2018/09/07

「香川湧慈の今週のインスピレーションメッセージ平成30年9月7日

色々と、他人の反応を気にし過ぎる人が多いようですので、メッセージを。

最初のリアクションで大体分かるもんじゃないでしょうか。

というメッセージです。
つまり、あなたが何か話したり、行動をした時に、

相手が最初に、どんな反応だったかで、感じるでしょう。

あなたが、誰かに何かアクションを起こした時に、相手が全く反応を示さなかったり、お座なりな対応だったりすることって多々あるでしょう。

それは、その時点では相手のあなたに対する好意の度合いが、薄いんです。

関心が無いんですよ。

良い悪いを言ってるのでなく、その時点での相手の、あなたに対する、

心の傾向性が感じ取れるんじゃないでしょうか。と言いたいのです。

あ、もう一つありますね。

その人が、何かに集中している時は悪気なく、お座なりになってしまうかも知れませんが。

相手があなたに関心が無かっても自分の商売に関する事だったら、

上手いように応対するかも知れませんが、自分の損得に関係するから、

が多いかも。

でも往々にして、最初の相手のリアクション(反応)を見て、あなたに対する好意の度合いや関心の度合いを認識したらええのに、

何で『要らんでいい気』を遣うのかなぁ。しんどくなりますよ。

もちろん人間にはバイオリズムがあります。興味、関心の度合いのバイオリズムです。

一年前には、興味がなかったのに、今はすごく興味がある。とか。

自分の得にならないと感じている人に対しては、氣が向いてないとか。

多いと思います。

『行ないは、心』ですから、その人の行為、つまり反応が、その人の今の心の表れなんです。

瞬時に判断したらええのです。

あぁ、今は、この人は(相手)自分に関心が無いんだ、とか、好意は抱いていなんだとか、

又は、逆に丁寧に反応してくれる人は、関心を持ってくれているんだ、

好意を持ってくれているんだとか、

はたまた、かなり気を遣ってくれているんだとかの判断基準になるんです。

だから何が言いたいかというと、

最初の反応が、自分が思うような反応じゃなかったからと言って、心左右されるなかれ。と。

淡々と、あなたがやるべき事を、右往左往せずに、一喜一憂せずにやったらええのです。

自分の人生の責任者は自分なんやから、

淡々と、やるべき事をやっていると自然体で居られると思いますね。

やっぱり、自然体が、一番です。ひょうひょうと行きましょう。

自分が、関心の薄い人から何かアクションされたら、

丁寧に応対することを徹底出来たらええんですがね。

特に、人間として大事なことには。

どうでもいい他愛ないことは、どうでもいいんだけど、他愛ない事に対しても、変な気を遣わずに自然体で丁寧に対応している自分でありたいですね。