経営者なら誰しもと言えるくらい、無茶苦茶大変な時期を体験した人は、

多いと思うんやけどねぇ。
どうですか?

ワシは記憶力は良い方なんやけど、一番大変だった時期の、

どうやって、あの人数で、日々の業務をこなして来たんだろぅって、
ふっと、今週湯船に浸かってて思ったんだけど、思い出せないんよねぇ、

ほんまに。

そんな時期が数年毎日の如く続くと、どこかに「来るよ」。
ワシは内臓に来たねぇ盲腸に。
普通は盲腸の手術って数十分らしいんだけどワシなんか盲腸腐ってて破裂寸前だったと、労災病院の執刀医が言うてました。
3時間半も盲腸手術に掛かったのは初めてでした、って。
破裂してたら死んでたって。後から聞きました。

だから、経営者は覚悟を毎日確り持って歩むことが大切やと自覚せないかんわなぁ。

人それぞれに、運命的に苦難が現れるんやと思います。

好んで「苦難来たれ」と思う人は、現代には居ないと思うけどね。
(昔は、我に七難八苦を与えよ!と神に祈った人物は居たけどね)

つまり、ワシのようにお金で苦難が来る人、誰かさんのように社員で苦難が

来る人、辛いけど病(やまい)で苦難が来る人など。

全部ひっくるめて、(自分に記憶が無いだけで)前世で自分がして来た

「ツケ」が今、現れて来たんだと捉える考え方が他人の所為(せい)にはしない、自分事になるんやと思う訳です。

何が起こっても自分事と捉えられたら、運命が上向きになって行くと思えるんよなぁ。

こんな事メッセージしてると、そう言やぁ、

子供の時から愚痴めいたことは出たことないなぁ。

経営者になって30年になるんだけど、他人の人間としての行為に対して、

アホとちゃうかぁってぼやくことはあっても愚痴は出たことないですね。

ぼやきと愚痴は違うからね。

愚痴、泣き言が自分の口から出た瞬間、

また一から振り出しに戻るんだと信じられたら、

一切、愚痴や泣き言は出なくなるんだけどねぇ、愚痴や泣き言が出てる間は、そういうことを信じていない、あなたが、おるんですよ。

愚痴や泣き言が出るようなら、経営者を辞めた方がいいんじゃないかと思うとるんです。

社員が下手打っても、会社は、そうは潰れないと思うんです。

けど、経営者が愚痴、泣き言言うとると会社は潰れて行くと思えてしまうんですね。

さぁ、今年も後わずかです。

来年、あなたが確実に実践する「事」を決めな、いかんでぇ~。

確実に実践する事を、来年365日続けたら、確実に運氣が上がりまっせぇ~!  

 

皆さん、あれもこれも何でも顔突っ込んでないですか!?

例えば、社長が様々な勉強会なる「会」にやねぇ、安くはない金を払い、

時間を費やしてはいませんか、と言いたいんですよ。

自分の人生観、社会観や価値基準を確り持っていない人が、

あんまり色々、顔出しよったら振り回されるだけやと思うんやけどねぇ。

ええですかぁ、人生観の確立の度合いが少ない人は他人の価値基準に振り回されてしまいますよ、と言いたいんです。

先ずは自身の人生哲学や経営方針を核に成るまで深めることに時間を割かなきゃ、空回りして、貴重な時間を奪われ、

こんなはずじゃなかった、とか、何で自分だけ上手く行かないんやろぅ、って愚痴る人間の仲間入りしてしまうでぇホンマに。

中途半端に金があり、価値基準が稀薄な社長が陥りやすいんだと感じてしまうんよねぇ。


ギリギリの金しかない方が結果的に工夫する能力が身に付くように思いますね。

教養を身に付ける読書の習慣や、教養感じる人との交流や、

人生を遠くから考える価値観を身に付けてゆくと、

自ずと取捨選択が出来る人間になって行くと感じます。

人間としての、本質を追求する。多面的に見る。遠くから考える。

こういうことを、実践しながら「会」に参加すべきやと思うんやけどねぇ。

お金は必要なもんやけど、お金や得する事が一番の人生の価値観の人、

多いわぁ~っ!

人生の究極目的を考える習慣を持ちながら、生活していると、究極目的を持って歩んでいる人達との巡り合わせがあるように感じるんだけどねぇ。

その究極目的を実現する為の道具の一つが、お金やという価値観ですワシは。

なぜ?なぜ?なぜ?をよぉ~に考える習慣を身に付けることを勧めたいなぁ。

なぜ?自分はお金がほしいのか?

その理由を突き詰めて行くと、価値観に変化が起こって来て、ブレない自分に成れ、心が自由に毎日歩めると思うけどなぁ。  

経営者は哲学を持て。と口酸っぱく言うて来ました。

勿論、経営者じゃない人も、会社の経営者じゃなくても、

あなた自身の人生経営の経営者には変わりはないでしょ。

哲学とは、日々の生活に密着したものです。

人がその一生を通じてどのような生き方をすべきか、、、。

何事も無く、人生を終えられる。そんなことは先ずありません。

何かが起きた時に、その判断を誤ることなく、事に対処する能力を得る。

哲学を持つとは、そういうことやと思っています。

人生を充実さす為に、自分自身の生きる哲学を持ち、

日々哲学を深めて行くことが大事だと言えますね。

哲学は生きる価値観とも言えます。

例えば、夫婦は趣味が別々でも、生き方の価値観が一緒というのが幸福やと

思いますね。

 

会社も、そうです。

経営者と社員も趣味が別々でも、生き方の価値観が一緒というのが幸福やと

思うんです。

この逆は不幸やと思うなぁ。

生き方の価値観に共感の無い所に幸福は生じないと感じます。

究極の生き方の価値観のことを言うとるんですよ。

人間の多様なる価値観を認めることは大事なんですが、究極の生き方の価値観がチグハグな人の集まりは、結局不協和音の源(ミナモト)やと思うなぁ。

だからお互いに「生き方の価値観」を発信し合うのが大切やと思う訳です。

人生で長い長い時間を共にする間柄なんやから、夫婦も社内の人間関係も。

「生き方の価値観」の共感に、人間としての「温かさ」が生まれて来るんだ、と強く言いたいのです。

数十人、数百人規模の社員が居る会社の社長には、こう言うてますよ。

全員の心に、グサッと響くスピーチが出来る哲学を持たないかんでえ、と。

人間としての「深さ」を感じてしまうような自信に満ちたスピーチが、

社員全員を奮い立たせるんだ、と。

一人一人の意見を聞くだけでは、ダメやでえと。そんなん、まとまるはずないで、と。

一人一人の理想を述べてもらうんです。

そうすると必ず共通のものが出て来るから、数十人、数百人居ても共通基盤を見出だせ、皆の充実が生まれて来るんだと信じて行動してほしいと願います。  

久~しぶりにお告げが来ました☺(信じる信じない、ご自由に(笑)))

愛国心から出た「誠」にのみ、神は支援してくれる。

愛国心って?どういうことを言うのかを勉強せな、いかんわなぁ。

神に、自分が出来ることを宣言すること。

抽象的なことでなく、具体的なことをです。その真意が、

神の眼鏡に叶うものだけを神は支援してくれる。

つまり、いくらパワースポットとか霊験新たかな場所とかに、

足しげく通っても、

あなたの真意が「神の眼鏡に叶うもの」でなければ、

神は支援しない!ということを自覚すべき、と。

全ては、神のみぞ判断する。天が判断するということを、

ほんまに自覚せなあなたの大事な人生が砂上の楼閣になってしまうでぇ、

と言いたいのです。

事を為すは人にあり。事が成るは天にあり。なんですね。

神の眼鏡に叶う。これを知る術はありませんが、やはり、

神国日本である我が国誕生の時から存続する伝統的な神道の考えを学ぶことから、神の真意を察知してゆく行為は、大切かと思う訳です。

これからの時代は、一人一人の真意が、神の眼鏡に叶うものか否か、

で結果が出るということに、間違いないと感じます。

金儲けも、人間関係も全てですよ。

誰のせいでもなく、あなた自身の真意が、神に判断されるっちゅうことです。

抽象的な目標は、あなたの心の中で秘めるんです。

✳他人に言う必要はないと思います。

実際に確実に出来る事だけを宣言する。その実績を積み重ねる。

そしてその行為が、愛国心から出た誠である時のみ、

神の眼鏡に叶うものだと感じているんですよ、ね。

出来ることを積み重ねる以外に、神の信頼は得られないんじゃないかと思うとるんです。

例えば、自分の趣味で何かを作っているとか何かをやっている場合に、

かなりクオリティが高いのに、仕事での業務が、

その趣味レベルのクオリティがないのは、意識の差なんです。

そういう何気ない日々の、あなたの心の習慣を、実は神さんは観察してるんだと考えてみてほしいもんですね。

同じ人間が「やることに差を生じさせている」という、ある意味無責任さ、をやってしまっている人に、神の支援は無いんじゃないかと。

「差を取る」ことが、実は「悟り」(さとり)につながるんです。

あなたが日々やるべき事に、なぜ差を付けるのかねぇ?

まるで小さい子供に、お父さんとお母さんのどっちが大事?って聞くようなもんです。

まるで世の奥さんが、あなた、仕事と家庭、どっちが大事?って聞くようなもんです。
こういうのを愚問と言うんです。どっちも大事なんです。

比べるもんじゃないんです。

役割の違い、なんやから、どっちも大事なんです。

自分のやっている事、すべてに、仕事も趣味も、精一杯の誠実さでクオリティを同じ意識で事に当たることが、

その真意を見られているんだと、皆さん自覚しましょうや。

今年も後わずか、さぁ、あなたは何を決意しますか?!

より具体的な、必ずやりきる事を神に宣言して、有言実行の来年一年を歩もうではありませんか。

愛国心とは?を考えてみて、自分の行為は、愛国心から出た誠なのかを自己チェックすることが、神が支援してくれるスタートラインに立てると思う次第です。

斯く言うワシは、もう来年確実にやり続ける事を、毎日神棚の神々に宣言していますよ。

今日は、ちょっと休みます。は裏切り行為になると自覚しているので、365日やり切りますよ。確実に出来る事を宣言し、ただひたすらに実践する姿勢を観てもらいます神々に。  

自分が「この人!」と思っているなら、支えなさい。
と言いたい。
自分に都合良い時は、支える。都合悪くなると支えないのは「支えている」とは言わないんです。

自分が「この人!」と思う人には、その人がヤル氣になる言動、

癒される言動をしてあげるあなたの努力忍耐が大切なんです。
それが、将来に亘り、お互いの充実につながって行くと思えてなりませんねぇ。
「支える。受け入れる。」と言うのは、都合じゃないんです。丸ごとOKの心境なんよね。

「心配しているから」と言うなら、文句を言うんじゃなく、協力してあげることが大切。
相手が、元氣が出る、ホッと癒される言動。

文句が出そうになったら、踏み留まる努力。

感情は、どうすることも出来ませんが、その後どう行動するかは、自分が決めることが出来るという「自由」があるんです。

カチン❗と来るのは、感情だから仕方ないんです。

カチン❗と来たら一旦瞬時に止めて、次に何するかを瞬時に決めることが出来るという「自由」があるんです。

カチン❗と来たら瞬時に止めて、次に烈火の如く叱りつけた方が、

相手の為と感じれば、わざと怒鳴り散らす、とかね。

これ、中々の精神性、思慮が無ければ出来ないんですね。

何が言いたいか。

つまり、何が起ころうとも「どう行動するか」は、自分が決めることが出来るんだ。と言うとるんです。

これが「自由自在」と言える中の一つです。

根本的な性格は、変わらないと思います。が、

ものの考え方や、見方や捉え方、行動は変えることが出来るんですね。

自分の感情をコントロールする訓練は人生に於いて、

とても大事でクオリティーを高めます。

やっぱそれには、良書を読む習慣や、この人深いなぁと思える人とめし食べたり、一杯やったり、するのよ。

また、歴史上名の残っている人物の生き様に学ぶんです。

何で、何百年も何千年も昔に生きてた人物の名が残っているのか、

考えてみて下さい。

とてつもない数の人間が、過去に生まれ死にしているのに、

名が残っている人物の数の少なさ。

やっぱりそれは天が神が仏が、後世の我々に生き様を学ばさせる為に、

残るようにしてくれているんだとしか、思えないんだよね。
ほんまに。

何百年何千年と、その人達の考えや行動が残っているということは、今からの我々に、起こるであろう問題を自ら解決して行く道しるべになるんですね。

だから我々も寿命来るまで、自分の生き様を見せることに意識して毎日歩むことが、結局自分の魂の充実につながるように思えるのです。

あなたは、あなたの、考え方、行動、つまり生き様を自分が観察して、

恥ずかしくないかを自分の心の良心に聴いてみる習慣は大事やと思います。

他人が何と言おうと、自分の良心に恥じない生き方(ものの考え方や行動)を毎日したらええんじゃないの。と言いたいねぇ。

あと、自分の「思いの水準」を高くしていないと、自分のレベルは高くならないと思いますし、繊細な事に気付かないようになってしまうんですね。

自分の心のレベルが低いままだと、その程度の人としか出会わなくなってしまうと思うんです。

自分の心のレベルを上げる。思いの水準を高くすると、

感性が豊かに成って行くと思います。

生活水準も大切だけど思いの水準、つまり思考水準を高める生き方がおもしろい人生に成ると、思えて仕方ありません。

自分の人生、おもろいなぁ!と感じたかったら、思いの水準を高め心のレベルを上げてゆく行動しませんか!