 
その生き方を見て他人が、評価に値するかどうかという観点は大事やと感じます。
 
例えば、
高級車に乗る。
銭儲けしている。
自分はカッコいいと感じてる。
 
それはOKなんやけど、
 
他人から見て、すごいなぁとは思われても、立派やなあ。とは思わんと思うんです。
 
「大きい会社を経営している。」
 
「ごっつ儲かっている。」
 
すごいですねぇ~とは言われるけど、、、
 
あんたは、立派や!とは言われるだろうか??
 
やっぱり経営者は、
 
「すごいなぁ!」と
「あんたは立派や!」の
兼ね備えた人物を目指さな、いかんわなぁと思う。
 
自分の中の「カッコいい美学」を確り持っていると、ブレません。
 
常に、同じ情熱と同じ氣力と、同じモチベーションを維持出来るんですよ。
 
人生を楽しめる覚悟が身に付きますよ。ホンマに。
 
自分の人生がここに在ると感じることが出来るんだよね。
 
ワシは「営業マン」ですが、職人気質の営業マンです。
もの作りをしている人は特に分かると思うんやけど、些細な所に特に氣を遣ってるはずです。
 
些細な所を疎かにしない!
丁寧な作業をしている。
 
それが「仕事」やと思います。
 
自分の晩節を美しくするって、そういう日々の丁寧さの積み重ねやと思うんです。
 
些細な事に手を抜くな!と言うとるんです。
自分の晩節が汚れてしまうで!って。
 
あなたの「カッコいい美学」を、もういっぺん考え深めてほしいんです。
 
自分の「カッコいい美学」が確立されて来ると「核」が出来て来るんです。
 
核が出来て来ると、ブレない自分が出来て来るんです。
カッコいい美学を確立するには、視野の高さというものが必要になって来ます。
この視野の高さが、自己を成長させてくれると思うんです。
 
このコツが、自分以外の事への「配慮」なんよなぁ。
 
全てに配慮している人は、氣力が満ちている状態で居られます。
 
そういう氣力が満ちている自分を他人が見ると、魅力を感じてくれるもんです。
つまり、順番は配慮の行き届いた言動なんです。
 
常に配慮がある人は、氣力が満ちているから、魅力が溢れて来ると思うんです。
全てに行き届く努力をして歩みながら、自分の晩節を美しくして行こうではありませんか!!