2017/07/28

「香川湧慈のインスピレーションメッセージ平成29年7月28日

経営者に向いている人って言うのは、先ず素直で勉強熱心で、

アイデアマンやね。
これ言えてるでしょ。

だから、逆に言うと、反対意見を一旦受け入れることもしない、そして人間としての勉強もせんで、商売が儲かっている人を、ワシは「経営者」とは思わないんですよ。

単なる「商売人」としかワシは見ないんだよね。

まぁ、世の中には偽善者の多いこと極まりないわなぁ。

社長の野心の片棒担ぎに社員を雇っている連中が多過ぎるわ、ほんまに。

社長の給料は誰が稼いでくれてるか?

社長の皆さんどう思てます?

ワシは、昔からこう考えてました。

たぶん他の人とは価値観が違ってると思います。

社長の考えを、素直に聴く心で聴き、理解納得してくれている社員達が、

役割分担して社業を一所懸命やってくれているから、

それなりの稼ぎが上がり、その中から社長の報酬が得られているんだという思いです。

社長の皆さん、どうですか?

世の中、会社も、人間の身体も、役割分担なんですよ、それ分かってますか?って言いたいわなぁ。

身体で言うと、脳が社長で、心臓、肝臓、腎臓、肺臓等が幹部社員、

手足が一般社員という感じかな。

どれも大事で大切。役割の違いなんだよね。優劣じゃないんです。

それぞれが誰に言われるまでもなく、全体(会社=全社員とお客さんや支援してくれている周囲の人達)の発展の為に、自分が自分の役割を自覚して、

責任感を持って果たしているから、身体も会社も正常に機能しているんだと、皆さん自覚せないかんのとちゃいますか?!

中心である社長の考えに共感するから、自覚が芽生えて来るんです。

社長の考えに共感せんかったら、自覚は芽生えて来んと思うんです。

だから社長の考えに共感出来ない人は、辞めた方が、お互いの幸福に繋がるんです。

社員の人達に言います。

社長の考えに共感出来ん人が、何で社員やっとんですかっ?!

社長の金儲けの道具になってはいかんでぇ。

社長の人達に言います。

社長の考えに共感出来ん人を、何で社員にしてるんですかっ?!

社長が心スッキリ社業に取り組まな、理想の会社には向かわへんでぇ。

社員に気を使っている内は、社長も社員もスッキリ社業は歩めません!

氣は配るもんなんです。

社員に氣を配れている状態なら、充実感が湧いているはずです。

気は使うな!

氣は配れ!

と昔からワシは実践して来ました。

気を使うから、疲れるのよ。

氣を配っているのは、疲れは無いんです。

この似て非なるもの、違いを体感してほしいんです。

組織の最小単位は家庭です。そして会社があり地域があり国が成り立ち、

世界がある。つまり、組織の最大単位は民族です。

だから、家庭から民族に至るまで共通の納得行く価値観が一番大切なんです。

性格は皆、違って当たり前です。おそらく性格は生涯変わらんでしょう。

でも、ものの考え方や、捉え方は、共通基盤があることで変えることが出来ます。

うちの社員を例に取っても「社長の一貫した言動を、うっとうしいくらい身近に接していたら、ものの考え方や捉え方が変わって来ました。」と実感していると、折に触れ、時に触れ、言うてますよ。ほんまに。

家庭も会社もチームも、共通基盤、共通目的の無い所に充実なんて生まれないんです。

甲子園優勝したい!という共通の基盤、価値観、目的がある選手ばかりが揃わないと、甲子園出場は出来んのと違うかなぁと思う訳です。

選手皆、性格も違う、得意分野も違うはずなのに、共通の目的、価値観があると、徐々に考え方捉え方が変わって来るんです。

意識が変わって来るんです。ちゃんとした組織って、そういうもんです。

人数規模じゃないと思うけどねぇ。

組織の長である、家庭では家長、会社では社長、その他の組織では指導者ですが、長という人は、トコトン皆の人生が充実すると信ずる持論を発信し、続ける以外に、組織の幸福、充実感は生じて来ない!とワシはハッキリ断言しますね。

だから、共通目的、共通基盤を確固たるものにして行くことに、

長たる者は、全身全霊を懸けることに、自身も充実感を味わえるんです。

全身全霊を懸ける為に、体調のコンディションを一番に優先順位に置かないかんというのがワシの持論で、この30年実践して来たことです。

銭儲けよりも、何を置いても、社長は自身の体感コンディションを、

いつもベストコンディションにしていることが最重要なんです。

無理すると、長続き出来んでぇ。無理、無駄、油断の無い生活態度が、

組織の肝なんです。

どんな理想も、中心である社長の体調がベストコンディションでないと、

実現は出来んでしょう。

社員も同じ。

社員の体調コンディションを、いつもベストに。

こういうことが整うからヤル氣、アイデアが湧き、努力の継続性が可能となり、工夫、コミュニケーションが良好になって行くんです。

人それぞれ、体調コンディションの整え方は様々ですが、

自分にバッチリの体調コンディションの整え方を毎日、

実践してほしいと願うものです。

もしあなたが、何らかの長であれば、自身の体調コンディションをベストにすることを毎日の実践として、優先順位1位にしてないならそれは「無責任」なんです。

自分勝手なんです。よぉ~に考えてみてや。体調管理は重要な仕事ですよ。

社員にしてみれば、体調には経済も当然入ってますよ。

少なくとも文化的生活が出来るくらいの、給料や福利厚生をしてあげてほしいんです。


あなたの事業に取り組む姿勢と実際の事業の着実性、収益性、持続性、発展性の4つを包括して感じるものなら、銀行は金貸してくれます。

それが地域の金融機関の役目だからです。

銭が足りないんなら、銀行借入して社員に文化的な生活出来るくらいの給料と福利厚生をしてやらなぁ。

銀行が資金を貸してくれるということは、事業がちゃんとして行っているからなんやから。

だから、社員の生活向上に取り組むことは、事業の発展に繋がるんです。

衣食足りて礼節を知る。のが、普通の人です。

大方の社員は、普通の人なんやから。

社員の生活の体調コンディションが良くなると会社に運が来るんだと信じて下さい。ほんまやから。

あなた自身がスッキリを持続する為に。

何事も「スッキリ」が、充実感、幸福度の源泉ですよ。と言いたい今週でした。