2020/05/08

『香川湧慈の今週のインスピレーションメッセージ」令和2年5月8日

 

『人は見掛けによらない』と言われていますが、

 

多くの『その他大勢』の人は、見掛け、外見で判断されています。

 

だから『人は見掛けによる』んです。

 

でも、極わずか稀に、

 

見掛けによらない人物は居ますから『人は見掛けによらない』と、言われているんだと感じます。

 

この『人は見掛けによらない』は、

 

見掛けではなく『中身が素晴らしい』と思える人に対して言う言葉なんですね。

 

『あの人は中々洞察力があるなぁ。いゃあ、見掛けによらんなぁ。流石(サスガ)!』という人や

 

『あの人はチャラそうな格好をしてるけど、中々確り物事を考えて思慮深い人や。』という人や

 

『全く知らなかった。あの人が一人で背負って誰にも言わずにやっていたなんて、中々の人物やなぁ。』

 

という人を評して言う言葉です。

 

逆に

 

『まさか、あんな優しそうな温厚な感じの人が、こんな事するなんて。』という人や、

 

『いつも礼儀正しそうに見えて、仕事じゃない時に、礼儀知らずの言動してるやんか。』

 

という人には『人は見掛けによらない』とはあまり言わないんですよ本来は。

 

でも、こういう見掛けによらない人達は多いんよねぇ。見せ掛けだけの人達。

 

 

 

それによく似たことですが、どこの地域に於いても、

 

地元の名士と言われる資産持ちが何人か居ますが、

 

まぁその多くは、名士と呼べる人物なのか?って思うことがありますね。

 

その名士と言われている人と同世代だった人に、

 

名士と言われて来た人の人物像を聞くことがあるんですが、

 

大体に於いて先祖代々立地の良い場所に広大な私有地があって、

 

金儲けになりそうな事業を代々受け継いで来た人を、その地域の人達が、

 

あの人は名士ですよ。と言うているんよね。

 

 

そもそも『名士』の捉え方が、ワシとは違うんやろうねぇ。

 

名士足る名士は、中々居()らんよねぇ。

 

物質財産多額に所有しているから、とか、

 

先祖が銀行の頭取だったとか、地元の財務力ある会社の創業者だったとか、

 

そういう環境で代々、育って来た子や孫は、

 

知らず知らずに自分は名士の家系だと自惚れて来るんだと感じますね。

 

名士とは、その地域で名前が知られている人とか、特定の分野で名が知られている人のことを言う。と辞書には書いていますが、

 

名前が知られているから『名士』という定義が、ワシとは捉え方が違うんです。

 

そういう星の下に生まて来た人には、より人格を高めてほしいと願っているんです。

 

より人生哲学を深めて地域の充実の為に行動してほしいと願っているんです。

 

銭あるくせに、自分のの金儲けで偽善をするなっ!と言いたい。

 

あぁ、偽善ってどういう意味か知っていますか?

 

人の為にやっているんです。と声高に言うている人の多くは偽善者ですよ。

 

だって『人の為』と書いて偽(イツワ)りと読みますからね。

 

名士と言われるなら、名士たれ!と言いたいし、

 

国会議員は国会議員たれ!と言いたい。

 

 

 

今回のコロナ経済対策をニュースで見ていて頭に来るんよねぇ。

 

誰か国会議員で、ワシの提唱する『休業要請する業種業態の会社や店舗には、

 

前年度の3ヶ月間の粗利補償をせえ!そしたら、安心して3ヶ月間休業できて、取り敢えず、それでコロナ終息の可能性が大になる』ということを提唱している人はおらんかなぁ?と、YouTubeを探してみました。

 

 

すると自民党の安藤裕(ヒロシ)衆議院議員が『日本の未来を考える会』という勉強会の会長となって勉強会をやっているものを見つけました。

 

早急に3ヶ月の粗利補償をしないと中小零細企業が潰れるから、先ずは100%の粗利補償を!

 

日本は世界最大の債務国でなく、世界最大の債権国なんだから、

 

国債ドンドン発行して中小零細企業の粗利補償をしても国家財政は破綻しない!

 

というものでした。

 

 

 

おぉ、よく分かっとる議員も居るんやなぁと思いましたね。

 

※安藤裕議員の国会委員会質問を見ていて、

 

筋が通っていて且つ、品性感じる立ち居振舞いを感じますね。

 

正論であっても、声を荒げない『もの言い』であり、相手のプライドを尊重しつつ、上手に自分の意見に賛同させようとする立ち居振舞い。

 

日銀、財務省、西村経済再生大臣の3人に質問している国会の委員会中継でした。

 

この人には与党内部から政策を変える力に成ってほしいと感じましたね。

 

皆さんにも一度安藤裕衆議院議員のYouTube見てみてほしいですね。

 

粗利補償の提言書を、岸田政調会長や西村経済再生大臣や、二階幹事長に提出していましたが、

 

でも如何せん彼ら幹部に『その意志』があるようには見えない。

 

()してや総理にも、その意志があるとは思えない。

 

国会の委員会中継でも言うていましたね、補償はしない。と。

 

 

 

そもそもトップという立場の人間は、好き嫌いに関係なく、自分の組織の末端まで、

 

理想像を述べさせ、聴く耳を持って、己れの中で咀嚼し、ベターを発信実行せな、いかんのです。

 

※世の中に、ベストは無いんです。在るのはベターやから。

 

自分の組織の末端の意見を聞くんじゃなく、末端の人達皆に、理想像を述べさせるんですよ。

 

君達の理想像を、今回の克服策を文章にして提出してくれ。と指示するんよ、全国会議員に。

 

与野党無所属関係なく。総理大臣なんやから。

 

人の意見には、真反対なものがありますから纏(マト)まるはずないんです。

 

だから、理想像を述べさせるんです。

 

人間の好みは様々ですが、理想像には必ず共通なものが在るからです。

 

会社でも同じです。

 

社員の意見を聞くんじゃなく、社員皆に、理想像を述べさせるんですよ。

 

すると、纏まって行きますから。

 

 

 

関心を持ってYouTubeを見ていたら、こんな頭に来るYouTubeを見つけました。

 

自民党議員のものでしたが、その場に安倍総理も居ましたねぇ。

 

このYouTubeは、ほんまに頭に来るもんでした。

 

潰れる会社には潰れてもらう。

 

コロナを自力で克服できない会社には潰れてもらおう。

 

働かざるもの食うべからず。と言うとるんです。自己責任だ!と。

 

その発言に安倍総理も拍手しているYouTubeですよ。

 

バカじゃないかと思いましたね。

 

政府が休業要請しとるのに、何が『働かざるもの食うべからず』やっ?!って。

 

働きたくても、働くな休業せえ!と政府が言うとるのに、何が自己責任やっちゅうの😠😠

 

国会議員よ、国会議員たれ!です。

 

リーマンショックや、バブル崩壊での経済疲弊じゃないんですよ。

 

政府が休業してくれえと要請しているんですよ。外出するな!と要請しているんですよ。

 

粗利補償は絶対条件だということが国会議員に身に詰まされていないんよ、

ほんまに。

 

だから融資はするけど補償はしない。と総理や幹部達の声やから、

 

国家運営のトップと、幹部に、補償の意思がないんやから、人間として、

政治家として、情けないとしか言い様がないわなぁ。

 

 

 

会社は毎月の粗利の中で給料(社員も社長も)を払い、経費を払い、返済金を払っているんやから、給料と家賃だけやないんですよ。

 

 

ニュースでは、家賃のことや、雇用調整助成金を声高に言うていますが、

 

雇用調整助成金も、上限日額8330円?

 

バカじゃないかと言いたいわ。

 

8330円で月に25日分としても総額いくら?

 

実際の給料を全額補償するのが当たり前でしょう。

 

 

 

粗利さえ補償したら、皆んな経済的安心が出来て、休業することが出来るんですよ。

 

今からでも遅くない。

 

456月の3ヶ月間の粗利補償を、前年の粗利を各顧問税理士を通じて、

 

当局に申告してもらい、即日各企業の口座に振り込む。

 

売上が下がっていなくても、休業要請した業種業態の事業所には、

粗利全額補償したら、

 

これで皆安心して休業できたと思うし、コロナ長引くようなら、

 

今からでも休業できると思うんです。

 

休業要請していない業種業態の旅館やホテルも、外出禁止要請をしているんやから、お客がキャンセルの嵐や。

 

こういう業種業態の所にも、粗利補償してやらんと、

 

休業していても社員の生活や経営者も生活があるんやから給料払えないし、

返済も出来へんから。

 

 

 

数日後、この頭に来たYouTubeもう一度見ようと思って探したんですが、

 

何度検索しても見当たらないんです。😵ひょっとしたら削除されたんかなぁ?

 

 

 

また、バカな自民党議員の発言に、外国と比べて、日本は優遇しているって、

 

言うのが居るんですよ。

 

休業による損失補償なんて諸外国でも聞いたこてがないと、言うとるんですよ情けない。

 

『聞いたことがない』という考えが浮かぶことが、全く区別の出来ていない、無能の証だと言いたい。

 

 

 

日本の先哲の言葉にありますね。

 

『悪い人より、分からん奴が多いから世の中善く成らん。』と。

 

ほんまに『区別』が出来ない人が国家や組織の運営指導者になっては、

皆が迷惑です。

 

危急存亡の時こそ、国家が国民の生活を守る施策をスグに実行するのは当たり前の事。

 

危急存亡の事態には、比べるもんじゃないんです。

 

日本の現状に合わせた施策が即要求されるという価値観が無い、

 

これを無能と言うんです。

 

諸外国が休業補償してないと言うんなら、日本が先駆けてやったらええのよ。

 

世界に素晴らしい実例を見せて、諸外国首脳の方達、日本のようにして下さい。

 

と発信したらええのに、と思うのです。

 

高額な報酬を取りながら全部他人事(ヒトゴト)ですよ。

 

そうとしか見えないわなぁ。こういう人達を無能な輩(ヤカラ)と言うんです。

 

 

 

人間らしい生活とは何か、を基点に物事を考える思考とマインドを持った国会議員が力を付けてもらうことを願うばかりです。

 

 

 

力の無い正義は無力。正義の無い力は暴力。ですから、

 

力の有る正義。正義が力を付けるしか世の中、善くは成って行かんのです。