2016/12/09

「香川湧慈のインスピレーションメッセージ平成28年12月9日

やっぱり1%くらいの比率じゃないかなぁと、つくづく思います。

何が?

「行き届いた対応」が、身に付いている人は。

うちは朝礼の中で、唱和している項目が4つあります。

一、一流とは、全てに行き届いていること。

一、ちゃんとする。

一、キチンとする。

一、至れり尽くせりを心懸ける。

と、毎朝皆で唱和していますが、皆さんの会社でも、唱和している項目があると思うんですが、

たぶん、うちも含めて、99%の人達は、身に付いていないんだよねぇ。

自分の毎日やっている、日々の業務に取り組む、真剣さと自覚の問題やと感じます。

誰しも悪気があってミスしたりはしないんですが(悪気があってミスするの犯罪ですけど)

毎日やっている業務なのに、自分の心が行き届いていないから、

ミスになってしまったり、工夫に欠けていたり、するんですね。

でも、たぶん、1%の人達は、そこまで配慮するかっ!って域まで、ちゃんとしているし、
感動すら覚えるんですね。

ワシは、機会があれば、こんなことを言うてます。

「重病患者専門の調剤をしている薬剤師になったつもりで日々の業務に当たらないかんよ。」って。

皆さん、そう考えてみて下さい。

まぁ、いいか。では済まされませんよ。0点何g間違えても、患者さんの命に関わりますからね。

皆が、日々の業務に、こういう感覚が身に付いていれば、
全てに行き届いた対応が段々身に付いてゆくと思えてなりません。

自分の人間性の成長につながる「肝」だと思うんです。

例えば、多くの人がよくやってしまう「凡ミス」と言われるものですが、自分の、ついウッカリが結局、周囲に余計な時間を使わさせてしまっている事実を、

よぉ~に認識せな、ワシの考える真理から言うと、天に積立ている、あなたの貯金が、一つ減っているんです。

他人の、お金に換え難い「時間」を奪っているんだと自覚せないかんのよ。

それを天から見ると、時間泥棒に陥っているんだと、ね。

せっかく、あなたが良いことをして天にコツコツ貯金して来ているのに、
あなたのウッカリが自分の天の貯金を大幅に減らしているんですよ!と言いたいんです。

他人の貴重な時間を無意識に奪っている罪を犯しているんだと自覚して、反省をしてほしいと願うものです。

反省の本来の意味は、二度と同じ過ちをしないことを以て反省した証拠となるんですね。


証拠を示して初めて反省と言うんです。

同じ失敗を繰り返していませんか?!

もし同じ失敗をちょくちょくしてるなら、反省していない証拠ですよ。

毎朝の唱和が、お題目になっていませんか?!

誰しも、お題目に陥ってしまうんです。

うちも例外ではありません。

お互い、お題目にならないよう顔晴(がんば)りましょう!

だから少なくとも、このメッセージを読んでくれている人達には、自分の日々の業務は、重病患者専門の調剤をする薬剤師なんだ。

という感覚を持って業務に励んでほしいと、切に願うものです。

時間泥棒にならないように。自分の運氣を司っている天の貯金を減らさないように。

生き甲斐は自覚ある行為によってのみ、生まれるんです!

自分が全身全霊を傾ける仕事振りが、自分の魂を大切にすることなんです。

だから、🙏頼むけん、自覚ある行為をして下さい。

結果、お互いの生き甲斐につながるから言うとるんです。