会社の『成人』とは、どういうことか考えたことがありますかね?

人間の成人は、二十歳ですね。

でも、二十歳の成人を迎えたからと言って、一人前と認めてはもらえないと

思います。
二十歳から、一所懸命何かに取り組んで10年くらいして、一人前と認めてもらえるんじゃないかと感じます。

会社も設立して20年経ったから一人前ということは、ないと思うのです。

真に、会社の誕生は、心底打ち立てた経営の理念、理念を実現させて行く為の指針が出来て、誕生と言えます。

だから経営理念や指針を打ち立ててから30年一所懸命取り組んで、

やっと一人前と認めてもらえるんじゃないかと、つくづく思います。

うちで言うと経営指針を打ち立て再構築して内外に発表したのが、

平成12年2月11日でしたから、それから30年と言うと、平成42年になるなぁ、と。

しかもボーッとでなくて、一所懸命取り組んで、です。

あと12年で平成42年。まだまだ一人前には、もう一回り掛かる覚悟で毎日

チャレンジしていますよ。

会社経営している人は数百万人いるけど、

心底打ち立てた経営の理念を実現させて行く為の指針を明文化している経営者が、果たして何人いるでしょう?

もし、経営指針に心底取り組んでいないとしたら、誕生すらしていないと考えることも、出来ますねぇ。

経営指針に真剣に取り組んでいない会社で働く社員は、どうなんでしょうかねぇ。

ワシは昔から『先の見えない指導者に付いている部下ほど哀れな者はない。』と自分自身を戒めて来ました。

家庭に於いての大黒柱は、家族を導いているでしょうか?

会社の社長は社員を導いているでしょうか?

導くというのは『相手の精神性が高まり、心の垢が取れて流され、澄んでゆくように立ち居振舞える』ことだと捉えているんですよ。

お金があるとか、優しくしてくれるとか、物分かりがいいとか、それだけでは本物の付き合いではないと思うのです。

愛情がある人は、厳しく出来ます。導くことが出来るんです。

『付き合う』ということはお互いなんです。

あなたの精神性が高まっていること。

あなたの心が澄んで行っていること。

あなたがあなたのパートナーに対して、導いている存在で居るか?ということも振り返ってみることが大切。

会社で言うと、社員の立場ならあなたの社長は『導いて』くれている存在ですか?

また、社長の立場ならあなたの社員は『導いて』くれる存在ですか?

人間関係って、そういうことだと思うのです。

人生お互いがお互いを導き合う存在を『幸福な関係』と言うのです。

素直さがあって、常に学ぶ姿勢さえあれば、そういう関係を結べると思うのです。

だから、生涯懸けて、どんな人からも学ぶ姿勢で歩むことが結局、

幸福な人生の基礎と成ると思えてなりません。  

来年は浩宮皇太子殿下が新天皇に即位される年です。

つまり、日本にとって再構築の年だと感じます。

我々も、自身の再構築を図らねば飛躍は望めないのでは?と感じる次第です。

心の再構築。

仕事の再構築。

人間関係の再構築。

重点主義とは、やらないことを決めること。です。

天皇陛下が、大いなる再構築をされる年ですから、

我々も、再構築を考えてみんといかんのじゃないかとピン!と来た訳です。

あなたは、何を再構築しますか?!

例えば仕事。

仕事は、より深堀りすることで再構築のヒントが浮かぶかも。

例えば人間関係。

人の縁にも寿命があるんじゃないかと思います。

また、縁には浅い縁と深い縁があると思うんです。

やっぱり、一生いっぺんですから、縁深いであろう人達と歩みたいと思うとるんですよ。

縁が浅いか深いかは、当たり障りのない言動をしている限り、分からんと思うんです。

自分の持論、価値観をハッキリ発言し続けることで、相手が縁深い人かどうか、ハッキリして来るんじゃないかと思います。

当たり障りのない言動ばっかりの人は、本当の、自分の共感者とは付き合えないんじゃないかと感じます。

ワシは『当たり障りの無い人生』は、おもろないなぁと感じてしまう人間です。

『いつか分かる』という生き方がワシは好きなんです。

誰だって他人から誤解されたくない。と思っているでしょう。

誤解されているとしたら、早く分かってほしいと思うでしょう。

中々、理解されなくても、自分の目の黒い内には、誤解を解き、理解に変わってほしいと思うでしょう。

でもワシは、寿命が来て、あの世とやらへ行った後、

つまり死後何年経った後でもいいんです。

誤解のまま、理解されないままでも。

自分が『いつか分かる』という生き方を出来れば、縁深い人達には、

必ず理解されると思っているんですよ。

縁の無い人達、縁の薄い、縁の浅い人達には永遠に理解されないもの。と、

覚悟決めてみてはどうですか?皆さん。

そんな事より、自分の役割を果たすことに、集中したら、ええのに。ねぇ。

言い訳しない!

いつか分かるという生き方。

信念と頑固は紙一重です。

他人が見たら、同じ言動にしか見えません。

が、似て非なるものです。

心は、常にコロコロと動いているものやからねぇ、心の状態で信念になったり、頑固になったりじゃないかなぁ。

信念と頑固の違いは、

自分の中に一本筋の通った哲学を持ちつつ反省心と感謝の念が「同居」してるか、否か、なんですね。

あなたは、自分は一本筋が通っている。と思っていると思うんですが、

信念を発信しているなら、同時進行で反省心と感謝の念で、自身の心を見つめているでしょうか?

言いたいことだけ言うのなら頑固に陥るし、言いたいことを言いつつ、

同時進行で自身の心の内面に反省心を持って発言しているなら、それは信念に基づくものやと感じます。

さぁ、自身の内面を、振り返ってみるべし!

そして、『いつか分かる』という生き方したら、えんちゃぁ~ん。



実は、この『今週のメッセージ』で十数年経ちまして、一旦区切りを付けようと思います。
来週からの『今週のメッセージ』を希望される方のみ『来週からも希望』と

返信下さいませんか。

返信のない方には一旦登録解除したいと思います。

また、後日気が向かれて配信希望であれば『配信希望』とメール下さい。

その翌週から一斉送信メンバーに登録させて頂きますので。

 



それでは、今週のインスピレーションメッセージです。

それぞれの会社の規模の『お手本』を目指しませんか!と、昔から投げ掛けて来ました。

語弊を恐れず言わせてもらえば、10人未満の会社なら、うちを参考にされると良いと思います。

と言える内容の会社を経営して来た自負があります。

数十人規模なら、数十人規模のお手本を目指してほしい、と。

数百人規模なら、数百人規模のお手本を目指さな、つまらんのちゃう?って、ね。

これまた語弊を恐れず言うなら、同規模の中で『俺がルールブックだ!』を

目指す経営を心掛けましょう。と言いたいのです。

丸28年、意氣に感じて活動している中小企業家同友会の全国組織の前会長であった鋤柄会長の著書が最近出版されました。

『経営者を叱る』というタイトルの本です。

前会長である鋤柄さんを尊敬と仰慕(親しみの情)していますし、なんと言っても鋤柄さんのキャラが好きなんですね。

鋤柄会長は本質をズケズケ言うし、べらんめえ口調の歯に衣着せぬもの言いが本質を突いていて、それで以て、嫌みが無い。

だから本の内容に興味がありましたし、想像も出来ました。

さっそく、Amazonで購入し一気に読みましたね。爽快です。

想像した通りの内容であり、なるほどと発見があった内容でした。

まぁ、この本は、同じ中小企業家同友会メンバーじゃないと、深みを感じないかなぁと感じます。

同友会の活動を真剣にやったことのある経営者なら、共感するでしょうし、

且つ、本に登場する人達を知る人が読めば、すこぶる共感すると思います。

でも同友会活動を真剣にやったことのない方には、物足りないかも知れませんねぇ。

登場する人物を実際知っていましたから、尚のこと、共感したんですが、

登場する人物を知らない人は、胸に響くものが少ないかも知れません。

これは致し方ないと思います。

鋤柄さんの会社は、400人規模になっていますが、人間尊重の会社運営が為されていると感じています。

だから、ワシは数百人規模の会社経営者には鋤柄前会長の会社を、

お手本にしたらぁ?って言って来ました。

鋤柄前会長は、学んだことは実践しないと意味を成さない、と言っています。

正に、その通りと思います。

同じ同友会メンバーの方は、ぜひ読んでほしいと思う本です。

『俺が、私がルールブックだ。』を目指すというのは、上から目線という意味ではなくて、個人個人の人生を経営している訳やから、

あなたの生き方を『同年代のお手本』を目指す、ものの考え方や本質を突きながら、根底に流れる情が溢れた行動に、して行きませんか。

と言いたいんです。

一生一度きりですよぉ

本物を目指さなぁ。

人間とは何ぞや。を学び続けることが本物を目指すコツじゃないかと思う訳です。

『経営は、人間学』だと思います。

人生経営も会社経営も『人間とは何ぞや』を探究し続けることが、

あらゆる問題事を克服し、周囲に勇氣を与えられる人物に近付けると思うからです。

自分も含めて、永遠のテーマですね。

世の中、色んな価値観がある中で、その多くの人達が何かピンチに陥った時、その解決策のヒントを与えられる生き様を示せる実践を続けたいと思いますね。

皆さんは、どう思いますか?

事業承継とか事業継承と、もてはやされていますね。

現在は学者の間の認識では、呼び方を承継と統一されたようです。

ワシは以前から区別して来たんですが、現在の社会学では『承継』と定義されたようですね。

皇室では『皇位継承』と言う言い方は普遍なんだから『承継』じゃなく

『継承』が良いと思うんだけどねぇ(笑)

どう区別して来たかと言うと、『承継』は有形資産を継ぐこと。

だから、事業承継は、有形資産の相続、特に相続税を如何に安くするかという方策が重視されている感がありますね。

『継承』は無形資産、つまり思想哲学理念を継ぐこと。と区別して来ました。

まぁ、それはさて置きまして、事業の承継で一番先にやらないといけない事は、有形資産の相続より、

経営に対する思想、哲学、理念に裏打ちされた経営の『戦略』の承継が重要だと、ワシは思うんです。

相続のことは、二の次です。

何故なら、ちゃんと、キチンと、事業を維持発展させて行ってもらう為に、

先代が苦労して体感して来て、維持発展させて来た、
事業の戦略を、先ず継がすことやと思うんよね。

この戦略の承継がバトンタッチ出来なければ会社は、ゴタゴタし、グチャグチャに陥るかも?ですね。

まぁ100人以下の規模だったらヘッドシップがキチンと為されていないと上手く行かんと思います。

ヘッドシップとは、トップが、実行方法を考え抜き、部下に理解納得をさせられる哲学を以て、部下に役割分担させる指導力です。

それが出来れば、自ずと各部下のリーダー的存在の社員はリーダーシップを

発揮するように成るんですよ。

だから、社長は自分のやるべき仕事に集中出来るんだと思います。

200人くらいを超えての規模だとヘッドシップを発揮出来る管理職が数人必要に成るんだと感じますね。

戦略と戦術の区別が出来ていない社長というのは、しょっちゅう、イライラしてるんじゃないかと思います。

戦略と戦術の区別が出来ている社長は部下に『頼むぞ。』だけで、

部下は戦略に則った、日々の戦術を自分で考えながら実施してくれるから、
社長のイライラは無いと思うなぁ。

だからうちは『ちゃんとしてくれよ、頼むで』で、社長のワシは、自分しか出来ない仕事に集中出来ています。

もし、社長のあなたがイライラしているとしたら、部下が理解納得出来る戦略を示していないからやと捉えてみてはどうですか?

例えば、あなたの会社が欲する『お客さん』というのを明確にしていますか?と言うことなんです。

欲するお客さんとは、自分とこの商品を継続的に買ってくれる人であり、

自分とこのサービスを継続的に利用してくれる人。を言います。

そこがピントがズレていたら、努力が報われません。

うちで例えると、美容健康意識のある人と、ルイボスティーに関しては味を重視する人が『欲するお客さん』です。

その中でも特に、家族の健康への意識が高い主婦の方々です。

ここを、昔から意識した戦略を考えて来たから、自ずと全ての業務戦術が決まって来ました。

だからそこに集中出来るんですね。

うちは直接末端消費者へ販売する直売と、エモーションが『欲するお客さん』を顧客にしている会社や団体を

代理店にしていますので『欲するお客さん』が沢山居ますから、受注率が高いんですね。

例えば、うちの代理店では、こういう会社もあります。

会員制販売で、年会費1万円払わないと、そこの扱う商品を買えないんですよ。
すごいなぁと感じたのを覚えています。

会員さんの欲する商品(クォリティーの高い) を揃えていて他所(ヨソ)では買えない物を揃えていて、何よりも安全基準が群を抜いているから顧客からの信頼性が高いんです。

だから年会費を支払ってでも会員になるんだと思います。

つまり、お客さんである会員さんからの信頼度の高さが、成り立たせているんですね。

だから、うちのルイボスティーも、安定して毎週多くの数量の注文が長年に亘り、来ているんです。

つまり、うちがどんな所を代理店にするかという『戦略』が間違いなかったという証拠です。

商品の品質と納得性のある価格と、それを扱っている会社の信用がマッチしているから高い継続率を維持しているんだろうと思います。

何が言いたいか。

あなたの欲するお客さんは、明確ですか?そのお客さんが来てくれる方針を立て、実施していますか?

で、ちゃんとアフターフォローを『人として違和感のないやり方』を実施していますか?と言うことです。

どんな商品でも、お客さんに好かれないと、買ってくれないと思いますし、

利用してくれないと思います。

商売に於ける『好かれる』というのは、能力やと思います。

好かれる努力をしているでしょうか?

あなたの『姿勢』を見られているんですね。

人は、その人の姿勢を見て、好き嫌いを決めているように感じますね。

大きな会社でなくても優秀と言われる会社でなくても(まぁ優秀の定義によりますが)、
お客さんから『好かれる』会社でないと、評価はされないと思う訳です。

その評価の数が多ければ、社員一人当たりの儲けの額が、増えるっちゅうことです。

あなたにとって、優秀とは何か、一流とは何か、利益とは何か、

社員とは、何か、お客さんとは、何か、幸福とは、何か、

じっくり考えて、明記してみたらええのに。と、思う訳です。

ちなみに、うちは、『ちょうどいい』を幸福の基準にしています。

これ、深いですから。

全ての運営が『ちょうどいい』を目指して歩んでいるんです。

お客さんの数、社員の数、商品の数、代理店の数、勤務時間、会社の利益金・・・等々

社員皆が幸福であってほしいから『ちょうどいい』を、追求しています。

あなたも、あなたの『ちょうどいい』をいっぺん、考えてみたらどうですか?!