2015/11/27

「香川湧慈のインスピレーションメッセージ平成27年11月27日

事業の目的は
「適正規模の確立」
 
経営の目的は
「経営理念の実現」
 
という人生観でずっと挑戦しとります。
 
事業の目的は金儲けであり、お客さん作りである。と思って仕事をしている人達多いと思います。
 
その実現の為に、やってる事業の「あらゆる適正」を考えて来ました。
 
自分の理想形態を描いて来たからそれに向かって邁進出来てるんです。
 
皆さんは、自分の生き方の理想形態を描いてますか?
夜寝て、朝起きたら理想になっとった、って有り得んでしょ。
 
自分の人生の理想形態は、自分の人生、どんな生き方だったらカッコええなぁ!ということを想像することで、徐々に描かれて来るもんです。
 
だからワシは、生きる基盤となる事業の「適正規模」を確立したいと思うたんです。
 
年間どれくらいの粗利益があれば理想なのか。
 
商品数は?
 
社員の人数は?
 
勤務時間は?
 
得意先の数は?
 
どんなお客さんだったら、気持ちいいのか?
 
設備は?
 
社員の給料及び待遇は?
 
何十年の間に、どんな事業が心地好いのか?
 
そういう風に自問自答していく時間を持ち続けると、ワクワクして来ますよ。
 
人生の「核」を自ら作らな、おもろないと思うんです。ほんまに。
 
核つまり、芯、理念、志、信念やね。
 
こういう人生を歩みたい。こういう人生が納得ゆく。という「人生の核」です。
 
核が形成されない限り、
あなたの理想は「砂上の楼閣」になってしまうと感じます。
 
砂上の楼閣=基礎がもろく、長続きしない。と言うことや。
 
あと話は変わりますが、
つい先日、仲の良い経営者仲間と、岩手県から帰りの新幹線で話したことなんですが。
 
「なぁ、見てる人は見とるっちゅうことやなぁ。」って。
 
ワシの知人の昔の話をしました。
 
60過ぎて商売も羽振り良く、調子に乗ってました。
 
アホなことしたから、
奥さんに愛想尽かされ離婚。
営業は彼がやってたけと、技術の商売やから、それを奥さんが仕切ってたので、本人仕事が出来ず、廃業。
あげくに、お母が90歳で入院。
 
ワシに半べそで電話があり、自宅は取られ、店も無くなり、ドン底状態。
 
その一報聞いてワシは新幹線で大阪へ。
 
彼いわく、香川君だけや!来てくれたんわ。
あんだけ仲良う付き合っとった他の人、しかも地元の連中誰も来うへん。
 
まぁ俺が悪いんやけど。って泣きよりました。
 
本人、生活の為に焼肉屋にパート。時給800円。
 
60過ぎの身体には、体力続かずヘトヘト。
 
毎日病院へ、お母の看病。
それを見てたんですね。
そこの大きい病院の院長が。
 
突然、院長、彼を呼び、お仕事何されてるんですか?って。
 
事情説明したら、その院長、うちの病院の正社員になりませんか。でお年寄りのバスの送迎してくれませんか。
 
あなたのような毎日、見舞いにお母さんの為に来てる優しい方は今時中々おりません。
 
うちのお年寄りにとっても、あなたの人柄が相応しい。良ければ採用したいんです。もちろん正職員として。
 
お給料は月20万しか出せませんが。
 
って。泣きがらワシに電話くれました。香川君、こんなことあったんや!って。
 
ワシも電話口で泣きました。
 
見とる人は、見とるでぇって、先日新幹線の中で経営者仲間に話したという話です。
 
天は、必ず見てくれてる!
あなたは、天から見られて恥ずかしくない生き方してますか?!
 
過去は済んだ事。
 
今、あなたが、どう生きてるか。どう反省してるか。
反省とは、二度と同じ過ちを起こさないことで尚且つ、どう改善したかの証拠を見せて初めて、反省した事になるんですよ、皆さん!
そんなことを見られてるんちゃうかなぁ。と感じたということです。