今年最終のメッセージです。

 

それこそ今年は未曾有の年。来年も、この余波は続くやろうねぇ。

 

来年、ブレずに愉快に歩んで行けるコツは、こうやと、ほんまに思います。

 

『人生の優先順位』を決めよ!です。

 

あなたの人生の優先順位は、何なん??

 

そういう事を、決めてないから、または決めているのに、決めた事を続けんから、

 

せっかくの努力が報われなくなるんよ、ほんまやでぇ。

 

例えば、あなたが何かに出会い、凄く感激して、これ自分の人生を有意義にして行く為に一番ちゃうかぁと、思った事があるとしませんか。

 

または優先順位の第一義としてしているものがあるとしませんか。

 

だったら、続けなぁ!

 

途中で何か用事が入ったから、一旦お休みする。それなりの理由を付けて。

 

そんな繰り返し、やってませんか?!

 

だから、また振り出しに戻ってしまうんよ。

 

斯く言うワシは、アサヒスーパードライの名キャッチコピー

『すべては旨いの為に!』

のようなものが、自分には在るんです。

 

人生の優先順位が魂に根付いている、という表現がピッタリやと感じるんですよ。

 

皆さんは、自分の魂に響くものが今までありましたか?

 

何を於いても、これが人生の優先順位というものが備わっていれば芯の部分でブレることは無いと思います。

 

そういうものが在る人は、他人に言う必要もないんです。秘めていれば。

 

あぁ、感激しました。魂に響きました。って、言葉に出しているうちは、

 

芯まで至っていませんね()悪いけど。

 

本当に感激や魂に響く思いをしたら、言葉に出ませんよ。

 

『あぁ~!』って、うなだれますよ。身体中に染み込んで来るもんです。

 

言葉に出るうちは染み込んでないと思いますねぇ。

 

新たな年を迎えるに当たり来年は、あなたの魂に響く何かと出逢えますように、と願っていますよ。

 

自分が感激したものを続けるだけで、運が寄って来るんやと体験的に感じておるんですよ。

 

あなたが、せっかく、感激した出逢いがあったのに、

 

最初は、続けるぞ!って決意したはずなのに、

 

続けんから、一回休むから、振り出しなんよね。

 

残念!

 

来年は、自分が決めた事を、決意した事を、続けて下さい!

 

『儲けの根源』

というのを何十年か前に学びましたが、こういうものでした。

 

1.時流に乗ること。

 

2.儲かるような会社にシステムを創ること。

 

3.付加価値(粗利益)を高める創意工夫に徹底的に挑戦すること。

 

4.社員のやる氣が起こってしまう社風創りに全身全霊を懸け、

社員を時間で使うのでなく、能力を生かすこと。

 

5.社長の器を大きくし『ツキ』を付けること。

 

一番大事なのは社長のツキである。

 

という項目でした。

 

だから、自分の人生の経営をしている社長はあなた自身ですから、

 

『ツキ』が付くような行動を心掛けましょうや。

 

言葉より行動です。

 

ワシがいつも言うてる『行ないは、心』

 

あなたの行動が、あなたの将来のツキを呼ぶか、逃げるか、なんよね。

 

他人(ひと)は、あなたの言葉より、何をしたか、何をしているのかという行動しか評価しませんから。

 

人間は、行動でしか、評価されないものなので、つべこべ言わず、自分の行動を振り返って、粋な行動しませんか。

 

今年最終メッセージのまとめに下記メッセージを贈ります。

 

人間、どん底の時に何をするかで、未来が決まる。

 

行動できない(していない)理由は、

『行動したくなる程、

心が震えていないから。』というただ一点にあるんです。

 

一人前とは、価値の提供と共に価値の説明まで出来る人を言う。

 

人は何を信じるかで人生が決まって来る。

 

 

 

世間ではクリスマスのプレゼントをする人は多いんだろうねぇ。

 

皆さんは自分に出来るいや自分にしか出来ない『贈り物』をしているんかなぁ?

 

ワシは、趣味とも言えるくらい習慣になってしまっている、何十年と続けている贈り物があるんです。

 

『言葉の贈り物』ですねぇ。

 

お金や物は、そうは中々プレゼントし続けてあげれんしね。

 

言葉くらい、縁ある人達に贈り続けてあげたら、ええのに。

 

と昔から思っていたので続けておる訳です。

 

言葉の贈り物をするには、自分の哲学を深め続ける生活をしていないと、

中々できんと感じます。

 

言葉の贈り物は、声で発するのも、文章で発するのでもいいんです。

 

相手の心、いや魂に響くような言葉の贈り物を、事有るごとにしてあげたいよねぇ。

 

そのコツと言うか自分の体験で言うと、

 

相手の人間性の成長になってほしいという願いで、厳しさの中に優しさが在るメッセージを心がけて来ました。

 

それには『人間とは何ぞや!』ということに関心がなければ、

 

人間の特性や本質を学びたいとは思わんだろうしねぇ。

 

エモーションの『経営根本精神』というのを経営指針書に明記しているんですが、

 

その言葉が『経営は人間学』と明記し、説明しています。

 

正に、永遠のテーマです。

 

この探求は、尽きることが無いですねぇ。

 

人間学を探求しているから、自分が『出来た人間』という訳ではないんです。

 

まぁ、ワシはだいたい気が短いんです。

 

商売や経営に於いては執念深く、ようそこまで耐えれるなぁと言われるくらい、忍耐強いし、気も長くおれるんやけど、仕事以外では気が短いわなぁ。

 

『要は、こうせないかんやろ!』というシチュエーションには気が短いんよねぇ。

 

要は、こうせないかんやろ!以外のことには気は長く居れるんやけどね、

何でか知らんけど。

 

『自分も商売しとんなら、ちゃんとせんかい!』って、一般人でなく、

仕事に従事している人で、

 

配慮が無いなぁと感じてしまう人には、気短かになってしまうんよなぁ、

これが。

 

また自分を信じ切る気持ち、自己肯定感が強く、自信が備わっているから、

 

いわゆる、偉そ気(ゲ)に言う癖が身に付いているから、

 

気が短かくて、偉そうに言うから、その点だけには女房から、ダメ出し食らうんやけどね()

 

まぁしょうがないんよ性格やから、治らんわなぁ()

 

得てして、創業者ってそういうタイプ、まぁまぁ居るよ。

 

でも、偉そ気に言いながら同時進行で内面に反省心も起こっとるんよ、

ほんまに。

 

まぁ、この30年、色々と『社長』を見て来たけど、だいたい起業した創業者っちゅう社長は、

 

創業者じゃなくても、創業者タイプの社長は気が短い人、多いなぁと感じますねワシを含めて。

 

その点、二代目三代目の社長というのは、創業者に比べると、気が長そうに感じるんやけどね。

 

皆さん、人の性格は、たぶん一生変わらんと思います。

 

でも、ものの見方や、考え方、捉え方は後天的な『学び』を続けていると、

変えることは出来ます!

 

だから、人間は自分の人間性を磨き続ける勉強、学びを生涯懸けて継続せんと、ね。

 

昨日までは、リハーサル。今日から本番!

 

と気持ち切り替えて、

 

ものの見方、考え方、捉え方を深めることが『その氣』さえあれば誰でも出来ると思うんです。

 

どんな性格の人も『その氣』にさえなれば、自分の将来切り拓いて行くことが出来るとワシは思うなぁ。

 

『その氣』になって、縁ある人達に『言葉の贈り物』をし、続けませんか!

 

クリスマスを目前に、閃いた『言葉の贈り物』です。

この10年くらいの間、うちのルイボスティーを扱いたいって問い合わせがある会社や個人の人達に、ワシは聞くんです。

 

どこで、どうやって売るん?って。

 

そしたら、ネットで。とか、どっかに卸ししようと思ってる。とかが、

多いんです。

 

何で、仕入れ商品を、自力で直売しようという意識がなく、

卸しをしようとするのか?

 

仕入れて、卸売りするんならプチ商社やから粗利少ないけどねぇ。

 

うちのようなメーカーが『考え方が合い、顧客層が的を射てる所』なら、

卸しは大切ですが。

 

また、何でもネットで売ったら売れるんちゃうか、と安易に思うのか?

 

ネット通販は、商材によるよ売れるか売れないかは、って話するんです。

 

マーケティングをしようとしないで、何でもネット、

特に有料モール(楽天とかアマゾン)に出店したら、

 

売れると勘違いしているんじゃないかと感じてしまうんよね。

 

例えば、ネット通販で広告バンバン掛けて、

 

ヒットしたとしませんか。

 

どうするん?発送。

 

発送処理の為にパートスタッフ大量に雇わないかんのよ。

 

安い、または世間一般並みの時給しか出せへんのに、大人数雇っていつネット通販の売上が、激減するか分からんのに。

 

発送個数が激減したから、辞めてもらわな、いかんなるんじゃないの?って

思うんやけどね。

 

また、欠品したら困るから、大量在庫抱えないかんなるんやでぇ。

 

昔、聞いたことがある実話やけど、

 

ネット通販でバンバン広告費掛けて、大ヒットした単品リピート商品が、

あれよ、あれよと価格が千円かそこらの商品が10億円の年間売上。

 

物流を外注する費用が惜しかったのか、自社で物流倉庫を銀行借り入れして

建てて、オペレーターやら、物流スタッフやら、大人数雇用して、

数年は売上てたけど、やがて売上激減。

 

ついに倒産でした。

 

あらゆる『適正』を考え抜くことが大事なんやけどね。

 

ゆっくりと、規模を拡大せず、着実に。

 

これが『歩む』ということやとワシは思う訳です。

 

赤ちゃんだって、いきなり成人に成らへんのに()

 

『急成長』ってマスコミや世間で言うけど、国語知っとんか?!って()

言いたくなるんよね。

 

本来、国語的に意味がおかしいでしょ。

 

急に拡大したなら、それは『膨張』と言うのにね。

本来、急成長企業って無いんよ。

 

有るのは膨張企業や。

 

やっぱり、自力で直接お客さんを掴んで行く努力は、実が成るような気がします。

 

花は咲いても、実が成らない会社、ようけあるんちゃうかなぁ。

 

卸しは、メーカーの『想いと、仕組み』をちゃんと理解してくれて、

普及してくれる卸し先でないと、長く続きません。

 

()してや、仕入商品を、卸先を探して流すだけなんて、メーカーなら、

粗利が商売になるくらいあると思うけど、

 

小さい会社が粗利額が見込めない商売をしたらいかんと思うんです。

 

『労多くして、益少なし』ですよ。

 

自分の魂が本当に願っていることに心を向けて行かない限り、

 

充実感は一時期であって、長続きしないと思うんやけどねぇ。

 

魂の願いは、自分がどんな人生を歩みたいと願っているのか?

 

本当にやりたかったことは何なのか?

 

その願い通りの人生を歩むことが本当の魂の願いじゃないでしょうか。

 

自分の魂の願いに生きると、充実感や満足感があり、心が癒されます。

 

魂からの願いのことを『魂願』と書きます。

 

今一度、自分の魂の願いは何なのか?

 

じっくり見つめてみてほしいんです。

 

自分の魂の願いに心を向けて行くと、発見があるから、ホンマに。

 

なぜ発見があるか?

 

あなたは、今まで色んな人達と出会って来て影響を受けて来たはずでしょ。

 

人生を歩む上で、良い影響を受けたなら大丈夫ですが、

 

悪い影響を受ける人の多くは、自分に芯が無いというか、軸が確りしていないから、振り回されて、自分の魂の願いに生きれないんだと思う訳です。

 

そういう自分の魂に、覆い被さっているものをディス(取り除く)するんです。

 

覆い被さって、積み重なって来たもの、つまりカバーされて来たものをディスして行く。

 

だから、ディスカバーつまり『発見』出来るようになっているんじゃないかなぁと感じる訳です。

 

発見を英語で、ディスカバーと言うしね。

 

さぁ、皆さん!ディスカバーしましょう。

 

そのコツは、今まで覆い被さって来たものを取り除く、あなたの強い意志、

勇氣しか、ないですから。

皆さんは『何のために人生を歩んでるんですか?』って、投げ掛けられることは、ほとんど無いでしょう。

日本に、何百万人居る(たぶん560万人くらいかなぁ。上場企業約3600社未上場企業約550560万社)

社長と言われる立場の人達でも、ほとんど、何のために経営しているんですか?なんて、投げ掛けられる人は居ないと思いますが、

 

『経営指針』ということに縁のあった社長達は、必ずこういう問い掛けをされます。

経営指針に取り組む時に必ず『あなたは何のために経営していますか?』を

何回も何十回も、問われるし、内観させられます。

(一時期は、とことんストイックに。だけど繊細でもなく、余り繊細過ぎると心が苦痛になるから、余裕を持つ学びが大切ですね。

余裕の心とは、異なりを認める心であり、遊び心がある。という感じかなぁ。)

 

これを個人に置き換えると『あなたは何のために自分の人生を歩んでいるんですか?』と同じことです。

 

こう考えると中々難しいでしょ。

中々、余程のことが無い限り、そういう心境に自分から成る人は、

稀有だと思うからなんです。

だからワシは、こう置き換えてみては?と言うてるんです。

ほとんどの人が、お金を稼ぐ為に経済活動をしています。

つまり、お金を稼ぐ為に仕事をしている訳です。

お金を稼ぐ為に、工夫したり悩んだりしている訳です。

 

だから『何のために』と問われれば『お金を稼ぐ為に仕事をしています。』

なら、皆、理解できるやろうと感じる訳です。

 

ワシが言いたいのは、お金を稼ぐのは当然のことであり、その稼いだお金を、

何に使うのか?ということを投げ掛けておるんですよ。

 

お金を稼ぎながら、あなたは、どんな生き方をしたいのか?

 

どういう人生を歩みたいのか?

 

を明らかにすることが納得行く人生を歩めるんじゃないの。と言いたいんです。

 

会社経営者は勿論のこと、経営者じゃない人も

 

『何のために金儲けの活動をしているのか?そのお金を何に使いたいのか?

 

どんな人間でありたいのか?自分は、何がしたいのか?』

くらいは、自分の心に聴いてみてほしいと、思うとる訳です。

それが、生きているということじゃないんですか?!と。

 

また、自分なりの問答に答えを出したら、もう一人の自分に聴いてみるんです。

『お前、そんな生き方で良いのかよ?』って聴いてみるんです。

もっともっと、より深く考え抜いてみるんです。

 

その心の問答が、納得行く人生を歩めるキッカケに成るんです。

他人に振り回されない人生を歩む勇氣が湧いて来ますから。

 

『なぜ?なぜならば』が、誰に対しても即答できるようになりますから。

皆さん、自分の中で、なぜ?なぜならば。くらい、ハッキリとした価値観を

備えて下さいね。自分が気持ち楽に歩む為にも。

 

この『なぜ?なぜならば』をハッキリと価値基準を持とうと勉強せんから、

いつまで経っても、気持ち楽に成らんのとちゃうかなぁ。

 

経営者の人達は、自分の社員達に、自然と、そういう心境になって行くような導きを考えて実行せな、いかんと思いますよホンマに。

業務だけキチンとやってくれればええんや。では、情けないんちゃう?

自分の金儲けの道具に過ぎないんですか社員は?

と、ワシは突くよ()

 

社員が自然体で、自分の人生を内観する心に向かうよう、そういう環境を創って行くことを『社風』と言うんです。

そういう社員は、必然的に、会社の業務は、ちゃんとしますから。

キチンとやりますよ。

 

あぁ、社員の皆さん。

そんな想いで『社風』創りに一所懸命な社長に対して、想いを汲まないのは『罪作り』ですよ、ホンマに。

 

経営者の仕事は、社員皆が、自分の人生を、何のために金儲けして、その金を何に使いたいのか?

その理由も考える。

そしてそのことを、もう一人の自分に問い掛けさせながら納得度を高めて行くよう導くことです。

そういう『社風』を創って行くことが、お互いが充実して行く人生に向かって行くんじゃないでしょうか。

 

そういう社長のことを『経営者』と言うんですよ。

だから、そういう想いがあり、実行している経営者が増えてほしいと願って

おるんです。

 

上に立つ立場の人間がそうならないと、世の中の社員という立場の人達は、

会社は、労働と給料の交換所に『しか』ならないんですよ。

しっかりせないかんのは、やっぱり社長なんです。

 

そして同時進行として『目に見えない、形になっていない、創造的システムの開発』に取り組むことやという、信念なんですよワシはね。

 

これは中々、社員には出来ない事ですから。

これこそ、社長の仕事なんです。

だからワシは無い智恵絞って、毎日歩んどるんです。

 

『人間成長の為の社風創り』と『創造的システムの開発』

この両輪でないと、

人生を有意義に歩めないんじゃないでしょうか。

 

人は、全員、どういう理由か知らんけど、

指紋が皆、違うと思うんですが、指紋と同じように人生の価値観も微妙に違うと思うんです。

人生の楽しみが違うと思いませんか?

 

ネット通販が盛んな、この10年20年。

好きな洋服を買うクセのある女性、多いし、健康グッズをしょっちゅう通販で買っている人も多い。

酒やタバコが好きで、何十年と嗜好している人も多いし、

ボートや競馬や麻雀やパチンコ・スロットのようなギャンブルが好きで何十年とやっている人も多い。

また、何でも習い事が好きで、ヨガや料理教室や、お茶や華道や、マナー教室や作品の先生資格や音楽関係や、占い資格等々。

 

人それぞれに好みがあり、その楽しみの為にお金を使い続けているんじゃないでしょうか。

それを『あの人は、それが好みなんだ。』と認めてあげる心の寛容量や許容量が、自分の人間の幅を拡げ、あなたの心の寛容量や許容量を広く、深く、器を大きくして行くんですよ。

 

自分が興味関心が無いからと言って、他人の嗜好を批判してはいかんと思うとるんですよワシは、ね。

 

明らかに認めてあげることをワシは『明(アキ)()める』と書いています。

決して『諦(アキラ)め』てはないんです。

 

異なりを認めて、縁ある人達が、大黒柱(会社なら社長・家庭なら世帯主である家長)の目指す考えに共感して生きている状態を調和と言うんです。

 

タバコや酒が好き過ぎて長年続けている人はタバコや酒で死んでも本望や、

くらいの気持ち、覚悟は、まぁまぁあるんやと感じます。

 

突然、医者から、止めないと三ヶ月で死にますよ!と直接言われたら、

自問自答を本氣ですると思いますが、

 

それも自分の『蒔いた種』何らかの『刈り取り』は、せなならんのやから。

タバコや酒に興味関心の無い人が、自分の好き過ぎて止めれない、

例えば『通販』での買い物。

今から好きな服を一生買ってはいけない。

と言われたら、どう感じますか?苦痛の何者でもないやろう。

嗜好品ということに於いては、同じ事なんですよ。

 

好きなものや、好きな事を、今から一生止めなさい。と言われたら誰だって嫌やろう。

『蒔いた種は生える』は、宇宙の原理原則やと、ワシは昔から思って来たし、信じ切っていますから。

自分が蒔いた種なんやから、どんなツケが来ても、他人の所為(セイ)にしたら、いかんわなぁ。

やるなら『覚悟』してやったらええのよ。だから、他人が批判せんでええんです。

その人の好きで好きでたまらん嗜好なんやから。

 

『異なりを認める』まぁ、今風に言えば、『多様なる価値観』 を持つ。

と言うことです。

 

『明らかに認めて』あげて、あなた自身の心の寛容量や許容量を増やして、

人間としての器を大きくして行く一歩にしませんか!

 

と言うことを今週は、贈ります。

言葉が人生を左右する度合いが特に強いのが経営者なんやと、ふと浮かびました。

だから、あなたの言葉の『時と処と立場』に相応しい言動が将来を形創って行くんやなぁと思う訳です。

 

社長なるが故に、言ってはならん言葉。

社長なるが故に、言わんといかん言葉。

社員なるが故に、言ってはならん言葉。

社員なるが故に、言わんといかん言葉。

この『社長と社員』を『○○△△』に例えて考えてみて。

 

この『区別』を、対処すべき『時』に、対処すべき『処(トコロ)』へ、

相応しい『立場』の人が『言う・行動する』

こういう状態を自然体で出来ていることを、本来『らしく』と言うんです。

 

また、自分が所属する会社や団体組織の全体の発展成長の為に、

自分が何を以て、役に立つのか、を自覚して誠実にその役目を果たしている

状態を『らしく』と言うんですよ本来は。

 

中々、難しいでぇ~。

だから、人生の永遠のテーマに相応しい言葉です『らしく生きる』ということは。

 

本来の『自分らしく』生きるということは、中々の至難かも、ですね。

自分らしいと思っての言葉や行動は、ひょっとしたら、自分勝手な言葉や行動になっとるかもね😱

 

『らしく生きる』って実は、エモーションの経営理念なんです。

らしく生きることが『より志の高い』ものであり続けたいという想いを込めて。『志高く、らしく生きる』と。

 

生涯懸けてチャレンジするのに値するから、

エモーション社員全員が将来そのような人物に成ってほしいという願いだから、経営の理念に打ち立てたんですよ。

 

理念を方針や、細部に渡る業務に落とし込んで、確固たる揺るぎ無い信念に

成るまでに、経営の指針作りに取り組んでから約6年掛かりましたね結果的に。

 

こう成ると、信念に裏打ちされた人生観や、社会観や、価値基準が確立出来ましたから、

何が起きても動じることなく、自分の価値基準に照らして、対処できるようになりましたね。

 

あと、突然出た言葉のつい先日の例として、

我が中小企業家同友会に新しく入会して来た30代の後継者のことなんやけどね。

3ヶ月くらい前に新入会員になったと知ったので、

いつものワシの習慣ですが、自己紹介の手紙と、少しでも、せっかく入会した同友会の事に、経営者なら興味をより抱いてほしいという先輩心で、

自分が同友会で過去に話したものを冊子にしているから、それ等を送っていました。

 

勿論、後継者だから、将来、社長に成る訳やから、うちの魂の経営指針書も。

併せて当然、なぜこのような物を突然送ったのか?の、自分で言うのも何ですが懇切丁寧に理由を書いて。

 

で、先日二回目会ったのと、グループ討論が同じテーブルだったので、

彼の悩みだとか、今後の展開なんかを聞いていたんだけど、休憩になった時に聞いたんよね。

『前に送った物、読んだん?』って。

 

そしたら『読んでないんです』と言うから、一瞬にして愕然となったっちゅう訳です。

その時『読んどったら、今自分が話した想いの、解決の何かヒントになっとったと思うよ。』と、すかさず言葉が出てました。

 

で、懇親会に来なかったので、メールしたんです、老婆心ながら。

『まだ読んでないのには、正直ガックリ😖⤵しました。

○○君のことを中々好青年やと感じていたからよ。営業マンとしても、失格よ😱相手の心中を察してあげるマインドが、営業マンとして第一やと思うんよね。家を建てたい人にアプローチするだけでは、ダメ。

出会う人全てが将来のお客さん。やで👍

 

っていうメールです。

 

さぁ、どう感じてるやら?ですが。

何か、気付いてくれて配慮ある人間に成って行ってほしいという願いだけですワシは

 

『上に感謝下に願い』なんですワシの価値観は。

 

自分より立場が上の人に対しては、やっぱり感謝が大切。

自分より立場が下の人に対しては、願ってあげる。このマインドは大切という価値観。

自分でメールして読み返すと『営業マンの第一は、相手の心中を察してあげること』か、と思いながら、

我ながらホンマやなぁと自分で勉強になる言葉が出てたなぁと。

 

世の中、この『ちょっとした事』に配慮の習慣があるか、無いかで努力が報われるか否かに別れるんだろうね。

充実した人生に向かって行くか、否かに別れるんだろうね。

 

『ちょっとした事』を感じとる能力を『センス』とワシは定義しています。

皆さん、センス良く歩まな、いかんわなぁ。

そして何事も配慮ある行動が習慣化されな、いかんわなぁ。

それが、その人の誠実さなんやろぅなぁ。

と思った今週でした。