2017/04/28

「香川湧慈のインスピレーションメッセージ平成29年4月28日

味が好きで、月に一度くらい行く○○料理の店があるんやけどね。

ビールもサーバーの手入れをちゃんとしてるんでしょう、クリーミーな旨いビールだし、
日本酒も毎月、そこのオーナーが自分の料理に合う銘柄を冷や、燗と分けてちゃんと用意してるし、

メインの○○の味も、つまみの味もグッドなんやけど、最近はあんまり行きたい気持ちが薄れています。

それは、そこのオーナー(たぶん30代前半)無愛想は、まだいいにせよ、
経営の勉強や人生の勉強を敬遠するタイプだからということを感じたからです。

従業員教育なんて、たぶんしたことは無いだろうし、単に「使い手」としか扱ってないなぁと感じてしまうことがままあるんですね。

ワシとは人生の価値観が合わない感じなので、好きな味でも、行かなくてもええわっ、ってなってしまいますね。

やっぱり、経営者は勉強熱心な人が、ええですね。

ハード(味だけとか店構えだけとか)だけじゃ、ファンにはならないんです。

やっぱり、心意気とか、自分自身の自己成長に、取り組んでいる経営者は何かしら応援したくなるんよね。

自分の商売のハードだけに熱心な社長や、個人オーナーは、ワシは好きじゃないんだよね。

ファンにならないと、徐々に足は遠退いて行くもんです。

同じ○○料理の美味しい他の店を、探そうかというようになってしまうもんですね、お客っていうのは。少なくとも自分(ワシ)は、ね。

このメッセージを読んでくれている、お店経営者の方々、要注意ですよ。

あなた自身の自己の内面の変革を見られていると心した方がええですよ。

あの人は、やり手やなぁようけ儲けてるなあ、と言われる人、おりますが、尊敬には至らないんよね。ファンにはならないんよね。

やっぱり、あの人は立派やわ!と言われる人、見られる人が、ええよねぇ。

そんな人には、ファンが付くような感じがしますね。

大きくなくても、すごくなくても、優秀じゃなくても、ファンの沢山いるお店、会社であり続けたいと思うとるんです。

お客さんと得意先と社員と、その家族から愛され続ける会社であり続けたいと思うとるんです。

皆さん、自分らしい会社像になっていますかぁ?

自分らしく生きている人は、やっぱり、皆人間性を深める勉強をしよるでえ、たぶん。 

人間性を深める勉強しよる人を他人が見たら、あの人は、立派やなぁ!と思うてくれると感じます。

自分らしくないことを、追い駆けても、内面の充実には至らないと感じますよ。

自分らしく、自社らしくあり続けませんか!