2021/07/09

『香川湧慈の今週のインスピレーションメッセージ』令和3年7月9日

皆さんは『誠意』って考えたことありますかねぇ。

 

いつも誠意を感じる人は、信用されて行きます。

 

いくら良いことを言っていても、行動に現れてないと、誠意を感じんもんです。

 

あなたは、相手によっては、愛想悪くなってませんか?

 

ここ大事です。

 

あなたは、周囲の人達から、誠意がある人やなぁと思われているでしょうか?

ちと振り返ってみてはどうでしょうか?

 

自分のことを『あぁ、気に掛けてくれてるんだ。』と感じた人は、

 

その人に対して、誠意があるなぁと瞬時に感じるもんですね。

 

友人しかり、お客さんしかり、縁があって、なにがしかの付き合いしたんだから、

 

気に掛けてあげたら、ええと思うんやけど。

 

何事に於いても無意識に、ちゃんと返事している人は誠意が備わっているなぁと感じて来ましたが、

 

誠意の無い人達が増えとるんやろうかねぇ?

 

まぁ、返事をしようという意識の無い人達は、

二三十年前からも多いような感覚を体験して来ました。

 

というのは商売始めて33年。

 

たぶん1万人以上の人達と、名刺交換して来て、そのほぼ全員に、

手書きの便りを出したり、何かを同梱して来たし、現在も進行形ですが

 

『縁ある人に勇氣と感動を与えるためのキッカケを与え続ける人生を歩む』というのが、

 

自分の人生の目的やから、その実践をしたいと思って勝手にしてるだけなんやけどね。まぁ、お節介やけど。

 

この事を、うちの社員に聞いてもらったら、ホンマなんや、と分かりますから()

 

ほぼ毎日、誰かにお便りを書き、これを送ってあげたら相手の役に立つんじゃないやろうか、と思える経営の綴りを用意したり、

 

コピー機の前でコピーしてますから。

 

で、送った人からは、まぁ、何の返事も無い人が、たぶん九割は居りますねぇ😱❕しかも『代表取締役』という肩書きの人が。

 

筆無精とか、そういう問題やない、日頃の気持ちの問題やと思うわぁ。

 

だから、その社長達の会社の社員に対しても同じちゃう?って感じてしまうなぁ。

 

あと、返事が来んのはワシに対する想いの度合いが、その程度やと言うことなんやと自覚はしてますが()

 

まぁ別にワシは、それが世の中の大多数やと思ってるので、何でもないんやけど、

たまぁ~に、あぁこういう人達って、たぶん誠意が無いんやなぁ、と感じることがあるんです。

 

人間観察が出来て面白いなぁと思うとるんですが。

 

世の中は、誠意があっても能力がない人には付いて行かんもんですね。

 

また、能力があっても誠意の無い人は、世間は認めない。と思うとるんですね。

 

これ、経営にも言えますね。

 

人柄が良い社長でも、経営能力が無い人には不安で付いて行きにくいのが

『普通(大多数)の社員』です。

 

逆に、商売の能力がある社長でも、人柄が悪かったら、誠意を感じなかったら、人は付いて行けるもんではないんよねぇ。

 

能力があっても誠意の無い人を、世間は認めない!んです。

 

これを読んでるあなたは、そうならんといてね、お願いやから。

 

社長というのは、社員をどれだけ愛しているか、に尽きるんです。

 

社員を愛しているから自身の内面の誠意が、浮上して来るんちゃうかなぁと、ふと今週浮かんだんです。

 

これ(下記『』の投げ掛け)は、冗談が半分ですが()

 

『何で?愛情も湧かないような人を雇うの?()身内にしてしまうの?

手が足りないから雇ったり、社員が辞めたから補充要員として雇ったり?』ですか?

 

社員に愛情が湧かない社長は、愛情が自然と湧いて来るような真剣勝負を日頃からしてないんよ、たぶん。

 

理想に対して社員とも真剣勝負せな、愛情なんて湧いて来んのよ。

 

人間誰しも、誠意は備わっている筈なのに、

 

それが日頃から現れないのは、その人が自分の損得しか考えてないからなんです。

 

『あっても現らしめない限り無いに等しい』なんです。

 

これも、何にでも応用できるし、言える事やと思います。

 

自身の内面にあっても現さなかったら、行動せんかったら、無いのと一緒なんです。

 

これを禅語で『あっても現らしめない限り、無いに等しい。』と言うんです。

 

気持ちを現す。これ習慣に成るようにワシも努力するから、皆さんも努力しませんか。