今週は『相性』というのが、ピン!と閃きました。

性格は違うのに相性は合う。ってあるんよ。

だから相性は性格じゃないと思います。

相性は、たぶんその人の心の根底に流れている価値観じゃないかと感じます。

価値観とは第一義にしているもの、と言えるんじゃないかと。

究極の価値観は、魂の傾向性じゃないかとも感じます。魂の傾向性が同じ人が相性が合うんじゃないかなぁと、ふと浮かびました。

世間でよく言う性格の不一致というような軽い感じではないんですね、

魂の傾向性は。

また人それぞれの心底に流れている『自覚』が相性にも影響しているんじゃないかと。

ワシの考える自覚とは、人は誰しも本来『徳』を身の内に備わっているもの。

それを如何に掘り起こして行くか、

ここに、それぞれ持って生まれた気質と才能があるんですが、

自らを知り自らの才能に応じて掘り起こすのも、また自らなんですね。

ここに『発心』があり、それを実践して行くことを『自覚』と言うんですよ。

簡単なもんじゃないんですね、自覚というのは。

「ああ、そうなんだ」と思うことだけでは、自覚じゃないんです。

それは単なる思い付きやと思います。

また適性というのは、伸ばすべきところさえ伸ばせば良いのではなく、

抑えるべきところを抑え、伸ばすべきところを伸ばして行かなければ、

人としての成長とは言えない。

自らを律するとは、そういうことを言うんだと思う訳です。

自らを律して後に、何を為さんとするかを思う段階ではまだまだ自覚とは言えない。

何を為さんとするかを思い、その自らの思いが、決して独り善がりにならないよう言動を省み、

実践して、それをまた独り善がりにならないよう周りに広く耳を傾け、名実共に、何を為さんとするものぞ、と知ること。

これを『自覚』と言うんです。

中々、この域に達するのは難しいんだけど、

やっぱりこういう心理なんだとワシは感じています。だから、自分の中では心掛けていますよ。

この『心掛ける』事が大事で大切なんやと思う訳です。

良心の声に耳を傾けることは、無謀なほどの要求を良心は言わないと思うんです。

持って生まれた気質に応じた意見を述べて来るんですよ、あなたの良心は。

しかし良心の声だけでは不確かなんです。

何度も何度も精査し、(ほんまに間違いないんか?この良心の声は?って自問自答し)

実践し、その中に見えて来る良心の声でなければならない。

これもまた難しいんだけど、そういうことなんだと思えたら、自覚に向かえる心の道が拓けて行くんだと感じます。

他人から何かしてもらった時あなたは、その人の『心を、想いを』相手と同じ心で、想いで、受け取っているでしょうか?

してもらって当たり前のような感じに陥ってないでしょうか?

何か実績を作ったから給料を上げてくれた。

あなたは、まぁそれくらいしてもらって当然くらいに思ってないでしょうか?

社長の心を、想いを、同じくらいのレベルで受け取らな、いかんのよ。

と多くの人に言いたいなぁ。

ニュースで、スーパーボランティアと呼ばれている尾畠春夫さん(あのおじいさん)が、子供達に言うてましたね。

『掛けた情(なさ)けは水に流せ。受けた恩は石に刻(きざ)め』って話しているのを見て、

ワシはその瞬間、涙が出たわ。ええこと言うとるなぁほんまや、と。

それを地で行っているのが、あの尾畠春夫さん。

自分のボランティア人生を生き生きと楽しんでいる。

あの尾畠春夫さんのような人を『人間としてのエリート』と言うんですよ。

そう感じませんか皆さん!

中々出来ませんよホンマに。世の中の『エリート』に対する認識が間違ってるわなぁ。

掛けた情けは水に流せは、あなたが何かしてあげたことは忘れなさい。ということや。

「あの時、してあげたのに。」思うなっ!っちゅうの(笑)

あなたが何かしてもらったことは生涯忘れるな。ということですよ。

こういう心境に、心底共感できる間柄なら、相性は合うんじゃないかなぁ、と。

心底ですよ、心底。上部(うわべ)の共感じゃないですよ。

本当に相性の合う者どうしで仕事したり、生活したり、生活出来ていることが、味わい深く幸福を感じるんだと思う訳です。

その為に、お互いが、ワシが先に述べた自覚を再認識してほしいのです。

そして、お互いが自覚ある人生を模索して行きませんか。ねぇ。

ちなみに、ですが、スーパーボランティアの尾畠春夫さんは、

魚屋を経営する前に、二十歳そこそこで生活の為に鳶と土木の会社に安月給で就職していた時期があるようで、

その体験が50数年経って、被災地でのボランティア活動に役立っていると言ってるんですよ。

だから、過去の自分の体験を生かすも殺すも自分の考え方次第ということやなぁと感じますね。

人生に無駄は無い。を実現させて行きましょうや。  

皆さんは人生を生きる上で『拠り所』があるでしょうか。

ワシはハッキリあります。

年明け1月で亡くなって丸25年になりますが『人生の師匠の哲学』が、

我が人生を貫く、拠り所です。

生前の師匠の講義録の数々がスッ~と自分の中に渇いた喉を潤すように染み入って来るんです。

折に触れ、時に触れ、読み返していますが、いつしか自分の人生に迷いを消してくれましたね。

迷いと悩みは別物だと思うとるんです。

悩みというのは、自分以外の人達のことを想う、心配するものやと思うとるんですねワシは。

そうやねぇ自分のことで悩むことは、ないなかなぁ。

揺るがない『拠り所』があれば、迷いは消えますよ、皆さん。

拠り所とは人生を生きて行く心の支えとなって行くものです。

人生は、やはり不安定な中に、安定を求めて生きている訳やから、

安定感というものを得る為には、
どうしても『自分はどこからこの世に来て、そしてこの世に何をしに来て、
人間は皆、いつか死ぬ訳やから、死んだ後の世があるとするならば自分はどこに去って行くのか。』を冷静に見つめ、
そしてそれを、自分が心底、納得行くものにしない限り、安心感というものは持てないと思うんです。

すなわち魂の安心であり安定。そういうものを、自分自身で発見することなんですよ。

これを『拠り所とする哲学』だと思います。

その為には、やはり、歴史、特に古典や兵法を勉強せな、見出だして来れないと感じますね。

歴史というのは、人がどのように生きて来たか、どのように過ごして来たか、そういうものを振り返る。

そして、その時の流れというものを通じて、その一貫した姿の中に冷静な科学的視野を持って分析して行く。

このようにして歴史感を養って行かなければならんと思うんです。

その中から『原理原則に照らして現在をしっかり把握する』こと。

人間は、明日の分からない存在です。

明日が未知数だから、希望や夢が持てるんです。

しかしながら同時に、明日が未知数だから、そこに苦悩が起こり、

不安、不安定な気持ちを起こさせるんです。

だから物事の原理原則があるはずなんやからその原理原則を古典や兵法から

見出だしながら、

それに照らして、現在点をしっかり把握することなんです。

第一に自分の人生哲学をしっかり把握する。

つまりどういう生き方をすることが、自分の人生にとって意義ある生き方なのか、人生とは一体何か。

人の一生の生き様を、どう考えたら良いか。

その生き様を原理原則に合わせてものを見つめる。

そうすることで人生観が確立して来ます。

だから第一に人生哲学を持つ。次に歴史感、歴史の流れを掴む。

それによって現時点を考える。

そして人生はある意味戦いですから、兵法を学ぶ。

この三つを継続していれば、迷いは消え去り魂の安心と安定を自分のものにすることが出来るはずですよ。

うちの師匠の講義の中に『先の見えない上司に付いて行く部下ほど哀れな者はない。』という項目があるんですが、

確かにその通りやなぁと。

上司とは上に立つ立場の人ということです。

大手企業なら上司。中小零細企業なら社長であり、家庭なら親ですね。

まぁ全ての『上に立つ立場の人』ということやね。

だから上の立場の人の最も重要な要素は『先を読む』こと。

だから歴史の流れや、歴史上の人物の生き方や、古典に見る兵法を学ぶこと。

しかし、未来は未知数だから、千差万別であり十人十色、一人一人特徴が

違う、一人一人生き様が違う。

自分の将来は未知数の世界なので、お手本はどこにもないんですね。

何が言いたいか!

それは独自の法則を生み出すしか、ないんですよ、皆さん。これには大変な苦労が伴って来るんです。

うちの師匠は言うてます。

『人間生きて行く上で大事なことは、独自性を見出だせ。人生にお手本はないぞ。参考になるものはあっても、お手本通りにはいかんぞ。だから自分自身の中から生み出した体験の滲むこと以外に頼れるものはないぞ。』
『頼り甲斐のある自分を確立せえよ。頼り甲斐とは、己れの体験、痛みのことだ。』と。

つまり、本を読んだだけの勉強の知識では、痛みは感じないんだよね。

実体険の痛みから何かを悟るというか自覚することかと。

それが『拠り所』だと思うんです。

この拠り所を確立することが、如何に自分と自分が導いて行かなければならない人達への安心感や安定感につながるんじゃないでしょうか。

そして下の立場の者に肝心要(かんじんかなめ)の所を注意出来ないかんのです。愛と情を持って。

そうすることで、導いて行けるんだと思うんです。

ちなみに歴史上の有名な武将の『拠り所』を何人か述べますね。

忠義の武将楠木正成は『非理法権天』

義の武将、上杉謙信は『毘沙門天信仰』

名将武田信玄は『動と静の一致・風林火山』

革命の武将、織田信長は『一切の、もの真似をしない独自性で天下布武を

成す』

さあ、あなたは?

この世の中はある意味『地獄』ですよ。

理不尽が横行しているのは、今も昔も変わりない。だから地獄。

そう思いませんか。

歴史を見ても、これは一貫している。だから、これから先も地獄は続くでしょう。

その地獄の中を我々は生き生きと歩んで行かんとならんのやから、

自分の魂が安心する、安定する『拠り所』を見出だしてほしいのです。

最後にワシ流に言うならば、この言葉かな。

『泥から出でて(生まれて)泥に染まらぬ、蓮の花』なんです。

この世の中は、泥のような世界。その泥のような世界に生まれて来ている訳ですが、

泥に染まらぬ蓮の花のように棘棘(とげとげ)しい武器を持ちながら、

美しく(納得行く)人生を歩む。というのが、

ワシは一番、魂が安心し、安定するんよね。

皆さん、自分の生き方の価値観、拠り所を、語呂よく一句、作ってみんですか?  

じっくり話したこともない人が、
その人に対して「あの人は、何か恐い感じの人だとか、あの人は、あんな人やと思ってた。」だとか色々他人に話している人って、おるでしょ?

ワシに対しても、そういうことを、たまに耳にする事があるんよ。

「えぇっ~、一回も、じっくり話した事ないでぇ、その人と。」って、

答えたことがありますよ。

まぁワシは自分の信念に従って、言葉を発したり、行動をして来ましたし、

現在も進行形ですから『我関せず』の心境ですが、

皆さんは、一回もじっくり話した事のない人の、自分への感想に、振り回されていませんかねぇ?

今、NHK 大河で西郷どんが来週最終回を迎えますが、
あの江戸城無血開城を成し遂げたのは、

西郷隆盛と勝海舟という『人物』同志だったから成し得たんですよ皆さん。

人間としての器量の大きさと洞察力の深さを備えた人物同志だから出来得た一大事だっと思います。

お互いが、胆が太く、圧倒する迫力があり、何の苦労も、裏付けもなくして、出来上がるはずがないんです!

血の滲むような努力と決死の覚悟を持って、万全を尽くして来た、二人だから、

人物なんですね。

西郷は勿論、勝海舟も自分の保身や、金儲けに、一切関心が無い。

二人に共通していたのは『日本国家の役に立つ為』という一心しかない人間ということ。

やがて勝海舟は、明治維新後、新政府の要職を依頼されて活動するのですが、

じっくり話した事もない連中が、こう非難したんですね。

「徳川を売った犬が、新政府内に納まって」

福沢諭吉なんかは、こう非難しています。

「江戸城を戦わずして明け渡したこと、武士の痩(ヤ)せ我慢。城を枕に討ち死にすべきが三河武士。その上、新政府でぬくぬくとしているとは恥ずべき身の処し方である。」と。

ワシは福沢諭吉は好きじゃないんよね。

偉そう気なことを言うて如何にも高尚な言葉を遺していますが、

人物じゃないなぁと、ワシは思っています。

で勝海舟は、この言にこう言っています。

「行蔵(コウゾウ)は我に存す。」と。

「毀誉(けなすことと、ほめること)は他人の主張。我に関せずと存じ候」

とのみ、答えたんですよ。

つまり、ひたすら自身の信念に基づいて行動し続けたんですね。

またこうも言っています。

「人間、用心しても、死ぬ時は死ぬ。胆力さえあれば、
やたら殺されたりはしない。」と勝海舟は覚悟していたから、

幕府重鎮であった時に、たった一人で薩長軍に和解交渉に出向いたんですね。

歴史が、こう教えているんだから、

自分と、じっくり話した事のない人達の言葉に振り回されては、いけません!

自分の信念に基づいて言葉を発したり、行動して歩みましょう。

そういう人物を目指したいなら、現代風に言うと、

自分の仕事(経営者なら経営、勤め人なら、自分の職務、主婦なら主婦業等々)に、

一所懸命に取り組むことと、禅の考えを学ぶことを同時に取り組むことだとワシは思います。

最後に、我々日本人が忘れては、ならないのは、
『公正無私』の態度で『誠を尽くす』ということです。

西郷隆盛や勝海舟の生き方から皆さん方自身の生き方を考えてみてはどうですか?!

歴史の事実は誰も分からない。その場に現代の自分達が居合わせていませんから。

歴史『を』学ぶのではなく、歴史『に』学ぶ姿勢を大事に歩んでいます。

考古学もしかり。神の存在もしかり。あったか、なかったはあまり関係なく、

歴史上の人物の言動とされている事柄から、自分が、今後どう生きるか、の参考書にする姿勢が、学びに成るという思いです。

自分が、その立場だったら、どう考え、どう言動するか。を考える行為が貴いと思っているんですね。

だから、周囲の縁ある人達には、歴史を学ぶんじゃなくて、
今抱えている課題を歴史上の人物の生き方に照らして、どう考えるかが、

歴史に学ぶことやと思うけどなぁ、(笑)と。

あと、今日は忠臣蔵。四十七士の討ち入りの日です。   

彼らの覚悟に、想いを馳せてみる一日にしてほしいと願います。

まぁ今週のニュースで『あおり運転の裁判』のことが取り上げられていて、

法律の解釈で無罪の可能性がある?

アホ言うなっ!って。

そもそも法律の為に、人間社会がある風潮に異論を感じない法曹界に、

バカじゃないかと感じるんよね。

法律は何の為に存在するのか!

それは当然、人間的な社会生活をする為に、法律の存在意義があるはずなんです。

法の解釈?理屈やないでしょう。

人間として、いかんもんは、いかん!と、スパッと決めたらええんです。

例えば飲酒運転したら一発免許取り消しじゃないの?

問答無用で決まってるのに。

本末転倒極まりないわなぁ。

高速道路で、煽り運転して高速道路上で駐車させたら、即懲役10年の実刑。執行猶予無しにしたら、

カチン!と来て煽り運転した奴でも、思い留まるんじゃない?

そう感じませんか。

世の中が、法律の為の社会に陥っているとは思いませんか?

法律の為に人間社会が存在するんじゃなく、

人間的な社会生活の為に法律が存在するのが本来じゃないんか、とニュースを見てて感じたんよね。

それでは今週浮かんで携帯にメモしていた、インスピレーションメッセージです。

街を歩いていて、ふと知り合いを見つけることは、よくあると思うんですが、

「いゃあ、久しぶり、お茶しようやっ。」って声掛けたくなる人とそうでない人がいませんか?

ワシも、声掛けれない人がおるんですよ。別に好かん人じゃないんだけど、

何話そうか?って瞬時に浮かんでしまう人なんです。話題が浮かばない、

というか、話が合わんやろぅなぁと、瞬時に感じてしまう人です。

そう思うと、中々会話の中身が合うという人は、そうおらんのちゃうかなぁと思います。

そういう観点で、人間関係を捉えると、話が合いそうもない人と、氣を使いながらの会話を、余計にしていませんか?皆さん。疲れる😣💦⤵だけやでぇ。

勉強会での会話は別です。

自分の価値観と違うなぁと感じる価値観の持ち主との会話は、自分の幅を拡げますから、したらええと思いますが、

プライベートな時間まで、話が合わないなぁと感じる人と、敢えて会話することはないんじゃないかと思う訳です。

約2500年前に、孔子は『人生は楽しむべし』と言った、と歴史は教えます。

ワシは『楽しむ』為には?を考えました。

楽しむために、第一は『ものを知る』ことやなぁ、と。知らないと楽しめないからねぇ。

知るということによって、次に好きになること。

好きであるかどうかが『やり抜ける』かどうかの違いになる。

好きになったら大好きになること。三度の飯より好きになる。

だから楽しくて仕方なくなる。

楽しむとは、単なるエンジョイや、レジャー、バカンスではないんですよ、

皆さん。

経営は楽しんでするもの。苦学でなく遊学。

月の内10日で稼ぐべき仕事をし、10日を勉強に費やし、10日を余裕を持って生きる。

余裕の中からノウハウを仕入れる。そのノウハウが、次のステップを生む。

商売の狙いは客層やと思う訳です。

一段上の、グレードの高いお客に密接に繋がること。

ノウハウを如何に仕入れるかということをしないと、次の生産的な仕事が出来ない。

販売するのは商品だけではないんです。

付帯するノウハウが、販売の援護射撃をやってくれるもんです。

アイデアは偶然からは生まれない。

10日勉強し、10日で飯を食い、10日は遊ぶ。

遊ぶとは、色んな人と交流を深め、その10日こそが、人脈の大きな力となって行くもの。

そういう生活設計『無駄なく、無理なく、油断のない生活態度』を心掛けること。

余裕を持って自分自身に仕入れ(インプット)を盛んにして次の売り上げに

結び付く備蓄が大事。

商売は人気と勢い。同時に仕組みと仕掛けですね。

そして、そのノウハウとアイデアを駆使しながら、時に宣伝、企画を立て、

水面下で根回しした時、契約が成立するもの。

その契約を成立させた一番重要な課題は、商売外の商売。

これが商売を成り立たせているという本質を忘れてはならない。

働く人が、楽しめて、ゆっくり成長して行くのが本来じゃないでしょうか。

もっぺん言います。

楽しむとは、レジャーでも、バカンスでも、単なるエンジョイではないのよ。

楽しみながら、ゆっくり成長して行きましょうと言いたいのです。

人間の幸福は突き詰めると、自分が楽しくて楽しくて仕方がないことをしている。

そして、それを周囲の人達が、喜んでくれていて、勇氣が湧いて来たり、

感動してくれたりしていることが、
誰に於いても幸福、しあわせ、というものじゃないでしょうか。

うちの経営根本精神は『経営は人間学』と、ハッキリ明記しています。

人間とは何ぞやを探究しながら、好きな仕事をしていたいんです。

人間学を探究していると、人生哲学を深めることが出来るし、新たな発見があるんです。

そんな時『うんんっ!と、うなだれるほどの感激』があるんだよね、これが。

周囲の縁ある人達に、勇氣と感動を与えるキッカケを与え続けられ日々を

歩めているのが、楽しくて楽しくて仕方ないんですよ。

特に、旨い料理と旨い酒で、人生哲学を深める会話をしていますよワシは。

時に、相手が涙流して喜んでくれるんです。

共感、歓喜、うなだれるくらいの腑に落ちた姿を見るのが、

楽しくて、楽しくて、仕方ない、しあわせやなぁと感じるひとときです。

正に慈悲の心から発する行動だからだと感じてならないんですね。

慈悲の心とは、

例え、相手が理解出来てないだろうなぁと感じる人達であっても、

トコトン深めて来た、哲学を分け与える想いなんです。

相手に対する『願い』から発する想いなんです。

聴いた相手は、無意識に脳に刻み込まれると思うんです。

脳に刻み込まれていれば、その人が、大変な困難に遭遇した時、

脳から解決策が出て来るんですよ。

だから、お金より、その人にとって大事な贈り物になるんだよね。

これ、信じて下さい。

縁が深いであろうと感じる、先輩や上司などには『感謝』の想い。

上に感謝、なんです。

そして、縁が深いであろう同じ立場や立場が下の人には『願い』の想いで接してほしいのです。

上に『感謝』。下に『願い』。

これが人としての道、心のあり方じゃないでしょうか。