2017/09/22

「香川湧慈のインスピレーションメッセージ平成29年9月22日

TVで「このハゲー」の議員のインタビューを見ましたが、

その中で地元の祭りや集会に一日30ヵ所も自ら廻っている。

と言っていたが、

国政を担う国会議員がすることじゃないと思うんやけどね。

香川湧慈の考えは、国会議員は国防(軍備と国家を守り発展させる為の経済政策・民度の高まる教育政策)と、
外交や年金の国政にのみ従事するのが仕事やと思うとるんです。

県会議員は、第一義は県政です。県民の生活向上策を考え、

自ら率先して行動するのが仕事。

市会議員や町会議員が市町村民の身近な声を聴きながら、

公の幸福につながるもののみ、
実行するのが仕事じゃないかと思うとるんです。

国会議員が市議会議員や町会議員のやるようなことに、

国費を費やしては、いかんと思うんですね。

役割という認識が無いんじゃないと思いますが、

次の選挙の票が欲しいが故だと感じてしまいますね。

日頃の行動が、次の選挙の票の為になっている感があります。

国会議員は、自分が考える国政を国民に理解出来る表現で具体的説明をし続けて理解者を増やして行ってほしいもんです。

具体策の無い理念は、躍動せんのですよ。

会社経営者も同じ。

社長は社長しか出来ないことに行動の重きを置かないかんし、

社員は全体の発展の為に、
自分は何を為すべきかを考えて、役割分担で任務を果たす姿が躍動に成るんですね。

17日の台風で、うちの社員の一人が念のため避難所に避難していました。

そこへ県会議員や市会議員がカッパ着てやって来て、自己紹介するわ、

今点検して来ましたって言うわ、だったそうです。

週明け出社して、そんなことを言ってたのを社員皆が聞いて一斉に

「名前、言うなっ!」「黙って、誰か分からんようにやれよ。」って声が出ました(笑)

自分は如何にも町民の為に、こんな台風の中お役立ちに来ましたって、、、

言うなっ!

価値が下がるっちゅうの。

ゴミ拾いも、誰にも分からんようにするもんなんですね。

況(ま)してや、他人に「私はゴミ拾いしてますよ」って見せるなって。

国会議員は国政の役割を果たす。県会議員は県政の役割を果たす。

市町村会議員は市町村政の役割を果たす。

自分の果たすべき役割とは何ぞや?をたまには考えたら、どうなん?って思うのです。

人間は、自分が自分の果たすべき役割を自分で決めて実践している人が、

心の底からの充実感を味わえるんじゃないかと思うのです。

ワシが歴代のNHK大河ドラマで一番好きになったのが「篤姫」でした。

大いに、学びある大河ドラマでしたね。

篤姫の実母役を樋口可南子が演じていましたが、篤姫を徳川家に嫁がす時に、我が娘に伝えた言葉が残っています。

一、己れの役割をはたせ。

一、一方を聞いて沙汰(判断)するな。

一、考えて、考えて、答えの出ぬ時は、感じたままに生きよ。

この三つです。

この三つを篤姫は実践した人物やったと感じます。

現代の人達にも、この三つを実践してほしいと願うものです。

自分の役割を考えたこと、ありますか?!

役割を果たそうと一所懸命になっていますか?!

一方の話だけ聞いて、判断してませんか?!思い込みで判断してませんか?!

考えて、考えて、答えが出ない時に、変な気を遣っていませんか?

己れの魂に、素直に従っていますか?感じたままに生きよ!

これ、深いですよ。

人間とは何ぞや!

人間の幸福とは何ぞやを探究したことの無い人には、感じたままに生きよ!は出来ないんじゃないかと思ってしまいますね。