人間は『胸に秘めたる念(オモ)い』がなければならない。

と思うんだけどねぇ。

真っ赤な炎でなく、青い炎です。

真っ赤な炎は、吹き消えることが多いんだけど、青い炎は、中々消えないもんです。

胸に秘めたる念いは、めったに口に出すもんじゃないし、

どんな状況に陥っても消えないんですよ。

人の『おもい』には、思い、想い、念い、があるように感じます。

『おもい』の度合いが最も強いものが執念の念です。

ここで言う執念は、理想像を諦めない執念のことです。

だからワシは文字を書く時に、わざわざ使い分けています。

『思い』と『想い』と『念い』を区別して。

自分の生き方に念いがある人は、心自由に歩めていると感じます。

一般的に通用している愛というものは、強さから生まれていないように感じるし、

むしろ弱さや必要性から生まれて来る愛の方が多いような気がするんです。

それは真の愛じゃない感じがしますね。

その証拠に、愛というのは、すぐに裏返しになってしまって、

敵同士になったりしている世間は、多いように感じます。

『愛憎』というくらいだから、世俗の『愛』の裏側には『憎』が、

くっついているんですね。

真の愛であれば敵対することは起こらない。執着心から敵対が起こる。

ワシは、それらを超越した物事の本質に眼を向けるよう心がけているんです。

物事の本質を追求して行くことによって生まれる真の知識を手に出来るように感じます。

その可能性は、全ての人間の内奥に存在していると思うんです。

世間の知識を超越した真の知識こそが、自分に自信を与え、次元を高めてくれます。

多くの人達が、世間に合わせ、順応して生きることが社会的に自立している

人間の条件と知らず知らずに教えられて来た人は、多いと思います。

それを批判はしませんが、ワシに言わせると自分に素直に生きることが出来ず、

世間という魔物の下敷きになって生きている姿にしか見えないんだよね。

それは決して自立しているとは見えない。

世間に合わせることは言葉を変えれば世間に管理されることであり安全な位置を獲得するけど、

自分の道を犠牲にしていることになっているんです。自分の思うがままに、自分に素直に生きられない。

それでも人として生きなければならない。そこに欲求不満が残るんですね。

一方、世間に合わせようとせず、世間に背を向けて歩む人達は単なる変わり者として、うさんくさい人として片付けられてしまう。ならまだしも、

時には世間を敵に回してしまうことになる。

世間に背を向ければ、不安な日々を送るのは必定。

どっちに転んでも、欲求不満ないし不安から解放されることはない。

ワシはこう考えます。

外面的なことに身を任せるんじゃなく、自分という内面に身を任せるなら、

自分という存在に確信を持つことが出来るはず。

外面的なことだけに、関心の眼を奪われていては、いつまで経っても主体性を確立することなど出来ない。

自分に確信を持ちましょう。その為に確りと内面に眼を向けましょう。

人が自由を求めるのなら、管理される方を選んで、自分を不愉快な人間にしてはいけません。

我が道を生きるとは、我を見捨てず、我を人任せにせず、自分の内面を大切にして、我を知ることにあるんです。

ワシは人様の言うことを聞く聞かないかよりも、自分の言うことを聞くか聞かないかを、いつも意識しているんです。

たいていの人は、世間に合わせることに気を使っている。他人の言うことを聞くか聞かないかを問題にしている。

ワシは自分に対して、『お前はワシの言うことを聞くのか聞かないのか。』という自問自答をして来ました。

こうした生活態度が、自分を裏切らない、ということにつながって行くんです。

自分を裏切らなければ他人をも裏切らないものです。

自分勝手ということではなく、本質的に自分を大切にしている人は他人のことも大切にするんですよ。

愉しい人生とは、そんなところにあるんじゃないでしょうか。

身近に接する人を裏切ったり、無下に扱ったりするのは人の道に反しますが、

その身近な人の大切さを、十分理解していても、時と場合によっては、

大切な人に目をつぶってもらわざるを得ない状況も起こるでしょう。

それを相手に納得して頂かなければならないのです。

自分本位の損だ得だというレベルで、大切な人や、ものを扱ってしまっては、その大切な人や、ものに失礼だと思うのです。

皆さんは、自分の都合や、その日の気分、目先の利益に流され、自分や大切にすべき人や、

大切にすべきことを裏切ってしまってはないでしょうか?

満足を求めるなかれ、納得ある人生を。ですね。

納得する為に、自分の内面に眼を向けるんです。

揺れない心を手に入れましょう。

それが青い炎やと思った今週でした。  

消費税10%に対して、軽減税率のややこしい事、この上ない!

自分の生活収入を脅かされない立場の人達が勝手に決めて、法案にしている。

他人事なんですよ。自分事じゃない。

数多くの零細店舗が、無駄な費用が掛かり、要らんでいい神経使わないといけなくなる。

迷惑千万ですね。

政府はキャッシュレス化を推進しているようだけど、

零細店舗ではカードやスマホ決済なんて出来ない所は、ごまんとあるしね。

年収総額が約6000万近くも取っている国会議員達や高給取りの官僚が企画立案する政策とは、ホンマに思えない。

バカじゃないかと思えて仕方ない。

年収6000万も自分で稼いでいるんじゃなくてやねぇ、

税金から自己収入を得ている人達だから、

自力で稼いで行こうという氣力より、甘え体質になって来るのは否めないんだよねぇ。

税金から生活費を取っている、こんな高給取りになると。

甘え体質になった人達は、自分達の利益しか考えられなくなるもんで、また世の中を良くして行こうとする政策能力が欠如しているとしか思えないんです。

こういう人達は、自分から自身の収入を下げてでも、世の中良くして行こうという政策はまずやらないんです。

実質立案している官僚も、自己エゴとしか考えられない政策。

財政を担当する財務省自らが、財務省全職員の収入カットをしてから、

世間に問うてくれと言いたいねぇ。

全く、バカとしか思えない施策ばかり。公僕とは言えない政策しか立案できない。

ホンマ情けない。皆さんは、そう思いませんか?!

まともな民間経営者なら、消費税を下げて、税収アップの政策を考えられるはず。そして国民が躍動できる政策を考えられるはず。

批判するなら、対案を出す。のが持論のワシですから、対案沢山あるんやけどなぁ。

国会で議論してほしいわ。してくれんけど😱

高齢化は進んで行くんでしょう。だったら、その高齢者が社会で生き生き働ける政策にしたら所得税ごっつ入って来るのにねぇ。

少子は、すぐに改善は出来ません。

また安易に外国人労働者に頼ろうとしている自己エゴの経営者や、政府。

国土の小さい日本の、幸福な人間生活を営める適正人口を考えたら江戸時代くらいの人口か、まぁ戦前の人口数が、適正になるんちゃうかなぁと感じます。

高齢者が所得税払っている人の年金は、満額支払い、身体の都合で働きたくても働けない人は除外して、

働ける健康状態なのに働いたら年金減らされるから損や、って言っている高齢者も、ようけおるのが、これまた人間を堕落させる。

ものすごい数の高齢者が生き生き働いたら、所得税収入激増で、消費税なんか2%で充分になるかも。

また、健康体高齢者も増えるであろうから、医療費激減になるかもです。

福祉社会の行き過ぎは、国民の民度が下がるんですよ。

福祉は人間として当たり前のことです。

当たり前のことは、まともな人は声高には言わないもんです。

朝は、おはよう。誰かに会えば、こんにちは。

ごはん食べる時には、いただきます。夜寝る時はおやすみ。

数え上げれば、生活で当たり前のことは、声高に言わないもんです。

だから、福祉にお金をなんて、声高に言うている人ほど、福祉に金を回していないように思うなぁ。ホンマに。

人権人権と声高に言うている人ほど、人格が低い人達じゃないかと思ってしまうのはワシだけでしょうか?

人間は、生涯現役が、結局幸福な人生を歩めるんじゃないかと言うのが、

ワシの昔からの持論であり、主張なんやけどね。

自分のやりたい事を、仕事にしていても、続けられないこともあるのが人生。

また、どうしても生活の為に、自分がやりたい仕事じゃない仕事に就かざるを得ない人もいるのも、人生です。

いずれにせよ、

変えようのない事実を丸ごと受け止めて、工夫して歩みながら、

自分は、どんな仕事をしようとも、自分の周囲の人達を喜ばすんだ
という志さえあれば、自立した人生に成るんじゃないでしょうか。

それを幸福な人生と、言うんじゃないでしょうか。  

誰かが話していることを聴いて、本当に感動した人は、

「感動しましたぁ~」なんて言いません!!

感動しましたって口に出るのは、感動の域に達していないんだと感じるんだけどねホンマに。

本当に感動したら、言葉は出ないもんですよ。

そう感じませんか?

ググッと、胸が詰まるもんです。

「あぁ~っホンマやぁ~❗」「うぅ~んんっ❗」と唸るもんやし、

項垂(うなだ)れますから。

そう感じませんかぁ?

また「覚悟があります」って、言っている人は、覚悟が定まってないような気がするなぁ。

覚悟って、丸ごと受け入れる心境です。

だいたいにして人は、自分の都合で、受け入れるか、受け入れないかを決めているんですよ。

それはそれで、いいんだけど、覚悟という事に於いては、都合で決めるもんやないと思うんです。

例えば病弱な子供や、何か障害を持っている子供の健康状態が良くなっていると喜び、 悪くなって行くと嘆いている人を見聞きしますが、

ワシに言わせたら、それは丸ごと受け入れてないんです。

昔ワシの知人が、自分の友人(障害を持つ子供が居る)に

『お前は自分の子供を受け入れてないなぁっ!!』って、

言っているのを、たまたま聞いて、なるほど!と思った経験があります。

丸ごと受け入れるというのは、条件をつけたら、いかんのです。

好むと好まざるに関わらず、縁あって自分の下に生まれて来た子供や、

会社で言うなら自分が一旦は受け入れた社員なんやから。

丸ごと受け入れる心境が、その人の覚悟と言うもんなんです。

そして丸ごと受け入れるから、その人を認めていることになるし、

その人が生きて来るんですね。

ホームドラマと、大河ドラマがありますが、あなたの人生、どっちが好みですか?

ワシは昔から機会あれば言うて来ました。

ホームドラマより、大河ドラマの人生を歩みたいなぁと。

振幅大きいけど、一生いっぺんなんやから、触れ幅激しい大河ドラマが、

おもろい人生やと感じるんだけどね。

昔、ワシの師匠の講義に、こういうのがありました。

「勤め人(サラリーマン)が定年退職を迎えた時に、社長に対して、お陰様で無事大火なく会社で過ごさせてもらいました。有難うございました。」

って言う挨拶をするような人生を歩むなっ!て。

『無事大火なく』とは、何にもチャレンジして来なかったという証しです。

つまらん人生やなぁと感じますね。

ワシがもし勤め人ならこういう退職の挨拶をするなぁ。

「長い勤め人人生で、過去のあの事は、私の責任で会社に多大な迷惑を掛けてしまい、申し訳ありませんでした。
しかしながら、この販売ルートの開拓はお役に立てたと自負しております。

長い間、お世話になりました。有難うございました。」

的な挨拶をするなぁ。

穏便に大火なく。は、チャレンジしていないということじゃないかなぁ。

人生、攻め以外に勝利なし。です。

攻めるとは、思う一点に全力投球する事を言います。

また攻めるとは、チャレンジの連続であり、創意工夫の連続なんです。

人生常にチャレンジ。常に創意工夫が、人間を輝かす基礎に成ると思えるんだけどねぇ。



 『練習はウソをつかない!』


スポーツ・音楽・芸術や習い事・研究・事務職や製造そして営業等に言えることやと思います。

あなたがやって来た事で上手く行かなかった事も多々あったと思います。

その要因に練習不足があったはず。

ただ闇雲に練習しただけでは能力は身に付かないと思う訳です。

基本、基礎、定石を、先ず学んでからの練習でないと、

功を奏さないと思う訳です。

また基本、基礎、定石を『どんな人物』から学ぶかが、胆です。

これが巡り合わせ、縁というものです。

教育は知的理解を得て反復訓練するのが順序なんです。

これを『教育』と言うんじゃないかと思う訳です。

先ず理屈で納得させること。納得すること。

納得させたなら、納得したなら、反復訓練させること。反復訓練すること。

この繰り返しですね。

これが『真の練習』なんです。

だから、練習はウソをつかない!んです。

相手が、納得をしないまま練習をさせるからパワハラだとか思われるし、

練習が身に付かないんです。

練習は、ちょっとした事に手を抜かない。ココなんです。

上手く行くか、行かないかの、分かれ目は。

特に営業のコツは、対個別対応能力を上げ続けるしか自身の能力開発はないと自覚して日々挑んでもらいたいと思う訳です。

よく社員の数が規模が大きい会社で見聞きする『研修』で感じるのは、

社員をやる氣にさせて仕事を順調にしてもらいたいという思いがあるからじゃないかなぁと思う訳です。

まぁ、それが悪いとは言いませんが、

この時、社長も一緒に研修を受けることが、胆なんです。

だいたいに於いて、社員だけを研修に出しているところに問題があるんです。

うちは以前から『社内学校』と題して人格教育を長年実施しています。

始めた想いは、たぶん他の経営者と違う観点だと思いますが、

こういう想い、願いから始めました。

社員が人生で起こる、様々な問題事を自分で克服できる人間に成ってもらいたい、という『この一点の願い』から始めました。

仕事をちゃんとしてもらいたい、とかじゃないんですよ。

人間としての『力』を身に付けてほしいという願いからやっているんです。

二ヶ月に一度。勤務時間中に二時間。

会社運営の最終責任者は、言わずと知れた、社長ですが、

社員一人一人の人生の最終責任者は自分自身なんやから、

将来何が起こっても、覚悟して対処して行ける、克服して行ける、

その能力を身に付けてほしいという、強い想いでやっているんですね。

総合的な意味で『練習は、ウソをつかない。』と胸に刻んでほしいんです。