すべてはあなたの、ものの考え方、捉え方で人生が左右される。

およそ、多くの人が会社で仕事をしている。

人生の長い時間を、家族よりも職場で過ごし、歩んでいるはず。

まともな経営者は、全身全霊で経営目的、つまり全社員の幸福な人生の為に、あらゆる事を考え、

実行方法を考え、社員達に任務を与え、社員達に理性的納得と感情的納得を得られるよう愛情を

以て、指導し続けているものです。

それを受ける社員の、捉え方で、成長して行くか、不満に感じるか、に分かれるもんです。

成長する社員というのは、他人と比べる意識を持たないし、比べないもんです。

例えば、指導者から注意された時、何で自分ばっかり、とは思わないもんです。

責められているとは感じないもんなんですね。

自分の出来ていないところを鍛えてくれているんだ、と捉えるもんなんですね。

また過去の自分と比べる思考をするもんですね。

まともな経営者は、社員達に、こう言うているはずです。

社長の考えを理解する努力をしてくれぇ、と。

「社長の考え」とは、経営に対する考え方、つまり、仕事のやり方、経営方針、人生の幸福に対する

考え方のことです。

注意されることも本人の捉え方によって、その後の人生が左右されて来ます。

指導者から見ると、出来ていないから、注意する、社員の成長の為に叱るんですね。

そしてチームの成長の為に叱るんですね。

出来てたら、注意も叱ることも、せえへんもんです。

オリンピックのメダルを導くような監督や指導者は、皆厳しく指導しています。愛情があり有能だからです。

厳しいのは、本当の優しさの現れですね。

優しさがなければ、厳しくは出来ませんから。

責められている。と捉えるか、出来ていないところを鍛えてくれていると捉えるか、

すべては自分次第。

会社の苦しい時期に身を削って共に耐えてくれた幹部社員というのは、

他の社員の見ていない所で、社長から徹底的に、考え方、捉え方を魂に叩き込まれているもんです。

相当、キツイ事を、そこまでやるか!ってところまで問い詰められているもんです。

単に業務レベルの注意じゃないんですよ。考え方、捉え方、生き方、価値観をトコトン発信されていますから。

他の社員達が知らないだけなんですね。

そういう幹部を社員の見ている所では叱らないもんです。

そういうのを社員は知らないし、気付きもしないのが普通ですよ。

幹部は、社長の発信に、カチン!と来ながらでも、ちゃんと理解してくれて、

社長の心中を理解してくれているんですね苦労を共にした幹部というのは。

だから社長の心が救われるんです。

そうでしょう、自分のことを心底理解してくれていると感じられたら、心は救われますよ。

親の心、子知らず。を感じた時、親は孤独感を味わいます。

愛情ある指導者も親と同じ。親の心中を理解してあげてほしいのです。

愛情ある指導者(社長)だと感じるところが少しでもあれば心中を察してあげられるものなのに、

指導者の愛情が分からんようじゃ、モノに成りませんね。

逆もまたそうです。

心中察してくれるだけの器がある社長ですか?指導者ですか?あなたは。

人生一度きりです。

鍛えられて、モノに成る努力と、考え方、捉え方をして行きましょう。

それが、人生を歩むということやと思うのです。

人生は、何となく過ごすものでも、送るものでもない!と思うのです。

歩むとは、自覚と責任感のある考え方で仕事をしていることを指します。

多くの社員の皆さん、あなたの会社の社長は、厳しさの伴った優しさのある社長ですか?

それとも、、、?

愛情のある社長というのは皆、理想を発信しているもんです。

社員達の業務ミスを通して、社員の心構えを説いているんです。

ものの見方、捉え方を説いているんですね、ワシは。

だから理想に対して積極的摩擦が時には必要なんです。

社長と社員達の、理想実現に対して、積極的摩擦を恐れてはいかんのです

全社員の人生が掛かっているから全身全霊で指導するんですね。

理想に対して積極的摩擦を起こしていると、結果「雨降って地固まる」に成って来ますから、

ほんまに。

目に見えない縁が深い者で、共に仕事が出来ている状態が幸福と言うもんです。

「なぁなぁ」では、地は固まりませんから。

あなたのものの考え方、捉え方で、あなたの人生が有意義に成るか、成らないかの分かれ目になります。

自分だけが責められていると、決して思ってはいけません。

出来ていないところを鍛えてくれているんだ、と捉えるから、成長できるんだと、思います。

モノに成る人は、真正面から物事に取り組んでいますよ、例外なく。

斜めから見るような人にモノに成る人はいない!

仕事はプロに成る努力が絶対に大事で大切なんです。

自分の人生を有意義にする為に。

縁あって共に歩む会社の全員の人生を有意義にする為に。

プロの世界に生きている訳です、お互いに。

よぉ~に、心に留めておいてほしいと願います。

そう捉えていると、あなたの心が愛で満たされる感覚になって来ます。

そんな感覚になった時、ただ感謝しかないという心境になりますよ。

心が愛で満たされた時、ただ感謝しかない。

そう思いませんか。  
「普通」って言うのは、全体の80%くらいの人達が思っていることや、やっていることを総称して

「普通」と言うんだと感じます。

「普通」はつらいよ。と思うんです。

ワシは「いわゆる普通」は、好きじゃないんだよねぇ。

だいたい「普通の人達」というのは、自分が損しないように、自分の金儲け、

得することに一番の神経を使うんですよ。

自分の縁深いであろう、周囲の人達の人生の幸福のことなんか関心が乏しい人達なんですよ。

と前置きして。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
音楽アーティストの一流と言われる人達の共通項は、良いステージにする為に、

トコトン細部に神経使いまくって、リハーサルでも詰めて詰めて、疲労度は高いが、完璧を目指して

いる。って感じがしますね。

これが「仕事」と言うものです。当たり前ですが。

一般的な「普通」の人達は、こういうトコトン念入りに業務をやっていないと感じます。


あなたは、日々の業務にここまで自分の神経を、集中させているかっ!と言いたいのです。

それが「仕事」に成るんです。作業じゃないんです。

仕事に成っていない限り、心は楽しめないですよ。と言いたいのです。

準備に全神経を使うのが当たり前なのに、それが出来てない人が多いと感じますね。

トコトン全神経使って、業務をこなすから、仕事が出来て、充実感が湧くんですよ。

本当のリラックスが味わえるんじゃないかなぁと感じます。

目的に対して、全神経を使っている言動を習慣化していると、実は氣配りが自然体で出来る人間に

変化してゆくんですよ。

ここ肝です!

目的に対して、全神経使って業務をするんです

氣配りの人間に変化してゆきますから。

いわゆる「変な気」を使っている人は、いつまで経っても、自分らしく成れないと確信しますね。

ワシが昔から口酸っぱく言うている「気を使う」と「氣を配る」の違い。

気は使うな、氣は配れっていう意味の説明をします。

気を使う人って「普通」の人なんです。

だから普通は辛いよ、って言いたいのです。

普通の人達というのは、その他大勢の80%の人達のことを言うとるんです。

気を使うと言うと、相手の喜ぶことをしてあげる。って捉えがちですが、違うんですよ。

気を使う人って、自分が良く思われたいという、深層心理が働いているんですよ。

氣を配っている習慣が身に付いている人達というのは、相手が喜んでくれるのが自分は嬉しい。

っていう深層心理なんです。

「してあげたい」と思ったから、してあげているんですね。

義務感や、自分が良く思われたいという保身心でしてあげているんじゃないんですね。


その心情に、保身(自分が良く思われたいという心理)は微塵も無いんですね。

してあげないと自分がどう思われるかを気にしている「普通」の人達が、ワシは好みじゃないんです。

その他大勢の人達を普通の人達と言うんです。

ワシは100%の中の20%だと思います。

だから普通(80%)の人達からワシを見ると、変わった人に映ると思いますよ。

普通の人達は辛いと思いますよ。気を使ってばかりやからね。

疲れると思いますね。

何故?本心からしたくないのに、気を使ってするのかねぇ?

自然体じゃないのにねぇ。

ワシは自然体じゃない人達とは、どうも合わないんよなぁ。

ワシの言う「気を使う人」って、深層心理がケチ臭い人やと思います。

ワシは、ケチ臭い人が好かんのです。ハッキリ言うて。

誰だって、ケチ臭い人は好かんでしょうに。

何故あなたは、保身心を持つの?ケチ臭い人間に陥ってしまうで。

思いやりの深い人って、自然体で氣配りが出来てるなぁと感じます。

変な意味での、他人にどう思われるか?って気にしてないんですね。

自分の人生に責任と覚悟が備わっているからだと思うんです。

皆さん自分の人生に責任と覚悟の備わっている人、嫌いですか?

自分がそうありたいって思いませんか?

そういう人間に成れたらいいなぁと思うなら、

だったら、今から気を使うの止めましょう。

氣を配りましょうや。

もう一度言います。

気を使う人は、自分が良く思われたいから、相手に何かしてあげないといけない、と思ってしまい、

自分の心が疲れて来ますよ。

氣を配れる人は、純粋な心から、してあげているんですね。

お金の損得を感じないんです。だから、心が疲れないんです。

人間関係は気持ちと気持ちの関係じゃないでしょうか。

気持ちが有れば、何も、お金出して何か買ってあげる。だけじゃないんですよ、

そこが気を使う人は全く分かっていないんですね。

お金でなくても、気持ちが有るなら、プレゼントというのは、何か買ってあげる以外に、あるでしょう。

また言葉の贈り物だって出来るはずです。

あなたは、言葉の贈り物をしてあげたいとも思わないんでしょうかねぇ?

どうか「普通」からの脱却をしてほしいっ!と強く思います。

そういう努力をしないと、いつまで経っても、心スッキリにはならないでって!訴えたいね。

特に、うちの社員達には、その他大勢の「普通」の人になってほしくないんです!

だから、自分との戦いに打ち克ってほしいと、いつも祈っているんです。

だから、社内学校や毎週のメッセージや、日頃の業務を通じて、発信し続けているんです。

心自由な生き方や考え方、捉え方を。

それがワシの気持ちであり、願いであり、役目、役割だと思っているのです。

あなたは、どうですか?

「叱ってやる親切」について

ワシの考える「叱る」という5ヶ条は、先ず幹部としての責任を強く自覚することです。


次に、部下より優れていること。

そうでしょう、部下より劣っていたのでは叱ることは出来ません。

3番目は、部下に対して愛情を持ち、親切心から発する叱りであること。

同じ叱っても、愛情を持っての叱り方には情があります。涙があります。

叱る側に、涙が欲しいのです。

叱る時に、個人的憤りが混じっていないかを反省して欲しいのです。

涙がある、情があるというのは同時に自分の個人的憤懣をぶつけることになっていないか、

を考えることです。

4番目は、自分の主張について信念を持ち、独善的でないこと。

自分が正しいと思うからこそ、叱れるものです。だから、正しいと思うことに独善性がないか、

独りよがりがないか、自分だけの屁理屈で、自分が正しいと思っていないかを考えること。

5番目最後に、部下にその過ちを自覚させる説得力を持つことです。

その過ちを悪かったと思わせなければ、説得力にはなりません。

部下に仕方なく「すみません」と言わせるのでは、説得になりませんから。

叱ることは誰しも嫌なことです。

しかし、これらの条件に当てはまった人に叱られると、叱られた人は快感を覚えるから不思議なものです。

叱られて胸がスッとするから不思議なものです。

現代社会の欠点は、部下を叱ってやる資格と勇氣を持つ人が少なくなったことです。

倒産会社の社員は、叱られたことがないと言います。

魅力ある統率者というのは、批判も出るが人気も出るという一見矛盾するものを持っています。

荒々しいけれど反面優しいというように、、、

つまり、自分の良いところだけを見せようとするな!ということです。

いつも化粧しているような人生は送りたくないんです。ワシは。

自分が明け透けになれないような人生はごめんですね。

人を叱る時に、ワシが心掛けて来たことは理性的納得と感情の納得をさせて来たつもりです。

理性は、人間の考え方に方向性を与えますし、これを推進させるのが、感情です。

理屈で納得させて、感情でも納得させる。

どちらか一方では、上手く行きません。

理性的納得と感情的納得が出来た時、人は自分の全能力を発揮するもんですからね。

ほんまですよ。もしあなたの部下や子供が、自分の全能力を発揮しようとしていないなら、

それは理性的納得と感情的納得が出来ていないんです。

綺麗な所ばかり見せる必要はないんですよ。却って少し矛盾した面がある方が、世間は、相手は、

魅力を感じてくれるから、世の中は不思議なもんです。

やっぱり、心の裸、本氣でみんなをより良くしてゆく言動、筋が通っていて、

感情が納得ゆくように叱ってやるのが愛情です。

それを実践するには相当の勉強、人間とは何ぞやの勉強を毎日ちょっとはせな、身に付かんと思います。

将来に役に立つ勉強をしたいと思う気持ちないんかなぁ?

勉強せんと、どうでもええような事に関心が多い人に言いたいわ。

人間百点はないんやから、上に立つ者は部下を叱ってやる親切を忘れてほしくないなぁと思った
今週でした。

これ、会社や組織だけでないですよ。

家庭でも一緒やで。

人は誰しも、誰かに対してのリーダーなんやから

他人事(ひとごと)にしたらいかんで。

他人事を「たにんごと」と読む人がおるのにはびっくりしたわ。

日本語勉強しましょう、日本人なんやから。

そうそう、ニュースで見るけど、小池都知事の心中察しますね。

豊洲新市場移設のニュースです。

都庁職員の他人事のような業務振り。

都知事として頭に来るのは手に取るように感じますね。

ワシが先に述べた「叱ってやる親切」とは、こういう場合のことじゃないですからね。

飽くまで、身内(社員や家族や友人)に於いて、というのが前提です、

ワシの言う「叱ってやる親切」というのは、よ。

時々思います。

いや、思わざるを得ません。

いわゆる親方日の丸の中で居る人達の、
他人事のような思いで業務をしている人達が居るというニュースを見るに連れ。

小池都知事、憤懣溢れている心情、よく理解出来ますよ。

この憤懣は、先に述べた「独善的や独りよがり」とは意味が違いますからね。

正義感から来る義憤です。

何が言いたいか。

あなたの憤懣は、正義感から来る義憤ですか?

それとも、独りよがりの憤懣ですか?

つまり、何でも一律じゃないんだ!ということです世の中は。

あらゆる判断に、その区別が出来る人間にお互い成りましょうという、メッセージを贈ります。

世の中、悪い人間よりも、分からん人間が増えることが困るんですよホンマに。  
およそ「節約」するとか「辛抱」するということに、皆の「喜んで協力」を得ようと思うなら、

積極的価値ある目標を提示していないと、ハイ喜んで。とはなりませんよと言いたいのです。

節約、辛抱、苦労は、皆の、もっとより良い生活の為にするもんですからね。

あなたは、周囲の人達に節約、辛抱をお願いする時に積極的価値ある目標を発信していますか?

それ、せなぁ、誰が納得して、しかも喜んで協力してくれますか。

積極的価値目標を考え抜くところに、希望が湧くんです。

工夫が生まれるんです。

そしたら、苦楽共有が出来て、結果皆が充実を味わえるんです。

楽したいと簡単に思う人は、軽い人やと感じます。そもそも人間が軽いんですよ、

そう思っている内は。

楽が邪魔して楽成らず。

になりますよ。

楽せぬ楽が、ほんまの楽なんやけど、分かるかなぁ~、分かんねぇだろうなぁ~(笑)

このフレーズ、かなり昔のお笑い芸人の決まりギャグでしたね。

「分かるかなぁ~、分かんねえだろうなぁ。」ってやつです。

会社で、家庭で、夫婦でいつも円満で居続けて、積極的価値ある目標を持ち続けるコツを、

ワシの体験から言わせてもらうと、

いつも一緒に居ること。共にあること。が秘訣のような気がします。

離れたら、薄くなってゆくんですよ。希薄になってゆくんですよ。

会社で言うなら、社長のあなた!

現場をちゃんと観てますか?

キチンと観てますか?

いつも一緒に居てますか


心を放したら、いかんのです。

手は放しても、目を放さない。

目を放しても、心は放したら、いかんですよ。

これは、会社だけやないで。

家庭も同じや、な。

分かっとんのかいな!?

分からんかったら、崩壊するで!ほんまに。

「任す」とは「信頼する」とは、手は放しても、目を放さない。

目を放しても、心は放さない。ことを言うんです。

しっっかり!掴んどかないかんですよ。

昔ワシは、陸軍中野学校の極秘訓練を戦後密かに続けている一生に一度しか受けられない(規則であり意味を成さない)訓練を、

五泊六日ずっと室内でやる訓練ですが、外に出るのは朝のラジオ体操だけです。
走ったりしませんよ。

世の中にある地獄の特訓とか、何とか訓練とか、山登ったり、身体をトコトン使ったり、
一切しないんですよ。

ですが、終わった時は、ほんまに身体が動かないんです。足が立たないんです。

おそらく世の中に存在する訓練の中で、一番性根に入る訓練だと感じます。

過去に死人が二人出ました。頭がおかしくなったんでしょう。国から中止命令が出たくらいですから。

新聞に載りましたから。で数年間中止になっていましたからね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
どんな内容かと言うと、一言一句の間違いが許されない、キチンとする。ちゃんとする。責任感。
そして思いやりとは何ぞやを、

その訓練で身体に叩き込まれた感がありますね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
戦前の軍隊の特殊訓練を受けた人達は、凄いなぁと感じたものです。

で話は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
そのトレーナーの一人の○○○さんの昔の実話を話してくれたことを思い出しました。


その当時そのトレーナーの○○○さんは70歳近くで、その方の若い時の、親友の方の実話でした。

幼い娘さんの手を引いて散歩してたそうです。

その娘さんは手に風船を握っていて、その風船が手から放れて空中に。

3歳くらいの女の子でしたので、空を見ながら風船を追ったところへ、車が、、、、、

一瞬の事故で即死。

そのトレーナーの親友は、何十年経っても、後悔の念が絶えないと話していたそうです。 

「あの時、しっっかり!手を握っていれば、娘の手をしっっかり掴んでいたら、事故に遭わなかったのに、、」と。


皆さん、どう感じますか

大人がしっっかり子供の手を握っていれば、少々子供が動いても、大丈夫なのに、
皆さんは、皆さんの大切な人達を、

しっっかり!

手を握っていますか?!

目を放してませんか?!

心を放してませんか?!

目を瞑って自問自答してみてほしいと思った今週でした。

何か思い当たる節のある人、明日から、いや今日から今から、

キチンとせえよ!ちゃんとせえよ!心放すなよ!

頼むぜよ!  
皆さんは自分が気付いていない「あなたの願い事を叶えてあげたい」って、

何年も何十年も心に置いてくれている人の存在に気付く感性を持っていますかねぇ?

そういう存在の人って、おるんですよ。

そんなことも、ふと思ったこともないんですか?あなたは。って投げ掛けたいなぁと思いました。

口に出さなくとも、あなたの願い事を叶えてあげたいと、何年も何十年も、そっと心に置いてくれて

いる人の心中を察してあげなぁ、人として「つまらん」でしょう。

そういう心中察する感性が、あなたの「思いやりの心」に深みを増すんです。

もし、そう感じる人が思い浮かんだら、あなたなりのやり方で、気持ちを伝えてほしいと思うのです。

そうしたら、その人の心が温ったかくなるんです。救われるんですよ。それが「生きる」ということじゃないでしょうか。 

逆に例えると、そういう存在の人の心中を察せない人を「自分勝手な人」と言うんです。

あなたは、自分勝手な人が好きですか?

好かんでしょ。

無意識に自分勝手な人に陥ってないか、自分が自分の心に聴いてみんとね。

己れの中の「誠」に目覚めることが、日に一度でもあってほしいと思います。

そういう心の習慣、自分の内に存在する誠に向き合う習慣が、自分の心の思いやりの感性を深めます。

俗世間的に例えると、例えば江戸っ子なら、口調は「べらんめぇ~!」と言いながら、

内心は情が溢れているんです。 

関西人なら、口調は「あほんだらぁ~!」と言いながら、内心は情が溢れているんです。

聞こえは違っても、内心は同じ、情が通っているんです。血が通っているんです。

相手を深いところで思いやっているんです。

口は悪いが、品性が豊かなんです。

こういう人は、言われなくても、品性が豊かなんです。

表面は品性あるような口調であっても、内心が思いやりが欠如している人が、まぁ何と多いか。

なんか辛くなりますねぇ。 

会社で言うなら、表面的にホワイト企業を打ち出して、内面はブラック。ようけありますよ。

少なくとも、このメッセージを読んでくれているあなたは、内面の品性を養ってほしいと思うのです。

べらんめぇ、あほんだらぁ、と言いながらでも、内面の情の溢れる、

品性の豊かさを重ねてほしいと願います。

それには、教養を身に付けてゆく日々の習慣、

相手の心情を洞察する習慣が大切やなぁと思った今週でした。

会社経営も人生経営もコツは、一言で言うなら、人間洞察力ですね。