備えあれば憂いなし。という言葉。

最近は、地震に備えての備蓄品とかを一般的に言うけど、

あなたの備えって何ですか?

人生、一寸先はハプニング。って15年前に、アントニオ猪木と六本木で飲んだ時に言ってましたがホンマやなぁと思います。

何が起こるか分からんのが人生であり世の中やと思います。

だからワシはこう思うんですね。

『備え』で重要なのは『教養と判断』なんですよ。

『教養と判断』を日頃から深める努力をしているから、

イザという時に工夫が湧き、叡智が出て来るんです。

だから教養と判断は、大事な『備え』じゃないかなぁと思います。

勿論、毎月お金の備蓄することも将来の備えに成りますから、

決めた金額を積み立てて行くことは大事です。

でも、誰もが何億も、備えられないんだから誰もが日頃から出来る備えを、

せないかんわなぁ。

誰もが日頃から出来る備えとは『学び』を深める努力です。

自分の考えを、掘り下げて考え抜いてみる。

考え方を考えることを哲学を深める、と言うんです。

『人の道』を考えて、考え抜いてみるんですよ。

人間とは何ぞや。を深めてゆく勉強です。

人生をどう歩むのかを決める、人生観を確立して行くこと。

どういう社会にして行かないと、いかんのか、を考える社会観を確立すること。

自分の判断の価値基準を確立すること。

つまり、哲学とは、人生観、社会観、価値基準の確立を言うんです。

自分の生き方くらい、ハッキリ自分で決めて歩む。

その歩みが、つまり、自分の生き様が、もう一人の自分が観て、

カッコイイのかどうか。

不様な生き方は、したくないなぁと思いますね。

お金の損や得やとか、どうでもええ事です。

自分の生き方が、カッコイイか、カッコ悪いかなんです。

それがワシの判断基準ですね。

皆さん、自分の胸に手を当てて、自分の生き方は、カッコイイですか?

今の時期、目に入って来るのが、紫陽花の花です。

何気なく紫陽花を見ていて、こんな言葉が、浮かびましたので、

皆さんに贈ります。

『雨に打たれて尚、鮮やかに咲く紫陽花の花。我も、斯くありたし。』

五七五七七の句では、ありませんが。(笑)

紫陽花は、雨に打たれて、より鮮やかに咲いているんですよ。

人間に例えると、雨は苦難と捉えると、

『人間は苦しい時こそ、普通のことが出来なければならない。』

その為に、

『決意が責任感を生み、責任感が方法を生む。』

今週はこの言葉を、メッセージします。

人間誰だって、苦しい時はあるもんです。

苦しい時に、苦しいって思うとったらいかんと思うけどねぇ。

そもそも本当に苦しい時って、苦しいなんて気持ちや、湧かんような気がするけど。

ワシの体験からもそう感じるし、そういう感覚分かる人、おるでしょ。

ワシの好きな、悟りの僧・良寛さんは

『苦しみから逃るる道は、苦しみ切るが宜しく候。』と言うてますね。

昔、この言葉を知った時に、唸りましたね。

良寛さんは、こう言うとるのかぁ、って。

「苦しいかぁ、それは苦しみ切ってないから苦しいのやぁ。もっと苦しめっ!」と捉えましたね。

苦しみ切った境地に到っていないから、苦しいと感じるのか、と。

苦しい時に、どう行動するかで、分かれるんです、運命が。

だからワシは日頃から発信してるんです。

自分の理想像を描け、と。

明確な将来の理想像を描けている人は苦しい状況になっても、苦しいって、

思わないと思うんです。ワシも体験あるけど。

ただ精神は大丈夫でも、どこか身体には無意識に来ると思います。

ワシは、盲腸が腐った状態で、数週間かそれ以上経ってたようでしたね。

盲腸手術で14日間も、入院経験あるしね。

普通は破裂して死んでたんだって、執刀医が言ってましたね。

皆さん、

現状、どんな環境に居たとしても、常に理想的な状態をイメージしておくことは重要なんじゃないかと。

今は難しくても、いつか、どこかの段階で、心に思い描いていた、

理想的な状況を作ろうとする心持ち。それが何より大切なんです。

諦めたり、あるいは、それ以前の問題として始めから理想のイメージを持っていないのなら、

現状を打破して、変わりたいと、どれほど願っていたとしても、

目指す世界を明確化していないんだから永遠に変われるはずは、ないんじゃないかなぁ。

明確な将来の理想像を持っている人は、苦しい時にこそ、

普通の事が出来てるはずなんです!

だから人生を歩む決意が、出来ているんですよ。

大いなる決意をしている人は、自ずと責任感が生じるんです。

その責任感が現状打破の方法を浮かばすもんです。

もしあなたが現状打破の方法や工夫が浮かんで来ないとしたら、

責任感の欠如です。

もっと言えば、最終的な決意を持ってないんですよ。

様々な決意を、多くの人はしているんですが、その決意のもっと高い次元の決意をせんからやと思います。

将来の理想像と人生の決意は、同じものですから。

何で、理想像を描かんのかなぁ?何で、人生の決意をせんのかなぁ?

したら、ええのに。

苦しい状況なんて誰だってあるんやし、現状打破をしたいって誰だって思ってるだろうし。

昔から言うでしょ。

女は弱し、されど母は強し。って。同じ女性なのに、母に成った途端、

責任感が根付くんですよ。

その責任感が、強さを増し、子供をより良くして行くぞ!という、

工夫、方法が湧いて来るんです。

会社経営も、人生経営も同じと思うけど。

 

『理想像』『決意』この二つがキーワードちゃうかなぁ。  

百の力のある者には、九十九の敵が出来る。

仕事が進む事は、それだけの敵が出来るもんです。

敵とは、邪魔が入るという事です。

まぁ、だから磨かれて叡知が湧いて来るとも言えるわなぁ。

より大きい仕事を果たそうとすれば、自分の生まれて来た役割は何なのか、を自問自答しながら、自分の役割を自覚して行く。

その自覚した役割が、神の眼から見たとしたら、神の意(心)に沿っているか?を自問自答することをしないと、より大きい仕事は出来ないと思います。

仕事とは、広い意味で自分の人生を謳歌する業であり、他人に好影響を与える言動であり役割だと思います。

また『大きさ』とは、規模のことも言いますが、むしろ規模より、

人間の器の大きさ、人格の高さ、心の深さをワシは言いたい。

99の努力をした者にのみ、天は1を加えてくれるんだと捉えてみることが大事という心構え。

会社に例えると、社長が99。社員合計で1。比率で言うとこの割合ですよ。

会社の責任は100%社長ですが、業務推進会社経営に於いては、社長の任務が99の重要度、責任度で、社員が1の比率だと言う考え方です、ワシはね。

しかも社員同士が相互に心を通わせていないと1に成らんのです。

こう考えたら、何十人何百人も社員が居たらやねぇ、全員が相互に心を通わすなんて無理じゃないかと。

だから、大いなる仕組みで運営するしか進まないんですよ。

自分の役割を果たして行く時に、同時に神の御用を務めて行くという感覚が

大事なんだと思いながら生きて来たし、

この生き方は生涯変わらないと思うんですワシは。

99の努力を自分はしているのか!?

今一度皆さん、自身の行動を省みてはどうでしょうか。

自分は物質的財産を、そこそこ貯めた。

事業も、そこそこ拡大した。

そういう事で、ほんまに納得のレベルは上がるんでしょうか?

自分は、そこそこやった、と思っている内はつまらんのじゃないかとワシは思うんです。


そういう価値観の人達とは、ワシは違うんだよねぇ。

一つ一つ、丁寧に事を進める。

この習慣が、自身に、心の丁寧さを醸成されるんですよ。

人生で言うなら、一つ一つオセロの黒石を、白石に返して行くんです。

その結果、死ぬ間際にオール白石に、したらええんちゃあ~ん!

焦らず、急がず。一つ一つ丁寧に。

人生、勝負は後半にあり!

これを本当に信じられる人は、充実を味わえるんだと思えてなりませんね、

ワシは。

 

いませんか?? こんな人。

『人柄はいい』のに、端から見てて、不遇だと感じてしまう人達。

勘違いしないで下さいバカにしてるんじゃないんです。

ただ残念に感じてしまうんです。

収入が安月給だからかどうかは知らんけど、文化的な生活などほど遠いなぁと感じてしまう人で、ギャンブルばかり。

競艇やパチンコしか、プライベートではしていなくて。

しかも、負けてばかりなのに、勝ち続けているなら、まだしも。

その上健康管理も敢えてしない人達。

まぁ自分のやって来た思考習慣や行動習慣の結果なんだけど。

やっぱり視野が狭いというか、視野を拡げようという意識がないからなのか。

こう思うんです。

視野の狭い人に、高い志は、中々芽生えにくいんじゃないかと。

例え、安月給でも、視野を拡げようとする思考習慣や行動習慣を実践し続けていると、

その人なりの文化的な生活が出来るように成ると思って、

奮起してほしいと願っているんですよ、ワシは。

『生きる目的』をいっぺんくらい考えてみてほしいと思うとるんですよ。

生きる目的で、大切なポイントは、

一、良い習慣を身に付けること。

一、生涯ずっと自分の能力を磨き続けること。

一、死ぬまで懸命に働くこと。

と思います。

だから、良書と言われる本を読書する習慣を身に付けてほしいと感じています。

また読書は、読書しても記憶に残らず、人にも語れないようなら、

読書は意味が無いんです。

内容を要約出来ないなら「学びを役立てることは出来ない。」んですね。

必要な時、必要な内容を思い出させてこそ、学びなんですね。

故に、心に響く書籍は繰り返し読むことが大切です。

人間みんな、忘れるんよ。だから、繰り返しが大事なんです自分の将来の姿の為に。

現代の社会環境や政治環境や職場環境や学校環境が『人間の真の幸福』という観点をないがしろにしているとしか、

思えない面はあるにせよ、各個人に於いてはやっぱり、

自己の思考習慣と行動習慣が今の『その人の姿』なんですよ。

国会議員はじめ、地方議員、お役所に勤める人達や、

会社の経営者達や学校関係者達は、

『人間の真の幸福』を考えてはいるんだろうけど『浅はかさ』が故に、

善循環には到っていない感があります。

『人間とは何ぞや!』

まさに、禅の世界ですが、このことを基点に『あらゆる施策』を

立案、発信、実施せな人間の幸福に向かわないように感じてしまうのはワシだけでしょうかねぇ?

例えば政府の中小企業支援策として『時間外労働等改善助成金』とやらが打ち出されましたが、

うちなんか設立時から残業なんてしていないし、昔から残業ゼロの会社に支援策してくれよ。って言いたくなるわなぁ(笑)

そもそも過重労働をやっている会社自体が人間性を重視していない会社やと

感じるけどなぁ。

社員の幸福より会社の銭を優先している姿勢じゃないですかねぇ。

あ、こういうのもあったよねぇ。

安部総理が平成24年に二回目の総理大臣になった時、企業が社員の給料を

一定金額現状より上げたら法人税を減額するっていう施策があったけど、

一見、素晴らしい社員思いの施策と感じましたが、既に、その会社なりに大幅に賃金アップしている会社は、

中々それ以上、上げようがないんだけど、どないすんねん?!って、思ったもんです。(笑)

不公平やん、てね。

政治を業としている、議員さんや、お役所で働く人達は、何か政策を立案し、やたらと実施している感がありますが、パフォーマンスに映ってしまうんよね。

もっと、本質的に追求して、もっと多面的に観てやねぇ、もっと、人間の幸福を遠くから考えた施策を立案し、発信、実施してほしいとホンマに感じます。

銀行も議員も、表面的体裁の施策ばっかり、が多いと感じてしまいますね。

これらの人達は決して安月給じゃないはず。

なのに、視野の狭い、思考習慣と行動習慣に見えてしまう。

収入の多い人ほど、社会環境、政治環境、職場環境、学校環境を人間性に立脚した施策の立案、発信、実施を率先してやってほしいもんだ、と感じています。  

最近ちょくちょく他の経営者に言っていることなんだけど、こんなことを話してます。

「職場での、自分達の会話や行動をドッキリカメラで撮影されていたとして、それをお客さんや関係先の人達が見ているとしたら、恥ずかしくない言動をしてますか?」って。

うちでは、昔から社員どうしの勤務中の雑談は、OKなんです。

皆の居る所でなら、コミュニケーションの潤滑剤的要素もあるからです。

当たり前ですが電話が鳴ったら即、チームワーク宜しく瞬時に動いています。

普段のコミュニケーションが良好だから、

業務のチームワークも良好なんだと感じますね。

雑談は皆の居る所で。

もし陰でしていたら許さん!(笑)と言って来ました。

ドッキリカメラで、自分達の会話や仕事ぶりを見られていて恥ずかしくないかを、たまには振り返る心は大切やと思います。

ついつい、無茶なことを言うお客さんの電話応対の後、

同僚どうしで悪口言ってないですかねぇ?(笑)

たまに、自身の言動を振り返る。

つまり『自浄作用』を起こしていますか?

これが今週ピン!と浮かんだメッセージです。

自分で自分の「これはやっぱり、いかんよねぇ」と感じる行動があるなら、

自分で戒めないと、ね。

組織のリーダーは、組織内の人達に、ちょくちょく「ちゃんとしようでっ!」っていう手綱を絞めることが大事です。

ともすれば、気が抜けてしまうのが我々人間です。

が、氣を締める「氣締(ケジ)め」を、自分で気付き、実践せな、

自浄作用を起こさな、ダメになると思うんよね。

せっかくの運も、薄れて来るような気がします。

特に『生活の糧を得ている職場での自分の何気ない悪いクセ』を

自分で自浄せないかんような気がしますね。

ドッキリカメラで、あなたのお客さんや、関係先の人達が見ているんだ。

そう思って、恥じることのない立ち居振舞いを心掛けましょう。

また、どうぞ見て下さい。

我々の普段の会話や、和気あいあいとした雰囲気や、

一所懸命仕事している姿を。

と言える自分自身でありましょう。

と皆さんに投げ掛けたいなぁと思った今週でした。