2020/07/17

『香川湧慈の今週のインスピレーションメッセージ』令和2年7月17日

色んな勉強会と称する『会』がありますが、

現役の経営者は『一つの会しか』精力的に取り組めないと思うとるんですよ。

 

あれも、これも、様々な会に参加していてやねぇ、その全てに精力的に、

意氣に感じて取り組んでいないなら、何か本末転倒になっていないか?

 

振り返ってみてほしいなぁと感じる人達、まぁまぁ居るんよね。

 

そもそも『意氣』に感じて取り組んでいるかが、あなたの『運』の分かれ目だと感じるんです。

断り切れない人から誘われたから、とか言うて、

意氣に感じないままズルズルと所属している人の多いこと。

 

そもそも『断り切れない人』?ほんまに、あなたは断り切れないのか?

自分が妥協、迎合してるだけじゃないのか?

 

その心の姿勢が、仕事に、生活に、出てるんですよ。

見詰め直してみてはどうですか?

 

そうしないと『霜』が忍び寄って来ますよ。

名将は、雪を恐れず、霜を恐れて来たと思えるんです。

 

つまり、雪とは目に見える災害、困難と捉えるんです。

雪が降って雪崩になったとしても、名将足る者、恐れず対処して来たと感じるんです。

霜は、目に見えず忍び寄って来ますから、気づかぬ内に、徐々に根っ子を腐らせるんですよ。

 

だから名将は、霜を恐れて、常に目に見えない災害は無いか、忍び寄っていないか?を、察知して対処して来たんじゃないかと、感じているんです。

 

ズルズル、マンネリがやっぱり、生活の霜になるんじゃないかと思います。

皆さんマンネリは注意せないかんですよ。

特に仕事のマンネリ。例えはパンフレットとか、アフターフォローのやり方とか、常に『よりベター』を考える習慣がマンネリを防ぐんだと感じるんです。

 

皆さん!業務のマンネリに陥ってないですか?

気づかぬマンネリ打破に、出会いの捉え方があるんです。

 

人生は出会いですが、捉え方が大事なんですよ、皆さん。

捉え方で、自分の心に良い刺激を受けるか、そうでないかに分かれるんです。

心に良い刺激を受ける出会いをせな、体内の遺伝子が活性化せんですよ。

出会いの効用は、良い刺激を受けて体内の遺伝子を活性化させることなんです。

 

毎日、何度でも、良い刺激を受ける。

せめて、日に一度くらいは、良い刺激を受ける日々を、歩みませんか。

 

良い刺激も受けていないなら、意氣に感じて取り組んでいない証拠なんじゃないかなぁ。

もう妥協したり、迎合したりするクセは止めませんか!

 

自分の潜在遺伝子を活性化させて、生き生き歩むために。

それを実践しているとやねぇ、外見に囚われない生き方が出来て来ると思うんです。

まぁ、会社や経営者で言うなら、人数規模や売上や利益が大きいことが、

立派だと思い込む人は、圧倒的に多いと感じています。

 

ワシの見聞きする会社の社員に実情を聴いたらメッキが剥げる人達多いんよなぁ。

皆さんも、数値的業績の良い会社の、特に、幹部社員と仲良くなって、

聴いてみてん?

ほんまに良い会社か、良い社長か、分かるから。

 

幹部社員は、一応長年勤務していて、社長の長所や短所も、よう分かっているはずやからね。

単に聞いたって、真意は話してくれへんで。仲良くならんと。

 

あと会社のホームページに代表挨拶で、

さも崇高なことを書いている、数値上の業績が良い会社の、縁があって実情を知ると、まぁ、フェイク、偽者の多いこと。情けないわなぁ、ワシに言わすと。

 

経営者じゃないわねぇ単なる社長やねぇ。

区別しているんですよ経営者と社長を。

 

人格教育が実践出来ていて、経済活動をしている状態をワシは経営と区別しています。

単に、経済活動だけなら、それは単なる商売だと。

 

世の中に巨万(ゴマン)と居る『社長』の中で『経営者』が果たして何%くらい居るんだろうか?

1%くらいやないやろうかねぇ。

 

ワシは、1%の経営者に出会いたいから、

縁が深いであろうと感じる中小企業家同友会に、意氣に感じて活動している訳です。

 

人生、意氣に感じながら生活せんかったら、それは単なる生存ですよ皆さん。

生存と生活は、似て非なるもんです。

その為にも1%の本物との出会いを求めませんか。