昔から、うちの社員達に強く言うていたことで、会社運営に於いての重要項目を一つ言いたいと思います。

 

うちの社員達もウッカリ忘れていたらいかんからね()

 

それは『先ず、上を見よ。そして、横と下を見よ。』です。

 

 

 

社員の第一の任務は『社長の考え、仕事に対する価値観を理解する努力をせよ。』なんです。

 

自分が勤めている会社のトップの、仕事に対する考え方や価値基準を理解せな、心地好く一致団結の業務なんて出来へんでしょっ!ということです。

 

だから、社員の第一の義務は、自分の会社のトップを見ることなんです。

 

これ給料の内なんですよ、皆さん。

 

 

単に労働と給料の交換場所じゃないということを再認識してほしいんです。

 

だからうちの経営指針書の『給料について』の項目には、ハッキリと、

こう書いているんですよ。

 

社長の考えを理解する努力をすること50%。

与えられた職責を全うすること50%。

 

これで100%である。

 

社長の考えを理解するということは、社長の言うことを聞け、ということではありません。

 

社長の考え方とは、経営指針書に記載している全てを理解しようと努力する姿勢のことである。

 

と、明記しています。

 

 

 

社長の考え方や仕事に対する価値基準に共感出来ない人は、社員になってはいけません!

 

と、ワシは昔から縁ある機会に、発言して来ました。

 

何で、共感できない所で居続けるんですか?

 

とグサッ、グサッと、心の奥底の良心に投げ掛けて来たし、投げ掛けているんですよ。

 

人生、お互い真剣勝負だからです。

 

様々な事情があるでしょうが、

 

自分の会社の社長なんて、自分の金儲けしか考えてないから、理解しようとは思わない。

 

とか、そう思う気持ちは察するけど、

 

 

 

じゃあ言います。

 

あなたは、トコトン、あなたの会社の社長と人生の充実について話し合ったり、やり取りをしたことがありますか!

 

人生の充実とは何ぞやを話せな、やり取りをせな、心中は察しできんのとちゃいますか?

 

心中を察して、付いて行くに値せん社長だったら、辞めたらええのです。

 

 

 

意氣に感じないまま、会社で給料もらっているだけなら、

 

会社に出勤さえしていれば、給料もらえるとしか思っていないならやねぇ、

 

それは家畜と一緒や。牛、豚、犬、猫、鶏、鳥類、などなど。

 

家畜に成り下がって、ええんですか?!

 

 

 

またどんな人にも、心の奥底に潜む『良心』が在るんですよ。

 

あなたの会社の、社長の心の奥底に潜む良心に全身全霊で、誠実に訴える事をせな、いかんのちゃいますか!

 

その社長の性格はたぶん、変わらんと思います。

でも、考え方や行動は変わるんですよ。

 

あなたの誠意で、その社長の心と血が通ったら、変わりますから。

 

訳の分からん社長も、居るでしょう。

 

 

どれだけ、あなたが、努力しても、相手の心に届かんこともあるでしょう。

 

それなら、変えようの無い事実を丸ごと受け止めて、工夫して行くのが人生なんやから、観念したら、ええのです。

 

 

 

観念せえっ!!

 

観念して人生歩んだら心スッキリするでぇ~っ!ほんまに。

 

ワシは観念して人生を歩んでいますから。

 

観念すると、流れが、変わって来ると思うけどねぇ。

 

流れが変わって来るから、ほんまに。

 

 

 

また、組織に向かないタイプなら、起業したらええのよ。

 

日本は、もっともっと起業家が増えてほしいとワシは思うとるんです。

 

ワシは、ワシの『人間充実論・人生充実論』を発信して来ましたし発信し続けているんです。

 

なぜ日常的にそういうことをしているか。

 

それは相手に、自分の良心に省みる『キッカケ』を与えたいからなんですよ。

 

ワシの人生目的なんです、これが。

 

まぁ、変わってると思われて構いません。

ワシは『自分の良心と天』を相手に人生歩んでますから。

 

我が儘(まま)を貫いてますから()

 

 

あ、言うときますが、我が儘と自分勝手は、似て非なるもんやからね。

 

勘違いせんようにお願いしますね。

 

ワシの我が儘が、縁ある周囲の人達の、人生の充実につながるなら、

 

我が儘、大いに歓迎じゃないですか。

 

皆さんの我が儘が、皆さんの縁ある周囲の人達の、人生の充実につながるなら、大いに貫きませんか。ねぇ。

 

 

 

だから、トップの立場に在る人は、人間力を高め続けて行かないと、

社員が迷惑するんだと、深く自覚せないかんというのがワシの信念です。

 

 

組織に於ける、全ての責任はトップ一人にあるんだと自覚して、

 

縁あって来ている社員を人間として心が澄んで行くよう、精神性が高まって行くよう言動を発せな、いかんと思うとるんです。

 

 

だからワシは、日々の業務、社員の何気ない会話や、発言に、何か感じたら、

 

タイムリーに、示唆しています。社業を通して人の道を説き続けて来ました。

 

そして、続けているんです。

 

 

 

経営の経の字は、縦の意味であり、秩序であり、人の道という意味なんです。営の字は、生活です。

 

だから、経営とは、人の道に則った生活ということなんよね。

 

あなたの会社は、経営に成っていますか?

 

経営が為される為にもあなたの会社の社長には、

 

社業を通して人の道を説き続けてもらわないかんのと、ちゃいますか?

 

人間力を身に付けてもらわないかんのとちゃいますか?

 

 

 

人間力とは人間的魅力の略語ですね。

 

人は、魅力ある人物に付いて行きたい、一緒に歩みたいと本能的に欲しているもんやと思います。

 

だから立場が上に在る人は、生涯人間力を磨き続ける宿命にあるんだと、思ってみんですか。

 

経営者の資質の第一は『愛情力』第二に『先見力』第三に『吸収力』

 

というのがワシの価値基準なんですよ。

 

吸収力とは、自分と違う意見でも、スポンジが水を吸収してしまうが如く一旦受け止める器量であり、心の謙虚さを言うとるんです。

 

 

 

正解という答えはありませんよ、価値基準だから。

 

世界共通の同じ答えは数学と物理くらいじゃないでしょうかねぇ。

 

だから数学と物理以外の事や物は、その人の価値観で様々で良いんです。

 

人として自分の良心に対して恥ずかしくない言動が大切なんです。

 

多くの人達が、他人の自分を見る目を気にし過ぎて、過ごしているんじゃないでしょうかねぇ。

 

『お座なり』にしてしまうクセがありませんか?

 

お座なりとは、氣が入っていない行為、あぁ、そこは適当に、いい加減に。

という行為です。

 

 

 

『良い加減』と、俗に言う『いい加減』は、言葉が似ていても、心中が違うもんです。

 

『良い加減』=適正。『いい加減』=適当。と捉えてみると、感じるでしょ。

 

 

 

お座なりの行為をしている人達に。

 

それは自分の人生を歩んでいると言えるんでしょうかねぇ?

 

他人の人生に振り回されていることに陥り兼ねないんですよ。

 

人生は過ごすものでなく、歩むもんだと発信して来ました。

 

歩むとは自分が考え、責任を持って、やるべき自分の役割を自覚して、

 

果たして行くことだとワシは言うて来ましたから。

 

他人を相手に生きるんじゃなく、自分の心の奥底の良心を相手に、

そして天を相手に生きないと、生き生き(イキイキ)なんて、できへんと思います。

 

 

 

時間だけは金持ちも、そうでない人も、同じであり、絶対戻って来ないのに、

 

何で自分の人生を、歩もうとしない人が多いんじゃないかなぁと感じてしまう

 

今日この頃という感じです。

 

 

 

そういう人の、素直さを失った言動は、あなた自身の心の奥底に在る良心と、

 

あなたを、いつも氣に掛けてくれている相手に対して、失礼になるんだと自覚してほしいのです。

 

そういう感性が、誠実さと言うもんです。

 

 

 

あなたに対して情けを掛けてくれている人、いつも想ってくれているであろう人に対して『ご機嫌取り』に陥ってはなりません。

 

 

必ず居()ると思うんです。あなたを、いつも心配してくれている人が。

 

あなたが気づいていないだけだと思ってみませんか。

 

 

(うれ)えることは、心配するという意味ですから、

人を憂えると書いて『優しい』と書きますよね。

 

つまり、人を心配してあげる想いを『優しさ』と言い、

 

人を自立させてあげる行為を『思いやり』とワシは昔から言うて来ました。

 

 

 

今、このメッセージを読んだ瞬間、熱いものが込み上げて涙した人は、

 

瞬時に心の垢が洗い流され、澄んで行きましたよ。

 

自分のことばかり考えんと、人のことを心配してあげんですか!

 

自分以外の縁ある人が自立できるように、あなたの心を配ってあげんですか!

 

あなたの心が澄んで行きますよ、精神性が、高まって行きますよ。

 

ほんまに。

 

 

誰かに『ごまをする』言動をしていたり、顔色を見るクセのあるあなたに言います。

 

あなたの心の奥底に在る誠実さを発露させてくれぇ~っ!と。

 

自分の本心じゃない、偽りの行為を、相手を『なめとる』と言うんですね。

 

相手をナメてはいけません。

 

あぁあの人には、こういうことを言っていたら機嫌が良いから、

 

本心じゃないことを、体裁良く言うたり行動したり、

している行為を『なめとる』と言うとるんですよ。

 

 

『なめたら、いかんぜよ!』ですよ。

 

 

 

顔色を窺うな!

 

心中を察せよ!なんです。

 

心中を察する為には、

 

先ず、その相手と人生に対する考え方を話し合う機会を自ら持たないと始まらないと思うんです。

 

そういう心に、あなたが成らないと、人生の意味が薄らいで行くんです。

 

 

素直が一番。

 

 

正直が一番。

 

 

自然体が一番です。

 

 

皆さん方の中で、丁寧さに欠けるクセのある人に、参考になれば。

 

よぉ~く意味を考えながら読んで下さいね。

 

 

 

その人の脳のOS(基本ソフト)を会社に例えると、経営基本方針のことなんですね。

 

うちの経営基本方針を一言で表した言葉が、

 

『シンプルに、独自性を生み出し、深みが感じられるように。』

 

なんですね。

 

何事もシンプルでありたいし、独自性のあるものでありたいし、

 

それが周囲から見た時に、深みが感じられる仕事であり、社員でありたいからなんです。

 

 

 

だから、全ての業務がこれに則って行なわれているかを常にチェックすることが、ワシの『身体に染み付いて』いるんですよ()つまり、習慣になっているんです。

 

習慣になっているから無理が無いんですね。

 

 

 

努力することは、往々にして、しんどさを感じるもんです。

 

やはり、習慣になっていないと、ね。

 

自分と、社員達や家族や自分の身近な人達が『より良く』成ることは、

 

習慣化して身に付いている状態が、氣分が楽やし、運も向上して行くと感じます。習慣に成るまでには、訓練は要ると思いますが。

 

 

 

皆さん運転免許は、どのくらいの時間で取得できるか知っていますか?

 

65時間だそうです。(知人の鮒ちゃんから教わった事ですが)

 

今まで全く運転した事が無い人が、わずか65時間訓練するだけで、

ですよぉ。

 

路上を運転しているんですよ。65時間前までは、全くのド素人が。

 

スラスラと運転できるように身に付いているんだという事実です。

 

少し慣れて来ると、鼻歌歌いながらや、助手席の人と話ししながら、

 

緊張無しに運転できているんですよ。完璧に習慣化されているんですね多くの人達が。

 

65時間というと三日間掛かっていないんですよ()時間にすると。

 

だから『より良く』成ることは、習慣にする為に、65時間くらいは集中して訓練しましょうや!

 

 

 

これコツかも、です。

 

 

 

この経営基本方針を実現する為に、社員心得というのがあります。

 

うちの社員心得のタイトルは『業務は顕微鏡の如く緻密に、人間は海の如く大らかに。』というものです。

 

日々の業務は顕微鏡の如く緻密にしようという全社員の『意識』が組織の運命を、左右するんだとさえワシは強く思っているんですよ。

 

 

これ、人が日々の生活をしている日常的な心構えにも、すごく言えていることなんです。

 

何故、日々の業務は、顕微鏡の如く緻密にやって行くという心構えが大事なのか。

 

業務に於いては、完璧を目指さないと、ダメなんだ、という社長のワシの哲学です。

 

常に120%くらい目指して、上手く行けば100%に成れるんじゃないかと思う訳です。

 

一流とは、全てに行き届いていること。と、うちでは定義しています。

 

あらゆる事に行き届いているよう心を配られている状態を目指しているからです。

 

 

 

この『業務』というのを皆さんが、普段から何気無くやっている事と、置き換えて考えて下さいよ。

 

ワシが人の話しを聞いて、聞き返すことがあるのは、5W1Hを聞いているのであって、決してやっている人、話しをしに来た人を信用していないから聞き返しているんじゃないんです。

 

 

その人の何気無いクセを知っているから細々(こまごま)と示唆しているんですねワシは。

 

5W1Hを聞き直しているんですねワシは。『5W1H』昔習ったでしよ。

 

だいたい表現力の乏しい人は、主語が抜けていることが多いのよ。

 

『誰が』という主語が抜けている伝え方が多いから、伝わらないんですよ。

 

自分が頭の中で勝手に思っているだけで、ハッキリ伝えていないから、相手に伝わらない、

 

コミュニケーションが上手く行かない原因の一つやと思う訳です。

 

 

 

5W『誰が』『いつ』『どこで』『何を』『なぜ』1H『どのように』

 

これを全部、ちゃんと話しするクセを!!

 

誰かに何かを話す時、あらゆる勘違いが起きないよう配慮ある話し方が大事です。

 

自分に関わる人達に、迷惑を掛けない為に、勘違いを起こさせない為に。

 

そういう訓練が自分の表現力を磨くんです。

 

 

 

信用しても信頼せず。という言葉がありますが、当たり前です。

 

信用する間柄だから、社員にしているんですよ。付き合いしているんですよ。

 

当然でしょ。

 

誰が信用できない人を社員にしますか?

 

誰が信用できない人と付き合いしますか?

 

誰が信用できない人と一緒に生活しますか?

 

人間としては当然トコトン信用してますよ、ワシはね。

 

人を信用するのに駆け引きはしません。

 

 

でも業務能力は、そうやねぇ、数年間完璧にこなせている、

 

配慮ある業務(日々の所作)がこなせているという事実を確認して初めて、

 

業務能力に於ける信頼が生まれるんですよ。

 

信用から信頼に成るんです。

 

だから、ワシは社員にも、女房にも、何か事を為そうとしている時に、示唆してあげているんです。

 

 

 

信用していないんじゃなく『その人個別の物事を為すクセ』を感じているから、心配心から示唆するのが習慣になっているんです。

 

 

日頃の言動が信頼の域に達していれば、一々示唆しませんから。

 

示唆されるということは『今あなたが言った、何かの物事を為そうとしていることに於いては』

 

不安感を抱かれているんだと捉えましょう。

 

うちでは、確認ということは何度でもせないかんよ。と社員達に伝えています。

 

ちょっとでも不安を感じたら、何度でも確認するように、と示唆しています。

 

そういうことを示唆せんから、普通の社員は『また同じこと聞くなんて』って勝手に思って、確認を繰り返さないから、正確さを欠くことになるかも知れんのです。

 

ちょっとでも不安がよぎったら、確認、確認を気軽にできる風土を作っておかな、いかんとワシは思います。

 

ワシみたいに、事細かく、顕微鏡の如く緻密に、聴いたり、確認したりする習慣が、実は大事で、大切なんですよ。

 

『もし?』を、起こらさないようにする為に。

 

『もし?』が起こってしまったら、取り返しがつかないこともあるかも知れんしね。

 

 

 

あとワシは、同じミスを繰り返している事は何度でも注意しますし直るまで、

 

指摘しながら、諭します。

 

鬱陶しいと思うなら、その前に、相手に完璧に伝えなさい。

 

5W 1Hをキチンと話しなさい。相手に不安感を抱かせるな。と言うています。

 

その為に、中間報告をちゃんとしてくれ!

 

5W1Hを、ちゃんと説明するクセを。と口酸っぱく言うてるんですね。

 

 

 

報告は、再現フィルムのように話してくれ。と言うています。

 

自分の感情を入れて報告はしたら、いかん。と言うています。

 

ワシの判断が狂うといかんからです。

 

再現フィルムのように報告した後に『自分は、こう思う、こう感じました。』

 

と自分の意見を言うてくれ、と頼んでいます。

 

ワシは、違うミスには怒りません。

 

ましてや本人が自覚していると感じるミスは一度しか指摘しないようにしています。

 

些細なミスや、性根に入ってないなと感じた時は、怒ります。

 

理由は、心のどこかで『まぁ、これくらい』と思っているかも知れない心を注意しているんです。

 

大きいミスは、バカじゃない限り、アホじゃない限り、本人は自覚して反省しようとしているもんです。

 

そういう人に、上から畳み掛けるようなことはしませんから。

 

えてして、些細なミスには、多くの人は反省しようとしないから、

 

その反省しようとしない心に対して『ちゃんとせんか!』とカツを入れていますよワシはね。

 

 

 

同じミスはするな!

 

違うミスは新たな仕組みの発見になるキッカケやから、やったらええんや!と言うてますよ。

 

こういうことを日頃から、段取り良く考える習慣を身に付けることが、

 

実は、表現力の乏しいクセのある人達や、

 

脳のOS (基本ソフト)に丁寧さが乏しいクセのある人達には、訓練に成りますから。

 

段取り能力が上がって行きますから。

 

どんな相手にも、理解できるよう、不安感を抱かせないよう、

 

あなたの表現力を磨き上げる脳内の段取りを考える習慣を持ってほしいと切に願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッキリ言いますね!

 

何を為したか、という行動、行為のみが因縁の基準なんですよ皆さん。

 

あなたが、日頃何を為したか、だけが、将来の結果の原因を作り、

 

将来の出逢いの縁を作って行くんです。

 

 

真面目と誠意だけでは通じないんです!

 

何を為したか、という行動しか、将来生かされない。

 

良い悪いじゃないんです。

 

 

言い訳無用なんです。

 

行動していない正当だと思う理由があったとしても、行動していないなら、

結果にはつながりませんから。

 

そこんとこ宜しく❗❗

 

なんですよ()

 

 

 

今月の14日は皆さん、何の日か、知っていますか?

 

昭和生まれで、今月の14日を迎える人は、一生で二回も迎えられると言う

奇跡ですよ。

 

 

 

1114日は、大嘗祭(だいじょうさい)

 

天皇陛下が即位した、最初の年に宮中賢所で行なわれる儀式です。

 

国を挙げて、最も格の高い行事なんです。

 

天皇陛下が即位した初年ですから、明治から数えると、

 

明治、大正、昭和、平成、令和ですから五回目なんですね。

 

 

 

即位した翌年からは、新嘗祭(にいなめさい)と言います。

 

 

 

意味を言いますね。

 

 

 

大嘗祭の意味は、天皇陛下ご自身が、己れに対して誓いを立てる儀式なんです。

 

だから我々も1114日には、皆さんが、自分に対して誓いを立てることをしてほしいのです。

 

他人に言う必要はありません。

 

自分で自分の良心に、こういう人間として、このように歩みます!

 

この令和の時代に自分は、何を為すのか!という誓いを立ててほしいんです!

 

 

多くの日本人が、これを実施したら、世の中浄化されるんじゃないかと感じるんです。

 

 

 

だから、焼け石に水であってもワシは発信しているんです。

 

天皇陛下が自ら、己れに対して誓いを立てるのですから、

 

我々も、立てな、いかんと胸にジンと来るんですよ。

 

あなたの将来の結果が左右されると感じて仕方ないんですよワシはね。

 

だから、しなさい!1114日に。お金要らないんだし。

 

 

 

頼むわ🙏ほんまに👍

 

 

 

仕事も、家事も『キチンとせえ!ちゃんとせえ!』

 

だけを、ワシは願っているんです。

 

 

 

ええ言葉ですねぇ、

 

 

 

一言で人間の歩み方を示唆していますねぇ。

 

 

 

キチンとする。ちゃんとする。

 

 

 

これだけや❗❗

 

 

 

頼むわ🙏ほんまに👍

 

 

 

 

うちの事務所のトイレのドアノブが調子悪いので、

 

大家さんに言って取り替えてもらわないかんなぁと思ったのと同時に、

 

あぁもう丸29年過ぎていて、年明けて4月で丸30年にもなるなぁ、

 

そりゃドアノブ調子悪うなっても仕方ないなと、思ったんですね。

 

 

 

うちの事務所は、平成24月に新築で出来た四階建てのマンションで、

 

一階が会社の事務所が6軒テナントとして入っていて、

 

その内2軒を事務所と製造室としてエモーションが入居しています。2階から上は、一般の住居なんですが、

 

29年以上居るのは、エモーションだけで、他は入れ替わり立ち替わりで、続かなかったみたいです。

 

 

 

持たざる経営が好きなワシは、多額になる物は、所有権を持ちたくないタイプなんです。

 

車は別ですが、自宅とか社屋とかには所有権持つと、税金や修理代が掛かるし、

 

多額のローンで身動きが、自由に出来なくなるし、諸々。

 

家賃は、5000万円近く払っている勘定になりますが、

 

この宇多津町の一等地に、今の駐車場スペースや製造室や事務所を新築で建てていたら、

 

5000万円では出来ません。更に固定資産税や修繕費。

 

 

 

登記簿上の名義が自分か他人か、だけなのにという価値観なんですよワシはね。

 

大家さんからはエモーション様様と感謝されていると感じますよ。()

 

 

 

商売も自分らしいスタイルで歩んで来たから何とか生き延びて来たんだと、

つくづく感じます。

 

仕事のやり方は、自分らしいやり方じゃないと、ようせんもんね。

 

先ず、考え方を発信する。そしてパンフレット等で顔を見せ、

ストーリーを語り、人となりを感じてもらう。

 

次に商品を販売する。そして、アフターフォローを徹底する。

 

まぁ大枠は、この繰り返しです。

 

 

 

こういうやり方しか、ワシには向いてませんし、よう出来んですしね。

 

ネットでバンバン売ったり、広告しまくったり、

量販店に安値で、数量卸したり、

 

ちょっと違うんだよねぇ、スタンスが。

 

だから自分らしいスタイルを歩んでいるからストレスは溜まらないんですよ。

 

 

 

プロは『これしか自分の生きる道は無い!』

 

とトコトン自覚したことに誠心誠意取り組んでいる人のことを言うんだと思うんです。

 

 

 

皆さん、振り回されてないですか?

 

ワシの言う『プロ』になって、取り組んでいますか?

 

自分のサイズに合った服(やり方)を着ていますか?

 

自分らしさを発揮していますか?

 

うちの経営理念は『志高く、らしく生きる。』なんです。

 

社員全員が、自分の魂に相応しい言動をしている間だけ、本当は、自分らしいんだと思うのです。

 

これ中々、判断が難しいけどね。

 

 

 

会社の財務も、自社らしいスタイルやと感じます。

 

一般的には銀行は現金の内部留保残高を重視しています。

 

そして融資の内的条件の重要度になっていると感じるんですよ。

 

うちなんか、銀行融資を受けながら、全社員の待遇を上げる原資にして来ました。

 

現金の内部留保が沢山あるなら、銀行借入なんか、設備資金じゃない限り、

借らないけどねぇワシは。

 

うちで計算してみたら保険会社に積立していて、現在もし解約返戻金ベースで見ると、

 

年間粗利額の約6割はあります。

 

決して財務的優良企業から見ると、全然少ない額だと感じますが、

 

全く貯金がないのとは違うんだけど、銀行は現金の内部留保金を重視していますねぇ。

 

保険会社の積立は、あまり重視しない感あり、ですね。

 

 

 

会社経営も個人の人生経営も『終わり』を、どう迎えるか、

 

を考えて歩むことが迷いが無くなるんですよ。

 

個人で言うなら終活でしょうか。

 

会社も最終到達系は、どんな形が理想なのかをワシは考えているんですが、

 

皆さんの会社は考えていますかねぇ?

 

 

 

悩みと迷いは違うからね。

 

迷うのは、最終到達系を決めていない、或いは考えていないからやと思います。

 

悩みは、より崇高なものに成って行かないとつまらん!と思いますよ。

 

悩みの『質』が人間として高まっているなら成長している証拠じゃないでしょうか。

 

と言いたいのです。

 

 

 

悩みは、自分以外の人の幸福の為にするもんなんやけどね。

 

自分のことで悩んでいるのは、そりゃ悩みでなく、迷いなんです。

 

ええですかぁ!

 

迷ってはいけません!

 

より崇高な事で悩みましょう。

 

と、言いたい今週でした。