2021/08/27

『香川湧慈の今週のインスピレーションメッセージ』令和3年8月27日

『合意と納得』には『道理と情理』を兼ね備えた言動でないと、成し得ないんです。

 『合意と納得』『道理と情理』

 

道理とは、理屈で納得できるもの。情理とは、感情で納得できるもの。

 

これ、あらゆる人間関係を良好にして行く基礎、源泉のように思います。

 

だいたいの会社に於いて、社長の思いを社員全員に理解納得してもらおうと

努力しているとは思えない社長達、多い気がします。

これじゃあ合意と納得が行き渡らないと感じますね。

 

家庭でも会社でも、また様々な会組織でも同じ。

 

合意と納得を得る為には、道理つまり理屈を整理し、性格も考え方も価値観も異なる人達が、 

理屈の上で納得できるであろう話しをしながら、本音の感情で訴えないから、

 その感情で訴えたものが、相手の心に響くものでないから、

 また、話の仕方、理解してもらう為の文章での交流など様々な方法で、

工夫をしてないから、 

そのような姿勢を見せないから、合意と納得に成らんのです。

 

そもそも、あなたに、相手に対する『愛』が薄いか、

もしくは無いんちゃうか?なんですよ。

 

あなたの思いが伝わらないのは、相手に対する愛が浅いんです。

 

何でかと言うと、

愛があればやねぇ、どれだけ伝えても、伝え足りないということはないし、

何を問われても、あらゆる角度から回答が出来る筈なんです。

工夫するのに、諦めは浮かばないもんです!愛があれば、です。

 

そう思いませんか。

 

やっぱり経営は愛情力が根底に存在していないと、判断力や先見力があっても、最終的に花は咲いても、実は成らない気がするのよ。

 

あなたが情を訴えても伝わるか否かは、あなたが好かれているかどうかが、

かなり影響しますよ。

 

誰だって嫌いな人の感情は、無意識に無視してしまう脳の構造だと思うからです。

 

好かれていたら、素直に聴こうという心の姿勢に成るもんやし、

 

理解に及ばないようなら、素直に理解しようとする為に、質問して来る筈なんです。

 

これ商売で言うなら、

お客さんに対して合意と納得の行く『説明』という観点が無いと思える店や会社、あるんよねぇ、残念ながら。

 

例えばクリーニング店の表示。

 

スタンダードとクオリティーとハイクオリティーという3段階表示してる店。

がっかりするのは、

ハイクオリティーの所に『大切なもの』って表示してて、スタンダードや

クオリティーの所には、表示なし。

お客さんが出す衣類は価格に関係なく、どれも『大切なもの』やけどねぇ()

お客さん目線に立っていない証拠やね。

 

どういう洗い方で、仕上げ方は、どうしているのか、の区別の説明が為されてないんよだいたいのクリーニング店。

 

お客が知りたいのは、価格の差の理由と、クリーニング物の生地に相応しい

クリーニング法の『具体的説明』なんです。

その説明が表示されていない。

 

ただハイクオリティーの表示には、丁寧な仕上げです。と表示していて、

スタンダードには表示なし。 

『丁寧な仕上げ』とはどのような仕上げの仕方をしているのか、を明記せないかんのよ。

 じゃあ料金が安いスタンダードは、丁寧にしてないの?って思う客もいるだろうに。

 

例えば飲食店。

 

お客さんが『お勘定』と言ったら、明細なしで『何円です』的な、返答だけ、の店。

 やっぱり信用を得るには、明朗会計が大事です。メニューのレシートは、

ちゃんと出しましょうや。 

レシートが出るレジがないなら、手書き伝票に明細をちゃんと記載して、

お客さんに渡すことが誠実さです。

 

人間オーダーミスすることもある訳やから、

 明細をちゃんと記載してたら、お客さんがミスを発見してくれることもあるしね。

 

『付出し』の価格も、ちゃんと明細があると誠実さを感じるし、

信用してもらえる要因に成るんやけど、

 

お客さんへの、価格に対する配慮の無い店は個人経営の居酒屋に多いんよ。

 

また、個人居酒屋ではメニュー表に、価格を書いているものと価格表示なしのメニューが混在している店があるんよね。

 

全てのメニューに価格を書いていない。これは誠実とは感じないし、

不安感から不信感になって行き、

 リピーターになってくれない要因の一つに、なって行く。

 

味が気に入っていて、例えリピーターになっていても、内心の気分は釈然とはしないんよね。

 

例えば高級鮨料理店でメニューの無い『おまかせ』のみの店なら、

 価格表示しなくても、メニューが無いんだから、選び様がないんやから、

お客さんがお勘定の時に納得すれば、リピーターになるだろうし、

 納得しなければ『それまでの店』に区分けされるだろうし。

 

あらゆる商売のお客さんとの『合意と納得』が崩れて行っていることに気づかな、いかんのやけどね。

 

『なぜ、なぜならば』を合意と納得行くように、道理を通しながら情を訴える。感情の納得を得るんです。

 

人間関係は、個人も、会社も、お店も同じですから。

今の政府のコロナの説明も、しかりです。

 

理屈で納得行く説明が為されていないし、感情の納得行く説明も為されていないから、不信感しか、湧かないんです。

 

感情の納得つまり情理を身に付けるには、誠実に、本氣で、配慮の行き届いた言動をすることなんです。

 

誠実で本氣で行動していても、配慮が行き届いてないと、信用はされても、

頼りなさを感じたら、信頼には成らんのです。

 

一流とは、隅々にまで行き届いていること。

これ、エモーションの『一流』の定義です。

終わりはありません。

百点は取れませんから常日頃、留意しながら仕事をしとる訳です。