社員が辞めてしまう。とよく耳にするんだけどねぇ。

様々な要因があるんだろうけど、

一番重要な要因は、経営者が全社員の魂に響く接し方を、

して来なかったんじゃないかということと、

社員が他の社員への『思いやり』の心を、醸成する風土作りに重点を置いて来なかったんだと、ワシは感じてしまいますね。
何百人居ようと。

給料を含めた待遇もあるけど、それだけじゃないんだよねぇ、職場は。

最近の東京ディズニーランド社員が会社を訴えてたニュースを見てても、

しかりです。

テレビコマーシャルで大地真央が言うてるやろ『愛はあるんか?』って。✨

的を射てるというか、言い得ているという感じですね。

そう感じませんか?

社員が辞めると言っている社長さん、胸に手を当てて思い返してみて下さい。

『あんたに、愛はあるんか?!』って。

人間『愛と情と経済と義』の四つは欠かせない要素でしょ。

この四つのバランスとその高さですよ。

結局、詰まるところ、経営者の『人格』に尽きると思うんです。

あぁ言うときますが、人格というのは、教養や知性の範疇ではなくて、

どれだけ苦労を重ねて来たかの繊細な神経、人情の機微を備えていることを言うんです。
つまり人の心を読み、人の心に触れること。

まさに人の心の温かみと痛みを知ることであり、

そしてその微妙な世界に生きられるということが人格なんですよ。

だからうちは経営指針に取り組んだ25年前から、自分自身は勿論のこと、

社員には人格を高め、深めることを目指すことを経営目的に明記しました。

そういう職場にしたいと強く思ったんです。

ワシの切なる社員に対する『願い』なんですよ。

だから、会社の憲法である経営指針書の経営目的に明記して、

毎朝朝礼でも唱和しています。

毎日意識するキッカケを与え続けるしか、ないんです。

そして、毎年昨年より今年。今年より来年。

自分が少しでも人間性と可能性を伸ばせていることにチャレンジできるよう

課題を与えているつもりです。

業務能力の向上と、社員自身の人間性と、可能性の向上。

人生の機微の、微妙な世界に生きられるように祈っておるんです。

人間いつか死にます。

あの世に持って行けるのは『人格』だけやとしか、思えないからです。

それが最大の財産じゃないかと思うとるんです。

皆さん方の会社の社員やスタッフと呼ぶ人達に、

人の心の機微が、心の温かさや痛さが、 分かる風土を創る努力をしているでしょうか?

そこやと思いますね。

普段の何気ない会話が味気無いものになってませんかねぇ?

縁あって集った、同じ職場の仲間ですから、生涯懸けて、

お互いがお互いを最愛の人にして行く努力が大事やと思いますね。

夫婦も同じです。仕事も同じです。会社も同じです。

縁あって出会って、そこに居るんだから、

生涯懸けて、人生最愛のものにして行く努力をせな、あなたの魂が安心せんですよ。

『魂の安心』が、どんな人に於いても、仕合わせ=幸福と言うもんだと思うとるんですよ。

あなたは、あなたの魂を安心させる努力を、してますか?!

あなたは、あなたの周囲(社員や身近な人)の人の心を、解放させる努力をしてますか?!

『変な気を使っていない状態で、何か楽しい。』という状態ですね。

誰だって苦労はしたくない、というのが本音でしょうが、

苦労を重ねて、人情の機微を感じ取れる繊細な神経に成らないと、

人間としてモノに成らんのです。

だから大事な人には、『苦労をしながら、考え方や捉え方を磨いて行けよぉ~』と、ワシは願っとるんですよ。

それを自分のものにする為に『仕事』が存在するんです。

本来、仕事って、そういうもんだと思っているんですが、皆さんは仕事をどう捉えてますかねぇ?  

香川湧慈➖発信=ゼロ

自分から、これを除いたら、何も残らない。

そう自信を持って言えるものがあるか。

それくらい人生を懸けることが出来る対象が見つかれば、

新しい世界へと導かれるはずです。

会社で言うなら、経営戦略は、経営者の性格の反映です。

つまりその会社の経営の戦略は、

その会社の経営者の性格のように知らず知らずに、なって行くもんです。

規模を大きくしたいという性格が強ければ、そのような戦略を組んでしまうもんです。

経営者の性格のような社風になって行きますから、ホンマやで。

これは経営者の思いが強くても、弱くても、関係なく、

性格のように傾いて行きますよ。

良い悪いではなくて、トップの性格がかなり影響するんだ、と言いたいのです。
会社では、人数規模がかなり多くなると、様々な人達の因縁が、

絡み合って来てしまうんですよ。

だから、思うようには中々行かなくなって行くんです。

目に見えない運命の、様々な因縁が影響して来るから、余程強力なトップの指導力が無ければ、思う方向に動いて行かんのじゃないかと感じてしまいます。

だから、経営者の心底望むような社風には、中々なっては行きませんね。

個人の人生も同じですよ、皆さん。

あなたの人生曲線、人生設計は、あなたの性格の反映です。

性格に導かれるというより、性格に誘導されているんですね、知らず知らずの内に。

あなたの歩む人生は、あなたの性格のように誘導されて行くんだと捉えてみて下さい。

だから最初にメッセージした『自分➖○○=ゼロ』を考えてみて下さい。

自分から、コレを除いたら、何にも残らないものを考えてみて下さい。

それを見出だしてほしいんですよ。

ワシは人生曲線を考えた頃から、振り返ってみると、やっぱり何か『発信』をして来たよなぁと思ったんです。

自分から『発信』を引いたら、自分じゃなくなるなぁと思ったんです。

あなたにとって、『コレ』を取ったら、自分じゃないなぁと言えるものは何ですか?

それを見出だすのよ!

自分を生きるって、そういうことだとも、言えるわなぁ。

そういう事を見出した人達が集まると風土が出来て来ますから。

人間集団の最大の教育者は『風土』なんですよ。

会社で言うなら社風。家庭で言うなら家風。地域、国家で言うなら『風土』です。

その風土の『民度』をより人間性が良く成るように上げて行く努力を、そこに集う人達でやって行くことが、

何より大事なんだと、皆さんに自覚して行動してほしいなぁと思った次第です。

風土に合わない人が、その集団に居ることが良い風土創りにブレーキを掛けているんだと自覚せな、いかんのと違いますか!

と投げ掛けますね。

性格は違って当たり前です。

でも、進む方向、目指す方向が風土に合わない人が居るなら、その人も、不幸と言うもんです。

その人に合った集団が在ると思うので、そこへ行かせてあげるのも親切と言うもんです。

異なりを認めながら、一つを生きる。

これが、真の『和』なんだと思えてなりません。

それぞれの性格の違いを認めて、尚且つ目指す方向は同じ。

でないと良い風土は、出来得ませんから。

心穏やかに、後味スッキリ歩む為には、良い風土創りをして行くしか、

ないんですよホンマに。

人間の性格は変わりません。

でも考え方や捉え方、ものの見方は、学びと努力で変えて行くことが出来ますから。

『あぁ、この人はこういう性格なんだ。』と認められたら、腹も立たなくなるんじゃないかなぁ。

でもその集団のトップの考え方や目指す方向に共感出来ない人は、

そこに居てはいけないんです。

この意味、深いんですよ皆さん。

異なりを認めても、『一つ』を共に生きれないなら、和は成り立ちませんから、
不協和音に陥るんですよ。

皆さんの集団、周囲のあらゆる環境で、今日のワシの投げ掛けを、考えてみてほしいと思った今週でした。  

『濁っていてはダメ。いつも瞳は澄んでいよう。』

人間の寿命から考えてみると、

20年くらい前は、60代で寿命を迎える人が多かったように感じますが、

今時は70代で逝ってしまったら『まだ若いのに、、、』という感じです。

90歳前後という感じでしょうかねぇ。

その内、身体を大事にしている人は、百歳近くまで生きるんじゃないかと感じます。

人間が物心ついて社会人らしい考えを持つのには、二十歳くらいでしょうか。

二十歳から百歳まで生きたとして80年。

この80年間を、いつも自分のことだけ考えて過ごす人生もある。

しかし、周囲のこと、地域のこと、国のことや将来のこと、というふうにいつもそういう考え方を持って生きたとしたら、

段々その人生は太くて幅の広い人生へと変わって行くと思うんですね。

お互い、出来ればそういう幅の広い、直径の太い人生であった方が良いんじゃないかと思うのです。

こういう生き方は何もその人の能力や才能、財力や家柄などとは、関係ないと、つくづく思います。

立派と言われる学歴や地位や肩書きがありながら、世の中にやねぇ全く貢献できない人もよぉ~けおるような気がします。

そういう人達は、だいたい、学歴や職歴や、地位や才能や肩書き等が自分より劣るなぁと思っている人に対しては『見下している』んですよ。

言葉より、行動で瞬時に分かりますね。

経営者で言うなら、

縁あって自分の社員になってくれている人達の人生を考えたことも無い人が、沢山居るのも端から見てて感じる人、まぁまぁ居りますねぇ。

その社長の、社員への待遇を見たら、瞬時に感じますよ。

自分の金儲けの道具にしか社員のことを思っていないとしか感じられない処遇を見たら、


感じざるを得ないのよなぁ。

それでは、心通じ合う道理がないよねぇ。

ワシは、よく言うて来ました。

『何でちゃんとしてやらんの?もし、自分の娘がやねぇ、大学受験に際して、お父さんどうしても東京の私学の○○学部に行きたいの。

って真剣に頼んで来たら、借金(教育ローン)してでも、思いを叶えさせてやりたいと思わへんの?

それと同じ気持ちで、自分とこの社員にも、行動してやらんと、経営者やっとる価値ないでぇ。』って。

一方、学歴や職歴や、才能は、人様に誇れるほどではないけれど、

いつも、社会のことや周囲の将来のことを、考えて行動している人達も少なくないのを、ワシは知っています。

人間の価値は、どこにあるのか、もう一度見直してみてはどうでしょうか。

自分のことばかり考えて行動していると、自分の人生が行き詰まるようになって行くんですよ!

ほんまやけん。

行き詰まった人達に、こそっと、聴いてみてん。

ホンマやって感じるから(笑)

どんな状況下でも、自分と自分の周囲や、社会のことを考えることを習慣になっている人は、行き詰まらないようになっていると、

自分の体験からもハッキリ言えます。

本当に価値ある人というのは『良い習慣』を沢山持っていますね。

良い習慣というと、難しそうに考えますが大したことはないんですよ。

ゴミを見たらサッと拾うとか、靴が乱れていたら、ちゃんと揃えるとか、狭い道で行き合ったら、ちょっと退いて道を譲るとか、

カチン!と来るのは、脳が感じることやから仕方ないんですが、

その後、どう行動するかは、自分が決める事が出来るという自由があるんですよ皆さん。


大いに『カチン!』と来たらいいんです。

人間なんやから。

カチン!と来て、ぶちギレたらええんです。

溜めたらいかんよ。

あなたの身体にツケ来るから(笑)

でも、その後のあなたの言動が、あなたの、将来の嫌事を招くのか慶事を招くのか、自業自得なんやから。

価値ある人生を歩む為に『自分の瞳が濁るような生き方はしない。』

『後味の悪い日は送らない。』

この二つだけでも続けてみてはどうでしょうか。

それを実践する為に、『心の無駄遣い』をしないよう自己チェックして下さい。

時間の無駄遣い、お金の無駄遣い、

それよりも、心の無駄遣いが人間にとって一番よくないと思うんです。

善からぬ事を考えたり安易な事を考えたりするだけでも、心の無駄遣いです。

思っても、甲斐のないことを思ったりするのも心の無駄遣い。

やっぱり、思ったら、甲斐のあることを思い続ける。

そして、やり通すということが一番力に成ると思うのです。

必ず、その人生は輝ける人生になって行くと思うのです。

いつも瞳は澄んでいようじゃないですか!

例えどんな小さな灯火でも、一度点(トモ)した灯火は、絶対に消さない。

どんなことがあっても消さないという気持ちで守り続けてほしいんです!

同じ灯火を持った人達が集まって来て、やがて大きな青い炎に変わって行くと信じているんですよワシは。


こんな営業、多くないですか?あなたの商品に興味があります。

取り扱いしたいので、販売代理店になるにはロットと卸値はいくらになりますか?って。
まぁうちで例えるなら先ずお客さんで買って飲んでから、

感想なり何なりリアクションがあって初めて『扱いたいんですが、、、』

でしょ?

売れそうだから、扱おうか?

だけでオファー掛けて来る人、割りと多いんですよ。

ワシは、そういう感覚の人は、人間が軽過ぎると感じてしまうんですね。

自分勝手というか、自分「だけ」の損得しか眼中に無い!って感じがしてしまう。

げんなりするんよね。

本氣度、関心度が感じないからです。誠実さも感じません。

見積もりだけして、返事しない人も多い気がするなぁ。

相手に対して失礼だという感覚すら無いんだと感じてしまいます。

返事が出来ない人が、ほんまに多いと思いませんか?

そもそも、何かの販売代理店を希望する人は商品も去ることながら経営姿勢を聞いて来るもんですがねぇ。

そういう人は、ワシは好感を持つんだよね。

実例として一つ。

今年の6月に韓国釜山の経営者から、エモーションのサラシアルイボス(血糖値やヘモグロビンa1cと便秘の改善に良いお茶)を扱いたいという縁があり、

その経営者は日本語も読めるし、話も出来るので、エモーションの経営指針書他、考え方生き方を綴ったものを読んでくれたらしく、

ワシに会いたいと、宇多津(地元)まで来たのには本氣度と関心度を感じたねぇ。

それから打ち合わせや韓国での輸入関税やら諸々調べて、

その会社のオリジナルパッケージで取り扱いが始まったんだけど、

毎月発注ロットをコンスタントに注文が来ています。

だから11月6日から、韓国に行って、事情聞いたり、アドバイスしたり、

打ち合わせと、懇親しに行きます。

高松~ソウルの航空便が毎日運行になったばかりなので、ソウルに行くって伝えると、

わざわざ釜山から新幹線で社員さん連れて、ソウルの宿泊ホテルまで来てくれることになりましたが、

本氣の人は、心地好いねぇ。

うちは以前からエモーションのルイボスを扱いたいと言う人には、

宇多津(地元)まで来られますか?一泊で。

って声掛けてますよ。

相手の本氣度や関心度を図る上でも。

だから、わざわざ東京からも来られましたし名古屋からも、

色々な地域から香川湧慈に会いに来られますよ。

で、代理店成りたいとなれば、基本、先入金です。

本氣度、関心度のある人は、すぐ振り込んでくれますね。

気持ちいいです。✨

こういう関係は、振り返ってみても長年の、お付き合いになっていますね。

うちは、顕微鏡の如くアフターフォローしますから。

信頼関係が成り立たないと、ビジネスが成り立たない『独自の仕組み』にしているんですね。

デジタルでは出来得ない仕組みにしているんです。だからエモーションの仕組みは『凄い⤴』って、何人にも言ってもらいましたね。

ハードとソフトと信頼関係の三つ巴の構築が大事で大切なんじゃないかと思います。

皆さんの会社のシステムはどうですか?

ハード&ソフト&信頼関係が成り立っていますか?ご一考あれ。

およそ『仕事』をする人って言うのは皆『アーティスト』でないといかんと思うんだけどねぇ。

アーティストと呼ばれる人達は、大勢の人に震えてもらう仕事をすることによって、自らも震える存在であり続けようと努力している人とも言えます。

そう考えれば、経営もアートだし、営業もアートだし、人事も総務も経理もアート、研究も開発も製造も企画もアート、

つまり、仕事に携わる人は皆、アーティストであり、そのアーティストが世に問う仕事は、すべて「アート」である。

と考えることもできますね。

今の仕事を極めて、お客さんの期待を超える仕事を行えるようになり、

お客さんに興奮してもらったり、感動してもらったり、

という世界を生み出せるように、常に精進を怠らない。

そんな気持ちになるのではないでしょうか。

皆さんは、自分の仕事をアートにしようと、取り組んでますか?

日々の何気ない同じ事の繰り返しの上に仕事は成り立っています。

ここで大事なのは、あなたの心構えなんです。

ちょっとした日々の、あなたの業務をアートにして行こうという、心構えの問題ですよ。

アーティストの中で、天才と言われた、岡本太郎の『自分の中に毒を持て』という本を読みましたが、

やっぱり『芸術は爆発だ!』っていう有名な言葉がありますが、その通りの生き様だと感じましたね。

面白いし、発見があるね。一度、読んでみては?

皆さんも自分の人生、周囲が震える、そして自分が震える生き様を歩みませんか?!

そして、自身が世に問うているものは、「アート」であるのか、それとも、

やがて打ち捨てられる「ゴミ」なのか、

自問自答を重ねてみませんか。

毎日少しづつでも成長を遂げるには自問自答で自浄作用を起こして行くしかないんじゃないかと思う訳です。

それを『自分に素直』と言うんじゃないかなぁ。

一日一回でも良いんです。自問自答を重ねる素直さの積み重ね。

つまり『微差を積み重ねて、絶対差を作り出す』ための最短距離であると考えてみてはどうですかねぇ。