2015/12/18

「香川湧慈のインスピレーションメッセージ平成27年12月18日

やっぱり、人生哲学を毎日のように深めてゆくのが、ええと思います。
 
調子がええ時に、ついつい下手打つ人や、
会社の業績は良いのに社員からの信頼を得れてないなぁと感じる人を、
まぁまぁ、見聞きして来ました。
 
ワシに言わしたら、たまたまや、その売上は。
 
商売当たって、年商うん十億。
 
無意識に、自分より規模が小さい会社や人を「心ここに在らず」になってるなぁと感じてしまう人が、
まぁまぁおるんですよ。
 
その心境に落とし穴があるんです。
 
自分が得意で、上手く行って来たことが、いつしか、
ゴールデンルールのように錯覚してしまうんですよ。人生哲学の乏しい人は。
 
大事なことは、
 
なぜ上手く行ったのか、を振り返って考え抜くことやと思います。
 
セレンディピティ(偶然な幸運な出逢い、という意味と、
そこから見落としせずに学び取ることが出来れば成功に結び付く、という意味)
が、セレンディピティに成らないんです。
 
売上が伸びている状況だけ見て、成長していると勘違いせんように手綱を引き締めんと、
ひょっとしたら、その売上は単に膨張しとるだけかも知れんのです。
 
膨張は、風船と同じ。
 
針の一刺しで、割れてしまうからです。
 
各責任者が周囲に急な変更を告げた時、  
 
周囲が「理由は分からんけど、ハイ分かりました!」と、
自分が何をすべきかを瞬時に考え、行動しているでしょうか?
 
これが出来ているのは、
信頼関係が出来ているから出来ることなんです。
 
グループで活動している歌手やバンドを観ていても感じます。
 
サザンオールスターズも、ライブの打合せ中に桑田が突然、
ココこう変更するから、と指示すると昨日まで言ってたことと違うことだとしてもメンバーは瞬時に、
それを活かす為に自分の役割を考えている感があります。
リーダーの桑田佳祐に対するメンバー全員の信頼感が強いからやと感じます。
(サザン密着400日っていうTV見てて感じたこと)
 
「問答無用」が通用する間柄が、信頼関係の証しです。
会社も同じ。
 
社員が苦手なことでも、
自分の上司のことが好きなら、問答無用ですよね。
 
ハイ、スグやります!
 
って「この人の役に立ちたい!」って脳が瞬時に感じるもんです。
 
上司の人達へ、
 
もし自分の指示にスグ行動してくれない部下が居たら、それは、あなたのことを、
そんなに好きじゃないんだと思って、人間的魅力をもっと身に付ける努力をするしかないんだ。
と受け止めましょう。
 
人間の本質なんですね。
 
好きな人の為ならぶつぶつ言いながらでも、役に立ちたいと行動してしまうもんなんです。
 
人間的魅力を略して「人間力」と言います。
 
ワシは昔から「経営は人間学」やなぁと感じながら、会社経営して来ています。
永遠のテーマですよ。
 
だから、資金繰りに窮々している時でも息切れしないで歩めてるんだと思うのです。
 
つまり自分の心境が、永遠の世界につながっていないと、息切れするもんです。
だからワシは、社員や友人に、死生観を持ちなさい。と言い続けています。
 
それが、本人の心を安定させる心の持ち様だと思うからなんです。
 
さぁ、あなたは、
 
どんな死を迎えたいですか?
 
死生観を確立してゆくと、お金の使い方や人間関係の在り方が、自分の中でスッキリして来ますから。
 
死生観を深めてほしいなぁと思った今週でした。