2018/05/11

「香川湧慈の今週のインスピレーションメッセージ平成30年5月11日

実は、この『今週のメッセージ』で十数年経ちまして、一旦区切りを付けようと思います。
来週からの『今週のメッセージ』を希望される方のみ『来週からも希望』と

返信下さいませんか。

返信のない方には一旦登録解除したいと思います。

また、後日気が向かれて配信希望であれば『配信希望』とメール下さい。

その翌週から一斉送信メンバーに登録させて頂きますので。

 



それでは、今週のインスピレーションメッセージです。

それぞれの会社の規模の『お手本』を目指しませんか!と、昔から投げ掛けて来ました。

語弊を恐れず言わせてもらえば、10人未満の会社なら、うちを参考にされると良いと思います。

と言える内容の会社を経営して来た自負があります。

数十人規模なら、数十人規模のお手本を目指してほしい、と。

数百人規模なら、数百人規模のお手本を目指さな、つまらんのちゃう?って、ね。

これまた語弊を恐れず言うなら、同規模の中で『俺がルールブックだ!』を

目指す経営を心掛けましょう。と言いたいのです。

丸28年、意氣に感じて活動している中小企業家同友会の全国組織の前会長であった鋤柄会長の著書が最近出版されました。

『経営者を叱る』というタイトルの本です。

前会長である鋤柄さんを尊敬と仰慕(親しみの情)していますし、なんと言っても鋤柄さんのキャラが好きなんですね。

鋤柄会長は本質をズケズケ言うし、べらんめえ口調の歯に衣着せぬもの言いが本質を突いていて、それで以て、嫌みが無い。

だから本の内容に興味がありましたし、想像も出来ました。

さっそく、Amazonで購入し一気に読みましたね。爽快です。

想像した通りの内容であり、なるほどと発見があった内容でした。

まぁ、この本は、同じ中小企業家同友会メンバーじゃないと、深みを感じないかなぁと感じます。

同友会の活動を真剣にやったことのある経営者なら、共感するでしょうし、

且つ、本に登場する人達を知る人が読めば、すこぶる共感すると思います。

でも同友会活動を真剣にやったことのない方には、物足りないかも知れませんねぇ。

登場する人物を実際知っていましたから、尚のこと、共感したんですが、

登場する人物を知らない人は、胸に響くものが少ないかも知れません。

これは致し方ないと思います。

鋤柄さんの会社は、400人規模になっていますが、人間尊重の会社運営が為されていると感じています。

だから、ワシは数百人規模の会社経営者には鋤柄前会長の会社を、

お手本にしたらぁ?って言って来ました。

鋤柄前会長は、学んだことは実践しないと意味を成さない、と言っています。

正に、その通りと思います。

同じ同友会メンバーの方は、ぜひ読んでほしいと思う本です。

『俺が、私がルールブックだ。』を目指すというのは、上から目線という意味ではなくて、個人個人の人生を経営している訳やから、

あなたの生き方を『同年代のお手本』を目指す、ものの考え方や本質を突きながら、根底に流れる情が溢れた行動に、して行きませんか。

と言いたいんです。

一生一度きりですよぉ

本物を目指さなぁ。

人間とは何ぞや。を学び続けることが本物を目指すコツじゃないかと思う訳です。

『経営は、人間学』だと思います。

人生経営も会社経営も『人間とは何ぞや』を探究し続けることが、

あらゆる問題事を克服し、周囲に勇氣を与えられる人物に近付けると思うからです。

自分も含めて、永遠のテーマですね。

世の中、色んな価値観がある中で、その多くの人達が何かピンチに陥った時、その解決策のヒントを与えられる生き様を示せる実践を続けたいと思いますね。

皆さんは、どう思いますか?