人間は生まれながらにして誰しもが「徳」を持って生まれ出でていることに間違いない。
と思うのです。
 
しかし、その生来の気質は皆相違があり、殊に「私欲」に傾く行動になりやすいから、
生来の性つまり徳を知り、身を修めて行かなければ、その持って生まれた徳が全うされることはないと思うのです。
 
だから、上に立つ者(親、社長、幹部)は子供や部下の持って生まれて来た徳を発揮させてあげる
環境を創ってあげることに全身全霊を傾けることが愛情じゃないかと思う訳です。
 
その為には、自分自身の徳は何なのか?を見つめてみる。
 
徳=良心=特性と捉えるといいと思います。
 
そして、子供や部下の徳は、何だろうか?と考えてあげる洞察力が必要になるんですね。
 
「人間洞察力」です。
 
自分が「人間とは何ぞや?」という哲学を深めながら、相手の「ちょっとした事」を観察していれば、
洞察できて来るようになります。
 
哲学を深めるには、やっぱり実生活で苦労しながら、人に揉まれ、古典を学び、
仕事を究めて行くしかないと思います。
 
そして後、相手の内在する、本来生まれ持っている徳を見つけてあげるんです。
 
その徳を本人が発揮できる環境を創って行こうとするあなたの想いと行動が幸福を呼ぶとしか思えません。
そういう環境を創って行こうと努力しているといつしか、その人達(子供や部下)が自主性を、
つまり自分の徳を無意識に発揮するように成るんですよ。
 
ホンマに。
 
だから、あぁ有り難いなぁ、という感情が込み上げて来ます。
 
そう考えれば、何も難しく考えることは無いんです。
あなたが、今日から自分の子供や部下の「徳」を見つける感性を持てばええだけなんです。
 
徐々に分かって来ると思います。
 
そして「本物は必ず生き残れる」と信じることですね。
 
その次に「本物に生まれ変わろう」と決心すること。
そして「本物とは一体何だろうか」と考えること。
 
誰でもが当たり前と思っていることを、徹底してやり切ることが出来ることが、
本物に生まれ変わる道なんと違うかなぁと思うのです。
 
そうでしょ。
 
本物とは一体何だろうか?と考えもせん人が、本物に近づくとは思えないのです。
 
中に極々わずか、そんなこと考えんでも本物を地で行っている人もおるやろうけどね。
 
今週の結論、あなたの身近な周囲の人達の、持って生まれて来た徳って何なんやろうかねぇ、
と考えてあげることを始めてほしいのです。
 
 
政治政策に関して、単純に思うこと。
 
先ず年金問題。
 
何で、年金受給該当者が働いて収入を得ていると年金減らされないかんのか、が問題や。
 
これでは腑抜けな60代を助長してしまう愚策やと思います。
 
一般的に、働いたら損する政策だから(年金減額)、
働ける身体なのに、ブラブラしてしまう。
 
で、体力も気力も弱り病院に行く人多いわなぁ。
(だから医療費増える)
 
ワシなら60歳以降の人達に、元氣で好きな仕事を持ち、終身現役で働きましょう。
と広報政策を打つなぁ。
 
「安心して下さい。りませんから(笑)。」って。
 
つまり、いくら稼いでも、年金は減りませんから、という施策にするなぁ。
 
いわゆる定年後の人達に、生き甲斐、働き甲斐のある仕事を持って、
終身(死ぬまで)現役を貫いてほしいと思うんです。
 
やっぱり死ぬまで活き活き働いていた人を見ると終身現役なんよなぁ。
 
有名人ではアンパンマンの、やなせたかしさん94歳、
げげげの鬼太郎の、水木しげるさんも93歳ですよ。
 
亡くなる前日まで働いていたと放映されてたしね。
 
人生に定年なんてあるかい!んだ時が定年ちゃうの?
国民の多くが終身現役を、実現出来れば、所得税は、増えるし、年金も減らないなら、
バリバリ働く人も、かなり出て来ると思うんです。
 
また、活き活き働いている人は病院にも行かないから、医療費のかなりな削減が出来るしね。
 
年金受給該当者が終身現役で働く世の中になれば、
所得税の増収は勿論、その人達もお金使う訳やから、消費税も増収になるから、消費税率を3%に下げれるんちゃうかと思うんです。
で、病院行く人かなり減るなら、医療費削減になるんやから、年金は減らしたらいかんわなぁ!
 
やる気を削ぐ政策は愚策です。
 
60歳過ぎて働いて収入がそこそこあれば年金減額になるから、一般的に、いわゆる普通の人達は、働ける能力があるのに、働かなくなるんやと思うんだけどね。
そう思いませんか??!!
また、一年間健康保険使わなかったら、掛けた健康保険料を何割か還付する政策にしたら、
日々の健康にも予防に心掛ける習慣が風土になる可能性大だと思うんです。
 
また18歳から選挙権が与えられるっつうのも、18歳がどうこうじゃなく、
一定の年齢が来たら選挙権が与えられるというのも、どうかと思います。
 
これは中々難しい課題なんやけど、何かもっと工夫がないんかなぁと思います。
世界の先進国の選挙が皆、一定年齢が来たら、全員に投票権を与えている。
 
まぁこれが民主主義なんやろうけど。
 
例えば、自ら働いて納税していなければ選挙権は無しとか。
 
まぁ、病で働けていない人には、こうこうする。とか。
 
誰でも彼でも選挙権を有するというのは、どないなもんでしょうか?
 
まぁ、選挙権は、致し方無いとしても、選挙に立候補する人に、国家運営の政策に関する試験を実施して、その試験をクリアーした人が立候補出来るようにしたら、今よりは、ちゃんとした考えを持った議員になるんじゃないかと思う訳です。
誰でも彼でも立候補出来るというのは、どうかと思う訳です。
 
人生哲学も持たない人が、金銭欲、名誉欲、地位欲に魅せられて立候補する人も事実居るからです。
 
中には、自分の商売が危ういから、議員にでも成ろうかという不届きな輩(やから)も居るのも事実やと思うんです。
 
また、現在の小選挙区制というのも、小さい選挙区の中で、わずか数人の中から選ばないといかん訳やから、失礼ながら、どの候補者も「この人!」と思える人が居なければ、誰も投票したいって思わないわなぁ。
ほんまに。
 
ワシは、中選挙区にして、党を越えて一人の有権者が複数人選べる、連記制にし、立候補者は、
ある基準をクリアーした人達で選挙した方が、今より投票に行く人が増え、政治に関心持つ人が増えるんちゃうかなぁと思う訳です。
 
ひょっとして、国民に政治に関心を持ってもらったら困る国会議員が多いから、
選挙制度の改革を法案化しようとしないんかもね。
 
世の中百点は無いと思います。
 
有るのは、ベターです。
 
だから何事も「ベター」を選ぶのが、生活に充実度を増すんじゃないかなぁという思いで歩んでいます。
 
ベターとは、昨年より今年。
今年より来年。
 
よりベターに、を心掛けるんです。
 
人間としてのクオリティーを上げて行くんだ!と強く心に誓って自分で自分を奮い立たせてほしいと願います。
 
「人間としてのクオリティー(品質)を上げる」
 
いい言葉やと思いませんか。
 
世の中の政治に携わる人達が、この「人間としてのクオリティー」を毎年、上げて行ってほしいし、
有権者のクオリティー(品質)も、上げて行ってほしいもんです。
 
仕事も会社も生活も人間関係も全て、各人の「人間としてのクオリティー」を上げて行こうとする思いと言動に尽きる!と感じた今週でした。
 
 
 
人間は誰しも「へらこさ」が心の中に存在します。
ワシにも在る。あんたにも在るやろ。
 
それが消えることは無いんだけど、見えなくすることは出来るんです。
例えばあなたの「へらこさ」が、墨だとしましょう。
コップの水に墨を数滴垂らすと黒く濁る。
その濁った水をプールに入れたら、墨は物質的には在るんだけど、目には見えない。
つまり、あなたの心に在る「へらこさ」は無くならないが、
それの何百倍、何千倍、何万倍の綺麗な水を増やすことで、
あなたの「へらこさ」は表に出て来ません。綺麗な水を心に増やす心の学びを止めてはいかんのよ。
何の為に「学ぶ」のか知っとりますか?
 
一言で言うと、自分の心を澄み切ったものにし、周囲の人達の幸福に、お役に立つ為に学ぶんです。
 
それ以外、無い!んですよ。学びの本質に「私利私欲」は存在しないんです。
 
色んな事で気疲れしてる人に教えてあげます。世の中の全ての問題解決のヒントは「家族」にあり。なんです。
どういうことかと言うと、本来、家族に「損得勘定」
「権利意識」は無い、間柄なんです。
そうでしょ。
 
まぁ誰しも、自分の子供に「してやりたい」という感情は湧いても「してもらわな損やわ」っていう感情は湧かないもんです、普通は。
だから、あなたの社会生活に於いて、人間関係に損得勘定や権利意識が浮かんだなら、
一旦「本来の家族」に置き換えて考えてみるんです相手のことを。
 
そしたら、解決のヒントが浮かんで来るようになっているんです。
例えば、家族の長は、家族の幸福だけを考えているものです。
 
そこに損得勘定や権利意識はありません。
まともな親は、ね。
 
会社の長である社長も本来は同じです。
 
ワシが一番好かん(嫌な)人は、世話になってる人に対して、損得勘定を抱く人です。
人間として一番見苦しい!また妬み、やっかみを持つ人は、肌に合わんのです。
不細工(ブサイク)やなぁと感じてしまいます。
 
例えば、心の様相として、「もらわな損」とか「業務以外は、したら損」とか
「あの人、社長に良く見られようとして、あんな事までして」とか言うてる人、おるでしょ。
まぁ、心が貧しい人やなぁと感じてしまいます。
 
「言う、なっ!」って思うのよ。
 
社長の皆さん、そんな社員居ませんか?
 
上に立つ者は「願うしか」ないんですよ。
 
自分で気付いて、悪い癖を克服してくれよ、と心で願うしか、出来んのです。
それが親心と言うもんです。
だから、心貧しい人に対して、思いやりの心で接してほしいのです。
心中察してあげて、心の貧しさからの脱却を願ってあげてほしいのです。
その人は更年期障害かも知れんしね。心の幅を持って接しましょう。
 
大ヒットした、テレビドラマ「下町ロケット」見た人多いでしょ。
まぁテレビやから、と思わずに、何からでも自己成長に取り入れな、いかんですよ。
あのドラマの社員達は勤務時間は勿論、勤務時間外でも会社のことや、
仕事のことを無意識的に話題にしてたと感じるんです。
 
ウダウダと勤務時間中に、どこかの暇な職場のように、プライベートな話題ばっかりしてる人達とは明らかに、心の純情さ、綺麗さが違うと感じてしまいます。
(業務がギッシリの職場、例えば工場勤務や、頻繁に来客があるサービス業には、そんな時間無いんですけど、業務に手が空く職場では、よくあるんですね)
 
誰しも、心の純情さ、綺麗さを備えているのに、それが発露しないまま職場生活をもし、
終えたとしたら、
何と「もったいない」時間を過ごしたか、自分の命に対して罪な事をしたか、ということを言いたいのです。
あなたの無意識の悪い癖を克服するチャレンジを教えますから、一週間でええからやってみて。
 
一週間、勤務時間中一切、プライベートな話題、愚痴禁止週間を作ることにチャレンジしてみるんです。
まるで、タバコ吸う人が、禁煙にチャレンジした時に禁断症状が起こる感覚になると思うけど、
そこをグッと踏ん張って、やってみるのよ。
 
そしたらあなたの「天の声」が聞こえて来ますから。
天の声とは「この世」じゃない周波数の違う世界からのメッセージと捉えると良いでしょう。
 
これを「無死の知らせ」と言います。
死の無い世界を「無死」と言います。
無死であって虫じゃないですよ。
「ムシの知らせ」って昔から言われてるけど、ムシは虫じゃなく、無死ですから。
あなたの無意識の悪い癖を克服するチャレンジをしていたら、禁断症状が起きて来ます。 
 
そこをグッと踏ん張っているとご褒美を「無死の知らせ」として、
あなたの心にインスピレーションとして与えられますから。
 
頼むから、嫌な人間に陥らんといてなぁ~。
「へらこい」人間に陥らなんといてなぁ~。
人相に出ちゃうよホンマに。
言うときますが勤務時間中にプライベートな話題すらしていない職場は、
問題なんです(ギスギスしてる間柄だから)。
 
人間関係の潤滑剤として、勤務時間中のプライベートな話題は、大いに結構なんだけど、
節度が大切。
 
高校野球で例えるなら、
甲子園出場を目指しているチームなんだから、単なる仲良しチームじゃ、ダメなんです。
強くなる為(仕事)の話題に皆の心が向かなくちゃ。
 
会社で言うと、仕事の話題が95%でプライベートな話題が5%くらいというのが、
正常と言える職場ですよ。
5%は24分間(8時間=480分の5%=24分=1時間に3分)やからね。
まぁ、いかさま準備をちゃんとせん人の多いこと。
 
ちょっとした事の準備を、ウッカリしとる人のことを言うとるんです。
 
自分のことやのにねぇ。
 
ちょっとした事の準備を、忘れずにしてたら、要らん二度手間、三度手間、せんで済むのに。
 
「クレームの生まれる元は、まぁいいか。」
という安易な思いなんです。
 
ちょっとした事の準備を、怠る人って、自分を大事に思っていないのと同じなんです。
 
また同時に相手に対する思いやりの心が欠けてるんですよ。本人悪気はないんだけどね。
 
「ついウッカリ」を何年も続けているんよねぇ。
反省心が欠如してるんですよ。
 
反省とは二度と同じ過ちを犯さないことと、
どう改善したかの証拠を見せて初めて反省と言うんですよ皆さん。
 
皆さん「ちょっとした事」に心を向けるだけで、ええのよ。
 
何で向けんのかなぁ?
 
と感じる人、ほんまに多いわぁ。
 
大それた事言うとるんやないんです。
 
日頃の「ちょっとした事」に心を向ける習慣を身に付けると、清々しい生活に変化するのに。って思うんです。
コツは、誰でも意識さえすれば出来る心構えなのに。

ワシは昔こんな表現を社員に言うてました。
 
赤ちゃんが、すぐそばで居てて、台所仕事してる感覚で業務をせえよ。
そういう意識が「業務が仕事」に成るんやぞ。って。
普通の世の中の赤ちゃんの居る家庭の主婦は、誰に言われたまでもなく、
本能的に赤ちゃんに気配りしながら自分のすべき用事をしとるじゃないですか。
 
ちょっとした微妙な変化を感じ取る感覚は誰しも身に付いているはずなんです。
ボッーとしとったらいかんですよ。
 
ボッーとするのは、湯船に浸かってる時がええのです。
 
リラックスのひとときですから、風呂は。
 
昔の人の教えは真理を突いてるなぁと感じます。
 
「段取り八分」って、昔から言われてるよね
 
段取り=前準備です。
 
明日必要な物は、玄関の靴の前に邪魔になるように置いておく、とか。
(玄関に置いておくだけではいかんでぇ。急いでたらスルーしてしまう可能性あり、やからね。靴の前ならウッカリを防げる。)
 
事前に車に載せておく、とか。
 
気付いたらスグにメモする、またはパソコンにメールしておく、とか。
 
毎朝必ず手帳を観る、とか。
 
自分の思い込みで、準備や確認を疎かにして、物事を進めないことが肝心かと思う訳です。
 
「まぁ、いっか。」は、甘え、軽率さの現れです。
 
あらゆることに、準備は?と振り返る心の習慣を身に付けましょう。
 
自分の心の幅が拡がりますから。
 
日頃の何気ない些細な準備が大切なんです。
 
準備する者だけが、
 
チャンスを掴めるんです。
心の準備(人生の覚悟)、事の準備(段取り、確認)。
 
準備を怠らないようにするだけで、あなたの人間的魅力が増幅するのに、、、。
と思った今週でした。