2021/09/24

『香川湧慈の今週のインスピレーションメッセージ』令和3年9月24日

不透明な時代が加速して行くんじゃないかと感じます。

 

だから尚更、自分自身の『物差し』つまり『判断基準』を確りと持っていないと、

 

周囲や世論やマスコミに振り回されることが加速するんだと感じる今日この頃です。

 

素直な気持ちさえ忘れていなければ、他人の意見も、全部参考書に成るとワシは捉えて来ました。

 

自分が納得するかしないかのキーワードは、素直さやなぁと思う訳です。

 

自分なりの判断基準を確り持っていて、素直さを忘れなければ、反対意見をも参考資料にできるんです。

 

『素直』というものが人間の幸不幸を左右する最大のものじゃないかと。

 

素直とは、何でも従うことではないのに、素直の意味を勘違いしとる人も多いように思うけど。

 

辞書的には『ありのままで飾り気のない様。素朴。』

 

『性質や態度などが、穏やかで、ひねくれていない様。従順。』という意味やけど、

 

まぁ、穏やかで、ひねくれていない。は、そうやと思うけど従順は、どうかなぁ?

 

自分の判断基準に則っての従順なら、ええんやけど、

 

盲目的な従順になったら、それは素直とは言えんと思うんやけど。

 

『ありのまま』を真っ直ぐに捉える気持ちが素直さかなぁ。

 

せっかく、自分なりの判断基準を持っているにも関わらず、

 

素直さが乏しいばっかりに、その判断基準が生かされない人、多いんちゃうかなぁ。

 

例えばコロナワクチン打つ派?打たない派?

 

マスコミに惑わされない自分なりの判断基準を確り持って、自分の判断基準に従ってやればええのに、と思う訳です。

 

こんな話を見聞きします。

 

自分は、こういう立場だから、ワクチンは打たないといけないんです。と言う人も居れば、

 

自分が、こういう立場だからこそ、自分なりの判断基準で、安全に留意したら、ワクチンは打てませんし、打ちません。

 

と言う人。

 

自分なりの判断基準で行動したらええだけなのに、知りもせん人達に吹聴せんでええんです。

 

ワクチン打つ派も打たない派も。

 

自分の大事な身近な人達だけに、発信はしたらええと思うんです。

 

自分なりの判断基準を確り持っての意見なんだから、自分の大事な身近な人達には、

 

やっぱり自分の判断基準は発信してあげるべきやと思う訳です。

 

それをしないのは、自分の身近な人達を大切に思ってないんよ。

 

『どうでもいい事』はどうでもええんです。身体に影響を及ぼす恐れのある事は、

 

自分なりの判断基準を発信してあげることは親切やからね。

 

知らない他人にまで、やいやい言うことは、せんでええと思う訳です。

 

世の中に『絶対』は、無いんちゃうかなぁ。

 

だから、己れの納得の行く行動をすることが幸福というか、充実に至るんじゃないかと思う訳です。

 

だいたいが、自分が決めてやってるのに、思うように行かなかったら、

文句を言うてる人、おるよねぇ()

 

文句や愚痴が出るのは納得行く判断基準で、行動してない証拠や。

 

自分の『物差し=判断基準』を持つ為に、勉強せなぁ!

 

判断基準を持つ勉強はワクワク😃💕するでぇほんまに。

 

勉強が身に付いている判断基準は、

 

あなたの心が澄んで行っている感覚になっているか。

あなたの精神性が高まって行っている感覚になっているか。

 

この二つです。

 

よぉ~に、今やってる事、振り返ってみてみてん?

心は澄んでいるか?精神性は高まっているか?

 

ただし!

 

学んだ事が理屈つまり道理に叶っているか?が大事。そして学んだ事を実践していないと身には、付かんのからね。

 

色んなセミナーや研修で、ふぁ~と凄いなぁ⤴⤴と感じてるだけで、

 

心が澄んで行ったり、精神性が高まって行ってる感覚になってる人も、多い気がします。

 

その学びに道理が通っていなければ、自分が学んだ事を実践してなければ、身には付かんのです。