2015/11/13

「香川湧慈のインスピレーションメッセージ平成27年11月13日

商売上手な人達は、ようけおると思う。
 
けど「経営」が維持出来てる人達は、少ないんじゃないかと思う。
 
その見分け方は、簡単です。
 
如何に商売上手で儲けて、社屋や店を建てても、
そこで働く社員達の給料や待遇が安月給で長時間労働だとしたらそれは社長に、社員を大切にしてあげたい、大事にしてあげたい、という想いが無いんです。
 
縁あって自分の会社に働きに来てくれてる人達の人生設計を考えてあげていない証拠なんよ、ね。
 
経営の経とは、
「縦」という意味です。
 
縦の糸は秩序であり、人の道とか、筋道の意味です。
縦の糸が確り筋が通っているから、横糸が自由に動けるんですね。
 
そして経営の営とは、営み、つまり生活です。
 
だから、経営とは人の道を実践しながら、生活を維持し続けること。
 
単に損得じゃないんです。
あなたは、単なる商売をしてるんですか?
 
それとも経営をしてるんですか?
 
儲かったら、社員にしてあげる。では「取引」ですよ。
社員は会社という同じ釜の飯を食う「家族」ですよ。
 
その「家族」と取引していて人間としての心の信頼関係が結べるとは思えないんです。
 
自分の子供と取引しますか?
 
取引は理屈です。
 
儲かってなかっても、気持ちがあるなら、してあげなさい。
 
出来る範囲でええのやけど、文化的生活が維持できるくらいわ、ね。
 
「出来ることなら、してあげなさい。」がワシの昔からの人生方針です。
 
これは、うちの社員にも昔から言うて来ました。
 
「友達とメシ行ったら三回に二回は、奢ってあげえよぉ。
奢られる人生より、奢ってあげる人生の方が愉しいもんやからなぁ。
 
けど全部奢るなよ、相手が気ぃ遣うけん。
 
ワシも、それが出来る給料出せるように努力するけん。ケチ気(ゲ)になるなよ!ケチ臭い人生になるぞぉ。」と。
 
長生きしても90か100です。
 
70過ぎて、自分の築いて来た物的財産の後始末に困惑している人達を見て来ました。
 
で、そこで働く人達が文化的生活(食べれるだけの生存ではないんです)が、
出来ていれば何も言いませんが、そうでない人達を見ると、虚しさを感じたこともあります。
 
人間なんやから、生存でなく生活せな、いかんのです。
会社の利益というのは何もお金だけじゃないんですね。
魅力感じる職場環境も利益。
 
社員同志が、意志疎通良好なのも利益。
 
社員が主導権を握って仕事をやって行くのも利益。
 
また、人に依っては、出世、肩書きも利益。
 
気軽に休暇が取れるのも利益。
 
歳を重ねると、将来の保障も、安心という利益です。
人間が先ず望むのは、生活の安定です。
 
そして更に求めるのは安定の永続性です。
 
だから、能力に応じて職を与え、働きに応じて扶持を与えるんです。
 
長年会社に仕えて来ても、能率悪く人を使えない社員に地位を与えてはいかんのです。
 
能力の乏しい上司に付いている社員ほど、哀れなものは無いと思う訳です。
 
だから、そういう人には、地位以外のもので、その労を報いてあげてほしいんです。
 
また、社員は毎日同じ仕事を繰り返すんですよ。
 
その中で生き甲斐を持つことは難しいことです。
 
その心中を察してやらんといかんと思うとります。
 
社員に利益を与えられない上司には、部下は付いて来ないもんです。
 
が、また努力をしない者に、利益を無闇に与えると甘やかすことになります。
 
だから、上に立つ者は高い見識と教養と品性が要求されるんです。
 
生涯懸けて身に付けていかんならんですね。